新卒就活の悩み

内定が遠い…『きつい就活』を乗り切るための3つのコツ

内定が遠い…『きつい就活』を乗り切るための3つのコツの画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

今回は、「就活がきつすぎてつらい…」
そんな思いをしている方のために、就活を乗り切るコツをお話ししています。

サクッとすぐ読めるので参考にしてもらえたら嬉しいです。

5割以上の就活生は就活をきつい・辛いと思っている!

周りはどんどん内定者が増えていくのにいっこうに決まらない…

就活がきつい。。。

就活、がんばっているつもりなのに不採用ばかり...

精神的にも体力的にもきつい。。。

こんなふうに悩んでいませんか?就活がきつく内定が遠いと、もう嫌だ!と諦めたくもなりますよね。

 

就職活動の心境を調べたデータでも、

【現在の就職活動の心境】

  • 楽しい 27%
  • 辛い・大変 52%
  • 面倒 21%

引用データ:リクルートより一部抜粋http://www.recruit.jp/news_data/library/pdf/20100720_01.pdf

このように、7割以上の就活生はネガティブな印象をもっていることが分かっています。

 

就活は、「自分の将来を決めるイベント」なので、本来は楽しいものであるべきなのに、そうは思えない就活生は多いというわけです。。。

実はぼくも、就活で苦労した経験があるので、その気持ちはよくわかります。できれば楽しく就活したかった…

 

でも、いくら就活がきつくても、そこで諦めてしまったら後悔するのは目に見えています。

フリーターや既卒になってしまうと、そこから就職するのは大変だからです。

 

というわけでここからは、きつい就活を乗り切るにはどうしたらいいのか、3つのコツをお伝えしようと思います。

就活がきつくて心が折れそうなとき、少しでも前向きになってもらえたら嬉しいです。

きついからこそ就活が成功したときの喜びは大きい。ポジティブにいこう

就活がきつくてつらいときは、どうしても後ろ向きの気持ちになってしまいます。

  • このまま内定ゼロじゃないか
  • 自分を採用してくれる企業なんてない
  • またどうせ不採用だと思う

こんなふうにネガティブなまま応募し続けると、ますますドツボにはまってしまいます。

 

そんなときは、気持ちを切り替える時間を作ると良いです。

たとえ2〜3日でも、自分がリフレッシュできることを思いっきりやってみたり、ひたすら眠ってみたり。きついときはしっかり休息をとりましょう。

休んでもいいので、諦めないことのほうが大切です。

 

そして、「就活がきついほど、内定をもらったときの喜びは大きい」ということを頭に入れておいてください。

 

早く内定をもらうに越したことはないですが、きつい思いをした経験は社会人になって必ず活きますし、苦労した分喜びや嬉しさは倍増します。

 

「こんなきついってことは、内定が出たらどれだけ嬉しいんだろう」

ぐらいに考えられれば良いですね。

 

きつい就活をポジティブに考えられる人は内定も近いはずです。

就活がきついときこそ「内定が出ない原因」を見極めることが大切。

なかなか内定がでないと、モチベーションも下がって「就活のことなんか考えたくない」と思いますよね。

 

そんなきついときこそ、一度冷静になって「内定が出ない原因」を見極めましょう。

 

就活の採否は、「縁」や「面接官や採用担当者のさじ加減」で変わることがあるので、ここを改善すれば必ず内定が出るというテクニックがあるわけではありませんが、、、

次の2つだけはチェックしてみてください。

  • 応募数は足りているか
  • 企業側のニーズを理解しているか

 

就活は、ある程度の数をエントリーしないと内定が出にくいという側面があります。

あまりに応募数が少ないと、内定する確率は当然低くなりますし、面接などの経験値がたまらないので好印象を残せません。

 

以下は、就活者のエントリー平均数を調べたデータですが、

  • エントリーした会社 26.3社
  • 今後の予定社数 16.4社

(※2018年度卒 3月1日時点)

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋 http://news.mynavi.jp/news/2017/03/21/249/

3月の時点で26社程度、今後は16社程度を予定している就活生が多いことから、だいたい40社以上はエントリーするのが平均と思われます。

なので、自分のエントリー数と比較して、足りない場合はもう少し積極的に就活を進めたほうが良いかもしれません。

 

そして、応募する企業のニーズをきちんと考えた上で就活しているかも考えてみてください。

自己PRや志望動機などは、どうしても「自分目線」「自分都合」になってしまいますが、それだと企業のニーズを無視したアピールになりがちです。

 

極端なところで言えば、「私は経理だけ得意、数字には絶対の自信があります。」とアピールしても、配属先で営業を任されるのであれば意味がありませんよね。

応募する企業は、

  • どんな人材を求めているのか
  • 会社は採用活動で何を大切に思っているか

などをよく考えて、採用担当者や面接官の気持ちになってみると良いですね。

きついときはひとりで就活の不安や悩みを抱え込まないことも大切

「内定がでない、就活がきつい。とにかくつらい…」そんなときは、ひとりで悩みを抱え込まないことも大切です。

 

先ほど、ポジティブに考えようとお話ししましたが、どうしても気持ちが前を向かないことはあります。

「就活はひとりでがんばるもの」と思う人も多いと思いますが、きついときは助けを借りても良いんです。

 

今は、就職を直接サポートしてくれる”就職エージェント”が充実しています。

新卒の就活でも、キャリアアドバイザーという担当者に相談すれば、

  • 就活の悩みを相談できる
  • 希望に沿った企業を紹介してくれる
  • 面接のコツや就活マナーをおしえてくれる

など、無料でしっかりサポートしてくれるので安心です。

 

使ってみないとイメージが沸かないかもしれませんが、就活の悩みを相談できる頼れる存在という感じです。

 

就職して会社の一員になれば、会社というチームで仕事をするわけです。決してひとりで仕事をするわけではありません。

周りの人をうまく使ったり、頼ったりして良い結果を出さなくてはいけませんよね。

 

就活もそれと一緒で、頼れるものはきちんと活用することが大切。まずは、自分に合いそうなサービスに何社か登録してみると良いですね。

 

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、「すぐに就職を決めたい」「たくさんの企業と出会うチャンスがほしい」という場合は、就職イベントに参加してみるのもおすすめです。

 

とくに「ミーツカンパニー」の就職イベントはチェックすべきです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

座談会形式でイベントが行われるので、企業との距離が近く、その日に内定をもらえるチャンスがあるなどメリットが大きいです。

人数も50人限定で行われるので、疑問点なども聞きやすいのが魅力です。

東京(五反田で開催)はもちろん、大阪や福岡、名古屋など…各地で開催しているので、都合がつくなら参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする