既卒フリーター就活のコツ

卒業後の就活を成功させるには?これだけは知っておきたい3つのこと。

卒業後の就活を成功させるには?これだけは知っておきたい3つのこと。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「卒業後はどう就活したらいいんだろう…」
こんなふうに悩んでいませんか?

今回は、
卒業後の就活を成功させるために知っておくべきこと
についてお話ししますね。

卒業後の就活は早ければ早いほうが有利になる

卒業後の就活ってどう進めたらいいんだろう…

新卒扱いで就職できるのかな!?

卒業までに内定とれなかったけど、どうしても就職したい…

でも、既卒の就活ってどうやればいいの!?

学校を卒業後はどうやって就活を進めたらいいのか…悩みますよね。

就職シーズンも終わったのに、受け入れてくれる企業はあるのかと不安を感じている人も多いと思います。

 

しかし、「卒業はしてしまったけど、何とか就職したい…」と考えているなら、チャンスは十分にあります。

なぜなら既卒の就職は、早ければ早いほうが

  • ブランクを作らずに済む
  • いろいろな企業にアプローチしやすい
  • 新卒で就職した人と大差なく経験を積んでいける

という意味で有利。卒業後、何年も経ってから就職するよりも、断然良い条件で就職できる可能性は高いです。

ぼくは、既卒になってから3年もフリーターをしたあとに就職したので、かなり大変な思いもしました。。。

 

なので、「就職したい」と考えている今が勝負です。就職は早めに決めて、社会人生活をしまったほうが後悔せずに済みます。

 

というわけでここからは、卒業後の就活を成功させるために知っておきたい以下の3つのポイントをお話ししていきます。

  • 卒業後は新卒扱いで就職できるの?本当のところ
  • 分の強みを理解して卒業後の就活を進めることが大事
  • リクナビやマイナビよりも就職支援サービスを使う

ひとつでも参考になれば嬉しいです!

「卒業後は新卒扱いで就職できるの?」本当のところ

「卒業後は新卒扱いで就職できるの?」本当のところ

「卒業後3年間は新卒扱いになる」こんな話を聞いたことはありませんか?

これは、政府が企業に対して、

  • 「卒業後3年以内の既卒者を新卒扱いにしてほしい」
  • 「卒業後3年以内の既卒者を採用したら奨励金を出す」

という要請を出したもので、実際に「3年以内は新卒扱いで採用する」という方針で採用活動をしている企業はそこそこあります。(大手企業が多いですね。)

 

また、2016年3月には、以下の話題もニュースになり、

経済同友会は28日、就職活動について、大学の学部卒業後5年程度までの既卒者を、就職経験の有無にかかわらず新卒扱いで採用するよう企業に呼びかける提言をまとめた。

引用データ:朝日新聞より一部抜粋

今後は「新卒扱い」で採用されるケースがさらに増えるのかもしれません。

 

ただし今の段階では、卒業後に新卒扱いで就職できる人はごく一部、というのが実情だと思います。

 

というのは、企業にしてみれば、何らかの理由があって既卒になってしまった人を採用するよりも、新卒者を採ったほうが安心だからです。

よっぽど「それはしょうがない」という理由で既卒になったり、なにか特別な能力や魅力がある既卒者を除いては、新卒扱いで就職するのは難しいと考えておいたほうが良いです。

 

もちろん可能性はゼロではないので、新卒枠を狙って就活するのが悪いわけではありませんですが、過度な期待は禁物。卒業後は既卒者として就活するのがおすすめです。

自分の強みを理解して卒業後の就活を進めることが大事

自分の強みを理解して卒業後の就活を進めることが大事

卒業後は新卒カードもなくなったし、自分に強みなんてない…

どうしよう…

こんなふうに思っている人は多いかもしれませんが、卒業後の就活のコツを知れば、そこまで不安になる必要はないんです。

 

ポイントは、

  • 既卒者を狙っている企業にアプローチすること
  • 企業は既卒者に何を期待しているか知ること

この2つですね。

 

確かに新卒カードは大きな力がありますが、世の中には既卒者を積極的に採用したいと考えている企業もたくさんあります。

卒業後に就職するコツとして、まずはそんな企業を狙ってアプローチすることがとても大切なんです。

 

卒業後の就活で、新卒や経験者にしか興味がない企業に応募しても、「書類すら通らない…」という結果になるのは目に見えていますよね。

しかし、既卒者を受け入れる環境が整っている企業であれば、「面接に呼んで話を聞きたい」と思ってもらえる可能性がグンとアップするというわけです。

 

また、企業が既卒者に期待することを知るのも大切です。

「期待されていること=卒業後の就活で強みになること」こんなふうに言えるので、自己PRなどで役立つというわけです。

 

期待されていることはなにかというと、、、

以下の、人事にアンケートを採った「第二新卒者の採用で重視した基準」というデータが参考になると思います。

  1. 入社意欲の高さ
  2. 一緒に働ける人材か
  3. 社内と合いそうな人材か

参考データ:マイナビジョブ20’sより一部抜粋

これは、3年程度の社会人経験がある”第二新卒者の採用”に関するデータですが、社会人経験が多少ある人材の採用ですら、「意欲」「熱意」「人柄や素直さ」が最も重視されていることがわかりますよね。

既卒者に対しては、職務経験が無いこともあるので一層この3つを期待する企業は多いはずです。

 

  • 意欲
  • 熱意
  • 人柄・素直さ

これらは基本的なことかもしれませんが、就活テクニックなどに頼り過ぎると、この3つが伝わっていないことが多々あります。(ぼくもそうでした…)

なので、書類や面接の対策をするときは、最後に「意欲や熱意が伝わるか?」「自分の人柄が出せているか」「扱いにくい人と思われないか?」と自問自答してみるのがおすすめです。

卒業後の就活はマイナビやリクナビよりも就職支援サービスを使う

卒業後の就活はマイナビやリクナビよりも就職支援サービスを使う

新卒で就活をしていたときは、リクナビやマイナビで情報収集やエントリーをしていた人が多いと思います。

 

しかし、卒業後の就活は先にお話ししたように、「既卒者を採用したい!」と考えている企業にアプローチすることが大切なので、就職支援サービスを活用して情報収集するのがおすすめですね。

 

「就職支援サービスって何?」と思う人も多いかもしれませんが、簡単に言えば優れたハローワークのようなサービスで、担当者に

  • 希望や状況に合った求人を探してもらう
  • 企業の詳しい情報を教えてもらう
  • 書類・面接対策を一緒にしてもらう

など、就活のバックアップをしてもらえるサービスのことです。

 

卒業後の就活を専門にしているサービスもあるので、これを使えば、「既卒者を採用したい」と考えている企業だけを狙って就活することができるんです。

 

リクナビやマイナビなどの求人サイトや企業HPを頼りに就活していると、無駄な応募が多くなったり、そこまで詳しい企業情報を探れないので、既卒者の就活はどうしても厳しくなってしまいます。

そうなると、モチベーションが続かないですし、就活を挫折する確率も高くなってしまいます…

 

ぼくの経験上、就職支援サービスを通したことで初めて内定が取れましたし、企業の情報収集面でかなり役立ったので、活用したほうが就活は早く進むと思いますよ。

例えば、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という就職支援サービスは、卒業後の既卒者や未経験者の就職をサポートしてくれます。

 

担当者が仕事の適性を調べてくれたり、既卒で就職するためのコツを教えてくれるので、就活がしやすくなります。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒者を積極的に採用したいと考えている企業の求人が集まっているので、チャンスを逃さないためにも情報収集のツールとして活用することをおすすめします。

 

とくにハタラクティブは、担当者が優しく対応してくれますし、紹介してもらえる仕事もエンジニアや事務、営業、サービス、販売…と幅広かったので、仕事探しが捗りますよ。

サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、関東で就職するなら必ず活用したいサービスです。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

ダイスケ

いかがでしたか?

卒業後の就活を成功させるために知っておきたい3つのことをお話ししてきました。

  • 卒業後は新卒扱いで就職できるの?本当のところ
  • 自分の強みを理解して卒業後の就活を進めることが大事
  • マイナビやリクナビよりも就職支援サービスを使う

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする