既卒フリーター就活のコツ

チャンスはある!職歴なしの25歳フリーターが就職するコツ

チャンスはある!職歴なしの25歳フリーターが就職するコツの画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「25歳、職歴なし…就職できる!?」
フリーターから就職するにはいろいろ不安ですよね。

今回は、
職歴なしの25歳フリーターが就職するコツ
をお話ししますね。

「25歳で職歴なし…」フリーターが就職するにはどうすればいい?

フリーターをしている人の中には、25歳になって「そろそろ定職に就かないとなぁ…」と就職を考える人もいるのではないでしょうか?

 

実は私も2年間フリーター生活をした後に就職したので、ちょうど同じような経験をしています。

フリーターを2〜3年続けると、仕事はマンネリ化してきたり、将来に不安を感じることも多くなって、漠然と「これからどうしよう…」と悩むことが多くなりますよね。

誰もが一度は、25歳前後で将来について考えざる得ないのではないでしょうか。

 

とはいえ、職歴なしのフリーターが正社員就職するのはハードルが高いというのが世間の常識です。

  • 既卒になると就職は厳しい
  • 25歳でフリーターならずっと非正規
  • ブラックしか就職先はない

など、こんな話を聞いた事がある人も多いはずです。

 

ですが、、、実際は、職歴なしのフリーターでも25歳という年齢なら、まだまだ就職のチャンスはたくさんあります。

実際、スペックが高いわけでもない私も就職できたわけで、もちろんブラックではありませんでした。

 

大切なのは、就職すると決めたらネガティブな意見に惑わされずに、25歳の今のうちに就職に向けて動き出すことです。そうすれば、道は開けますよ。

25歳、職歴なしのフリーターでも就職のチャンスはある

25歳、職歴なしのフリーターでも就職のチャンスはある

まず最初にお伝えしたいのは、25歳くらいまでなら、職歴なしのフリーターでも思っている以上にニーズは高く、最近はとくにその傾向が増しているということです。

  • オリンピック需要
  • 第二新卒の転職が盛況

などからも分かるように、業界によっては人材が不足している企業も多く、経験者だけでなく未経験者も積極的に採用される風潮が高まっています。

 

リクナビの調査によると、実に7割以上の企業が、若者の採用で「新卒に限定しない」と回答しているというデータもあります。(参照元:リクナビダイレクト )

 

つまり、フリーターや既卒者でも就職がしやすい状況にあるのは確かなので、この波にうまく乗りたいところです。

 

また、25歳という年齢だからこそ、

  • 応募できる求人が多い
  • 若さやポテンシャル(可能性)を評価される

という面が大きいので、就職を考えているなら早めに動き出すことを忘れないようにしてください。

 

実際、応募できる求人数は、年を重ねるごとに減っていくのが一般的です。

現在は、法律で求人に年齢制限をかけることを禁止されているので、表向きは「何歳まで」とは表記されていません。

しかし、企業としては

  • この求人は25歳くらいの人が対象
  • せいぜい29歳まで

というようにホンネがあります。

こうしたホンネを反映したグラフがこちらですが、

nenrei-pic

未経験求人は、25歳、27歳をポイントに減る傾向があり、30歳を境にガクッと落ち込む傾向があります。

ですから、職歴なし25歳のフリーターは、就職のチャンスが多い境目に立っています。まずは、ここを逃さないことがコツと言えますね。

「相手目線」が職歴なし25歳フリーターが就職するコツ

「相手目線」が職歴なし25歳フリーターが就職するコツ

では、職歴なしの25歳フリーターが就職するには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

私の経験からズバリ言えるのは、「相手目線で就職を考えること」です。

相手というのは、求人企業のことで、

  • 企業はどう考えているか
  • 企業は何を求めているのか

これを意識することで、内定はグッと近づきます。

 

フリーターから就職しようとすると、どうしても気持ちに余裕がないので、自分の事ばかり考えてしまいますよね。

もちろん、自己分析をしたり、就職の希望を整理しておくことは必須なのですが、自分の思いを押し通してばかりいても就職活動は上手くいきません。

 

なぜなら、就職は相手(企業)があることなので、相手の気持ちとうまくリンクしないと内定は出ないんです。

 

なので、「企業からすれば、25歳の職歴なしのフリーターを雇うのはどんな気持ちなんだろう?」と相手の気持ちを考えてみてください。

「企業はどう考えていて、何を求めているか」です。

 

そうすれば、応募書類や面接でどういう姿勢でアピールすれば好印象を残せるかが見えてきやすくなりますし、自分の希望ばかりを押し通していては内定がもらえない理由も見えるはずです。

 

たとえば、「履歴書の自己PR欄に何を書くか!?」を例にとると、

  • 企業の採用担当者は、どんなアピールに好印象をもってくれる?
  • 応募企業の業務内容に関係あるアルバイト経験はないだろうか?
  • この企業の社訓や大事にしている姿勢は何だろう?

と考えてみるといいですね。

相手目線で考えることは、就職活動のいろいろな場面で役立つので頭に入れておいてくださいね。

25歳職歴なしのフリーターが就職で評価されるポイント

25歳職歴なしのフリーターが就職で評価されるポイント

25歳で職歴なしだと、「経験やスキルの不足」が不安になる人は多いのではないでしょうか?職務経歴書に書くことがない、と悩む人も多いと思います。

 

しかし、結論から言えば経験やスキル不足はそれほど気にしなくても大丈夫です。

なぜかといえば、そもそも職歴なしのフリーターを採用しようと考えている企業は、応募者のスキルや経験を期待してはいないからです。

 

実際、企業に対して「なぜ既卒者を募集するのか?」というアンケートを実施した結果でも、

45.5%「人柄を重視するから」

27.3%「出会いは多いほうがいいから」

16.4%「すぐ入社が可能だから」

参照元:リクナビダイレクト 

と回答しているように、スキルや経験以前に「労働力が欲しい」「人物の魅力を優先する」という企業の思いが表れています。

なので、職歴なしやフリーター経験をマイナスに考えずに、基本的な就職にかける姿勢をしっかりアピールしていくのがコツと言えますね。

 

また、職歴なしの人材を企業が雇う場合、その人材には過去の実績がないので、「可能性」に賭ける以外に方法がありません。

この場合、どんなポイントが判断基準になるかというと、

  • やる気や熱意
  • 人柄

など「魅力のある人材かどうか」が大きくなります。

 

ですから、経験やスキルなど、職歴なしのフリーターにとって弱みになるポイントに意識を集中するのではなく、

  • 就職したらどう活躍したいか
  • 自分はどんな人間でどんな強みがあるか

などをしっかり伝えられるようにしておきましょう。

 

経験やスキルにこだわって、無理に自分を大きく見せようとするよりも、「自分は就職してがんばっていきたい」という気持ちを精一杯伝えることが、実は最も大切ですよ。

職歴なし25歳フリーターが就職する2つのテクニック

職歴なし25歳フリーターが就職する2つのテクニック

さて、ここまでは割りとメンタル的なことを中心にお話してきました。

では、テクニカルな面では何が大切かというと、

  • 未経験歓迎・フリーター歓迎などの求人をたくさん集める
  • 就職支援サービスを徹底活用する

という2つのポイントに力を注ぐのがおすすめです。

 

25歳の職歴なしで就職する場合、闇雲に求人を探しても効率が悪い(選考対象にならないことも多い)ので、まずは

  • 「未経験歓迎」
  • 「フリーター歓迎」
  • 「既卒可」

というような求人に的を絞ることが大切です。

 

そして、その中から自分の希望やこれまでのフリーター経験が生きそうなものをチョイスしていきます。

やる気や熱意があっても、企業が求める人材像と合っていなければ、いくら頑張っても「書類落ちが続く…」「面接で撃沈する…」ということが続いてしまうので、先にお話した「相手目線」の気持ちで求人を探しましょう。

 

また、自分に合った未経験歓迎・フリーター歓迎求人をたくさん集めるには、就職支援サービスを活用することが欠かせません。

就職支援サービスというのは、登録をすることで、

  • 希望に合った求人探し
  • 自己分析やキャリアプランのアドバイス
  • 就職の不安や悩み相談
  • 応募企業の細かい情報提供

などを、キャリアアドバイザーという担当者に無料でバックアップしてもらえるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーに就職相談をすれば、自分に合った求人を探し出してもらえるので、当然内定率は上がりますし、応募する企業の深い情報を知ることができるので安心して面接に臨むことができます。

職歴なしで就職する場合は、履歴書や職務経歴書などの書類作成からして不安だと思うので、一度アドバイスをもらっておけば、書類落ちする率はかなり減るはずですよ。

 

とくに、フリーターや既卒専門のサービスを利用すれば、未経験歓迎求人を沢山紹介してくれますし、キャリアアドバイザーも親切なので積極的に活用していきましょう。

 

ちなみに、フリーター専門のおすすめできる就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ
  • キャリアアドバイザーがフレンドリーで相談しやすい
  • 求人紹介が多いので内定が出やすい
  • 応募企業別に面接のコツなどをおしえてくれる

など、おすすめできます。

エンジニア、営業、事務、販売、など、かなり幅広い求人を探し出してくれますし、企業情報も詳しく教えてもらえるので、安心して就活を進めることができます。

ひとつだけ注意したいのは、サポートエリアは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定だということ。逆に言えば、関東で就職するなら必ず活用したいサービスです。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする