既卒フリーター就活のコツ

ここをチェック!フリーターからSEに就職するために必要なこと

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーターからSEに就職したい…」

就職できるのか、不安ですよね。

今回は、
フリーターがSEを目指すなら知っておきたいこと
をお話ししますね。

フリーターからSEに就職したい!それって可能!?

Web業界、ゲーム業界で働きたい

IT企業のSEは年収も高そう

未経験可も多いしフリーターから就職出来そう

フリーターで就職を考えているなら、こんなふうに考えてSE(システムエンジニア)として働きたい人もいると思います。

 

実際、フリーターや既卒者など職歴がない人にとって、IT系企業は狙い目です。

というのも、フリーターや既卒者の就職先としては、営業系やIT系が多いと言われているからです。(他は、事務系、販売やサービス業などですね。)

なので、フリーターからSEを目指してIT系企業に就職するのは、不可能なことではありません。

 

しかし、いくらフリーターから目指しやすいとは言っても、SEの仕事をよく知らないままに就職活動をするのでは、内定が遠くなってしまいます。

仮に就職が叶っても、イメージとSEの仕事のギャップで激しくて早期離職に繋がることも…

 

ここからは、フリーターからSEに就職するときに大切になる、

  • SEの仕事に求められること
  • SEとして就職するためのコツ

をお話していきますね。

フリーターから就職するなら知っておきたい「SEに求められること」

フリーターから就職するなら知っておきたい「SEに求められること」

まず、SE(システムエンジニア)というのは、いったい何をする仕事なのかよくわからない人もいるはずです。

SEを一言で表わすと、

システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テストを手がける職種のことです。
参照元:en japan https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/8328/

この説明が1番シンプルではないかと思います。

 

その名の通りに、システムを設計するのが基本的な仕事で、予想がつくと思いますがITスキルやプログラミングスキルが求められる仕事です。

HTMLやCSSなどはもちろんですが、

  • C言語
  • PHP
  • Java Script
  • Ruby

など、プログラミング言語を習得することは非常に大事になってきます。

 

しかし、SEの仕事はPCと向き合っていれば良いわけではなく、最も大切なことは「クライアントの要望を実現させること」です。

 

つまり、顧客が望むことをシステムで叶えることがSEの仕事なので、

  • クライアントとのやりとり
  • ミーティングでクライアントのニーズを探る
  • プログラマーとの連携
  • スケジュール管理

など、実はコミュニケーションスキルやスケジュール管理スキルも必要ですし、多岐にわたる業務をまとめあげる能力も求められます。

 

また、締め切りには必ず納品しなくてはいけないので、徹夜仕事や休日出勤を求められることもあり、体力勝負な面もあります。

SEはITスキル+コミュニケーション力+体力が求められる!

SEはITスキル+コミュニケーション力+体力が求められる!

もちろん、フリーターからSEを目指し就職するのに、完璧に技術をマスターしている人はいませんし、クライアントとの関係をうまくこなせる人もいません。

この辺は、入社後に経験やスキルを積んでいけば大丈夫です。

 

しかし、SEという仕事には、

  • ITへの興味・技術習得への姿勢
  • コミュニケーション能力
  • 体力や集中力

が求められることだけは認識して、うまく自己アピールにつなげていきましょう。

 

フリーターのうちに、独学で言語を勉強しておいたり、アルバイトでコミュニケーション力を高める努力はしておいて損はないですね。

SEとして就職するコツは!?フリーター歓迎の企業を見つけよう

SEとして就職するコツは!?フリーター歓迎の企業を見つけよう

IT系の求人には「未経験歓迎」「未経験可」といったものも多いですが、フリーターからSEを目指して就職するには、就職支援サービスを活用したほうが有利です。

 

なぜかというと、いくら「未経験歓迎・可」の求人でも、一般募集されているものは、経験者を優遇する傾向があるからです。

優先する・・・経験者・スキル保持者

歓迎はする・・・未経験者

SEの就職に限ったことではありませんが、未経験歓迎求人は、あくまでも歓迎しているだけで、未経験者を優遇しているわけではありません。

 

なので、就職支援サービスのキャリアアドバイザーを通して、内定しやすい企業を優先的にまわしてもらったほうが、効率的かつスピーディーに就職できます。

 

就職支援サービスというのは、会員登録をすれば、

  • 希望に沿った求人紹介
  • 求人企業の情報提供
  • 書類や面接のアドバイス
  • 推薦や交渉

などをキャリアアドバイザーという担当者がバックアップしてくれるサービスですね。

 

キャリアアドバイザーは、求人企業とコネクションがあるので、過去にフリーターを就職させた実績があれば、当然信用ができています。

そのため、推薦を受けて応募すれば、フリーターが個人で応募するよりも内定が取りやすいというわけです。

 

また、先にチラッとお話しましたが、SEなどIT関連の仕事は、就職する企業次第で過酷な現場にまわされることもあるので、キャリアアドバイザーに職場の雰囲気や残業状況を聞くのは必須です。

 

せっかく就職するわけですから、良い職場に巡り会えるようにキャリアアドバイザーをうまく活用しましょうね。

フリーターからSEの就職におすすめの就職支援サービスは?

ぼくがおすすめできる就職支援サービスは、フリーターや既卒を専門にサポートしている「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターの就職に特化しているだけあって、求人を多く紹介してもらえますし、キャリアアドバイザーが優しいので気兼ねなく相談できます。

ぼくもフリーターから就職したときに利用したのですが、IT系の求人も紹介してもらえました。

 

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職に強いサービスなので、関東エリアでSEを目指して就職するなら、ハタラクティブを利用すると良いですね。

会員登録は1分程度で出来るので気軽に相談してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事