就活失敗

就活に失敗したら終わりなの?諦めないための考え方まとめ。

就活に失敗したら終わりなの?諦めないための考え方まとめ。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就活失敗したら終わり?どうしよう…」と悩んでいませんか?

今回は、
就活に失敗したときの諦めないための考え方
についてお話ししますね。

就活に失敗してしまったら終わり?たしかに新卒の内定率は圧倒的

就活に失敗してしまった…

もう新卒カードもなくなったし終わったな…

こんなふうに思っていませんか?

 

たしかに、新卒の強さは日本の就活事情では圧倒的と言えます。

以下のデータを見ても分かるように

「2017年卒マイナビ大学生内定率調査 8月」

  • 大学生内定率 77.5%
  • 16年度既卒者 45.0%
  • 15年度既卒者 43.2%
  • 14年度既卒者 30.7%

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋

大学生の内定率は80%近いのに対して、既卒者は45%程度と半分以下。新卒時に比べると、既卒者は内定は取りにくいのは事実です。

 

しかし、既卒者の内定は決してゼロではありませんよね。

それに、大学卒業後にフリーターを経て就職したぼくが思うのは、就活に失敗しても諦めなければ正社員への道はいくらでもあるということです。

スポンサードリンク

本当に就活失敗は終わり?悩んでいるより前を向くことが大切

本当に就活失敗は終わり?悩んでいるより前を向くことが大切
  • 「就活に失敗したら人生終わり」
  • 「新卒を逃したらもう良い就職先はない」

こんな話を聞いた事がある人も多いはずです。

 

でも、就活に失敗したら終わり、もうダメ、というのはあまりに極端だと思いませんか?

 

基本的に”新卒”は、人生で一度きりのチャンスです。

そのたった一度のチャンスでその後の人生すべてが決まってしまうなんて…本当にそんな厳しい世の中でしょうか。

 

結論から言えば、大企業や人気企業への就職は難しくなりますが、新卒を逃したとしても中小、中堅企業に就職することは可能です。

就活失敗したら終わりというのは、正しくはありません。

 

また、新卒で”就職成功”したとしても、大卒者の約30%は3年以内に、約20%は1年以内に仕事を辞めているのが現状です。

つまり、就職はできても続かない、ミスマッチなどで失敗している人は多いということも知っておいたほうが良いですね。

 

就活失敗に悩んでいるよりは、既卒でも就職しやすい企業に目を向けてみたり、ミスマッチのない仕事選びとは何か?、など今後の自分の人生にプラスになる面を考えていきましょう。

スポンサードリンク

就活失敗にもプラスがある!?終わりではなく始まりになったぼくのケース

就活失敗にもプラスがある!?終わりではなく始まりになったぼくのケース

少し個人的な話になるので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、冒頭でもお話ししたようにぼくは、就活失敗後に就職したひとりです。

就職することなく大学を卒業して、フリーターを2年くらいやったあと、25歳のときに中小のIT系企業に就職しました。

 

そのころを振り返ると、就活は半年以上時間がかかって結構しんどい思いをしたので苦しかったですが、新卒で就活を失敗した事はそれほど後悔していません。

 

どうしてかというと、新卒で就活していたときは、「内定=ゴール」という感じで、とにかくどこでもいいから早く終えたいという思いが強かったんですね。(結局、就職できませんでしたが…)

なので、やりたい仕事も目的もよくわからなかったわけです。

 

でも、一度フリーターになっていろいろと考えた後に就活したときは、本当に働いてみたい会社の面接を受けて内定を取ることができました。

就活に失敗して終わりというよりは、失敗したことが始まりになったわけです。

そんな経験をしているので、ぼくは就活失敗をそれほどマイナスには思っていません。

 

もちろん、新卒のほうが内定率が高いことからも分かるように、就職のチャンスは大きいですし、新卒にはプラス面がたくさんあることも事実です。

しかし、「就活失敗=終わり」と決めつけないで、プラスのポイントを自分なりに見つけることも大切。それが見つかりさえすれば、前向きにこれからを考えられるようになるはずです。

スポンサードリンク

就活失敗しても終わりと思わず『諦めない気持ち』を持ち続けることが大切

就活失敗しても終わりと思わず『諦めない気持ち』を持ち続けることが大切

就活に失敗したあとは、いろいろな道がありますよね。

  • 就職浪人
  • 専門学校などに入学する
  • 既卒で就活をする
  • フリーターとして働く

など、選択肢はちゃんとあります。

どれが正解とは一概には言えませんが、いずれにしても就職を諦めない気持ちを持っておくことが大切です。

 

就職浪人するにしても、就職のために時間を有効活用することを考える必要がありますし、学校に入りなおすなら「この業界に就職する」などの目的を持ちましょう。

 

また、フリーターとして働こうと思っているにしても、その先に就職を考えておくことが大切です。

ただしこれに関しては、ぼくの経験上、既卒として就活することをおすすめしたいです。

就活失敗後の詳しい対処法は、以下の記事が詳しいので参考にしてください。

 

ダイスケ

いかがでしたか?

就活失敗したときも、諦めないことで次につながります。

20代前半の1年はとても貴重な時間なのは誰にとっても同じですから、後悔だけはしないようにこれから進む道を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする