面接

その発言大丈夫!?面接を成功させるために身につけたい「好印象な話し方」

その発言大丈夫!?面接を成功させるために身につけたい「好印象な話し方」
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

面接には「成功する人の話し方・落ちる人の話し方」
というものがあります。

今回は、
面接で好印象を与える話し方
をお伝えしますね。

あなたは自分の「話し方」に自信がありますか?

就職活動で重要なのは、なんといってもやはり「面接」。応募書類には素晴らしいことが書かれていたけど、実際に会ってみたら想像と違った。。。なんて思われたくないですよね。

 

普通に生活していても、本当は伝えたいことがたくさんありそう、中身は良いことを言ってそう、それなのに、

  • なぜか、彼の話って聞いててつまらない。。。
  • 。。。で、この人何が言いたいの?
  • 彼女の話聞いてるのツラいな。。。

こう思うことありませんか?

 

同じ話をしているのに、なぜか全く別の印象を受けることだってあります。その違いはどこにあるのでしょう?

  • そういうことか!分かりやすい話だった
  • へぇーいい話を聞いた!
  • 彼に言われるとなぜか納得しちゃうんだよな

こんな風に思ってもらえたら、話し手も聞き手も両者満足。とくに、初めて顔を合わせる面接官や採用担当者には、ほんの30分程度の面接時間の中で好印象を与えなくてはいけません。

ということは、「自分の話し方」にもっと気を配るべきだと思いませんか?

 

実は、ほんのすこしテクニックを覚えるだけで「好印象な話し方」は誰にでもできるのです。これから紹介する3つのテクを駆使すれば、きっとあなたも面接で好印象を残せますよ!

スポンサードリンク

面接を成功させるために身につけたい「好印象な話し方」3つのテクニック

その1 話は簡潔に!まずは全体の流れを相手に伝えよう

面接を成功させるために身につけたい 「好印象な話し方」 3つのテクニック

人の話を聞いていて辛いのは「話がどこに行き着くか分からない」「長すぎる」時ではないですか?自分が話したい内容が、相手にとって重要かというと必ずしもそういうわけではありません。

 

相手が頭の中で「この人は結局何がいいたいのだろう。。。」と思いながらあなたの話を聞いていたら、どうでしょう。話し手は気付きませんが、相手は苦痛なのです。

これを面接官にしてしまったら、「話が良くわからない人」というハンコを押されてしまうかもしれません。そうならないためにまずは、話の始めに全体の流れを伝えるテクニックを使いましょう。

  • わたしがお話したいポイントは、3つあります。まず。。。
  • 質問が2つあります。1つは◯◯のこと、もうひとつは。。
  • わたしの意見は、3つです。1つが。。。

話の全体像を伝えておけば、相手は頭の中を整理しやすいですし、話を聞く心の準備も整います。話す方も、順番が明確になって話しやすくなりますね。

「分かりやすい」「理解しやすい」は、好印象な話し方の基本です。

スポンサードリンク

その2 結論は先!詳しい説明はその後が分かりやすい

その2 結論は先!詳しい説明はその後が分かりやすい

面接時間は無限にあるわけではありません。一般的には約30分、長くても1時間程度で、応募者は自分のことを知ってもらわなくてはいけません。逆に面接官は、応募者のことをよく知らなくてはいけません。

話を簡潔にするのと同じくらい効果的なのは「結論を先にもってくる」ということです。

 

というのも、面接官が質問してくるのは、結論(答え)がほしいからだからです。もちろん、結論だけでは説得力に欠けるので説明は必要ですが、まずは答えを先に持ってくるように心がけましょう。

結論をなかなか伝えないままにいると、話す方もどう結論に導いていいのかわからなくなることもあります。そうなると、面接では致命的です。

 

「まず最初に知りたい答えが返ってくる」これは質問する方(面接官)にとっては気持ちのいいことです。

その3 具体的に話す!そのほうがイメージが届きやすい

その3 具体的に話す!そのほうがイメージが届きやすい

話を理解してもらうには、相手にイメージを膨らませてもらう必要があります。「昨日は寒かった」というよりも、「昨日は朝外に出たら息が白くて地面に霜が降りてた」というほうが、その情景をリアルに想像できますよね。

 

アルバイト経験を語るにしても、あなたが仕事をしている光景をイメージできるような話し方はポイントが高くなります。

「こんな仕事内容を、週にこれだけこなして、こんなことが身につきました。」など、具体性を持たせましょう。

 

面接官に、あなたが会社で働く姿を想像させるように、面接では具体性とエピソードがある話を心がけましょう。

スポンサードリンク

その発言大丈夫!?面接を成功させるために身につけたい「好印象な話し方」まとめ

この3つのテクニックを駆使するだけでも、あなたの話は「分かりやすく」「気持ちの良い」「イメージしやすい」魅力的なものになるはずです。

面接だけではなく、企業に入社してからも「話し方・伝え方」は重要なスキルです。今から心がけておけば、後になって「気をつけておいてよかった」と思う日が来ること間違いありません。

 

もしも、自分の話がどう相手に届いているのかよくわからない、不安、であれば、就職支援サービスのキャリアアドバイザーに相談してみると良いですね。

模擬面接をしてくれたり、アドバイスをしてくれるので、積極的に自分から働きかけていきましょう!

 

まだ就職支援サービスの担当者がいない、利用したことがない、というのであれば、登録してカウンセリングを受けることが先決です。

ただし、既卒やフリーター専門の就職支援サービスを利用するのがポイント。既卒者・フリーター歓迎求人が豊富だったり、悩みが相談しやすいのでおすすめです。

 

こちらの記事で、「既卒者やフリーターを専門にしている就職支援サービス」をまとめています。ぜひ、参考にしてください!

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする