既卒フリーター就活のコツ

就職を目指す20歳のフリーターが正社員になる3つのポイント

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーターだけど就職したい。。。」
こう思っていませんか?

でも、フリーターからの就職はいろいろ不安になりますよね。

今回は、
20歳のフリーターが正社員になるためのポイント
をお話ししますね。

20歳のフリーターが就職を目指すなら「今」がおすすめ

大学を中退してフリーターをしてるけど就職したい…

高卒のままアルバイト生活…そろそろ正社員になりたい

短大をやめてブラブラしてたけど定職につこうと思う…

こんなふうに、「20歳」を目処にして就職を考えている人は多いと思います。

ハタチをすぎれば立派な大人として見られますし、親や周りからも「自分で生活費を稼げ」「はやく就職しなさい」と急かされたりもしますよね。

 

理由はどうであれ、少しでも「就職したい…」と思っているなら、20歳の今就職に向けて動き出すのは良い考えだと思います。

なぜかといえば、フリーターを続けているよりは正社員として経験を積んだほうが様々な面で有利になるからです。

とくに

  • 社会人経験が蓄積されるので後で転職するにしても有利
  • 生涯年収は明らかに正社員が有利

というのは知っておいたほうがいいと思います。

いくらフリーターを続けていても、その経験は正社員ほどは評価されないので、年齢を重ねるほど正社員に転職することは難しくなります。

また、フリーターはボーナスや退職金、厚生年金などは期待できず年収も上がりにくいので、フリーター生活が長引くだけ一生に稼げるお金の差は広がるんですよね…

 

なので、今後「大学や学校にもう一度行く」「フリーターを続けて目指したいことがある」というプランでもない限りは、なるべく早めに就職したほうが賢いですよ。

就職ポイント1:20歳のフリーターに企業がもとめているのは「スペック」だけではない!

就職ポイント1:20歳のフリーターに企業がもとめているのは「スペック」だけではない!

「はやめに20歳で就職したほうが良い」とお話ししましたよね。

でも、、、実際に就職するとなるとやっぱり不安ですよね。

 

実はぼくも、2年半くらいフリーターをした後に就職したんですが、「フリーター経験しかないスペックの自分が、内定取れるんだろうか…」とかなり悩みました。

とくに、

  • 「自慢できるような資格がない」
  • 「アピールできるような特技や長所もない」
  • 「職務経歴書って何書いたらいいの」

っていう感じだと、いくら就職したい気持ちがあっても不安で前に進めないんじゃないかと思います。

 

しかしこれに関して言えば、20歳のフリーターを受け入れてくれる企業は、そもそも「職務経験」「高い能力」「資格」などのスペック的なことを第一に求めてはいないんです。

逆に言うと、20歳のフリーターが狙うべき求人は、

  • フリーター歓迎
  • 未経験者可
  • 学歴不問

といった求人です。そのなかで、自分に合っているもの、希望の仕事をチョイスしていくイメージです。

 

なので、きちんとフリーターの就活に合った求人を選んで就活をすることが大事なんです。

そうすれば、「自分は場違いなんじゃないか…」みたいなことにはならないですし、企業も評価基準をスペックではなく別のところに設定しているので合格できる可能性もちゃんとあります。

履歴書提出前の最終チェックは 第三者にしてもらうのがおすすめ!

企業が20歳のフリーターに期待するのは「熱意」「素直さ」「人柄」

では、職務経験や能力、資格ではなく、フリーターのどこに評価基準を設定しているかというと、次の3つです。

  • やる気や熱意
  • 素直さ
  • 人柄

とくに社会人経験がない(少ない)人を採用するときは、こうした仕事に対する気持ちの部分と、入社してから周りと上手くやれるかというコミュニケーション力を見ていることが多いです。

スキルや経験は後からなんとでもなりますが、入社した時点でこの3つが備わっていないと、育てようがないんですね。

 

ですから、20歳のフリーターが就職するときは、

  • 必要以上にスペックを気にしない
  • 就職したいという「熱意」をしっかり伝える
  • 「この人なら一緒に働きたいな」と思われるように素直さを示す

これを押さえておくと良いですよ。

就職ポイント2:フリーター経験、大学中退歴など20歳の就職にマイナスの過去があるときの考え方

就職ポイント2:フリーター経験、大学中退歴など20歳の就職にマイナスの過去があるときの考え方

20歳のフリーターから就職するときは、

  • 高卒後にフリーターになったことをどう説明したらいいんだろう
  • 大学中退したことは絶対にマイナスだと思う…

など、就職しなかったことや中退した理由をどんなふうにフォローしたらいいか不安な人は多いはずです。

実際、面接でそのことを質問されるのは確実なので、悩みどころですよね。

 

また、文部科学省が公表している平成28年度の大卒・高卒の就職率を見てみると…

平成28年​3月大学高等学校卒業者の就職状況

  • 大卒 97.3%
  • 高卒 97.7%

参照データ元:文部科学省(一部厚生労働省データ)

このように、最近は就職率は高水準なので、採用担当者としても、

採用担当

なぜフリーターになったんだろう?

どうして中退したのかな?

「就職状況はよくなっているのに、なぜフリーターをしているのか!?」ということはどうしても知りたいんですね。

 

ここでポイントになるのは、フリーターになった理由や中退理由に対して嘘をついてもしょうがないということです。

例えば、「中退には家庭の事情があった」「体調を崩してしまった」などやむを得ない理由があるなら別ですが、

  • 就活する気になれなかった
  • 大学の勉強に興味がもてなかった
  • 単位を落としてしまった

など、後ろめたい理由のときは、それを取り繕うのではなくてきちんと反省していることを伝えるのが大切だと思います。

 

ぼくもフリーターになってしまったマイナス経験があるので、就職活動では、

フリーターになった理由を正直に話す

反省点や自分が足りなかったことを示す

今後はどうしていきたいか、就職したい熱意を伝える

こんなふうにしてマイナスの過去をプラスに買える努力をしてアピールしました。

過去は変えられないので、就職して今後はどうしていきたいかを伝えたほうが、好印象を残せるはずなので参考にしてみてくださいね。

就職ポイント3:20歳でフリーターの就職先選びはブラック企業対策をきちんと行うことが大切

就職ポイント3:20歳でフリーターの就職先選びはブラック企業対策をきちんと行うことが大切

先ほどお話ししましたが、20歳のフリーターが目指す就職先は、

  • フリーター歓迎
  • 未経験者可
  • 学歴不問

こんな求人です。しかし、、、こうした求人は下調べや情報収集をきちんと行わないと、ブラック企業にあたってしまう確率も高くなるので注意が必要です。

 

とくに高卒の学歴や大学中退、フリーターなどなにかしらマイナスを抱えていると、

正社員で就職できるなら、それだけでありがたいんだけどな…

みたいな気持ちになりがちですよね。

ブラック企業はそんな気持ちを狙って、「大量募集」「入社ハードルが低く設定する」「良いこと尽くしの謳い文句」などで人材を集めているんです。

 

なので、いくら20歳のフリーターから正社員就職を目指すからといって、「なんでもいいから就職する」という気持ちで就活するのはやめたほうが良いです。

きちんと下調べをすることはもちろんですが、内定が出ても「なんかこの会社怪しい!?」と思ったら冷静に会社情報を調べるなどしてください。

 

せっかく就職するんですから、自分が納得できるかたちで就職先を選ぶ気持ちを持つことは大事ですよ。

20歳のフリーターが就職するときは就職支援サービスを使ったほうが安心!

20歳のフリーターが就職するときは就職支援サービスを使ったほうが安心!

とは言え、就職先選びや情報収集がフリーターにとっては難しいのも事実です。

また、先にお話したようなマイナスの過去をプラスにして「書類」「面接」を乗り切るのも、口でいうほど簡単ではないです。

 

そこでぼくがおすすめしたいのは、就職支援サービスを活用することです。

 

就職支援サービスを使えば、キャリアアドバイザーという担当者が直に就活をバックアップしてくれるので、希望に合わせた就職先を探してくれたり、企業の情報を細かく教えてもらうことができるんですね。

ハローワークに行ったことがある人は、ハローワークのサービスがもっとパワーアップした感じとイメージすれば良いかもしれないです。

 

キャリアアドバイザーは、求人を出している企業の採用担当者とつながっているので、その企業がどんな人材をほしがっているかを知った上で求人を探してくれます。

つまり、「企業」と「求職者(あなた)」がマッチしている可能性が高いというわけですね。

 

なので、キャリアアドバイザーが探してくれた求人に応募したほうが、書類落ちは減りますし、うまくいけば「推薦」「書類免除」なんかもしてもらえます。

また、ブラック企業対策としてキャリアアドバイザーに企業情報を詳しく聞くことができるので、「入社してからブラックと発覚」というリスクも減らせるのもポイントです。

 

20歳のフリーターから就職するときは、不安や心配事も多いと思うので、分からないことがあったら相談できる相手がいるのは心強いことですよ。

キャリアアドバイザーに相談の画像

ただし、就職支援サービスはなんでもOKというわけではなく、フリーターや職歴がない人を対象にしたサービスを使いましょう。

 

ぼくがおすすめなのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というフリーターや既卒専門のサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターの就職に特化しているので、キャリアアドバイザーがとても親切にサポートしてくれます。

フレンドリーな雰囲気で不安や悩みを相談しやすいのもおすすめのポイント。アドバイスも的確で役立つので、登録してカウンセリングしてもらうといいですね。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする