既卒フリーター就活のコツ

好きなことを仕事にする就職を目指す既卒・フリーターのあなたに伝えておきたいこと

好きなことを仕事にする就職を目指す既卒・フリーターのあなたに伝えておきたいこと
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「好きなことを仕事にしたい、、、」
そう考えるは当然ですよね。

でも、就職活動では「別の視点」を持っていたほうが上手くいくこともあるんです。

詳しくお話ししますね。

好きなことを仕事にするのは幸せなこと。でもそれだけを目標にすると…

「好きなことを仕事にする。。。」
就職活動をして、それを実現できれば理想的なことですよね。

自分の好きな業界で好きな仕事が出来れば、それほど幸せなことはないような気もします。

 

一度は既卒やフリーターになったけれど、正社員就職を目指しているなら、「就職して自分の好きな道でがんばっていきたい」そういう気持ちが強い人も多いかもしれません。

 

実は私も、就職活動を始めた当初はそんな気持ちでいっぱいでした。

好きなことを仕事にすれば、「がんばれて楽しいはず」そう信じて疑いませんでした。

 

たしかにそれってすごく大切なことだと思います。

就職活動の原動力にもなりますから。

 

しかし、「好きなことを仕事にする」これだけを目標にしてしまうと、あなたの可能性を狭めてしまうかもしれませんよ?

スポンサードリンク

好きなことを仕事にしたいけれど、それ、ボンヤリしてませんか?

好きなことを仕事にしたいけれど、それ、ボンヤリしてませんか?

ところで、あなたの好きなことって明確ですか?

明確であれば、悩む必要はありませんが、中には「なんとなく好き」「ボンヤリこれが好きかも」ぐらいに思っている人もいると思います。

または、「好きなことってなんだろう。。。」という人もいますよね。

 

私も「好きなことを仕事にしたい」とは思っていました。

でも、正直言うと「どうしてもこれが好き!だからこれを仕事にする!」というものがハッキリしていなかったんです。

 

既卒でフリーターをしてたころは、生活雑貨店でアルバイトをしていたので、なんとなくその方面がいいかも、とは思っていました。

 

もちろん、もともとインテリアやオシャレに興味はあったし、好きではありました。

好きなことは?と聞かれれば、インテリアと服、と答えていたくらいなので。

 

しかし、いざ就職活動を始めて、インテリアやアパレル系の会社数社に応募してみましたが、面接にはなんとか進めるけれど、不採用ばかり。

 

「好きなことを仕事にしないとダメ」という思いがあったために、他の業界を検討することも全く頭に浮かびませんでした。

 

しかも、「好きなこと」になんとなく迷いもありました。

たしかにインテリアやアパレルが好きでしたが、その中で働くことが「好き」という思いにリンクしているか自信がなかったのです。

 

ちょっと、話がややこしくなりましたね(汗)。

 

どういうことかというと、私が生活雑貨店でアルバイトをしたのは、インテリアやオシャレな雰囲気に惹かれたのがきっかけです。

しかし、実際にその中で働いてみると、仕事自体はレジ業務だったり、品出しだったり、掃除だったり、在庫のチェックだったり、するわけです。

 

たしかに、楽しいと感じることもありましたが、一方でやってる仕事の大半は、商品が変わっているだけで本屋や100円ショップなんかと変わりないんですよね。

 

いざ、アルバイトをした2年間を振り返ると、その仕事内容自体が私には魅力的には思えず、向いているとも思えなくなりました。

 

「好きなことだけど、仕事となると自分には向いていないのかも。。。」薄々ですが、そんなことは感じていました・・・。

 

それでも、「好きな仕事に就職する=理想的な就職」と思い込んでいたので、1番身近にあった好きなこと(インテリア・アパレル)にしがみついていたんです。

スポンサードリンク

中途半端に好きで憧れを持った仕事はちょっと危険かも!?

中途半端に好きで憧れを持った仕事はちょっと危険かも!?

もしもあなたも「好きな仕事で就職しなければならない」そんな思い込みがあるなら、こう考える余裕を持ってもいいかもしれません。

 

「好きなことが、必ずしも自分に向いている仕事とは限らない」

 

結局どんな会社であっても、正社員として採用された入社1年目や2年目は、自分の思ったような仕事ってなかなかできません。

 

でも、それを乗り越えた先には仕事の面白みや楽しさはあります。

それって、どんな業界でも一緒だと思います。

 

なんでこんなことを伝えたいかといえば、

  • 中途半端に好きな・憧れの気持ち
  • 中途半端に好きな・憧れの仕事への期待

を持って入社すると、そのギャップに必要以上に苦しんでしまうことがあるからです。

 

そうなると「こんなはずだったっけ・・・?」「思っていたのと全然違う・・・」ということにもなりかねません。

そして、早期離職や転職に繋がる人もいるんです。

 

だから「好きなことを仕事にしたい」という気持ちは、注意が必要だと思います。

 

私のように、好きなことがボンヤリしたまま、好きなことを仕事にしようとこだわってはいませんか?

 

それよりは、もっと他の業界を見てみたり、自分の別の可能性を信じてみてもいいかもしれません。

自分で自分の可能性にフタをしてたら、それってとてももったいないことですから。

※ここで誤解のないように伝えておきますが、インテリアやアパレル業界は、ショップで働くだけが仕事ではありません。正社員になれば色々な仕事に挑戦するチャンスだってあります!念のため。

スポンサードリンク

好きなことを仕事にしようとする前に取り組みたいこと

好きなことを仕事にしようとする前に取り組みたいこと

とはいえ、もしもあなたが「どうしても絶対に好き!これしかない!」そんな熱い思いを持っているなら、話は別です。

その熱い思いで、入社後に遭遇するギャップや壁は、乗り越えていける可能性は高いからです。

 

その判断は難しいかもしれません。

なのでまずは、自分の「好きなこと」があるならもっともっと深掘りしてみましょう。

 

「なぜ、それが好きなのか?」その答えは、どんな仕事に繋がっていますか?

それを考えるだけでも、あなたの好きなことが、色々な仕事への可能性を秘めていることが分かると思います。

 

今までとはちょっと違う視点を持つことが、あなたの就職活動の可能性を広げることになるかもしれません。

 

好きなことがボンヤリしている人も、好きなことがハッキリしている人も、一度は視点を変えて自分を見てみる。

もし就職活動に行き詰まったら、トライしてみてください。

スポンサードリンク

好きなことを仕事にしたいならまずは就職支援サービスに相談する

そして、好きなことを仕事にしたいのなら、ひとりで職場探しをするのではなく、就職支援サービスを活用することもおすすめです。

 

どうしてかというと、好きなことを仕事にしようとすると、大抵「仕事内容」にばかりこだわってしまうので、他の面を「まあ、しょうがないか。。。」と考えてしまいがちです。

 

好きなことができるんだから、

  • 給料はかなり低いけど仕方ないか。。。
  • 残業も出張も多いみたいだけどしょうがないよね
  • 待遇はよくないけど、まあいいか。。。

というように、「好きなことができれば、あとは我慢」という姿勢になってしまいます。

 

もちろん、ある程度の妥協は必要ですが、「給料」「職場環境」「拘束時間」などは、後になって不満につながりやすい条件です。

 

いくら好きなことを仕事にしても、これらに不満が出るとなかなか続けることができません。

続けることができないと離職や転職したくなるので、マイナスです。

 

なので、就職支援サービスでキャリアアドバイザーに相談しながら、「仕事内容」はもちろん、その他の待遇も満足できる職場選びをしたほうが良いです。

フリーターや既卒専門の就職支援サービスであれば、その辺もしっかり相談に乗ってくれるので、積極的に活用しましょう。

 

おすすめのフリーターや既卒専門の就職支援サービスについては、以下の記事にまとめています。ぜひ、参考にしてくださいね!

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする