新卒就活の悩み

就職なんてめんどくさい!と思ったら考えてみてほしい3つのこと

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職なんてめんどくさい!」
と投げやりな気分になっていませんか?

今回は、就職活動がめんどくさくてしょうがないときに考えたい3つのことをお話ししますね。

就職なんてめんどくさい!と思ったら意識を変えることが大切

就職なんてめんどくさい!

でも、やっぱり就職しなきゃマズイよな。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

 

就活学生の場合、

  • 就活の終わりが見えない…
  • ES書くのに疲れた
  • やりたい仕事がない。。。

フリーターや既卒で就職しようと思っている人の場合、

  • 採用される気がしない…
  • 履歴書とか職務経歴書なんて書けない
  • 面接がうまくいかない。。。

など、就職活動がうまくいかないとめんどくさくもなりますよね。

 

ぼくも正直、就活はむちゃくちゃめんどくさかったです。

でも、今になって思うのは、就職を投げ出さなくて本当によかった、ということなんです。

 

「就職がめんどくさい」と思う理由には、就活システムなどの外的要因もありますが、、、自らの意識を少しだけ変えることで対処できたりもします。

 

そんなわけで今回は、めんどくさいと思ったら考えてみてほしい3つのことをお話しします。

  • 「就職すること」ばかりに気持ちが向いていないか
  • 本当は就職がめんどくさいなんておかしい
  • めんどくさいなら全て自分でやる必要はない

少しでも参考になればうれしいです。

めんどくさいと思う人は「就職すること」ばかりに気持ちが向いているのかも

そもそも、どうして「就職なんてめんどくさい!」と思ってしまうのでしょうか。

 

ぼくは、就職をめんどうに感じる背景には、次の2つの原因があると考えています。

  • やらされている感がある
  • 単純に疲れている・飽きている

 

就職がめんどくさい人は、就活のモチベーションが、

  • みんな就活しているから、自分もやらなきゃいけない
  • ◯◯さんが内定取ったから、はやく私も…
  • 親に急かされるし、世間体もあるから。。。

など、「自分から」ではなく、「他所から」という場合が多いはずです。

そのため、就職活動をやらされているように感じ、「就職すること」「内定をとること」ばかりに気持ちが向いてしまいます。

 

本来、大切なのは「就職してどうなりたいか」です。

就職できても、自分が望む未来がそこに無かったら、とても悲しいことですよね。

 

なので、

  • 自分は就職してどんな生活を送りたいのか
  • ここに就職することでどんな経験を積みたいのか

などをもう一度考えてみるのがおすすめです。

 

また、単純に就職活動に疲れていたり、飽き飽きしている場合も、めんどくさく感じるものです。

説明会に参加してESを書き、面接をしての繰り返し…というサイクルを永遠繰り返していれば、誰だって嫌気が差します。

 

諦めずに続けることで就職活動の道は開けるので、思い切って休息を取ったり気分転換する時間を持ちながら、モチベーションをコントロールしていきましょう!

就職がめんどくさいなんて本当はおかしい!?「就職は自分の将来を決めるもの」

次に考えてほしいのは、「就職をめんどくさいと思うのは、本当はおかしい」ということです。

 

そもそも就職活動は、少し先の自分の将来を決める行動ですよね。

プレッシャーは感じるかもしれませんが、「めんどくさいし、どうでもいい!」と思ってしまうのは、自分の将来を投げ出してしまうのと一緒です。

それって、とてももったいないことだと思いませんか!?

 

なぜそうなってしまうかというと、、、

就職した先のことが見えていないからではないでしょうか。

 

実はぼくは、新卒の就活を失敗しています。就職しないまま卒業してフリーターになり、その後、一念発起して就職した過去があります。

あなたと同じように学生のころは、「就職してどうなるの?意味ある?めんどくさい・・・。」と思っていました。

 

しかし、フリーターになり、

  • いつまで経っても同じ仕事の繰り返し
  • 将来や経済的な不安

に直面したことで、

「就職して正社員になれば、やりがいある仕事ができるし、将来やお金の心配をしなくてよくなる」

と意識が変わりました。

 

”就職した先のこと”を考えられるようになった、というわけです。

それからは、就職がめんどくさいとは思わなくなり、無事正社員になることができました。

 

なので、「就職は自分の将来を決めるもの」だと考えて、就職した先のことを考えるようにすることがとても大切です。

就職活動がめんどくさいなら全てを自分でやる必要はない!助けを借りてもいい

最後に考えてほしいのは、就職活動がめんどくさいなら、すべてをひとりでやらなくても良いということです。

 

先にお話したように、

  • ES書くのに疲れた
  • やりたい仕事がない。。。
  • 履歴書とか職務経歴書なんて書けない
  • 面接がうまくいかない。。。

こうした悩みをひとりで抱え込んでしまったら、いくら就職後のことを考えても、適度に休んでも、めんどくさい気持ちは芽生えるものです。。。人間ですから。

なので、就職活動で不安に思うことや苦手な部分は、就職支援サービスに相談して手助けしてもらったほうが良いです。

 

最近は、

  • 新卒の就職に悩んでいる人
  • フリーターや既卒で就職に自信がない人

を対象にした就職支援サービスが充実しています。

相談して自分に合う就職先を紹介してもらえたり、書類や面接対策をアドバイスしてもらいましょう。

 

担当者が無料で就活をサポートしてくれるサービスがほとんどなので、どんどん活用してください。

 

ぼくは就職支援サービスを活用したことで、

  • どんな仕事が自分に向いているかを発見できた
  • 前もって応募先企業のディープな情報を教えてもらえた
  • 相談できる人がいてモチベーションは高まった

など、さまざまなメリットがあったのでおすすめです。

就職がめんどくさいときに相談しやすい就職支援サービスとは!?

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、「すぐに就職を決めたい」「たくさんの企業と出会うチャンスがほしい」という場合は、就職イベントに参加してみるのもおすすめです。

 

とくに「ミーツカンパニー」の就職イベントはチェックすべきです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

座談会形式でイベントが行われるので、企業との距離が近く、その日に内定をもらえるチャンスがあるなどメリットが大きいです。

人数も50人限定で行われるので、疑問点なども聞きやすいのが魅力です。

東京(五反田で開催)はもちろん、大阪や福岡、名古屋など…各地で開催しているので、都合がつくなら参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

 

 

また、フリーターや既卒で就職を考えているなら、リクルートが手がけている「就職Shop」という未経験者専門のサービスがおすすめです。

既卒者やフリーターの就職に「就職Shop」

リクルートが運営しているだけあって、

  • 幅広い仕事が選べる
  • サポートがしっかりしている

さらに、書類選考がない企業の求人が集まっているので、正社員経験がなくてもチャレンジしやすいはずです。

関東エリアはもちろん、大阪や京都、神戸などの関西・近畿地方でもサポートしています。

まずは担当者に相談することからはじめましょう。

公式ページ:就職Shop

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする