既卒フリーター就活の悩み

就職すべき!?正社員になるか迷うフリーターが考えたい3つのポイント

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職したほうがいいのかな…どうしよう!?」
と悩んでいませんか?

今回は、正社員になるか迷うフリーターが考えておきたい3つのポイントについてお話しします。

フリーターから正社員になるか迷うなら、迷いながらも就活してみたほうが良い

就職を考えているけど、正直フリーターのままでも良い気もする。。。

正社員になったら大変そうだし。

こんなふうに頭を悩ませていませんか?

 

就職しなきゃと思いつつ、

  • 「フリーターでいても問題ないんじゃないか」
  • 「正社員で働くよりも実は良いんじゃないか」

と、正社員になるか迷っている人は多いんじゃないでしょうか?

 

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

 

でも、迷ってばかりいても、時間はどんどん過ぎるだけ。ぼくは結局、3年アルバイトをしたあとに就職したのですが、、、

今思うのは「もっとはやく決断すればよかった」ということなんです。

「迷いながらも就活してみたほうが良い」と思います。

 

そこで今回は、正社員になるか迷っているフリーターのあなたに向けて、ぜひ考えてみてほしい3つのポイントをお話ししていきます。

なにかひとつでも参考になれば、ぼくも嬉しいです。

フリーターが正社員になるか迷っていられる時間は意外と少ない!

まず最初に考えてみてほしいことは、”正社員になるのを迷っていられる時間は意外と少ない”ということです。

 

先ほどもお話ししたように、迷っていても時間はどんどん経過していきます。

あっという間に、フリーターのまま2年、3年…と過ぎ去ります。

 

時間が過ぎるだけなら良いですが、フリーターの就職率やアプローチできる求人の数は、基本的には年齡を重ねるたびに低くなってしまいます。

たとえば、以下のフリーターの就職率を調査したデータを見ても、フリーター歴半年以内なら6割以上ですが、3年を超えると5割を切った数字になっていますよね。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

また、フリーターが狙いやすい「未経験歓迎求人」も、年齡で判断されるケースは多いので、年齡が高くなるにつれて不利になってきます。

とくに30代を過ぎると、選べる仕事の種類が限定されたりもします。

 

もちろん、「とにかく正社員になればいい!」というわけではありませんが、

「正社員になるか迷う時間が長いほど、就職のチャンスは少なくなっている」と思っておいたほうが後悔はしないはずです。

どんな仕事が良いかわからない…やりたいことがないから正社員になるか迷うときは!?

正社員になるか迷うということは、

  • どんな仕事に就職したらいいかわからない
  • とくにやりたいことや興味がある仕事がない

という人も多いと思います。実はぼくもそうでした。

 

しかし、やりたいことや進みたい道がわからないからこそ、フリーターではなく就職することが大切だったりするんです。

 

なぜかというと、たとえ思い入れのない仕事に就職したとしても、正社員として働くことで、

  • やっぱりこういう仕事がしてみたい
  • わたしが進むべき道はこっちだ
  • 自分はこの仕事に向いてない

など、自分の気持ちがハッキリするケースが多いからです。

 

フリーターよりも正社員として働いたほうが、任される仕事の幅や責任の重さが違いますし、人脈も広がります。

そのなかで自分が進む方向を見つけて、修正するなら修正していったほうが、フリーターでいるよりも効率的です。

 

  • どんな仕事に就職したらいいかわからない。フリーターでいいや
  • やりたいことがないからアルバイトをするしかない

ではなくて、「まずは正社員として働いて、いろいろ経験してみよう」と考えると、就職を前向きに捉えることができるはずです。

「フリーターを続ける特別な理由はある?」正社員になるか迷うときに自分にすべき質問

あなたには、「フリーターを続ける特別な理由」がありますか?

例えば、

  • 自分は芸人になりたいから、就職しないでアルバイトをする
  • どうしても専門学校に通いなおしたいからフリーターをしている

というなら、フリーターを続ける理由がありますよね。

 

きちんと理由があるなら、ぼくはフリーターを続けても良いと思います。

なぜなら、目指す方向がハッキリ決まっているなら、チャレンジしてみたほうがあとで後悔しないと思うからです。

 

しかし、正社員になるか迷っているということは、どうしてもフリーターを続けなくてはいけない理由は無いはずです。

特別な理由がなくフリーターを続けるなら、就職して正社員経験を積んだほうが、

  • 経済面や福利厚生
  • 今後のキャリア
  • 周囲の信頼

などで圧倒的に有利です。

 

とくに収入面は、以下のデータを見ても分かるように、正社員との差は歴然としています。。。

【フリーター】

  • 男性 6000万円
  • 女性 6000万円

【大卒正社員】

  • 男性 2億8000万円
  • 女性 2億4000万円

引用データ:ハタラクティブより一部抜粋

もちろん、収入がすべてではありませんが、年齡が高くなるにつれてかかるお金は増えていきますし、人生を楽しむためにはお金が必要ですよね。

 

なので、正社員になるか迷うときは、

  • 自分にはフリーターを続ける理由があるのか
  • 自分にとって正社員になるメリットって何か?

をよく考えてみてください。

何度も言うようですが、後悔だけはしないように就職と向き合ってみてくださいね。

「就活したいけど、フリーターだから不安」そんなときはひとりで就活をしない

さてここまで、正社員になるか迷うフリーターに考えてほしい3つのポイントをお話ししてきました。

もしかすると、

就活をしたいとは思うけど、いろいろ不安でなにからやっていいかわからない

という人もいるかもしれません。

 

そんなときは、自分1人で就活をやろうとしないで、就職支援サービスを使って準備を進めましょう。

 

とくに、フリーターに特化したエージェント系のサービスを使うのがおすすめです。

なぜかというと、キャリアアドバイザー(担当者)が直接バックアップしてくれるからです。

 

例えば、希望に合う求人を探し出して紹介してくれたり、就活のコツやマナーなどをアドバイスしてくれますし、

キャリアアドバイザーは企業の採用担当者とやりとりしているので、面接で聞かれることや答え方を教えてくれることもあります。

フリーターから就職するのは不安だと思うので、まずはこうしたサービスを活用して情報を集めてみると良いですよ。

フリーターの就職におすすめできるエージェント系サービス

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事