既卒フリーター就活のコツ

就職できないと思う必要なし!成功する大学卒業後の就活方法。

就職できないと思う必要なし!成功する大学卒業後の就活方法。
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

大学を卒業してからの就職活動はいろいろ不安ですよね。

今回は、
大学卒業後の就活を成功させるためのコツ・方法
についてお話ししますね。

新卒じゃない大学卒業後も良い企業に就職できる

大学卒業後に就職するにはどうしたらいいんだろう…

新卒じゃなくなったら、もう良い会社には就職できないかも…

こんなふうに思っていませんか?

最近は、「既卒でも卒業後3年以内なら新卒として扱われる」というケースもあるので、少しずつ変わってきているような気もしますが、

「新卒で就職できなかった=道を外れた」みたいな風潮があるので、不安になりますよね。

 

実はぼくも大学卒業後に約2年フリーター生活をして、その後に就職した経験があるので、ストレートじゃない就職活動の不安はよくわかります。

 

でもそんな経験から言えるのは、新卒じゃない大学卒業後でも、きちんと就活して頑張れば良い企業に就職できるということです。

 

ここからは、大学卒業後の就職に不安を感じている人のために、おすすめできる就活方法・コツをお話ししていきます。

まずは、大学卒業後に「新卒」として就職を狙うのはアリなのかを考えてみましょう。

大学卒業後3年以内は新卒枠を狙える!?就職活動の本当のところ

大学卒業後3年以内は新卒枠を狙える!?就職活動の本当のところ

冒頭でもお話ししたように、最近は「既卒でも卒業後3年以内なら新卒として扱う」という企業も増えてきました。

背景には、厚生労働省が三年以内既卒者等採用定着奨励金という制度を導入するなど、国のバックアップもあります。

【三年以内既卒者等採用定着奨励金とは】

学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図るため、

既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を新たに行い、採用後一定期間定着させた事業主に対して奨励金を支給します。

引用元:厚生労働省HPより一部抜粋

当然、新卒枠のほうがいろいろな意味でチャンスが大きいですし、求人もたくさん揃っているので、新卒として就職活動したほうが良いと思うかもしれないのですが…

実際に大学卒業後に新卒として採用されるのは、高スペックな人や特別な条件で新卒を逃した人で、可能性としては低いと考えたほうが良いと思います。

 

これはなぜかというと、企業の気持ちを考えればその答えが見えてきます。

企業は、「既卒=なにか理由があって就職できなかった人」と考えることが多いので、新卒者のほうが安心して採用できるわけです。

 

つまり、新卒者と同じ土俵で就職活動をするのは、大学卒業後の既卒者にとってはかなり厳しいということは心に留めておいたほうが良いですね。

もちろん、興味がある企業が既卒者を新卒として採用している場合は、チャレンジしてみるのは大切なことです。

大学卒業後は既卒として就活したほうが可能性がある

大学卒業後は既卒として就活したほうが可能性がある

では、大学卒業後の就職活動は、どんな方法を取るのが良いのでしょうか。

結論から言えば、既卒者として「既卒枠」の求人を狙っていくのが、もっとも可能性が高い方法だと言えます。

  • 既卒者歓迎
  • 未経験OK

といった、就業経験がなくても採用されやすい求人に的を絞って就職活動をしていくんです。

 

でも、そんな求人ってブラックばかりじゃない?

大学卒業後はやっぱり良い企業には就職できない?

と思うかもしれませんが、そんなことはないです。

もちろん、なかにはブラック企業などの避けたい求人もありますが、それは新卒の就職でも一緒ですよね。

 

大学卒業後の既卒でも、

  • 自分に合う求人をきちんと選ぶ
  • 応募する企業の情報収集を徹底する

これらに気をつければ、良い企業に出会うことはできますよ。

 

就職活動は結局、「企業のニーズにハマるか」が大事になってきます。

既卒歓迎の企業 (既卒を欲しがっている)

双方のニーズが一致している⇒就職しやすい

大学卒業後に既卒になった応募者 (就職したい)

新卒採用を考えている企業 (新卒を欲しがっている)

双方のニーズにズレがある⇒就職が難しい

大学卒業後に既卒になった応募者 (就職したい)

簡単に言えばこんな感じなので、「どうしても新卒として就職したい」と言う人も、同時に既卒枠の求人もチェックしておいたほうが、可能性は広がるのでおすすめです。

大学卒業後の就職活動はキャリアアドバイザーに相談しよう

大学卒業後の就職活動はキャリアアドバイザーに相談しよう

大学卒業と同時に就職できなかった(しなかった)理由は、様々だと思います。

  • 就活したけど、とうとう決まらなかった…
  • 就職したい企業の内定が取れなかった…
  • 留学など理由があって就職しなかった

たとえばこんな感じです。

 

いずれにしても、これから大学卒業後の就職を目指すには不安が残りますよね。

就職できなかったということは、就活のアプローチやアピールが間違っていた可能性もあります。

 

こうした不安や改善すべきポイントを見極めるには、就職支援サービスを使ってキャリアアドバイザーに相談しておくのがおすすめです。

就職支援サービスというのは、

  • 希望に合う求人を探し出してもらえる
  • 書類・面接対策をしてもらえる
  • 就職活動のコツを教えてもらえる

など、キャリアアドバイザーという担当者が無料で就活をバックアップしてくれるサービスのことです。

 

新卒の就職活動と既卒の就活では、そもそも書類や面接対策は違ってきますし、アピールポイントにもコツがあります。

既卒の就活がうまくいかないほとんどの人は、この辺に問題があることが多いです。

就活をスムーズに進めるためにも、大学卒業後の就職活動は、キャリアアドバイザーに相談するのがおすすめですね。

 

実際ぼくも、キャリアアドバイザーに相談をして求人紹介を受けたり面接対策をしてもらってから、内定を出るようになりました。

相談できる人がいたほうがモチベーションも上がるので、就活をするならうまく活用すると良いですよ。

大学卒業後の就職活動におすすめできる就職支援サービスは?

就職支援サービスはたくさんありますが、既卒者の就職を専門的にサポートしてくれるサービスを選ぶのがコツです。

そのほうが、既卒者に特化した求人をたくさん紹介してもらえますし、キャリアアドバイザーにも相談がしやすいです。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブという既卒やフリーター専門の就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒歓迎や未経験可の良い求人をたくさん紹介してもらえましたし、キャリアアドバイザーがフレンドリーで親切なのもポイントが高いです。

サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定、関東エリアの求人にはとても強いので、関東で就活するなら外せないサービスです。

対象なら活用して就活を進めると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする