既卒フリーター就活の悩み

就活が辛いフリーターが今すぐやるべき3つのこと【諦める前にトライ】

就活が辛いフリーターが今すぐやるべき3つのこと【諦める前にトライ】

就活が辛い。。。
フリーターの自分には
正社員は無理?

不採用ばかりで自信喪失
就活が辛いわ。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

就活がうまく進まないと「本当に正社員になれるだろうか」と弱気になりますよね。

つらい状況が続くと、就活を投げ出したくなるはずです。。。

 

実はぼくもフリーターから就活をしたので、その気持ちはよくわかります。

でも、辛いからといって就活を諦めてしまうのは、とても勿体ないことです。

なぜなら、その辛さを乗り越えた先には、必ず成功や喜びが待っているからです。

 

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「就活が辛いときにやるべき3つのこと」をまとめました。

  1. 気持ちをリフレッシュさせる
  2. 正社員になった自分・
    ならなかった自分を想像する
  3. 就活をひとりで悩まない
ダイスケ

どれも難しいことはありません。ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

フリーターからの就活が辛いなら気持ちをリフレッシュする

まず最初にやるべきことは、気持ちのリフレッシュです。

生活を変えるチャンスかもしれない

きっと今は、

就活が辛すぎる
もうダメだ。。。

こんなふうに気持ちが落ち込んでいるはずです。

  • フリーターには無理
  • 正社員なんて
    考えるんじゃなかった
  • 自分は必要とされていない

こんな悪魔のささやきが聞こえるかもしれません。

そんな状態だと、誰だって物事を冷静に考えられません。悪いことだけ頭に浮かびます。

 

なので、就活が辛くてしょうがないときは、一度就活から距離を置いてリフレッシュする時間を作りましょう。

例えば、

  • 1日中自分が好きなことだけをする
  • 2〜3日小旅行に出かける
  • ひたすら睡眠をとる

など、自分自身がリフレッシュできることならなんでもOK。

「心に栄養を与える時間」と割り切って、楽しむことをおすすめします。

ぼくは就活がどうしてもうまくいかなかったとき、一人旅に出かけて気持ちを切り替えました。

人間は、心に余裕がないと物事を冷静に判断できなくなります。

フリーターからの就活は、あなたのこれからを左右する大事なイベントですよね。

その大事なイベントを気持ちが落ちて冷静さを失ったまま進めるのはリスキーだと思いませんか?

 

もしかすると、

そんなのんびりしてる暇は
ないんだけど。。。

と思うかもしれませんが、気持ちが落ちた状態でダラダラ就活を続けても、なかなか結果は出ません。

それよりは、

  • しっかり休息をとる
  • リフレッシュしてがんばる

このようにメリハリをつけて就活に取り組みましょう。

ダイスケ

まずは積極的にリフレッシュする時間を作って、心のエネルギーを充電するのがおすすめです!

就活が辛いのは成長・成功できる証拠

次に知っておいてほしいのは、就活が辛いのは成長出来る証拠だということです。

就活に限らずですが、何かを成功させるには「安全圏」の外に出る必要があります。

ここでいう「安全圏」というのは、慣れ親しんだ環境や生活を指します。

安全圏にいれば、それなりに快適で辛いことも少ないはずです。

でも、今以上の成功や成長は見込めません。

 

一方、「安全圏の外」は、不快な出来事や辛いことがたくさんあります。

しかし、そのなかで頑張れば、必ず大きな成功や成長を得られるわけです。

 

つまり、あなたが今就活で辛い思いをしているということは、安全圏の外でがんばっている証拠です。

言い換えると、フリーターからの就活が辛いのは当たり前なんです。

 

アメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルトは、こんな言葉を残しています。

努力や痛み、困難を伴わない物事に価値のあるものはひとつもない

「辛い」という思いは、価値ある成功や成長を手に入れるためにがんばる人にだけ訪れる感情というわけですね。

なので、

  • 辛いのは成長・成功できる証拠
  • 成功に辛い思いは付き物

こんなふうに考えて、前向きに進んでいきましょう。

就活が辛いときはフリーターから正社員になった自分を想像してモチベーションアップ

次におすすめしたいのは、フリーターから正社員になった自分を想像してみることです。

きっと、フリーターから就活をする人は、

  • もっとお金を稼ぎたい
  • いい暮らしがしたい
  • 安定した仕事に就きたい
  • 彼女(彼氏)と結婚したい
  • 将来の不安を解消したい

など、「今後の人生を前向きに過ごしたい」という思いから就活を始めたはずです。

でも、辛い就活が続くと、

  • いつの間にか目的があやふやになる
  • 内定を得ること=ゴールになる

ということが起きます。

つまり、就活をする本来の目的を見失ってしまうんですね。。。

そうなると、就活はただただ辛いものになってしまいます。

目的地が分からないまま暗闇を走り続けるようなものです。

 

就活は本来、あなたの人生を豊かにする通過点です。

正社員になるのがゴールというよりは、就職後の明るい未来を叶えるのがゴールのはずです。

なので、もう一度、自分が就活をがんばる理由を振り返って、

就職後の自分はどうなっているか

を想像してみましょう。

ダイスケ

本来の目的を思い出すことで就活のモチベーションは戻ってくるはずです!

フリーターを続けた将来も考えてみる

逆に、このままフリーター生活を続けた将来を考えてみるのも一つの方法です。

フリーターのまま5年、10年と生活をしたら、どんな未来が待っているでしょうか?

あなたにとって明るい未来が思い描けるしょうか?

 

もちろん、

  • フリーターはダメ
  • 正社員じゃないと
    幸せになれない

と言いたいわけではありません。

でも、フリーターは様々な面で年齢を重ねるごとに厳しくなっていくのは事実です。

 

例えば、フリーターの生涯賃金(一生で稼ぐお金)は、約6,000万円と言われています。

それに対して正社員は、約2億6,000万円にのぼります。

驚きですが、なんと4倍以上の差が生まれるわけです。

 

仮に20歳から働きはじめて80歳まで生きると仮定した場合(60年間生活をする)、生涯賃金から1ヶ月に使えるお金を算出すると以下のようになります。

【フリーター】
6,000万円÷60年間=年間100万円
100万円÷12ヶ月=8.3万円
一ヶ月に使えるお金 8.3万円

【正社員】
2億6,000万円÷60年間=年間433万円
433万円÷12ヶ月=36万円
一ヶ月に使えるお金 36万円

あくまでも平均の話ですが、フリーターを続けると月に8.3万円しか使えない計算になります。

もしも今、8.3万円以上使って生活をしているということは、そのしわ寄せはどんどん後(老後など)に回ってしまうわけです。。。

一方正社員は、36万円とかなり余裕があることがわかります。

実際、非正規雇用と正社員の賃金差は、20代中盤から後半にかけてグッと広がることもわかっています。

一般労働者の賃金の推移

 

もちろん、お金が全てではありませんし、あくまでもデータ上の話です。

でも、こうした「フリーターのマイナス面」を考えることで、就活に対するモチベーションは確実に高まります。

ぼく自身、「フリーターのまま年をとるのは絶対に嫌だ」という気持ちになったからこそ、辛い就活を乗り越えられました。

ダイスケ

「フリーターのままで将来は明るいか?」ぜひ考えてみてください!

【フリーターからの就活は誰だって厳しい】辛いときはひとりで悩まないことが大切

最後におすすめしたいのは、就活が辛いときはひとりで悩まないことです。

先程もお話ししたように、就活が辛いと良い方向には考えが進みません。

  • フリーターには無理
  • 正社員なんて
    考えるんじゃなかった
  • 自分は必要とされていない

こんなふうに気持ちが落ち込むばかりです。

就活がうまくいかない理由を自分ひとりで見つけ出すのも大変です。

悩めば悩むほど、就活を挫折する可能性が高くなってしまいます。

実際ぼくは、どうしても就活がうまくいかず、フリーターに舞い戻った時期があります。

いくら28歳のフリーターでもブラック企業の餌食にはならないように!の画像

そんな経験から言えるのは、ひとりで就活を抱え込む必要はないということなんです。

 

幸い今は、フリーターの就活をじっくりサポートしてくれるサービスがいくつもあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活を相談することができます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就活がうまくいかない理由をキャリアアドバイザーやカウンセラーが見つけてくれたりもします。

 

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者

面接では、
こんなアピールが好印象です。

担当者

職場の雰囲気はこんな感じだったので
◯◯さんに合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就活はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

ぼく自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

エージェントは必須と思っているので、まずは1〜2社登録してみると良いですよ。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【済】【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターから就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事