高卒・中卒

中卒は就職できないと思わずトライが大切。就職先におすすめの業界とは

中卒は就職できないと思わずトライが大切。就職先におすすめの業界とはの画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「中卒だから就職できないのかも…」
と不安に思っていませんか?

今回は、
中卒から就職するためのポイントとおすすめの業界
についてお話ししますね。

中卒の就活は難しいのは事実。でも諦めるのだけはNG。

中卒だから正社員として就職するのは無理かも…

ずっとこのまま非正規で働くしかない?

就活してみたけど、全然受からない…中学しか出てないから!?

 

こんなふうに「就職は難しい…」と悩んでいませんか?

内閣府が発表したデータを見ても、中学校卒業者の就職率は0.4%…とても少ないことが分かっているので、就職できるか不安ですよね。

 

しかし、ぼくの経験から伝えたいのは、中卒でも高卒でも、たとえ大学を出ていたとしても、就活は諦めたら終わりということです。

ぼくもフリーターやニートを経て就職しましたが、絶対に諦めないと決めて就活したから正社員の道が開かれたと思っています。

そしてもちろん、就活のコツをきちんと押さえるなど、ある程度はテクニックを身につけておくことも大切です。

 

というわけでここからは、中卒の就職を成功させるためにできることをお伝えしていくので、ひとつでも参考になれば嬉しいです。

就職率はこんなに違う!中卒ならトライしておきたいこと。

就職率はこんなに違う!中卒ならトライしておきたいこと。

この記事を読んでいるということは、「中卒だけど就職したい」と思っている人が大半だと思うので、少し主旨からは外れるのですが、、、

もしも金銭的、時間的に余裕があるのなら、高卒資格取得を目指すのも一つの方法だということは知っておいてください。

 

どうしてかというと、先にお話ししたように中学校卒業者の就職率は決して高くはありません。

しかし、

【就職率のデータ】

  • 高校卒業者 16.7%
  • 短期大学卒業者 70.8%
  • 大学卒業者 63.9%

引用データ:「子供若者白書」内閣府より一部抜粋 

このように、学歴をつけることで就職率は何倍にも跳ね上がるからです。

 

社会に出てしまえば、「仕事ができる人が評価される」のは確かですが、実際には学歴で判断されるケースもまだまだ沢山あります。

 

また、「高卒資格を取る=学歴をつける」だけではなくて、勉強をがんばったという姿勢自体が、プラスの評価に繋がることもあるんですね。(例えば、仕事と勉強を両立して努力した、などは自己PRとして活きます)

 

最近は、通信制の高校も充実しているので、仕事をしつつも高校卒業を目指すということもできます。

もちろん、簡単なことではないのでよく考える必要はありますが、どうしても学歴が不安だったり、壁を感じる場合は、検討してみる価値はあると思います。

 

通信制高校については、学校資料を一括で取りせられる「ズバット通信制高校比較」というサイトが便利です。

学費や条件を検討するのにもってこいです。

中卒の就職を成功させるには採用担当者の不安を解消してあげることが大切

中卒の就職を成功させるには採用担当者の不安を解消してあげることが大切

就職ができないのは学歴のせいだ…

中卒だから落とされるんだ…

こんなふうに思っているなら心に留めておいてほしいのが、「就活では採用担当者の不安を解消できるかが勝負」だということなんです。

 

どういうことかというと、学歴で採否を決める企業があるのは確かですが、中卒という学歴そのものよりも、

  • 入社しても続かない人じゃないだろうか…
  • 仕事を覚えられる?努力が苦手な人じゃないか?
  • 社会人としてマナーは大丈夫だろうか…

というような、中卒から想定されるマイナス面を不安に思われるケースが多いんです。

なので、こうしたイメージを解消できる書類・面接対策をしておくことがとても大切です。

 

例えば、

  • きちんとした言葉遣いで面接に臨む
  • 仕事に関連した資格を学んで本気度を伝える
  • アルバイトで無欠勤だったことをアピール

など、”具体的な行動”と”真剣に就職を考えていること”を伝えるのがおすすめです。

基本的なことですが、実はとても大切なことなので頭に入れておくと良いですね。

業界を絞って就職活動することで中卒でもチャンスが広がる!

業界を絞って就職活動することで中卒でもチャンスが広がる!

中卒の就職活動では、学歴不問の求人や未経験でも採用されやすい業界に的を絞ることも大切です。

 

いくら「この仕事がやりたい」と思っても、ライバルに経験者がたくさんいたり、大卒者に人気のある業界だと、不利になるのは当然ですよね。

仕事が決まらないと、就活のモチベーションは下がりますし、時間もあっという間に過ぎてしまいます。

 

それよりは、現時点で自分を必要としてくれる業界や会社で正社員として働き出したほうが、今後のキャリアに繋がります。

 

では、どんな業界に的を絞ったら良いかというと、未経験でも求人が多く就職しやすいのは、

  • 飲食業
  • サービス業
  • 介護業界
  • 製造業

このあたりですね。

なかでもおすすめなのは、製造業です。

 

その理由は、他に上げた業界に比べると、未経験者でも、

  • 賃金が高いことが多い
  • 残業代がきちんと支払われやすい
  • 寮完備、手当が充実など福利厚生に恵まれやすい
  • 正社員を目指しやすい

と言えるからです。

 

以下は、業界別の離職率TOP5のデータなのですが、、、

  1. 宿泊・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

引用データ:「新規学卒者の離職状況」厚生労働省より一部抜粋

見てお分かりのように、飲食やサービス、介護等は、離職率が高い業界の上位にランクインしていますよね。(ちなみに製造業は18.7%で15位とかなり優秀です。)

例え就職できても、離職率が高い業界は、個人的にはおすすめできません。

 

もちろん、製造業も仕事内容や会社をきちんと選ぶ必要はありますが、仕事を続けやすい業界と言えますね。

製造業への就職に関しては、以下の記事も参考になるはずです。

 

中卒で製造業に就職するなら使いたいおすすめのサービスとは!?

中卒で製造業に就職するなら使いたいおすすめのサービスとは!?

すでに就職活動をしている人は、求人サイトやハローワークなどを使っているとは思います。

例えば、マイナビ転職やリクナビNEXTなどが有名ですね。

 

しかし、製造業への就職を目指すなら、製造業に特化したサービスを使いましょう。

そのほうが、求人自体が多く、自分に合う仕事が見つかりやすいので便利です。

 

とくにおすすめしたいのは、「工場ワークス」という製造業の求人専門のサイトですね。

全国の工場系求人を探すことができますし、面倒な会員登録をしなくても、すぐに仕事に応募できるのでとても使いやすいです。

正社員はもちろん、契約社員や期間工、アルバイトも探せるので、うまく活用してください。

⇒工場ワークスの公式サイトはこちら

 

ダイスケ

いかがでしたか?

「中卒は就職できない…」と思わずにどんどんトライすることが大切。諦めずに就活を進めていきましょう。

 

また、「製造業にはあまり興味を持てないんだけど…」「仕事が選べない…」という人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする