新卒就活の悩み

『就活がこわい…でも内定ゼロもこわい』を解決する方法。

『就活がこわい…でも内定ゼロもこわい』を解決する方法。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就活がこわい…」
その気持ち、ぼくもよくわかります。

ただ、内定ゼロで既卒になるのもこわいことなんです…

今回は、
就活がこわいときの対処法
をお話ししますね。

将来のビジョンもない自己PRもできない…就活が怖い!

面接がこわい…

就活なんてしたくない...

アピールポイントなんて無いし、そもそもどこに就職したらいいのかわからない…

コミュ障だし、就職した会社でやっていける自信ない…

就活がこわい…

こんなふうに『就活ってこわい!」と思っていませんか?

 

面接や自己PRに不安を感じると、就活するのがこわくなりますよね。

また、将来のビジョンが描けずに「このまま就活を進めていいのか不安…」と悩んでいる人も多いはずです。

 

ある調査会社が就活生に行なった「社会人としての将来ビジョンを描けているか?」というアンケート調査によれば、なんと53%の就活生が『描けていない』と回答しているのだとか。(引用データ:マクロミルより一部抜粋 http://www.macromill.com/r_data/20140306shukatsu/)

就活がこわくなるのも当たり前ですよね。

 

実は、ぼくもその気持ち、よくわかるんです。

なぜなら、就活後の将来像が描けずに就活を断念、フリーターになったひとりだからです。

 

その後、2年ほどアルバイト生活をし、既卒として就職を果たしましたが、そんな経験から思うのは、”就職せずに既卒になるのも、就活以上にこわいこと”だということです。

就活はこわいけど内定ゼロで既卒になるのもこわい、という話。

就活はこわいけど内定ゼロで既卒になるのもこわい、という話。

きっと、

就活がこわい…だから就活はやめて、卒業後はとりあえずフリーターでもやろうかな。。。

と考えている人もいるかもしれません。

 

でも、既卒になって本当に良いのかは、ぜひ一度、よーーーく考えてみてください。

 

ぼくは、学生時代遊び呆けていたせいで、就活でアピールすることもなかったですし、そもそもどんな仕事がしたいのかもわかりませんでした。

そんなわけで就活を諦めたわけですが、その結果は散々でした。

就活以上にこわい事その1:アルバイト地獄にはまる

就活から逃れたからと言って、働かないわけにはいかないですよね。

しばらくは実家で甘えられる人もいるとは思いますが、結局、どこかで一人立ちしないといけなくなります。

 

ぼくの場合、一人暮らしをしていたこともあり、卒業後はアルバイト三昧の日々に突入しました。

 

「アルバイト=楽」というイメージが強いですが、それって学生のうちだけだと思います。

生活費やら保険などを捻出するには、とにかくアルバイトを休めないですし、かと言っていくら頑張っても時給が上がるわけでもなく、周りにも評価してもらえません。

 

結局働いてばかりで、将来のことを考える暇もなくあっという間に2年すぎました…

就活以上にこわい事その2:将来に大きな不安が…

就活以上にこわい事その2:将来に大きな不安が…

そして、いつの間にか24歳、25歳、と年を取り、今度は将来に大きな不安が募ります。

  • 「自分はこのままフリーターで30すぎたらどうなるんだろうか…」
  • 「周りの友人はもう結婚しているやつもいるのに、自分は一体なにやってるんだろ…」
  • 「この給料じゃ、とてもやっていけない…年金払えないじゃん…」

となるわけです。

 

とくに、収入や交友関係の面で、就職した友人とは大きな差が出ました。

一説には、

統計によれば正社員の生涯賃金が2~3億円程度フリーターでは5~8千万円程度という試算が出ており、実に3~4倍もの格差が生じる可能性があると言われています。

引用データ:ジェイックより一部抜粋 https://www.jaic-college.jp/useful/freeter/

というデータもあるようで、ゾッとしますよね。

 

このころになると、「ちゃんと就活しとけばよかった…」とすでに後悔していました。

就活以上にこわいことその3:肩身がせまい…

就活以上にこわいことその3:肩身がせまい…

就活を諦め内定ゼロでフリーターになった代償として大きかったのが、肩身の狭さです。

  • 久々に会った友人に「仕事なにしてるの?」と問いかけられうまく答えられない
  • 当時付き合っていた彼女に就職しないの?と詰め寄られる
  • 実家に帰っても親戚に合わす顔がない…

これはぼくが実際に経験したことですが、気楽だと思っていたフリーター生活は想像以上にストレス。「職業:アルバイト」というのは、とても胸を張れませんでした。

 

そして、就活をもう一度スタートさせたわけですが、やっぱり既卒の就活は厳しいです。

 

新卒のころは「就活がこわい、やりたいこともわからない…嫌だな…」と思っていたのに、「新卒ってやっぱすごい恵まれてるじゃん…」と後悔しましたね。

こわさを乗り越えるには「就活でこわいポイント」を書き出してみる

こわさを乗り越えるには「就活でこわいポイント」を書き出してみる

たしかに既卒になったら大変だとは思うけど、

やっぱり就活がこわいことに変わりはないんだけど…

と思いますよね。

いくら、年長者から「あとで後悔しないように!」と言われても、やっぱり”今”の恐怖のほうが勝ちますから。

 

そんなときは、就活の何がこわいのかを一度ハッキリさせるのがおすすめです。

紙やスマホのメモ帳なんかに書き出してみても良いかもしれません。

 

  • ブラック企業に就職したら、と思うとこわい
  • 自己PRできることがないし、業界研究も分からない…分からないことだらけでこわい
  • 内定ゼロで自分を否定されるのがこわい…

など、いろいろあると思います。

 

もう一度冷静になって考えてほしいのが、こうした”怖さ”の根底には、「視野の狭さ」があるということなんです。

 

つまり、ひとりでアレコレ考えて、思考が堂々めぐりして抜け出せない、ということが多いんですよ。

 

なので、就活が怖くて踏み出せない…というときほど、誰かに相談することが大切です。

ビジネスとして就活を応援してくれる人のほうがサポートはうまい

ビジネスとして就活を応援してくれる人のほうがサポートはうまい

誰かに相談と言っても、例えば家族、友人、大学の就職課などに相談しても、

  • 逆に厳しいことを言われて凹む
  • 現実的な回答が得られない
  • 「がんばれ」くらいしか言われない

こんなことも多いと思います。

 

それよりは、ビジネスとして就活サポートをしているサービスを頼ったほうが、就活の恐怖を払拭できます。

 

今は、就活生でも”就活エージェント”と呼ばれるサービスを使って就活をサポートしてもらうことができるので、これを活用しましょう。

 

就活エージェントというのは、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者に、自分に合う業界や企業を紹介してもらったり、就活の不安要素を一緒に解決してもらえるサービスのことです。

 

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、「すぐに就職を決めたい」「たくさんの企業と出会うチャンスがほしい」という場合は、就職イベントに参加してみるのもおすすめです。

 

とくに「ミーツカンパニー」の就職イベントはチェックすべきです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

座談会形式でイベントが行われるので、企業との距離が近く、その日に内定をもらえるチャンスがあるなどメリットが大きいです。

人数も50人限定で行われるので、疑問点なども聞きやすいのが魅力です。

東京(五反田で開催)はもちろん、大阪や福岡、名古屋など…各地で開催しているので、都合がつくなら参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

 

 

ダイスケ

いかがでしたか?

就活がこわいときの対処法についてお話ししてきました。

既卒になるのは就活以上に不安なものですから、なにかひとつでも、”こわさ”を乗り越える参考になれば嬉しいです

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする