既卒フリーター就活のコツ

既卒・フリーターが就職活動に有利?その理由は。。。

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

既卒者やフリーターの就職活動は、不安の連続ですよね。

でも、既卒やフリーターにも就職活動で有利になるポイントがあるんです。

詳しくお話ししていきますね。

既卒者やフリーターの就活者が有利になるポイントはある

既卒やフリーターで就職活動をしていると、
「出遅れてる自分を必要としてくれる企業なんてあるのかな。。。」
と弱気になることがありませんか?

ぼくは、既卒フリーターとして働きながら就活していて、毎日そんなことを感じていました。

 

周りには中途採用を狙う転職者がいて、社会人経験がある第二新卒者(新卒で就職後、約3年未満で転職をする人たちのこと)もいます。

 

そんな人たちに比べると、既卒として2年・3年とフリーターで過ごしている自分は、どうしたって見劣りすると思っていたのです。

事実、求人の中には「既卒者やフリーターはお断り」という企業も少なからずありますし、社会人経験が必須という求人もあります。

 

「不利な面しかない」「自分に価値なんてないんじゃ。。。」そんな風に感じていました。

あなたもそう感じていませんか?

 

しかし、、、
実は、そうでもありません。

 

既卒者やフリーターの就活者だけが「有利な点」「価値」はちゃんとあります。それらを上手く使いこなしましょう。

就職活動の既卒・フリーターが有利な点はすぐに働け、力を注げるところ

就職活動の既卒・フリーターが有利な点はすぐに働け、力を注げるところ

それは、「すぐに働けること」
これが、時と場合によって価値になり有利になるのです。

仕事をしながら転職活動を行う転職者や、入社時期が前倒しできない新卒者に比べれば、既卒者やフリーターはだいぶ柔軟にスケジュールを組むことができます。

 

ぼくが就職活動をしていたときのエピソードをここでご紹介します。

同時期に転職活動をしていた大学時代の友人Cくん。
彼は、新卒で就職したものの、3年しないうちに転職活動をしている第二新卒と言われる立場。

立場は違いますが、同じく仕事探し中ということで、一時期よく連絡をとっていましたが、こんな話をしていた記憶にあります。

ぼく

どう?転職活動は進んでる?

友人C

何社か書類は通過して面接までいったんだけど、面接日が上手く合わせられなくてさ。。。

ぼく

そっか、仕事忙しいの?

友人C

面接のたびに休めないし。その点は、おまえはいいよね、、、スケジュール自由そうだし(笑)

ぼく

そんなことないんだけど。。。

Cくんは、面接のスケジュール調整や転職エージェントのやりとりも、仕事が忙しい中こなすのが大変といつも愚痴をこぼしていました。

それに比べて、既卒フリーターのぼくは、就活していることをアルバイト先の店長にも伝えており、面接があればすぐに対応できました。

入社日についても、採用されたら即勤務OKという状況だったと思います。
時間的にもスケジュール的にも余裕がありました。

 

つまり、既卒者やフリーターは他の転職者に比べると、時間的に余裕が作りやすい分「就職活動に力を注げる」という面では有利なのかもしれません。

既卒・フリーターの価値・有利な点は積極的に生かそう!

既卒・フリーターの価値・有利な点は積極的に生かそう!

また、企業によっては「すぐに人がほしいけど、中途採用では入社まで時間がかかりすぎるし、新卒の入社時期まではとても待てない」という需要が一定数はあるはずです。

ここに、既卒者やフリーターのような「すぐに働ける求職者」はぴったりフィットするのです。

 

この「すぐに働ける」という価値は、積極的に生かしましょう。
即勤務ができることを応募書類でアピールしておいたり、企業とのやり取りは素早く行ったり、就職支援サービスを利用するならスピーディーに対応しましょう。

 

常に自分の意思をはっきりさせた上で、面接などに望む必要もあります。
「いつから働けるか?」ということを聞かれた場合に備えて、即答できる準備をしておくのも大切です。

数社受ける予定がある場合や、第一志望ではない企業の面接も、自分の意思をはっきり示さなくては「すぐに働ける」という価値を企業に提供することはできません。

 

このあたりは難しいかもしれませんが、既卒やフリーターが有利な点・価値はここにあると考え、常に決断力を養うように努めてみてください。

「すぐに働ける」つまりレスポンスが良く、相手のニーズに応えられる求職者は、必ず重宝されるはずですよ!

「すぐに働ける」というメリットを最大限活かすためにしてほしいこと

この「すぐに働ける」という価値を最大限に活かすには、就職支援サービスに登録しておくのが1番です。

就職支援サービスというのは、自分で仕事を探すリクナビなどの「求人サイト」ではなく、登録するとキャリアアドバイザーという担当者が就職活動をサポートをしてくれるサービスのことです。

 

このサービスに登録してキャリアアドバイザーに自分の状況を伝えておけば、

  • 希望に沿った求人が出たら連絡をくれる
  • カウンセリングの場で求人紹介してもらえる
  • 求人紹介後も面接対策などアドバイスがもらえる

というメリットがあっておすすめです。

 

すぐに働けるということを伝えておけば、優先的に仕事を回してくれる可能性も高まりますし、キャリアアドバイザーも「やる気がある人」は優先的に企業に紹介しようとしてくれます。

就職支援サービスは、どんなに利用しても無料ですし、登録して相談するだけでも就職の可能性が高まるので、ぜひトライしてください。

 

ただし、登録するときは既卒やフリーター専門の就職支援サービスを活用してください

そうしないと、求人紹介が受けられなかったり、しっかりしたサポートが望めないかもしれません。ここだけは注意しましょうね。

 

既卒やフリーター専門の就職支援サービスでおすすめなのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

未経験歓迎の求人が多いですし、キャリアアドバイザーも親身になって相談に乗ってくれるので、とても利用しやすいです。

登録も簡単なので、はじめて就職支援サービスを利用する場合も安心だと思います。

ただし、サポートエリアは、関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定。関東で就職するなら外せないサービスです。

就職支援サービス選びに悩んだら、ハタラクティブを選べば間違いありませんよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする