既卒フリーター就活のコツ

どこでもいいから就職したいフリーターのための必勝就活術

どこでもいいから就職したいフリーターのための必勝就活術の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「どこでもいいから就職できればいい…」
こう思って就活をしていませんか?

実はそれはマイナスかもしれません…

今回は、
どこでもいいから就職したいフリーターの就活術
をお話しますね。

とにかくどこでもいいから就職したいと考えている方へ

フリーター生活には限界を感じている

安定した生活のためにどこでもいいから就職したい

周りに急かされて早く就職しないとマズイ

こんなふうに、とにかくどこでもいいから就職したい!と思っていませんか?

しかし、どこでもいいとは言え、フリーターにとって就職は簡単なことではありませんよね。

どうしていけばいいのか不安な方も多いのではないでしょうか?

 

私もフリーターから就職した1人。「どこでもいいから早く就職しなきゃ」と就活したこともありますが、この「どこでもいい」という姿勢ははっきり言ってマイナスに働くことが多いです。

 

それよりも、たとえフリーターでも自分の強みや弱みをしっかり考えて、自分に合った就職先を選んだほうが後悔しないと思います。

 

「そんな余裕ないんだけど…」と言いたくなる気持ちも分かりますが、

  • どうしてどこでもいいはマイナスになるのか
  • ではどうやって就活を進めればいいのか

を経験談も合わせてお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

「どこでもいい」がフリーターの就職活動でマイナスになる理由

「どこでもいい」がフリーターの就職活動でマイナスになる理由

「どこでもいいから就職したい」という姿勢は、どうしてマイナスになることが多いのでしょうか!?

 

どこでもいいから就職したいというのは、

  • とにかくどんな仕事でもいいです
  • なんでもやるので就職したいです

というような姿勢やアピールをして就職活動を進めることになりますよね。

 

すると、採用担当者や面接官にはどう映るかというと、

面接官

この人は、なんでもやるっていうけど、
結局、何の能力も持っていないってことだよな…

面接官

何が得意な人なのか、サッパリ分からない…

というような印象を残すことになってしまいます。

「とにかく就職したい」という意気込みはあるものの、それとは裏腹にあなた自身の良さが伝わらないことが多いというわけです。

 

また、フリーターは中途採用枠に応募しなくてはいけないので、そこで求められるのは、

  • こんな経験があるのでこのような貢献ができる
  • こんなことが得意なのでこのような貢献ができる

という、「自分だけの強み」のアプローチです。

 

どこでもいいという姿勢は、「どの企業でもいい=御社である必要もない」というメッセージを意図せずに伝えることに繋がってしまいます。

ですから、就職したいという気持ちがあるなら、フリーターだとしても、

  • 自分はどんな希望や強みがあるかを考えておく
  • それを伝える姿勢で就活に臨む

のがおすすめです。

どこでもいいからこそ「希望と強み」を考えてフリーターは就職活動をしよう!

どこでもいいからこそ「希望と強み」を考えてフリーターは就職活動をしよう!

「どこでもいいから就職したい」と考えているということは、それなりに切羽詰まった状況にいる人も多いはずです。

「早く就職しなきゃ…」という焦りから、どこでもいいと考えてしまうわけですね。

 

しかしそんなときこそ、自分の希望や強みをしっかり整理して、それを軸に就活を進めることがとても大切です。

 

私も最初は「どこでもいいから就職しよう…」と思って就活を始めましたが、自分が何をしたいのか、なにをアピールするべきか分からなかったせいで、書類落ちばかり…

半年くらい全く就活が進みませんでした。

 

その後、どうしたかというと、自己分析をして応募する求人の的を徹底的に絞りました。

  • 就職したらどんな風に働きたいか
  • アルバイト経験で就職に活かせることはなにか
  • 自分の強みや弱み

を考えて、それを書類や面接に活かすように心がけました。

求人に関しては、キャリアアドバイザーに探し出してもらったものに絞りました。

 

そうすることで、ポツポツと内定が取れて就職することができたんです。

 

ですから、どこでもいいから就職したいと思っているときこそ、自分の希望や強みをはっきりさせて、求人の的は絞っていくべきです。

 

今は、世の中の流れ的にも「第二新卒」(新卒で就職して3年以内程度で転職する人)の転職が盛んだったり、フリーターやニートの就職を国が支援するなど、一度道を外れた人でも正社員就職のチャンス自体は多くなっています。

 

それはつまり、未経験でも労働力を欲しがっている企業は多いということなので、必要以上に「フリーターの就職は厳しい…」と思わずに、自信を持って希望や強みをしっかり伝えて就活していきましょう。

仕事探しは就職支援サービスを活用してフリーターから就職を目指す!

仕事探しは就職支援サービスを活用してフリーターから就職を目指す!

では、具体的にはどう就職活動を進めれば良いのでしょうか?

先にお話したように、「自分の希望や強み・弱み」などを整理しておくのはもちろんですが、仕事探しに関しては、就職支援サービスを賢く活用するのがおすすめです。

 

就職支援サービスって何?というと、

  • 希望に合った求人紹介
  • 応募企業の詳細な情報提供
  • 面接や書類のアドバイス
  • 自己分析や悩み相談

などを、キャリアアドバイザーという担当者がバックアップしてくれるサービスのことです。

 

仕事探しは、リクナビなどのサイトで自分で求人を探すのが一般的ですが、「どこでもいいから就職したい」という人は、自分の強みやアルバイト経験を活かせる求人を探すのが難しいはずです。

 

就職支援サービスを利用すれば、キャリアアドバイザーが就職相談やカウンセリングをした後に希望や経験などを元に求人を探し出してくれるので、自分に合った仕事に出会いやすくなるというわけです。

 

また、キャリアアドバイザーが紹介してくれた求人であれば、

  • 仕事の細かい内容は?
  • 残業や休日数の実情は?
  • 会社の雰囲気は?
  • 上司はどんな人?

など、求人票ではわからないことも聞けるので、フリーターの就職で不安なブラック企業に引っかかってしまうリスクも減らせます。

 

とくに、フリーターや既卒者を専門にバックアップしてくれるサービスは、求人をたくさん紹介してもらえますし、キャリアアドバイザーに相談がしやすいのでおすすめですよ。

フリーターの就職におすすめできる就職支援サービスは!?

ちなみに、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」は、とくにおすすめできるフリーター専門の就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

未経験でも応募できる仕事を沢山紹介してくれますし、今後のキャリアについて丁寧なアドバイスをもらえます。

とても親身にサポートしてくれるサービスです。

事務・営業・エンジニアなど、幅広い職種で紹介してもらえるので、相談するうちにやってみたい仕事が見つかると思います。

 

サポートエリアは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、関東でフリーターから就職を目指すなら、ハタラクティブを活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする