新卒就活の悩み

「就活で落ちまくる…泣きたい…」そんなとき試してほしい3つのこと

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「就活が落ちまくりで泣きたい…」
そんな辛い思いをしているなら、ぜひ試してほしいことがあるんです。

今回は、
就活がつらいときに試してほしい3つのことをお話ししますね。

「就活で落ちまくる…もう泣きたい。。。」そんなあなたへ

就活がんばってるけど、落ちまくる。。。

誰にも必要とされていないんじゃないかな…

面接がうまくいかない…お祈りメールばかり。。。

自分は今までなにをしてきたんだろう

こんなふうに悩んでいる就活生、フリーターや既卒で就活をしている人は多いのではないでしょうか

「就活で落ちすぎて、もう泣きたい…」という人もいるかもしれません。

 

実はぼくも就活で苦労した過去があります。

ぼくの場合、落ちまくったことですっかり意気消沈。就活をやめてフリーターになりました。

 

その後、3年フリーターをしたあとに就職しました。

そんな経験から言えるのは、「泣きたいくらいつらくても、就活はあきらめずにやり通したほうが後悔しない」ということです。

 

新卒で就活する人は、”新卒”の今が1番チャンスがありますし、フリーターや既卒で就活している人も、早ければ早いほうが様々な仕事にチャレンジできます。

なので、泣きたい気持ちはぐっとこらえて(泣いても諦めなければOKですが)、もうひと頑張りしてみましょう。

 

今回は、就活に落ちまくるときに試してほしいポイントを3つにまとめてみました。

  • 泣きたいくらい気持ちが落ちたときは休む
  • 自分のことばかり考えるのはやめる
  • なにがいけないかは客観的に分析する

ひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

就活が泣きたいくらい辛いときは休息を意識的に取ろう

  • 泣きたいほどつらい
  • 気持ちがすっかり落ちている

というあなたは、ここまで就活を自分なりにがんばってきたはずです。

ある程度の数エントリーして面接も受けましたよね。

 

その経験はしっかり自分のなかに蓄積されているはずです。

なので、もう一度就活をがんばれるように、ここは一度、休息時間を確保してみてはいかがでしょうか。

 

気持ちが後ろ向きな状態でがんばり続けても、面接官や採用担当者にはその雰囲気がすぐ伝わります。

本来のパフォーマンスが発揮できないかもしれません。

 

それならいっそ、きちんと休息を取ったほうが良いです。

 

就活を乗り切るために大切なのは、がんばるときは集中してがんばって、休むときはしっかり心や体を休めることです。

 

実はこれ、社会人になってからも必要なスキルと言えます。

なぜなら、仕事をがんばるときはガッとがんばって、リフレッシュするときは思いっきり楽しむ人は、社会人になっても輝いているからです。

メンタルをコントロールすることも大切なビジネススキルです。

 

ちなみに、マイナビが「就活中の息抜き」について調査した記事によれば、

【就活中の息抜き、どんなことをするのがおすすめ? 経験者のリフレッシュ方法6選】

  • 友達と遊ぶ
  • 寝る
  • スイーツを食べる
  • 映画鑑賞
  • デート
  • ライブ鑑賞

引用データ:マイナビ学生の窓口より一部抜粋 https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/42166?page=2

などが紹介されています。

人それぞれどんな休息を取れば心や体がリフレッシュできるかは違いますが、参考にしてみても良いかもしれません。

 

個人的には、2〜3日ひとり旅に出るのがおすすめ。

まわりの”就活ムード”から開放されるので、落ち着いて気持ちの整理ができるはずです。

 

まずは、「今は休息をとって力を蓄える時なのかも」と考えてみてくださいね。

「落ちまくって泣きたい…」そんな時こそ自分のことばかり考えず就活と向き合う

就活で落ち続けると、

  • 自分って誰にも必要とされていないのかも
  • なんで俺だけ受からないわけ
  • 大学で何をやっていたんだろう
  • やっぱりフリーターだから受からない?

こんなふうに、「自分はダメだ」という気持ちでいっぱいになって、泣きたくなりますよね。

 

そんなときは、自分のことばかり考えずに、受ける企業や面接官の気持ちを意識的に考えることが有効です。

 

なぜなら、就活で落ちれば落ちるほど、自分にばかり意識が向いてしまうからです。

その結果、相手のことを考える余裕がなくなり、「自分はこうなんです。ああなんです。」と、ひとりよがりなアピールをしやすくなってしまいます。

 

「なんとか受かりたい」という必死な気持ちは大切です。

しかし、企業や面接官にも、「自社にプラスになる良い人材を獲得したい」という希望があります。

 

就活を成功させるには、一方的に自分の希望を押し通すのではなく、相手(企業や面接官)の希望や意図を読み取って、それに応えようとする姿勢も大切なんですね。

 

ですから、

  • ひとりよがりなアピールをしていないか
  • 受ける企業や面接官の立場を考えて面接対策をしているか

もう一度考えてみると良いですよ。

泣いてばかりはいられない!なぜ就活で落ちまくるかを客観的に分析する

就活で落ちるということは、そこにはなにか改善点があるはずです。

きっとあなたも、

泣いてばかりはいられない!

と、なにがいけないのか、どうしたら好印象を与えられるのか、自己分析をしているとは思います。

改善点を分析する努力は大切ですし、大きな力にもなります。

 

しかし、「灯台下暗し」という言葉があるように、自分のことだからこそよくわからない、ということは多いんですね。

つまり、いくら自分ひとりで改善策を練っても、前に進めないこともあるんです。

 

就活の改善点を見つけるには、客観的に自分の状況を見てもらうことが大きな力になります。

こんなときこそ、”就活のプロ”に相談してみるのがおすすめです。

 

例えば今は、”就職エージェント”と言われるサービスがたくさんあります。

就活アドバイザー(担当者)が、就職活動を無料で直接バックアップしてくれるサービスですね。

希望に合う企業を紹介してくれたり、就活の改善点などをアドバイスしてくれます。

 

就活アドバイザーは、紹介する企業の採用担当者とつながっているので、企業の細かい情報を教えてもらえたり、書類選考免除といったケースもあります。

  • 新卒の就活生に特化したサービス
  • フリーターや既卒者に強いサービス

それぞれ充実しているので、活用してみると良いかもしれません。

ぼくもこうした就活サービスを活用したので、非常におすすめです。

 

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、「すぐに就職を決めたい」「たくさんの企業と出会うチャンスがほしい」という場合は、就職イベントに参加してみるのもおすすめです。

 

とくに「ミーツカンパニー」の就職イベントはチェックすべきです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

座談会形式でイベントが行われるので、企業との距離が近く、その日に内定をもらえるチャンスがあるなどメリットが大きいです。

人数も50人限定で行われるので、疑問点なども聞きやすいのが魅力です。

東京(五反田で開催)はもちろん、大阪や福岡、名古屋など…各地で開催しているので、都合がつくなら参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

 

 

また、フリーターや既卒で就職を考えているなら、リクルートが手がけている「就職Shop」という未経験者専門のサービスがおすすめです。

既卒者やフリーターの就職に「就職Shop」

リクルートが運営しているだけあって、

  • 幅広い仕事が選べる
  • サポートがしっかりしている

さらに、書類選考がない企業の求人が集まっているので、正社員経験がなくてもチャレンジしやすいはずです。

関東エリアはもちろん、大阪や京都、神戸などの関西・近畿地方でもサポートしています。

まずは担当者に相談することからはじめましょう。

公式ページ:就職Shop

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする