既卒フリーター就活の悩み

フリーターをやめたい。その気持ちはチャンス!就職したいあなたへ

フリーターを辞めたい。その気持ちがチャンス!就職したいあなたへ
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「フリーターをやめたい。。。」
でも、どうしていけばいいのか不安ですよね。。。

この記事では、
フリーターから就職するためのコツ
をお伝えしますね。

フリーターをやめたい…実はその気持ちはチャンス!?

先が不安だし、もうフリーター生活はやめたい…

お給料が少ないしフリーターはそろそろ卒業したい…

こんなふうに考えているなら、その気持ちはチャンスです!

なぜって、フリーター生活を抜け出すには、「フリーターをやめたい!なんとかしたい!」という強い思いが何よりも大切だからです。

 

「フリーターじゃダメだよな。。。でも、しょうがないか」という中途半端な気持ちだと、なかなか動き出すことができません。

人は、現状維持を好む生き物なので、ある程度不自由や不満があっても、なかなかそれを変えようとはしないのです。

 

事実、ぼくも就職しないままに大学を卒業して、何度も「そろそろ就職活動しなきゃな。。。」と思いながら、結局2年間フリーター生活を続けてしまいました。

就職してから感じますが、やっぱり「フリーターをやめるのは早ければ早いほうがいい」と思います。

 

なぜかというと、就職後のほうが、

  • 仕事にやりがいが感じられる
  • 給与や待遇面で安心感がある
  • 人生経験などが飛躍的に増えた

といったことが挙げられるからです。

 

ぼくの場合、フリーターをしていた2年間もそれなりは楽しかったですが、やっぱりアルバイトにはどこか飽き飽きしていましたし、給与や待遇面は不安で一杯、それにかなり小さなコミュニティーで生活していたように思います。

 

なので、もしもあなたがフリーターを辞めたいと思っているなら、そのチャンスを逃さずにアクションを取ってください。
そうすれば、必ず前に進んでいけます。

この記事では、ぼくがおすすめしたいアクションの取り方をまとめているので、参考にしていただけると嬉しいです。

フリーターをやめたい理由は?就職のモチベーションの見つけ方

フリーターを辞めたい理由は? 就職のモチベーションの見つけ方

ところで、あなたがフリーターをやめたいと思っている理由は何でしょうか?

このグラフは、anというアルバイト情報サイトが出しているデータですが、「将来に不安を感じているか?」という質問に対する回答結果を表したものです。

フリーター将来に不安を感じているかアンケート結果

高校生や大学生、主婦は回答者の5割前後なのに対して、フリーターは7割を越える人が「不安を感じている」と答えています。

フリーターで将来に不安を感じている人は、かなり多いことが分かります。

 

きっと、その「不安」こそ、フリーターをやめたい理由だとは思いますが、その不安の正体が何なのか、それを明確にしておくことは結構大切です。

 

なぜかというと、それが就職に対するモチベーションになったり、会社選びの軸になったり、就職後の満足度を左右するポイントになるからです。

 

仮に、給与が少なく不安なのがフリーターを辞めたい1番の理由。。。と考えているなら、

  • 就職すればお金の心配はとりあえずなくなる
  • ある程度仕事がキツくても給与がいい会社を希望したい
  • 研修がきついけど給与はフリーターよりいいから頑張れそう

というように考えられますよね。

 

就職活動は、「内定をもらうこと」がゴールだと勘違いしやすいですが、結局は会社に入ってからが勝負です。

就職できてフリーターをやめることはできても、仕事がきつくて不満だらけで結局離職・・・となったら意味がありません。

 

なので、就職活動を乗り切るためのモチベーションはもちろんですが、「入社後がんばって働くためのモチベーションがどこにあるのか」も探っておくといいですよ。

フリーターをやめたい!就職活動を始めるとき注意したいこと

フリーターを辞めて就職活動を始めるときに 注意したいこと

次に考えておきたいのが、いくら「フリーターをやめたい!」と考えているからといって、とにかく就職さえできればいい、という気持ちで就活するのはリスクが高いということです。

 

近年は、職種や業界によっては「人手不足」が叫ばれているので、そういう分野を狙って就活を進めるものひとつの手です。

しかし、「人手不足」「すぐに人が辞めている」「大量に求人を出している」そんな仕事は、それなりの理由があるということも頭に入れておかないと、リスクが高い就職になってしまいます。

 

フリーターが就職するときに1番気をつけたいのが、「すぐに離職に結びつくような会社ではないか」ということです。

俗にいうブラック企業などは、とりあえず大量に人を雇って、使えなくなったらあとは辞めさせるような手法をとります。

 

フリーターから就職する人にとって、せっかく就職できた会社を短期間で離職することほど、精神的にもキャリア的にもダメージを受けることはありません。

1日もはやくフリーターを辞めたい!という気持ちは大事ですし、よく分かりますが、内定をもらっても「この会社は危ないかも」と感じたら、よく考えて決断することをおすすめします。

フリーターをやめたいならどんなアクションを起こせばいい!?

7つの特徴を自分のものにするために

では、具体的にどんなアクションをとるべきかというと、ぼくの経験上、29歳以下であれば就職支援サービスを徹底活用して就職活動するのが1番成功につながりやすいと思います。(30歳を超えている場合は、次の章でお話しますね。)

 

なぜかというと、就職支援サービスを利用すれば、

  • フリーターでも応募可の求人を効率よく集められる
  • 面接や応募書類の対策がわからなくても教えてもらえる
  • フリーターならではの悩みを聞いてくれる
  • 就職内定まで見守ってくれる人がいるのでやる気がでる

というメリットがあるからです。

 

就職支援サービスというのは、分かりやすく言えばハローワークのようなものです。
ただ、ぼくが利用したのは「フリーターや既卒の就職を専門でサポートしてくれるサービス」です。

登録すると、求人の紹介、面接や応募書類のアドバイス、企業とのやりとり、などをすべて無料でしてくれます。

 

フリーターから就職したい場合、結局は

うちは、フリーターからの就職でも受け入れているよ。

という企業に応募することが採否の分かれ道。

 

就職支援サービスでは、そういう求人のみを紹介してくれるので、当然内定率は上がります。

ぼくの場合も、書類選考すらほとんど通過しなかったものが、就職支援サービスを利用してからは一度も書類で落ちることなく内定をもらえました。

 

企業がどんな人をほしがっているかを教えてもらえるので、事前に対策をとって面接に望むことができ、かなり安心できます。

また、担当者(キャリアアドバイザー)がつくので、ひとりで憂鬱になりがちな就職活動のモチベーションを保つのにも役立ちます。

 

ぼくが使ったのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というフリーターや既卒に特化した就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職には強く、サポートも親切です。

気軽に話を聞きにいけるので、登録して担当者に相談してみてください。きっと、就職活動が楽になるはずです。

会員登録は、1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

30歳以上のフリーターが就職を目指す方法とは!?

30歳を超えている場合は、上記で紹介したような就職支援サービスでは、対応してもらえないことがあります。

それはどうしてかというと、未経験OK求人の対象年齢は、20代の場合がほとんどだからです。30代フリーターの就職では、対象外になってしまうケースが多いというわけです。

 

「それじゃあ、30歳超えたらフリーター辞められないの!?」と思いますよね。

たしかに、20代に比べると、就職が難しくなるのは事実です。
しかし、30歳以上でも就職している人はいますし、可能性が0になるわけではありません。

 

少し工夫をすれば就職がぐっと近づく道もあるので、それについてはこちらの記事で詳しくお話しています。

30歳以上の方は、参考にして就職活動を進めていただけたらと思います。

フリーターを辞めたい。その気持ちはやっぱりチャンス!

フリーターを辞めたい。その気持ちがチャンス! 就職したいあなたへ まとめ

以上が、ぼくがフリーターを辞めたいあなたにおすすめするアクションの取り方です。

「辞めたい」という気持ちをチャンスとして捉えて

  • どうしてフリーターを辞めたいのかその理由をモチベーションに変える
  • とにかく就職出来ればいいという気持ちにはリスクがあることを知る
  • ひとりで就活を進めるよりも就職支援サービスをうまく活用する

この3つに注意して取り組んでいけば、きっと良い結果がついてくるはずです。

 

「フリーターを辞めたい」という気持ちがあるということは、就職に対して意欲的な証拠なので、自信を持って就活して大丈夫です。

 

また、ひとりで就活を進めるのは挫折しやすいので、先ほどお話したように、就職支援サービスを活用することをおすすめします。

⇒ハタラクティブに相談してみる

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする