既卒フリーター就活のコツ

就職できないなんて誰が言った!?職歴なしの20歳が就職する方法

就職できないなんて誰が言った!?職歴なしの20歳が就職する方法の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職したいけど、職歴もないし20歳で既卒…」これは不安になりますよね。

今回は、
職歴がない20歳が就職するためにはどうしたらいいのか
をお話ししますね。

職歴なし20歳の就職は不安だらけ…就職するための方法とは?

  • 高卒のままフリーターになってしまった…
  • 大学中退した流れでフリーターに…
  • なんとなくアルバイト生活している…

このように、色々な理由で20歳を職歴なしで迎えてしまう人はいると思います。

しかし、周りの友達が大学に行ったり就職したり。。。そんな姿を見ると焦りますよね。もしかしたら、彼女や彼、または親に就職を促されている人もいるかもしれません。

理由はなんであれ、あなたは今「就職したい」と考えているのではないでしょうか?

 

でも、それをどう行動に移したらいいのか…?悩みますよね。

ぼくも25歳のときにフリーターからの就職を経験しましたが、最初は「フリーターが正社員になれるんだろうか…」と不安で一杯でした。

 

そんなわけで今回は、職歴なしの20歳が就職するための方法をお話しします。ポイントは次の3つです。

  • 職歴なしの20歳は就職できないという思い込みは止める
  • 就職を成功させるコツは「就職する理由の明確化」
  • 職歴なし20歳の就職は1人で抱え込まないのが賢い

参考になりそうなことがあれば、今日から早速取り入れてみてくださいね。

就職できないなんて嘘!20歳の就職を前向きに捉えることから始めよう

就職できないなんて嘘!20歳の就職を前向きに捉えることから始めよう

「就職したいな…」と思っても、職歴もないし20歳で既卒…という経歴を考えると、どうしても動き出せない人は多いと思います。

 

もしも自分に引け目を感じているなら、その考え方を少しだけ変えましょう。

「職歴なしの既卒は就職できない」という思い込みから抜け出すことが大切です。

 

どうしてかというと、

どうせ、20歳の既卒が就職なんて無理だし…

みたいなオーラを放っていたら、企業の面接官はそんな人を避けたくなると思いませんか?

就職できるものも出来なくなってしまいますよね。

 

ぼくの周りには、フリーターを経て就職した人はたくさんいますし、これから就職目指して頑張りたいという気持ちがあるなら、引け目を感じる必要はありません。

 

実際、非正規雇用(フリーターなど)から正社員に就職している人は、

  • 20−24歳 21・9%
  • 25−29歳 18.3%
  • 15−19歳 16.4%
  • 30−34歳 13.0%

引用元:「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②」独立行政法人 労働政策研究・研修機構より一部抜粋 

このように、20〜24歳が最も多く、2割以上の人が非正規から正社員就職を決めているんです。

20歳で職歴がないから就職できない、とは思わずに、20〜24歳の今だからこそ最もチャンスがあると考えて、思い込みや引け目を頭から取っ払いましょう。

20歳で就職する理由は?就職理由の明確化が成功のコツ

20歳で就職する理由は?就職理由の明確化が成功のコツ

職歴なしの20歳の就職活動で壁になるのは、第一に「書類選考」第二に「面接」です。

なぜ壁になるかというと、

  • どうして就職したいのか?
  • なぜ就職していないのか?

をうまく説明するのが難しいからです。

 

これらの理由が書類や面接であやふやだと、内定がなかなか出ません。

企業にしてみたら、「就職しないと、なんとなくやばいから…」「周りが就職してるし、親に急かされるのも嫌だし…」こんな思いが見え隠れする人を採用したいとは思わないからです。

 

面接官や採用担当者は、

  • 過去をきちんと反省できる人
  • これからどうしたいかを話せる人
  • 素直な人

に好感を持ちます。とくに、20代に対してはその傾向が強いです。

 

なので、多少言葉足らずで上手くまとまらなくても良いので、

  • どうして20歳でフリーターから就職したいか
  • なぜ応募する企業を選んだか、その仕事をしたいか

を伝えられるように準備しておきましょうね。

 

また、20歳の就職のコツについては、『就職を目指す20歳のフリーターが正社員になる3つのポイント』という記事でも詳しくお話ししているので合わせて参考にしてくださいね。

 

職歴なしの20歳の就職は1人で抱え込まないほうが賢い!

職歴なしの20歳の就職は1人で抱え込まないほうが賢い!

3つ目のポイントは、実はぼくが最も大切だと思っていることです。

それは、職歴なしの20歳の就職は1人で抱え込まないほうが良い、ということです。

 

たぶん、あなたは20歳の就職に不安があるから、ネットでググるなどして情報を集めていると思います。

ひとりだと分からないこと、挫折しそうになることはたくさんあるはずですし、ぼくも1人で就活していたときは本当に大変でした。

 

そんな経験から言えるのは、頼れるところは就職支援サービスに任せたほうが良いということです。

 

最近は、フリーターや職歴がなくても使う人が多いので知っているかもしれませんが、就職支援サービスを使うと、

  • 「要望に合った求人紹介」
  • 「応募する企業の情報提供」
  • 「推薦応募」

などを無料でバックアップしてもらうことができるんです。

 

キャリアアドバイザーという担当者がつくので、求人探しや書類作成のコツを掴めますし、不安なことがあっても質問すれば教えてくれます。

20歳で就職に慣れている、という人はいないと思うので、1人で抱え込まずに頼れるところは頼りましょう。

 

また、就職支援サービスを使えば、企業情報をたくさん受け取れるのでブラック企業対策にもなりますし、「どうしてこの企業を選んだか」という自己PRを考えるときにも役立ちますよ。

20歳の就職をバックアップしてもらえるサービスはどこ!?

就職支援サービスは、必ずフリーターや既卒者に特化したサービスを使うことを忘れないでください。

リクルートやマイナビなどのよく聞くサービスもありますが、どちらかといえば転職者用なので、あまり相手にしてもらえないことがあるので注意が必要です。

 

ぼくがおすすめしたいのは、レバレジーズ株式会社が運営している、ハタラクティブというフリーターや既卒専門のサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

専門だけあって、フリーター就職に関するノウハウをたくさん教えてくれます。書類作成、面接対策もこころ強いです。

キャリアアドバイザーが親切で優しいので相談がしやすいのも魅力ですね。

サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定。関東の就職にはとても強いです。

対象なら活用して就活を進めると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする