就活失敗

就活失敗したらどうする?新卒入社できなかったときの対処法

就活失敗したらどうする?新卒入社できなかったときの対処法
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就活失敗で新卒入社できなかった…」
これは悩みますよね。

今回は、
就活失敗から就職をするためのポイント
についてお話ししますね。

就活失敗したら終わり、なんてことはない!

就職活動したけど失敗…

新卒で入社できないまま卒業してしまった…どうしよう…

就活失敗したから、とりあえずアルバイトをはじめたけど…

将来が不安…

こんなふうに就活が失敗したら、この先どうしていこうかと悩みますよね。

「新卒カードを無くしてしまったら終わり」みたいに言われることもあるので、不安だと思います。

 

たしかに新卒のほうが、

  • 大企業に就職しやすい
  • 就職の選択肢はかなり多い

というのは確かで、しかもそのチャンスは一度だけ。「就活失敗=大きなマイナス」というのも、嘘ではないかもしれません。

実はぼくも就活に失敗した経験があるので、不安な気持ちがよくわかります。

 

でも、新卒の就活失敗をしてしまったから、「もう就職なんて無理」「負け組だ」なんて思う必要は全然無いと思います。

 

というのは、ぼくはフリーター生活を経験して就職をしましたが、今はやりがいのある仕事を毎日してますし、就活失敗して回り道したからこそ得られたことも結構あるからです。

 

もちろん、「あの大企業に絶対就職して、エリートコースを歩む」みたいに思っていたのなら、就活失敗は相当痛いと思います…

しかし、そうでない限りはまだまだチャンスはあるんです。

 

ここからは、就活失敗したらどう対処していけばいいのか、3つのポイントに分けてお話ししようと思います。

  • 就活失敗は終わりと考える必要はない理由
  • どの道を目指す?就活失敗後の進路
  • 就活失敗後のおすすめは既卒で就職すること

なにかひとつでも参考になれば嬉しいです。

「就活失敗で新卒カードが無くなったら終わり」と考える必要がない理由

「就活失敗で新卒カードが無くなったら終わり」と考える必要がない理由

冒頭でもお話ししましたが、就活失敗して新卒就職のチャンスがなくなってしまうことを、大きなマイナスだと考える人は多いと思います。

きっと、どこか引け目を感じたり、不安でしょうがないはずです。

 

しかし、就活失敗したことをいくら悔やんでも、過去を変えることはできないですし、そこに気持ちをフォーカスすればするほど、身動きが取れなくなってしまいます。

 

なかなか難しいとは思いますが、失敗をただの失敗とは思わずに「失敗にも必ず得るものがある」と考えてみてください。

アルバイト先で知り合った先輩が、数年後に会社を立ち上げて、就職した会社のお客さんになってくれた。

フリーターをしていたころに英語の勉強をしていた。

就職したら海外事業部とのやり取りでとても役立った。

これらは、同じように就活に失敗してフリーターから就職した人の体験談ですが、どこでどうプラスになるかは分からないと思いませんか?

なので、就活失敗にばかり気持ちを向けるのはやめて、前向きに進んでいくことが大切ですね。

 

また就職に関して言えば、以下のデータを見るとわかるように、新卒就職を逃した既卒者の就職内定率は年々上昇しています。

【現在内定を保有していますか?】

  • 16年度既卒者 45.0%
  • 15年度既卒者 43.2%
  • 14年度既卒者 30.7%

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋

14年度に比べると、16年度は約15%も伸びているので、既卒者にとっては就職しやすい状況になっているので、前向きに今後の進路を考えていきましょう。

どの道を目指す?就活失敗後の進路

どの道を目指す?就活失敗後の進路

就活失敗後は、どんな道に進むか決め兼ねている人もいるかもしれません。

大まかには、次の3つの選択肢があると思います。

  • フリーターとしてアルバイトをする
  • 専門学校に入学したり資格取得を目指す
  • 既卒として就職を目指す

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

就活失敗後の進路:フリーターとしてアルバイトをする

就活失敗後の進路:フリーターとしてアルバイトをする

ぼくが選んだのは、フリーターとしてアルバイトをすることでした。

  • とくにやりたいことがなかった
  • 就職するのが難しいと思った
  • フリーターでもやっていけるかもと思った

というのが理由ですが、個人的にはあまりおすすめできる方法ではありません。

 

もちろん、「とにかく自由に生きたい」「お金には困らない」というのであれば、フリーターもアリだと思いますし、

たとえば、「夢を追うためにフリーターでお金を稼ぐ」「留学するためにしばらくアルバイトで貯金する」というように、目的があるならまだ良いです。

 

しかし、なんとなくフリーターをしていると、あっという間に2年、3年と過ぎてしまいます。

 

フリーター経験は、後に就職するときに「職歴」としてはカウントされないことも多いですし、年齢が上がっても給料が大幅に変わることもなく、それが将来的な不安へと変わっていくことをよく考えておいたほうが良いですね。

就活失敗後の進路:専門学校に入学したり資格取得を目指す

就活失敗後の進路:専門学校に入学したり資格取得を目指す

お金に余裕があったり、生活に困らないのであれば、専門学校に入学したり、資格取得を目指す進路も考えられます。

ただし、専門学校も資格も、

  • 自分が本当にやりたいことなのか
  • 本当に必要な資格なのかどうか

をはっきりさせておかないと、途中で挫折したり、卒業や資格取得ができたときに、道を見失ってしまう可能性があります。

 

大事なのは、就職を避けるために専門学校に入ったり、資格取得の勉強をするのは、良くないということですね。

ぼくもフリーターのときに、なんとなく役立ちそうだからと簿記の勉強をしましたが、途中で投げ出してしまい、全く役立っていません。

 

目的が明確であれば、専門学校に通ってスキルや知識を身に着けたり、資格取得に励むことは有効だと思います。

就活失敗後の進路:既卒として就職を目指す

就活失敗後の進路:既卒として就職を目指す

最後3つ目は、既卒者として就職を目指す道ですね。

先にお話ししたように、既卒者の就職内定率は上がっていますし、最近は既卒や第二新卒の求人も増えているので、現実的でリスクが少ない道だと思います。

 

ぼく自身、フリーターを2年続けた後に既卒として就職しましたが、そんな経験から思うのは、「既卒の就活は早ければ早いほうが良い」ということです。

 

その理由は、

  • 年齢が上がるにつれて既卒者が応募できる求人は減る
  • 若ければ若いほうが、企業受けが良いケースが多い

と感じたからです。

 

実は、企業が求人に年齢制限をかけることは禁止されていますが、実際は「このくらいの年齢の人材がほしい」という希望があることがほとんどです。

とくに未経験者を受け入れる企業は、若い人を好む傾向にあるので、同じ既卒でも年齢が若い人に目がいきやすいというわけです。

既卒で就職を狙うのなら、就活失敗してから期間が空かないほうが良いですね。

就活失敗後のおすすめは既卒で就職すること

就活失敗後のおすすめは既卒で就職すること

ここまで就活失敗後に考えられる進路を見てきました。

もうお分かりかと思いますが、ぼくがおすすめなのは既卒者として就職を目指すことです。

 

専門学校や資格取得などは、ある程度お金がないと難しいですし、そもそもやりたいことや必要な資格が明確じゃないと、失敗する可能性も高くなってしまいます。

フリーターは、よほど経済的に恵まれている環境の人じゃないと、年齢があがるにつれて将来が不安になると思います。

 

もちろん、なにを大事にするかで進路は変わってきますが、

  • これと言って目指すものもない
  • 経済的に余裕があるわけでもない
  • 進路に迷いがある

というのなら、既卒者として就職活動をしてみるのがおすすめです。

 

新卒の就職とは別な感覚で就職活動ができると思いますし、アルバイトをしながら就活をして、良い求人が出るのを待つのも良い方法だと思います。

 

既卒になって何年も経ってから急に就職しようと思っても、なかなかエンジンはかかりません。

  • 「どんな求人があるのか」
  • 「正社員ならどんな仕事がやりたいか」

これらをチェックしたり考えておくだけでも、やっておくと良いですよ。

就活失敗後の就職は新卒の就活方法とは違う!

就活失敗後の就職は新卒の就活方法とは違う!

というわけで、既卒の就活はおすすめですが、ひとつだけ注意してほしいことがあるんです。

 

それは、就活失敗後の就職は、新卒の就活とはやり方が異なるということです。

たとえば、応募書類の書き方、面接での答え方や姿勢など、新卒就活時のままアピールしても、うまくいかないことが多いです。

 

既卒で就職活動を進めるなら、就職支援サービスを活用するのがおすすめですね。

 

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望に合う求人を探し出して紹介してくれる
  • 就職の不安や分からないことを相談できる
  • 書類や面接対策をしてくれる
  • 企業とのやりとりを代わりにやってくれる

など、就職に必要なことを無料でバックアップしてくれるサービスのことです。

分かりやすく言えば、ハローワークみたいなものですね。

 

最近は、既卒者の就職を専門にしている就職支援サービスも充実しているので、これを使うのがおすすめです。

 

キャリアアドバイザーが、就活失敗後に既卒として就職するときのコツや進め方を教えてくれるので、安心して就職活動をすることができます。

 

ちなみに、ぼくが利用したのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という既卒者やフリーター専門のサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒者歓迎の求人や、未経験でも内定しやすい仕事をたくさん紹介してもらえたので、かなりおすすめです。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定でサポートしているので、関東で働きたい人は活用してみてください。

会員登録も簡単で使い勝手も良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする