既卒フリーター就活のコツ

フリーターから就職しやすい職業とは?+知っておきたい注意点。

フリーターから就職しやすい職業とは?+知っておきたい注意点。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

『フリーターからでも就職しやすい職業ってどんなものがあるのか…』

これは、ぜひ知っておきたいですよね。

でも実は、『就職しやすい職業には注意点がある』これを知っておかないと、後で困るかもしれないんです。
詳しくお話ししますね!

フリーターは就職しやすい職業を狙うべき。でも注意点がある!

就職したいけど、フリーターから就職しやすい職業って一体何があるんだろう!?

もう新卒じゃないし、既卒でも就職しやすい仕事を選ばないと難しいよね…

フリーターから就職を目指す人のなかには、就職しやすい職業を狙いたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

新卒の就職に比べると、フリーターの就職は難しい場合が多いですし、フリーター歴が長いことがネックになって、なかなか内定がもらえずに悩む人もいるはずです。

そんなときは、少しでも就職しやすい職業や業界を狙ったほうが良いのは事実です。

実際ぼくが25歳でフリーターから就職したときも、なにがやりたいかというよりは、就職のしやすさを考えて就活を始めた経緯があります。

 

しかし実は、就職しやすい職業ばかり狙いすぎることは、リスクが高い就活方法でもあるんです。

これを押さえておかないと、あとで後悔することになるかもしれません…

 

そんなわけでここからは、

  • 就職しやすい職業について
  • どんな傾向があると就職しやすいか
  • 就職しやすい職業を選ぶ時の注意点

をお話ししていきます。

まずは知っておきたい『フリーターが就職しやすい職業』

まずは知っておきたい『フリーターが就職しやすい職業』

それでは最初に、ぼくがフリーターから就職したときにキャリアアドバイザーから聞いた、「フリーターが就職しやすい職業」をお伝えしておきますね。

厳密には、未経験でも割りと受け入れてもらいやすい職業、という説明だったと思いますが、フリーターが就職するときに参考になると思います。

  • 営業系の職業
  • サービス・販売業
  • SEなどIT系の職業
  • 事務職

これらが就職しやすいと聞きました。

 

やはり、若手の力が必要とされる営業系の仕事は、フリーターが1番就職しやすい職業と言えます。

 

営業というと、「ノルマに追われて厳しい仕事」というイメージが強いと思いますが、企業や職場によって働き方は違ってきます。

物を売るのか、サービスを売るのかによっても違いますし、新規顧客を開拓するのか、それともルート営業や既存顧客への営業なのかによっても印象は違うと思います。

フリーターが就職するとき、もっとも求人が多い職業だと思うので、最初から毛嫌いするのはもったいないと言える職業です。

営業はフリーターでも就職しやすい職業の画像

また、サービス業や販売職も就職しやすい職業と言えます。

わりと人の出入りが激しい業界が多いので、タイミングが合えば採用してもらえるケースが多いと聞きました。

 

個人的には、SE(システムエンジニア)などIT系企業は、フリーターから就職するのにおすすめかなと思います。

人手が不足していたり、今後も伸びしろがある企業に出会えれば、これまでフリーターをしていても遅れを十分に取り戻せる余地があるはずです。

 

あとは、未経験OKの事務職も狙い目と言えば狙い目かもしれません。

ただ、ぼくの印象としては事務系の仕事は倍率が高いような印象を受けたので、数をこなして面接のコツなどを掴む必要があると思いますね。

フリーターが就職しやすい企業にはどんな特徴があるのかも知っておこう!

フリーターが就職しやすい企業にはどんな特徴があるのかも知っておこう!

就職しやすい職業名はお伝えしたとおりですが、「就職しやすい職業」だけに絞って仕事探しをすると、視野が狭まる事も多いと思います。

 

なので、「どんな傾向のある仕事や求人が就職しやすいのか」も知っておいたほうが良いかもしれませんね。

人の出入りが激しい職場、仕事はフリーターでも就職しやすい

当然ですが、人が激しく出入りを繰り返している職場や仕事は、それだけ就職はしやすいと考えられます。

  • 求人をよく見かける
  • 大量募集をしている
  • 会社の平均年齢が低い

などの傾向があれば、人の出入りが激しい可能性が高いので、就職はしやすい仕事かもしれません。

 

ただし、こういう傾向のある職場や仕事は、長くは続けられない可能性も高いので注意は必要です。

きちんと下調べしてから就職することが必須ですね。

不人気の業界や企業はフリーターでも就職しやすい

不人気の業界や企業はフリーターでも就職しやすい

これはどういうことかというと、

  • 新卒の就職に人気がない業界
  • 世間のイメージがあまりよくない仕事

などは、人が集まりにくい傾向にあるので、フリーターや第二新卒者などを受け入れてくれやすいです。

 

人気がない、イメージがよくない、と言っても、その仕事自体が悪徳というわけではありません。

大げさに言えば、

  • トイレ用品の販売員
  • 高級インテリア用品の販売員

という2つの求人があれば、どうしても後者のほうが人気を集めることが予想できますよね。

 

しかし、前者は生活になくてはならないものですし、立派な仕事。ただ、後者に比べるとイメージがよくなかったり人気がないだけで、人が集まりにくいんですね。

 

こういう視点で求人を見れば、就職しやすい仕事に巡り会えるかもしれませんよ。

人柄を大事にしている企業はフリーターでも就職しやすい

人柄を大事にしている企業はフリーターでも就職しやすい

フリーターや未経験者が就職する場合、「スキル重視」「経験必須」「学歴が必要」という企業は、当然ですが就職できる可能性は低いです。

就職しやすいのは、人柄などのヒューマンスキルを重要視している企業です。

 

ヒューマンスキルというのは、次のようなものですね。

「ヒューマンスキル」(human skill)とは、他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術のこと。

対人関係能力とも言われ、業種・職種に関係なく、ビジネスパーソンなら誰でも職務を遂行する上で求められる普遍的なスキルです。

引用元:「ヒューマンスキル」コトバンク

ぼくの経験上、企業の採用担当者はフリーターの応募者に対して「周りと上手くやっていけるのかどうか?」を気にすることが多いので、人柄やヒューマンスキルをアピールすることは有効だと思います。

ここが重要!フリーターが就職しやすい職業を選ぶ時に注意してほしいこと

ここが重要!フリーターが就職しやすい職業を選ぶ時に注意してほしいこと

さてここまで、フリーターが就職しやすい職業、就職しやすい企業はどんな傾向があるかをお話ししてきましたが、これだけは注意してください。

 

『就職しやすい=過酷な職場や仕事、ブラックも多い』

ということです。

 

いくら就職しやすくても、仕事が続かなかったら意味がありません。

とくに、フリーターがようやく就職した会社を短期離職してしまうと、次は相当苦労して就職先を探さなくてはいけなくなるので、就職のしやすさだけを考えて就職活動をするのはおすすめできないです。

 

え!?でも、就職しやすい職業じゃないと、

そもそも就職できないし…

と思いますよね。

つまり、就職しやすい職業を選ぶことにプラスして、応募する求人の詳細な情報をきちんと入手してから就職活動することが大切なんです。

 

たとえば、ハローワークや求人サイトに掲載してある求人は、求人票や会社ホームページなどの上辺の情報しか知ることができませんよね。

求人票に掲載されている写真を見ると、和気あいあい楽しそうにしていても、実際面接に行ってみると殺伐として雰囲気の職場だった…ということは普通にあります。

 

なので、就職しやすそうな求人の本当の姿を知る努力をすることが、就職が失敗しないコツです。

 

とはいえ、、、今度は、「どうやって就職しやすい求人を見つけて、その上求人の詳しい情報を調べたら良いのか…」と思うはずです。

 

これは、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

就職支援サービスを使えば、キャリアアドバイザーという担当者が希望に合う仕事を探してくれますし、求人の詳しい情報を教えてくれます。

  • どんな仕事を任せられるのか
  • 職場はどんな雰囲気か
  • 上司の人柄はどんな感じなのか
  • 残業や休日出勤はどのくらいあるのか

など、求人票だけではわからないことを教えてくれるので、求人企業の本当の姿に迫れるというわけです。

 

なぜこんなことができるかというと、企業から「こんな人材を探してほしい」と依頼を受けたキャリアドバイザーが、企業訪問などをして細かい情報を集めているから可能なんです。

 

もちろん、就職支援サービスを使えば完璧!というわけではないですが、就職しやすい求人探しと企業の細かい情報収集にはとても便利なので、賢く活用して就職活動を進めると良いですよ。

就職支援サービスは「フリーター専門」を使うのが断然おすすめ!

ちなみに、フリーターから就職する場合は、リクルートやマイナビなどの転職者向けのサービスよりは、フリーターや既卒者を専門にしているサービスを使ったほうが親身にサポートをしてくれます。

 

ぼくが使ったのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターや既卒の就職を専門にしているキャリアアドバイザーが、とても親切にサポートしてくれました。

 

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、就職しやすい職業のアドバイスはもちろん、どうやって面接対策したらいいのか、企業とのやりとりのコツなども教えてもらえます。

書類免除してもらえることもあるので、就職が不安なら一度相談してみるといいですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする