高卒・中卒

高卒の19歳が良い就職先を見つけるためにすべき2つのこと。

高卒の19歳が良い就職先を見つけるためにすべき2つのこと。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

19歳で高卒、就職先探しはなかなか難しいですよね。
でも、「今」が頑張りどころなんです。

今回は、
高卒の19歳が良い就職先を見つける2つのコツ
をお話ししますね。

就職は19歳のうちにしておいたほうが20代は充実して過ごせる!

高卒後はアルバイトをしてたけど、やっぱり就職がしたい…

大学を中退したから、就職を考えている…

こんなふうに思っていませんか?

就職しないまま高卒になってしまうと、「とりあえずフリーターでいいんじゃないか…」みたいに考える人も多いですが、少しでも就職したいと考えているなら行動に移しましょう。

なぜなら、早めに就職しておいたほうがいろいろな意味で有利だからです。

 

ぼく自身、2年半くらいフリーターを続けて20代中盤で就職したのですが、

  • 就職したほうが給料や生涯年収の面でかなり有利
  • 正社員はやっぱり信用される

ということを痛感した経験があり、「早めに就職したほうがいいよ」と言えるというわけです。

「19歳の高卒でも就職を目指す」画像

詳しく話すと、フリーターはいくら頑張っても評価は「時給」。職歴として大きなプラスにもならないので、長く働いても次に繋がらないんです。

給料も時給に上限があることが多いので、すぐに頭打ちになります。こんなデータもあって、収入面の違いは明らか。

統計によれば正社員の生涯賃金が2~3億円程度、フリーターでは5~8千万円程度という試算が出ており、実に3~4倍もの格差が生じる可能性があると言われています。

引用元:Jaicフリーターの就活太字は後で付け足しています。)

長くフリーターをしていれば、あとで差を埋めるのはとても困難になるんです。

 

そして、ぼくがとくにキツかったのが、職業=アルバイトという肩身の狭さです。

友人はどんどん就職して孤立感がすごかったですし、当時付き合っていた彼女に愛想を尽かされて振られたのはかなり凹みました。。。

 

もちろん、アルバイトをしながら何かやりたいことがある、夢があるなら前向きで良いと思います。

でも、なんとなくフリーターになるんだったら、19歳で若く可能性に溢れている時期に就職しておいたほうが良いです。

今がんばれば、仕事面や金銭面だけでなく、プライベートも充実した20代を過ごせるはずですよ。

高卒の19歳が就職するには「やれることをやってみる」のが大事

高卒の19歳が就職するには「やれることをやってみる」のが大事

とはいえ、、、19歳の高卒で就職活動をするのは、いろいろと不安ですよね。

探せばそれなりに求人はありますが、

  • 自分に合った仕事なのかわからない
  • ブラックだったらどうしよう…
  • そもそも19歳高卒で受かる仕事なんだろうか…

など、悩むはずです。

 

就職テクニックは世の中にいろいろありますが、、、ぼくの経験から言えば、難しく考えるよりもとにかくやれることをやってみることが大事。

 

まずは、これからお話しする2つのことをやってみてください。

”自分にとって良い就職先”を見つけるための2つのコツです。

「19歳の高卒でもしっかりしている…」ギャップを利用するのがコツ

「19歳の高卒でもしっかりしている…」ギャップを利用するのがコツ

世の中には、「就職活動や転職活動のマニュアル」みたいなものがあって、例えば

  • アルバイト経験はこんなふうにアピール
  • 職務経歴書はこう書きましょう
  • キャリアアップを志望動機にしよう

これを実践すれば内定がもらえる、と説いていたりします。

きっと、履歴書はどんな風に書いたらいいか、職務経歴書は、面接は、といろいろ調べている人も多いと思います。

 

しかし、19歳で高卒だと、アルバイト経験も少なく、自分に合っている仕事もよくわからない、そもそもキャリアがない、そんな状態なのでアピールできることが少ないですよね。

 

そこで、なにを意識して就職活動に臨めばライバルよりも良い印象を残せるかというと、、、「ギャップを意識する」ということが大切なんです。

「高卒の19歳だけどきちんとしている」と思ってもらうのがポイント!

「ギャップってどういうこと!?」と思うかもしれませんが、難しいことではありません。

どうしても企業の採用担当者は、

  • 19歳の高卒か…ちゃんと働いてくれるか不安だ…
  • どうせすぐ辞めるんじゃないか…
  • 社会人としてやっていけるのかな…

こんなふうに、「高卒の19歳で既卒」という経歴から、応募者を色眼鏡で見ていることが多いです。

ぼく自身も就活したときに感じましたが、「フリーターだから、どうせだらしないヤツだろ」という目で見られるんですよね。

 

こう思われているところに、きちんとした書類や面接の態度を示せば、

採用担当

この応募者、高卒で19歳だけどすごいしっかりしているな…

というように、思い込みとのギャップが大きいので好印象を残すことができるんです。

 

具体的には、

  • 応募書類は丁寧に脱字や誤字に気をつけて書く
  • 身だしなみは最低限整えて面接に臨む
  • 言葉遣いや身振りなどマナーを守る

ということに気をつけるのがポイントです。

 

さらにおすすめしたいのは、

  • なぜ高卒で就職しなかったか(または大学中退したか)をきちんと伝える
  • どうして19歳の今就職しようと思ったかを伝える
  • 就職したらどんな社会人として成長していきたいかを伝える

これを意識して書類作成や面接に臨めば、

面接官

この応募者、19歳で高卒だけど真剣に今後のことを考えているんだな…

ということを分かってもらえるはずです。

 

ポイントになるのは、

  • 過去のマイナス面は素直に反省する
  • 今、就職についてどう考えているかをハッキリさせておく
  • 今後の展望が話せるようにしっかり考える

というように、「過去・現在・未来」の流れにそって自分の気持ちをはっきりさせておくことが大切です。これが1つめのすべきことです。

19歳の高卒でも良い就職をするには「ブラック企業対策」「最低限の就職マナー」をバックアップしてもらう

19歳の高卒でも良い就職をするには「ブラック企業対策」「最低限の就職マナー」をバックアップしてもらう

そして、2つ目のすべきことは、ブラック企業対策、就職マナーの習得をひとりでやろうとしないで、就職支援サービスを使ってバックアップしてもらうことです。

 

19歳の高卒が応募できる求人は、どうしてもブラック寄りの業界や職種が多くなってしまいます。

例えば、飲食業、サービス業、または営業系などは、求人は多いですが、長時間労働や過酷な職場が多いと言われています。(もちろん、すべての求人が悪いというわけではありません。)

 

なので、就職活動では求人を出している企業の情報収集を徹底することが、実はとても大事なんです。

また、先にお話しした「ギャップ利用する」には、就職活動の最低限のマナーを知ったり、自己分析をしっかりやることが大切。就職について詳しい人にアドバイスをもらったほうが絶対に有利になります。

 

これを進めるには、就職支援サービスを活用してキャリアアドバイザーという担当者を味方につけるのが、ぼくが知る限り最も確実な方法です。

就職支援サービスというのは、担当のキャリアアドバイザーに

  • 自己分析などをプロの目でアドバイスしてもらえる
  • 希望に合う仕事を探し出してもらえる
  • 応募企業の詳しい情報を教えてもらえる
  • 書類や面接対策をアドバイスしてもらえる

こんなふうに、無料でさまざまなバックアップを直接受けられるサービスです。

 

これを利用することで、19歳の高卒でも、大学中退でフリーターでも、就職活動で必要なマナーや自己分析をアドバイスしてもらうことができます。

そうすれば、就職活動でギャップを与えることはできますし、情報収集面で大きく有利になるのでブラック企業にあたるリスクも減らすことができるというわけです。

高卒の19歳が利用したいのは「フリーター・既卒専用」のサービス

高卒の19歳が利用したいのは「フリーター・既卒専用」のサービス

でも、就職支援サービスって19歳の高卒が利用できるの?

と思う人もいるかもしれません。

たしかに、有名どころのリクルートとかマイナビなんかのエージェントと呼ばれるサービスは、主に職歴がある”転職者”を対象にしているので、なかなか対応してもらえないこともあります。

 

ですが、「フリーターや既卒を専門にしているサービス」を利用すれば大丈夫です。

 

ぼくも利用したおすすめは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターや既卒など職歴がない人を専門にしているので、就活でわからないことや不安なことを1から教えてくれます。

キャリアアドバイザーがフレンドリーで親切なので、なんでも話しやすいのがおすすめの理由ですね。

 

仕事も、事務・エンジニア・営業・サービス業系など、いろいろな種類を紹介してくれるので、就活が捗ります。

関東1都3県の就職に強いので、東京・埼玉・神奈川・千葉で就職するならハタラクティブを活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする