既卒フリーター就活の悩み

【正社員になるか迷うフリーターへ】就職すべきか迷ったときの対処法

【正社員になるか迷うフリーターへ】就職すべきか迷ったときの対処法

このままフリーターを続ける?
それとも正社員を目指す?
どっちがいいか迷う。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

「フリーターは気が楽だけど、将来を考えると不安」このように悩む人は多いのではないでしょうか?

実はぼくもフリーターから就職をしたので気持ちはよくわかります。

 

最初に結論を言ってしまうと、、、

迷っているのなら正社員として働いてみることをおすすめします。

なぜなら、迷ったままフリーターを続けると、あとで後悔する可能性が高いからです。

この記事では、ぼくの就活経験や人事目線をもとにして「就職すべきか迷ったときの対処法」をまとめてみました。

ダイスケ

なにかひとつでもヒントになれば嬉しいです!

迷っているなら正社員就職がおすすめの理由【フリーターからの就職はどんどん厳しくなる】

お話ししたように、迷っているなら正社員として働くことをおすすめします。

なぜなら基本的にフリーターから正社員になる道は、年齢を重ねるごとにどんどん険しくなっていくからです。

例えばフリーターの就職率は、「フリーター期間」が長くなるにつれて下降傾向にあることがわかっています。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

フリーター歴半年以内は6割以上が就職を決めているのに対し、3年を超えると50%を切ってしまいます。

また、未経験者で応募できる求人の数自体も、25歳、27歳、30歳を境にガクっと減ると言われています。

もしもあなたが数年後にもう一度、

「やっぱり正社員になろう」

と思ったとします。

でも、今よりも確実に年齢は上がっているでしょうし、フリーター歴が長くなっていますよね。

そうなると、

  • 就職チャンスに恵まれない
  • なかなか内定がもらえない

こんな状況に追い込まれてしまいます。

つまり、正社員になるのは早ければ早いほうが良いわけです。

挑戦した失敗よりやらなかった後悔のほうがダメージは大きい

また、もうひとつ正社員就職をおすすめしたい理由は、人生において「やった失敗」より「やらなかった後悔」のほうがダメージは大きいからです。

もちろん、フリーターから正社員になるのは簡単ではないですし、必ず成功するわけでもありません。

でも、迷ったあげくやらず(挑戦せず)に終わったことは、あとで必ず後悔します。

 

実際ぼくは、フリーターになってすぐ「やっぱり就職しよう」と思った時期があります。

しかし、結局行動に移すことなく、ダラダラと3年近くアルバイトやニート生活を続けてしまいました。

その結果、就活は苦労しましたし、本来あったはずの就職チャンスも減りました。

いまだに「あのとき就活をがんばっていればよかった」と思います。

 

なので、就職を迷っているなら「今」フリーター卒業を目指しましょう。

そのほうが、あとで後悔しないはずです。

やりたい仕事ないから正社員就職を迷うときの対処法

もしかすると、

就職はしたいけど、
やりたい仕事がない
だから正社員になるか迷う。。。

こんな人もいるかもしれません。

やりたい仕事がないと、仕事選びや面接対策にも身が入らず、就活は大変だと思います。

 

でも、そもそも仕事は、最初から100%やりたいことができるケースはほとんどありません。

それに自分にピッタリ合う仕事が用意されていることも稀です。

たとえどんな仕事でも、それをこなすことで、

  • これって自分に向いているのでは?
  • やっぱり別の業務がしてみたい
  • 自分が目指す分野がわかった

こうした発見があったりします。

まずは正社員として働いてみないことには、「本当にやりたい仕事がどうか」「その仕事が合っているか」などはわからなかったりします。

 

ですから、やりたい仕事がなく就職を迷ったとしても、まずは少しでも興味のある仕事や挑戦できそうな職場で働いてみてはいかがでしょうか。

正社員として働いていくうちに「本当にやりたい仕事」が見つかるケースは多々ありますよ。

【正社員になるか迷うなら】フリーターを続ける理由があるか考えてみる

もしもどうしても「フリーターから正社員になるか迷う!」という場合は、自分にこんな質問を投げかけてみてください。

フリーターを続ける特別な理由があるのか?

例えば、

  • 自分は音楽で生計を立てたい
    だからフリーターをしながら
    音楽活動をしたい
  • どうしても専門学校に入り直したい
    だからフリーターをして
    学費を貯めたい

こんな理由があるなら、正社員ではなくフリーターを続けるのもひとつの方法です。

目的がハッキリしていますし、チャレンジせずに後悔するよりはマシですよね。

でも、特別な理由がなくフリーターをなんとなく続けているのなら、迷わずに正社員で働いたほうが良いのではないでしょうか。

なぜなら、正社員で働いたほうが、

  • 経済面・福利厚生
  • 今後のキャリア
  • 周囲の評価や信頼度

などが有利に働くからです。

正社員とフリーターの賃金差は4倍以上になる

とくに経済的な面では、非正規雇用と正規雇用では大きな差が生まれます。

以下は、フリーターと正社員の生涯賃金を比較したデータです。

【フリーター】

  • 男性 6000万円
  • 女性 6000万円

【大卒正社員】

  • 男性 2億8000万円
  • 女性 2億4000万円

引用データ:ハタラクティブより一部抜粋

生涯賃金というのは、人が一生のうちに稼ぐお金のことですね。

なんと、4倍以上の差が生まれると言われているんです。

 

非正規と正規雇用の月収差は、とくに25歳前後から大きく広がることもわかっています。

もちろん、あくまでも平均値ですし、お金がすべてというわけではありません。

でも、経済面や福利厚生が充実していたほうが、プライベートを楽しめたり、恋愛や結婚がしやすかったり、将来に対して安心感を得やすいのは確かです。

正社員になることに迷いがあるなら、

  • フリーターを続ける理由があるか
  • 経済面で不安を抱える心配がないか

をよく考えてみてください。

繰り返しになりますが、あとで後悔だけはしないようにしましょうね。

【もう迷わない】フリーターから正社員を目指すときにやるべきこと

ここまでの話を聞いて、

やっぱり正社員になりたいけど
フリーターから就職するには
どうしたらいいの?

と悩む人もいるのではないでしょうか。

最後に、正社員を目指すときにやるべき3つのことをお伝えして終わりにしますね。

  1. まずは目標を決める
  2. フォローを準備する
  3. ひとりで悩まない

まずは目標を決める

まず最初にやるべきなのは、「いつまでに就職するか」を決めることです。

例えば、

  • ◯月◯日までに内定を取る
  • 2ヶ月後にフリーターをやめる

このように、自分なりの「期限」を決めましょう。

そうすることで、

  • モチベーションがあがる
  • 期限から逆算して
    スケジュールを組める
  • 程よいプレッシャーが生まれる

このようなメリットが生まれ、就活が成功する可能性が高くなります。

もちろん就活は、自分の思い通りには進まない側面があります。

いくらがんばっても、相手(企業側)が内定を出してくれなければ就職はできませんよね。

 

しかし、期限を設定しないと、ダラダラとフリーター生活を先延ばしにする原因になりかねません。。。

それよりは、最初に期限を決めて目標に向かって動き出すことが大切です。

期限を設定すれば、自分が今やるべきことも把握しやすくなりますよ。

フォローを準備する

フリーターから就職するときに不安なのは、やはり「面接」ですよね。

とくに、

  • なぜ今まで就職しなかったのか?
  • フリーターになった理由は?
  • 空白期間があるのはどうしてか?

このような質問をされた場合、どう答えていいかわからずに悩むはずです。

そこでおすすめしたいのが、事前にしっかりフォローを準備しておくことです。

具体的には、以下の3ステップに沿った「回答」を練っておくのがベターです。

  1. 理由を正直に話す・事実を認める
  2. 反省点や気付きを話す
  3. これからどうしたいかを伝える

例えば、

面接官

なぜ今まで就職しなかったのか?

こうした質問を受けた場合は、以下のような回答を準備しておきます。

本気でやりたい仕事が見つからず、いろいろなアルバイトを経験した。

新卒で就職しなかったことは後悔している。

しかし、自分と向き合う時間を作ったことで、本当に進みたい道が見えてきた。

もし御社に就職できたら、一日でもはやく職場になくてはならない存在になれるようにがんばりたい。

就職しなかった理由だけでなく、反省点や気付き、今後の展望も併せて伝えるのがポイントです。

 

基本的に企業の採用担当者は、未経験の応募者に対して、

  • やる気・熱意
  • 将来性
  • 過去から学べる人材か
  • 職場に馴染めるか

などをチェックしています。

なので、お伝えした3ステップを意識して、プラスの印象を与える回答を準備しておきましょう。

ひとりで悩まない

最後にお伝えしたいのは、ひとりで悩まない環境をつくっておくことです。

きっとフリーターから就職をする方の多くは、

  • どんな仕事を選んだらいいか
  • 書類や面接対策は
  • どうやって企業とやりとりしたらいい

このように悩むはずです。そもそも何から手を付けていいか迷う人もいると思います。

そんな状況をひとりで抱え込んでしまったら、就活はなかなか前に進みません。

挫折する可能性も高くなります。

 

実際ぼくも、1度は就活がうまくいかずに諦めた経験があり、リスタートするのに時間がかかりました。

なので、まずはひとりで悩まないような環境を整えておくことはとても大切です。

幸い今は、就活をサポートしてもらえるサービスがたくさんありますよね。

  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料でキャリアアドバイザーやカウンセラーが就活の手助けをしてくれます。

もしかすると「他人にサポートしてもらうのはちょっと…」と思うかもしれませんが、やはり専門家の力を借りたほうが、仕事探しはグッと楽になります。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

フリーターからでも
就職できそう…

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターから就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事