面接

その言葉遣い大丈夫?就職面接マナーを知ってフリーターを卒業しよう

その言葉遣い大丈夫?就職面接マナーを知ってフリーターを卒業しよう
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職面接のマナーって難しそう…」と不安を感じていませんか?

この記事では、
言葉遣いや面接マナーで気をつけたいポイント
をお伝えしますね。

フリーターはマナーや言葉遣いに気をつけないとマイナス評価を受けるかも!?

既卒やフリーターから正社員就職を目指すときに気をつけなくてはいけないのが「マナー」です。

とくに「言葉遣い」は、普段から意識していないとなかなか上手く話せません。

 

就職活動をすれば、
面接や電話などで応募企業の担当者と話す機会は増えます。

しかし、
とっさに出た言葉が不自然だったり、まるで友達言葉だと、

担当者

あれ、この人だいじょうぶかな・・・

担当者

この応募者は、やめたほうがいいかも

と、本格的な選考の前にマイナス評価を受けることもあります。。。

 

あなたは、言葉遣いのマナーに自信がありますか?
もしも不安だな。。。と感じたら、少しだけこの記事にお付き合いください。

きっと、あなたのお役に立てると思います!

スポンサードリンク

どうしてフリーターの就職面接にはマナーが大事なの!?

どうして就職面接には マナーが大事なの!?

よく飲食業界でアルバイトをすると、
使われる頻度が高い「バイト敬語」を知っていますか?

 

注文を受ける時の「よろしかったでしょうか?」

「かった」

 

代金を受取るとき「◯◯円からお預かりします。」

「から」が、

お客様に違和感や不快感を与えてしまう、というものです。

 

管理人の私も、接客アルバイトをしていたので、
バイト敬語を使っていたと思います。。。

なので、あまり大きな声では言えませんが、
社会人になると、言葉遣いって大事だなと思い知らされます。

 

一般的な会社に就職すると、いろいろな年代の人が働いています。

同年代の社員もいれば、先輩、一回りも離れたベテラン社員、
その年代によって価値観なんかも違います。

 

そんな組織の中では、「言葉遣い」をはじめとする
一定のマナーが備わっていないと、
「あの人は、いったいなんなの?」と見られるんですよね。

 

とくに、営業職や販売職などの、
「お客さんと直接顔を合わせる仕事」をするなら
「言葉遣い」は、今から気をつけておいたほうが絶対にいいです。

スポンサードリンク

就職面接マナーは最低限覚えておくつもりで!

就職面接マナーは 最低限覚えておくつもりで!

とは言ったものの、
実際に新卒で入社してくる社員のほとんどは、
ビジネスマナーが完璧なわけではありません。

企業で研修をしたり、
日々の業務の中で少しずつマナーを覚えていくものです。

 

既卒やフリーターから就職する場合でも、
ビジネスマナー研修を行なったり、
先輩社員が指導にあたるのが一般的。

過度に気にしすぎる必要はありません。
(面接や電話対応が怖くなってしまってら逆にマイナスですから。)

 

ただし、最低限のマナー・表現を覚えておくことは必要、と思います。

 

ここからは、管理人の私が人事担当をしていたとき、
その言い回しはどうなの。。。と感じたものや、
丁寧語や尊敬語など、基本的な敬語について、まとめてみました。

それほど難しいものはありません。サラッと復習しておきましょう!

スポンサードリンク

就職面接マナーで押さえておきたい言い回し

就職面接マナーで 押さえておきたい 言い回し

まずは、面接のマナーとして、
押さえておいたほうが良い「言い回し」を見ていきましょう。

 

左は、面接の場にはあまり適していない言い回しです。

自分がよく使う、ついつい言ってしまう、と感じるものがあったら
右の言い回しに変換するように心がけてください!

わかりました⇒ 承知いたしました
すみません⇒ 申し訳ございません
こっち⇒ こちら
あっち⇒ あちら
どっち⇒ どちら
今日⇒ ほんじつ
きのう⇒ さくじつ
あした⇒ みょうにち
あさって⇒ みょうごにち

こっちでよろしかったでしょうか?わかりました。

こちらでよろしいですか?承知いたしました。

比べてみるとわかりますが、どう聞いても、
後者のほうが、落ち着いた雰囲気と上品な感じが伝わってきますよね?

 

細かいことかもしれませんが、
面接官や採用担当者は、その細かいところをチェックするのが仕事なのです。

スポンサードリンク

就職面接マナーで押さえておくと便利な敬語

就職面接マナーで 押さえておくと便利な敬語

次に、押さえておくと便利な敬語を見ていきましょう。

敬語は、

  • 丁寧語
  • 尊敬語
  • 謙譲語

の3種類に分かれているのを知っていますか?

 

丁寧語は、尊敬の気持ちをもって言葉を美しく言うもの。

尊敬後は、相手を敬って言う言葉に対して、

謙譲語は、自分をへりくだって言う言葉です。

 

これを、完璧に使いこなそう!とは言いません。
正直、管理人もビジネスでしっかり使えているかは不安です。。。

しかし、ビジネスや面接でよく使われる表現だけでも覚えておけば
いざというときに便利。

丁寧語 尊敬語 謙譲語
言う 言います おっしゃる 申す
行く 行きます いらっしゃる 伺う
来る 来ます お越しになる 伺う
見る 見ます ご覧になる 拝見する
聞く 聞きます お聞きになる お伺いする
いる います いらっしゃる おる
する します なさる いたす
知る 知っています ご存知になる 存じ上げる

普段、友人や家族など親しい間柄で話していると、なかなか

今度、友人のAさんがお越しになります。

そのお話は、存じ上げません。

とは言いませんよね。

しかしこれらの表現は、
面接のようなかしこまった場では、わりと普通に使われる表現です。

 

なかなか難しいとは思いますが、
就職するためにひとつクリアするポイントだと考えて
面接の練習のときなどには、言葉遣いのマナーを注意しましょうね。

スポンサードリンク

その言葉遣い大丈夫?就職面接マナーを知ってフリーターを卒業しようまとめ

就職面接マナーで 押さえておくと便利な敬語

就職面接における言葉遣いのマナーをお話をしてきました。
いかがでしたか?

 

最後にもうひとつだけ、面接や採用担当者と話をするときに
好印象を残せるおすすめの方法をお伝えします!

 

それは、なにか質問されたら、
すぐに答えを話し始めず、
「えーっと、、、」と言うのではなく、

「はい」相手の話を受け止める返事をすることです。

 

面接官

我が社に応募してくださった理由をお聞かせください。

はい。
私は以前より。。。。。。

というように、ワンクッションおきましょう。

 

相手は、あなたの答えをしっかり聞くための準備が整い、
自分も、心を一旦落ち着かせて回答を述べることができます。

これは、管理人が面接を受けるときに実践していた方法です。
心を落ち着かせるには効果的な方法なので、ぜひ試してみてください!

 

こちらの記事では、「面接で気をつけたい言葉遣い」をまとめてみました。
きっと役に立つので、ご覧になってくださいね。

 

また、フリーターが正社員になるには就職支援サービスを活用するのが近道です。こちらの記事が詳しいので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする