新卒就活のコツ

内定がほしい就活生へ「今からやれば内定に近づく3つのこと」

内定がほしい就活生へ「今からやれば内定に近づく3つのこと」の画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

今回は、「内定がほしい…どうしたらいい?」

と悩む就活生に向けて、今からやってみてほしい3つのことについてお話しします。

「内定がほしい!」と思っているなら大丈夫。前向きにいこう!

就活がなかなか終わらない!

いいかげんに内定がほしい。。。

内定ほしいけどもう無理!?

こんなふうに「内定がほしい!」

こんなふうに「内定がほしい!」と悩んでいませんか?

がんばって就活しているつもりなのに結果がでない、しかも、まわりは就職先が決まっている人が多くなっている。。。こうなると焦りますよね。

ぼくも就活で苦労したひとりなので、気持ちは分かります。

 

でも、「内定がほしい」と前向きに考えているなら大丈夫。まだまだチャンスはあります。

就活シーズンが残り少なくなってくると、「もうフリーターでも既卒でもいいか」と諦めの気持ちも出てくるものですが、気持ちだけはしっかり持って就活していきましょう。

 

ここからは、内定が出ない就活生が今からやるべき3つのことをお話ししていきます。どれも難しいことではないので、ぜひ試してみてください。

 

、、、とその前に、ひとつだけ気をつけてほしいことがあるので、少しだけお話ししますね。

「とにかく内定がほしい」という人は要注意!「なんでもいいから就職」は危険

就活生は、誰だって”内定がほしい”です。

「内定さえ出れば、就活からは開放されるのに…」という思いが強くなると、「とにかくなんでもいいから就職しちゃえ」という方向にいく人もいるかもしれません。

 

内定ゼロで卒業して既卒やフリーターになるよりは良いかもしれませんが、内定ほしさに

  • 企業研究はほとんどできてないけどとにかく応募
  • どう考えても自分は向いてないけど応募

こんなふうに投げやりになるのは危険です。

仮に内定がもらえたとしても、就職後に続かなければ意味がありません。

 

例えば、「新卒入社したけど1ヶ月で辞めてしまった」となったら、また就活をやり直さなくてはいけませんよね。

内定ばかりに気持ちが集中すると「内定=ゴール」のように錯覚してしまいますが、「内定=スタート」です。

 

もちろん、こんなふうに考えるのはとっても難しいことですが、、、就職後に後悔しないように就活を進めましょうね。

内定がほしい就活生が今やるべきこと1「自分の都合ばかり押し通さない」

「喉から手が出るほど内定がほしいのに、どういうわけかお祈りメールばかり届く…」こんなときは、就活のしかたを一度見直す必要があるのは確かです。

 

人それぞれ改善点は違うと思うので、一概には言えませんが、、、

ぼくの経験から言えるのは、内定がほしいときこそ企業側の気持ちを考えることが大切だということです。

 

就活では、

  • 自己分析をして自分の強みをしっかり伝える
  • 前向きな志望動機をきちんと練って臨む

などはよく言われることですよね。

でも、それが必ずしも面接官や採用担当者に響くわけでもありません。

 

どうしてかというと、企業や会社にも「こんな強みを持った人がほしい」「人物像はこんな感じの人を採用する」という希望があるからです。

 

いくらこちらが、「わたしの強みはリーダーシップがあることです。」と自信満々にアピールしても、企業側が求める人物像が「素直で周りとうまくやれる指導しやすい人」であれば、逆効果かもしれません。

 

なので、内定がほしいときは、「この会社はどんな人材を求めているんだろう」ということをもう一度よく考えて就活をがんばってみてください。

自分の都合ばかり考えて自己PRするのではなく、相手のニーズに目を向けてみましょう。

 

面接官や採用担当者の気持ちにフォーカスすると、そのほかの改善点も見えやすくなるのでおすすめですよ。

内定がほしい就活生が今やるべきこと2「マッチング系の就活イベントに参加してみる」

新卒の就活は、就活生だけでなく企業側にとっても人材獲得の大きなチャンスです。

しかし近年は、「新卒の採用がなかなかうまくいかない」という中小企業が増えていると言われています。

 

以下は、人手不足を感じているかを調査した結果ですが、7割以上の中小企業は人手不足を感じているようです。

【人手不足を感じていますか?】

  • YES 73.7%
  • NO 26.3%

【人手不足をどの程度感じていますか?(YES回答者のみ)】

  • かなり深刻 19.7%
  • 深刻 33.1%
  • なんとかやっていける程度 47.2%

参照データ:中小企業基盤整備機構より一部抜粋 http://www.smrj.go.jp/kikou/dbps_data/_material_/g_0_kikou/news/pdf/20170508_questionnaire.pdf

つまり、人材獲得を狙っている企業は多いわけです。

ですから、内定がほしいと願う就活生は、マッチングさえうまくいけば、今から就職できる可能性は十分にあるんです。

 

そんなときにおすすめなのは、就活イベントに積極的に参加してみることです。

 

最近は、年間を通して就職先企業の人間と話をしながら就活を進めるイベントも増えています。

たとえば、ミーツカンパニーが行っている就活イベントは、座談会形式で行われるため、仕事のことや職場環境のことなどを探りやすいです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

就活イベントに参加している企業は、採用意欲がとくに高いですし、その場で内定をもらえる可能性もあるので、足を運んで損はありません。

こうしたイベントは、首都圏で行われることが多いですが、ミーツカンパニーは各地で開催しているので、近くで行われる機会をねらって参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

内定がほしい就活生が今やるべきこと3「就職エージェントに相談して内定をつかむ」

「内定がほしいけど就活がうまくいく気配がない…」というのであれば、就職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

リクナビやマイナビを使って個人でエントリーし続けるのもひとつですが、実はキャリアアドバイザーという担当者に相談しながら就活を進めたほうが内定が近かったりします。

 

就職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが直接話を聞いてくれた上で、

  • 「こんな業界・企業が希望に合いますよ」
  • 「面接はこんなところに気をつけたほうがいいです」
  • 「自己PRはここを重点的にアピールすると好印象ですね」

など、それぞれに合ったアドバイスを受けながら就活を進められるようになります。

 

先にお話したように、自分の都合ばかり押し通しても就活はうまくいかないので、客観的な意見を取り入れることはとても大切です。

実際、ぼくもこうした就職エージェントをつかって就職したので、活用してみてください。

 

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。
未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする