既卒フリーター就活のコツ

フリーターや既卒者の価値・就活で有利になるポイントを解説【知らないと損】

フリーターや既卒者の価値・就活で有利になるポイントを解説【知らないと損】

フリーターや既卒で就活をはじめると、

自分に価値を感じてくれる会社なんてあるのかな。。。
就活を有利に進めるにはどうしたらいい!?

と悩むこと、ありませんか?

就活のライバルには、

  • 中途採用を狙う転職者
  • 社会人経験がある第二新卒者(新卒で就職後、約3年未満で転職をする人たちのこと)

もいます。

自分をそんな人たちと比べると、自信がもてなくなりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくもフリーターから就職した経験があるので、不安な気持ちはよくわかります。

実際、「既卒者やフリーターはお断り」という企業もありますし、「社会人経験必須」という求人もあります。

「就活は厳しい…」と思うのもおかしなことではありません。

 

でも、考え方次第で、

  • フリーターや既卒者の有利なポイント
  • フリーターや既卒者ならではの価値

を見出すことはできます。

ダイスケ

ぜひ、就活の参考にしていただけると嬉しいです。

【既卒・フリーターが就活で有利な点】すぐに働ける・力を100%注げる

就職活動の既卒・フリーターが有利な点はすぐに働け、力を注げるところ

フリーターや既卒者が就活で有利になるポイントなんてあるの!?

と思った方は多いかもしれませんが、ちゃんと有利なポイントはあるんです。

 

それはズバリ、「すぐに働けること」です。

転職者や入社時期を前倒しできない新卒者に比べると、フリーターや既卒の方は、かなり柔軟なスケジュールを組めますよね。

これが、場合によって、大きな価値・有利ポイントになります。

 

わかりやすいように、ぼくが就活したときのエピソードをご紹介しますね。

ぼくがフリーターから就活をしていたとき、学生時代の友人(新卒で就職済)が2年ほど勤めた会社に嫌気がさしたという理由で転職活動をしていました。

そのとき、こんな話をしました。

ぼく

どう?転職活動は進んでる?

友人A

何社か書類は通過して面接までいったんだけど、面接日が上手く合わせられなくてさ。。。

ぼく

そっか、仕事忙しいの?

友人A

面接のたびに休めないし。その点は、おまえはいいよね、、、スケジュール自由そうだし(笑)

ぼく

そんなことないんだけど。。。

このように友人のAくんは、

「面接のスケジュール調整が難しい」

「転職エージェントのやりとりもめんどくさい」

仕事が忙しいからとにかく大変!と愚痴をこぼしていました。

 

それに比べて当時フリーターだったぼくは、就活していることをアルバイト先にも伝えていたので、スケジュールは組み放題でした。

  • バイトより就活の面接が優先
  • 採用されたら即勤務してOK

という感じで、余裕をもって就活をすることができました。

 

つまり、フリーターや既卒者のほうが柔軟に動けるので、『すぐに働いてほしい』と願っている求人企業にとっては価値があると言えるわけです。

有利な点は積極的に生かす

求人企業によっては、

すぐに人がほしい。。。

未経験でもいいから採用したい

新卒の入社時期まではとても待てない。。。

既卒で良い人材はいないかな!?

このような需要が一定数あります。

ここに、フリーターや既卒者のような「すぐに働ける求職者」はぴったりフィットします。

 

ですので、「すぐに働ける」という価値は、積極的に生かすことが大切です。

  • 即勤務OKを応募書類でPRする
  • 企業とのやり取りは素早く行う
  • 就職エージェントを使うならスピーディーに対応する

などを心がけることをおすすめします。

レスポンスが良く、求人企業のニーズに応えられる求職者は、フリーターや既卒者でも必ず重宝されますよ。

【フリーターや既卒者の価値】求人企業はなにを期待しているかを考える

フリーターや既卒者には価値なんて無いっしょ。。。

と思う方は、求人企業は求職者に何を期待しているかを知ることが大切です。

 

現在は、人手不足や学歴に依存しない採用が増えている影響で、フリーターや既卒者を採用する企業は増えています。

「そんな企業は求職者に何を期待しているのか」を知れば、フリーターや既卒者の価値も見えてきます。

 

ズバリ、フリーターや既卒者を採用する企業が求めているのは以下のような人材です。

  • ポテンシャルのある人材
  • 考え方が柔軟な人材
  • やる気や熱意がある人材
  • 周りとうまくやれる人材

一言で言えば、「育てやすく人間的に好感のもてる人材」を求めています。

 

実際、ぼくが働いた会社の新入社員はみんな、「素直に話を聞く人」「素直に行動できる人」が多いです。

 

経験やスキル、資格といった「自分だけの価値」を磨くことも大事ですが、まずは「既卒・フリーターを受け入れる企業が求めている価値」をしっかり押さえて就活を進めると良いですよ。

「すぐに働ける」「フリーターや既卒の価値」を最大限に活かすために

いかがでしたか?

フリーターや既卒者の有利なポイント・価値をお話ししてきました。

まとめると以下の通りです。

  • 「すぐに働けること」が有利になる
  • 「育てやすく人間的に好感の持てる人材」に価値がある

有利になるポイントやフリーターや既卒の価値を最大限に活かすには、就職支援サービスを活用するのもおすすめです。

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が就活を無料で直接サポートしてくれるサービスのことです。

例えば、

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • DODA

あたりが有名です。

キャリアアドバイザーと就活を進めることで、

  • 希望に合う求人を紹介をしてもらえる
  • 書類や面接で自分の魅力を伝えるコツがわかる
  • 求人企業とのやりとりを代わりにやってもらえる

など、たくさんのメリットがあります。

「すぐに働ける」とキャリアアドバイザーに伝えれば、優先的に仕事を紹介してもらえるかもしれませんし、「やる気がある」と認められれば、良い求人を教えてくれるかもしれません。

就職支援サービスは無料で活用できますし、相談するだけで就職の可能性が高まるので、ぜひトライしてくださいね。

フリーターや既卒者専門の就職支援サービスを活用する

ただし、就職支援サービスは、既卒やフリーター専門のサービスを活用することが大切です。

先にお伝えした、DODAやリクルートエージェントなどの総合型エージェントよりも、手厚いサポートを受けられる可能性が高いからです。

詳しくは、【フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。】という記事を参考にしてみてください。

就職支援サービスに登録しても、サポートが臨めなかったら意味がないので注意してくださいね。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事