学校中退

【学校を中退して無職になっても就職できる?】人生やりなおしのステップ

【学校を中退して無職になっても就職できる?】人生やりなおしのステップ

学校を中退して今は無職。。。
これから就職できる?

こんなふうに悩んでいませんか?

中退歴や無職期間があると、正社員として就職できるか不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職前はフリーター・ニートをしていたので気持ちはよくわかります。

なかなか一歩を踏み出す自信がもてないのではないでしょうか?

でも、悩んでばかりいたら、ますます身動きがとれなくなってしまいます。

 

結論から言うと、たとえ中退や無職を経験していても、諦めずに就活を進めればチャンスはあります。

悩んで足踏みをしているよりは、まずは小さなアクションを起こすことが大切です。

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとにして「中退後の人生をやりなおす5つのステップ」をお話ししていきます。

ダイスケ

ひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです!

【ネガティブ思考はNG】中退や無職でも就職を前向きに考えることが大切

まずは就職を前向きに考えることからはじめましょう。

冒頭でもお話ししたように中退歴や無職期間があると、

学校を中退しているから
正社員は難しいよな。。。

無職になったし
就職先はブラック企業かも

このように気持ちが後ろ向きになりがちですよね。

でも、ネガティブな気持ちで就活を進めたら「ネガティブな結果」を引き寄せるだけです。

 

例えば、中退歴や無職期間が気になって隠そうとすると、かえって面接で墓穴を掘ってしまうかもしれません。

「就職先はどうせブラックばかり」と思っていると、目にする求人がすべて悪い条件に見えてきてしまいます。

さらに、もしも自分が企業の面接官だったとして、こんな2人が面接にきたらどちらを採用するでしょうか?

中退にコンプレックスを抱えており
就職先に不信感をもっている人

中退歴はあるが
「これから前向きにがんばりたい」
という気持ちが伝わってくる人

きっと、Bさんを採用したいと思うはずです。

 

なので、まずは就活をネガティブに考えるのはやめましょう。

ダイスケ

前向きに就活を捉えたほうがうまくいく可能性は上がりますよ。

「新卒しか正社員のチャンスはない」は正しくない

そうは言うけど、
中退や無職歴があったら
厳しいでしょ!?

フリーターのままだと将来が不安… 就職したいけど、どうしたらいいんだろう…

こんなふうに思う人もいるかもしれません。

たしかに、中退や無職からの就職はハードルは上がります。

「就活なんて簡単」とは言えません。

ただし、諦めなければ就職チャンスがあるのは事実です。

 

例えば現在、人手不足を抱える中小企業は増えています。

日本商工会議所が調べたデータを見ても、約50%の企業が「人手不足」に悩んでいることがわかります。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人員が足りないということは、

  • 求人を出さなくてはいけない
  • 採用のハードルを下げる
  • 給料や待遇を上げて人を集める

このような状況が生まれます。

つまり、中退や無職からでも就職のチャンスが増えるわけです。

 

そして近年は、第二新卒や既卒者を採用する企業も増加傾向にあります。

「新卒しか正社員のチャンスはない」と考えるのは正しくありません。

中退や無職でも良い面はある

また、中退や無職にも就活で有利な面があるんです。

それは、「必要なときにすぐ入社できる」ということです。

どういうことかというと、新卒の人材は学校を卒業するまで入社はできませんよね。

決まった時期に採用・入社をする必要があります。

一方、中退や無職から就職をする人材は、基本的にはいつでも採用・入社ができます。

つまり、企業がいますぐ働き手が必要になった場合、「必要なときにすぐ入社できる」というのは、新卒にはない強みと言えるわけです。

 

もちろん、中退や無職は新卒で就活するよりは大変な面があります。

でも、諦めずに就活を進めればチャンスは巡ってきますし、自分に合う企業に就職することも可能です。

ダイスケ

まずは就活を前向きに考えて一歩を踏み出しましょう。

【今日から始めよう】中退や無職からの就活は「早め」が命

次のステップは、就活を「早め」に行うことです。

なぜ「早め」かというと、中退から時間が経ったり無職期間が長くなればなるほど、就職のチャンスは減ってしまうからです。

 

基本的に中退者や無職から就職する人材を採用する企業は、

  • やる気・熱意
  • ポテンシャル
  • 人柄や社内に溶け込めるか

などを評価します。

そのため、中退から時間が経ってしまうと、

面接官

やる気がないのでは?

と思われやすくなりますし、年齢を重ねてしまうと

面接官

将来性に不安が残る。。。

といった理由で採用を見送られるケースも出てきます。

また、未経験で応募できる求人自体の数も、25歳、27歳、30歳を境にどんどん減っていく傾向もあります。

さらに、無職期間が長くなってしまうと、単純にその生活を抜け出すのが難しくなってしまいます。

実際ぼくもフリーターやニートの生活スタイルを変えるのに苦労しました。

中退や無職からの就活は一日でも「早め」に行うのがベストです。

デッドラインを決めて小さく今日はじめる

そこでおすすめしたいのは、以下の2つです。

  1. 小さなことを今日からはじめる
  2. デッドラインを設定する
社会人経験なしで就職するために必要なたった1つのことの画像

まずはどんなことでもいいので、就活に関することを「今日」はじめてみてください。

  • スーツやかばんを準備する
  • 求人を見てみる
  • 履歴書の作成をはじめる
  • 就活サイトに登録する

など、今からできることはありますよね。

その一歩を踏み出すことができれば、また次の一歩が踏み出せるはずです。

 

そして、就活のデッドラインも決めてしまいましょう

デッドラインというのは、「この日に就職をする」という期日設定です。

  • 3ヶ月後のこの日
  • ◯月◯日までに

など、自分なりの目標を立てることが大切です。

 

もちろん就活は予定通りに進むわけではありませんが、デッドラインを設定することで、

  • 適度なプレッシャーを生む
  • 期日から逆算してスケジュールを
    組みやすくなる
  • モチベーションが上がる

といったプラスの効果があります。

ぼくの経験上、期日を決めないとダラダラと無職期間を伸ばしてしまいます。

ダイスケ

自分なりに期限を決めて、そこへ向かって就活を一歩一歩進めていきましょう。

【仕事選びのTIPS】中退者や無職者が就職しやすい仕事に目を向ける

中退をしていたり無職期間がある場合、仕事を選びすぎてしまうとなかなか内定をもらえません。

そこでおすすめしたいのは、中退や無職でも就職しやすい仕事に目を向けることです。

具体的には、

  1. 人手が足りない業界
  2. 未経験歓迎の割合が多い職種

この2つをチェックしてみてください。

人手が足りない業界

先程もお話ししたように、現在は人手が足りない中小企業が増えています。

なかでも人手不足の割合が多い業界は以下の通りとなっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運送、建築やサービス、IT情報系といった業界は、常に人が足りないと言われているので、それだけ就職しやすいわけです。

 

もしかすると、こうした業界は

ブラックばかりでは?

と思うかもしれませんが、きちんと求人(職場)を選べば、良い条件で入社するチャンスもあります。

また、例えば

「介護業界=介護職」
⇒介護職は厳しそう

ではなく
介護業界の事務職で就職する

運送業界=ドライバー職
ドライバーって過酷では?

ではなく
運送業界の営業職を担当する

といった働き方もあります。

人手が足りない業界はチャンスも大きいので先入観をもたずにチェックしてみてください。

未経験歓迎の割合が多い職種

中退や無職から就職する場合は、「未経験者」として扱われるケースがほとんどです。

なので、未経験歓迎の割合が多い職種にフォーカスするのも一つの方法です。

以下は、転職サイトのマイナビが調査した「未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

こうした職種は、就職しやすいだけでなく、

  • 研修制度の充実
  • 同期も未経験で馴染みやすい
  • キャリアアップしやすい

などが期待できるので、未経験者にとってはメリットが多い就職先と言えます。

 

もちろん、興味がある業界や進みたい分野が決まっているなら挑戦すべきですが、就職の可能性を広げる努力は必須です。

ダイスケ

仕事選びをするときは参考にしてみてくださいね。

【3ステップで切り抜ける】中退や無職になった理由のフォローを練っておく

学校を中退していたり無職期間があると、

面接で中退理由を
聞かれたらどうしよう。。。

なぜ無職期間があるか
説明できない。。。

このように悩む人は多いはずです。

そこで考えたいのは、中退や無職になった理由のフォローをしっかり練っておくことです。

具体的には、以下の3ステップを意識したフォローを準備するのがベターです。

  1. 理由を簡潔に説明する
  2. 何を得たか、反省点を述べる
  3. 今後の意気込みを伝える

例えば、

面接官

どうして学校を中退なさったのですか?

と面接官に質問されたとします。

この場合は、以下のように回答を組み立てます。

当時は自分の進むべき方向を見失い、学業に身が入らず中退を選んでしまった。

甘い考えだったことは反省している。

しかし、自分と向き合う時間のなかで本当に進みたい方向が見えてきた。

就職が叶ったら、職場になくてはならない存在になれるように努力していきたい。

理由のみを答えるのではなく、

  • 得たこと
  • 反省点
  • 今後の展望

を併せて伝えることがポイントです。

反省点や今後の展望を伝えればアピール力がアップ

基本的に面接官は、中退や無職期間がある応募者に対して、

  • やる気・熱意
  • ポテンシャル
  • 過去から学べる人材か

などをチェックしています。

ですから、反省点や得たこと、今後の意気込みを伝えることで、質問の回答をアピールにつなげることができるというわけです。

 

中退や無職から就職する場合、「中退・無職理由の説明」は面接の大きな山場になります。

逆に言えば、ここをきちんと準備しておけば面接を乗り切れる可能性は大きくアップします。

ダイスケ

しっかりフォローを練ってマイナスをプラスに変えましょう。

【学校中退や無職期間をひとりで悩むのはNG】】悩まない環境をつくっておく

最後にお伝えしたいのは、実はもっとも大切なステップです。

それは、悩まない環境をつくっておくことです。

何度もお話ししていますが、学校を中退していたり無職でも、就職チャンスはあります。

でも、就職するのは簡単とは言えません。

  • どんな仕事を選ぶべきか
  • どのように企業とやりとりを
    したらいいか
  • 応募書類はどう作成したらいいか
  • 面接でなにをアピールすべきか

など、不安はつきものですし、そもそも何から手を付けていいかわからない場合もあります。

そんな状態で就活を進めたら、ひとりで悩んでしまう可能性が高いと思いませんか?

実際ぼくも、なかなか内定がもらえずに就活を投げ出した経験があります。。。

 

なので、就活をひとりで乗り切ろうと思わず、今のうちに「悩まない環境」を作っておくことが大切です。

28歳フリーターの就職で需要が多い職種を知って自分を活かすの画像

幸い今は、就活をサポートしてもらえるサービスがたくさんありますよね。

  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料でキャリアアドバイザーやカウンセラーが就活の手助けをしてくれます。

もしかすると「他人にサポートしてもらうのはちょっと…」と思うかもしれませんが、やはり専門家の力を借りたほうが、仕事探しはグッと楽になります。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

中退や無職からでも
就職できそう…

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、中退や無職から就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事