新卒就活のコツ

新卒フリーターの就活術。正社員になるためにやった3つのこと。

新卒フリーターの就活術。正社員になるためにやった3つのこと。の画像
ダイスケ

既卒就職ナビゲーターのダイスケです。

「新卒でフリーターになってしまった…でも、就職したい」
と思っていませんか?

ぼく自身が既卒から就職した経験をもとに、
正社員になるためにやった3つのこと
についてお話しします。

もっと早く就職していればよかった…と後悔しないために。新卒フリーターは今すぐ就活しよう!

新卒で就職できずフリーターになってしまった…

でも、なんとか今からでも就職したい。

内定ゼロで卒業…

とりあえずアルバイトをしているけど、正社員になりたい…

こんなふうに思っていませんか?新卒で就職できないと、この先どうしていけばいいか不安ですよね。

 

でも、フリーターになったからと言って、肩を落とさないでください。

 

実はぼくも、新卒で就職できず既卒になったひとりです。

フリーターをして2年くらいぶらぶらしていましたが、25歳のときに就活を開始…ちゃんと都内のIT系企業に就職できました。(ブラックではないですし、わりとよい職場でした。)

 

もちろん、新卒で就職するよりは応募できる企業は限られますし、不利なことも多いです。でも、真面目に就活すれば、新卒を逃しても正社員になれます。

 

ただ、今になって思うのは、卒業後に早く就活を再開していればよかったな、ということです。

 

なぜかというと、就職するならブランクは短いほうが良いですし、ストレートで入社した同い年と差がつくことを考えると、2年もブラブラしていたのは勿体なかったと思うからです。

 

なので、”新卒フリーター”になって日が浅いなら、後悔しないように今すぐ就活してみてください。”ほぼ新卒”なわけですから、どんどんチャレンジしましょう。

新卒フリーターから就職するためにやっておきたい3つのポイント

それではここからは、ぼくがフリーターから就職するときにやったことをお話ししていこうと思います。

 

大きく分けると3つあって、

  • 就職できるマインドに切り替えた
  • 聞かれると痛い部分の対策を徹底した
  • 就活のコツやマナー、情報などをインストールした

という感じです。

どれも難しいことではないので、一つでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

フリーターでも就職できるというマインドに切り替える

まず最初にやったことは、「新卒を逃したら終わりだ」「フリーターになったら一生非正規だ」というマイナスの気持ちから、『自分は就職できるから大丈夫だ』という前向きな気持ちに切り替えました。

 

フリーターの就活が成功するかどうかは、

  • どれだけ前向きになれるか(うまくいかないことも多いので)
  • やる気や熱意があると応募した企業に思ってもらえるか

に懸かっている部分があります。

 

なので、精神論的なことになっちゃいますが、新卒フリーターでも必ず就職できる、と自分に言い聞かせましょう。

 

つい色々な情報に惑わされてしまうと思いますが、ぼくは、フリーターの就活に関するマイナスの情報は一切見ないようにしていました。

見るのは、就活に成功した人の話とかポジティブなものだけ。

そうすることで、就職に向かって一直線にがんばることができます。

なぜ新卒で就職せずフリーターに?聞かれると痛い部分の対策を徹底した

新卒就職を逃したフリーターにとって1番痛いのが、面接官に、

なぜ新卒で就職しなかったんですか?

フリーターになった理由は?

というような質問を受けることです。

 

最近は大学生の就職内定率が高いこともあり、「なにか特別な理由があって就職しなかった人かも」「問題を抱えている人かも」と思われることも多いです。

 

ですから、新卒で就職しなかった理由やフリーターという道を選択した理由をきちんと説明できるようにしました。

 

と言っても、これが正解という答えがあるわけではありませんが、、、

よくないのは、答えに詰まってしどろもどろになってしまったり、あからさまな嘘をついてしまうことです。

 

ぼくの場合どうしたかというと、新卒で就職せずフリーターになったマイナス面のフォローは、

就職活動に身が入らなかったことを正直に話す・反省していることを伝える

フリーターになって、正社員になりたいと強く感じたことを熱く語る

今後は就職してこんなふうになりたい・御社でこんな活躍がしたい、とアピールする

というような流れで書類や面接を乗り切りました。

ここをきちんと考えてさえいれば、あとはそこまで面接で困ることはないはずです。

 

フリーターの採用を考えている企業は、”やる気や熱意”を見ていることが多いので、よく考えてみてください。

新卒就活とは違う!?フリーター就職のコツやマナーなどをインストールした

フリーターの就活は、新卒時とはいろいろな部分が違うので、学生のときにしたような気持ちで就活をしても、なかなか良い結果は出ません。

 

しかし、

  • フリーター就活のコツやマナーを押さえる
  • 自分に合った求人を集める
  • 面接や書類対策を客観的にアドバイスしてもらう

この3つを取り組んだところ、内定を取れるようになったと思います。

とくに、面接や書類について客観的な視点でアドバイスをもらったことが大きかった気がします。

 

これらはいずれも、自分流でやるとなかなかうまくいきません。

求人選びからして「どの企業に応募したらいいんだろう…」と迷ったり、自分では気づかない悪印象を与えるクセや言動のまま面接に挑んでいたりするんです。

 

なので、ぼくはひとりで就活するのを途中でやめて、就職支援サービスを利用しました。

就職支援サービスというのは、ハローワークみたいなもので、キャリアアドバイザーという担当者に相談しながら就職活動を進めることができるサービスです。

  • 希望に合う求人を探して紹介してもらえる
  • 就活のコツやマナーを一から教えてくれる
  • 受かるための面接や書類対策をアドバイスしてくれる

などのサポートを無料でやってもらえます。

 

ぼくの場合はとくに書類落ちが激減したので、「職務経歴書が書けない…」など、書類からして自信がない人は、一度相談してみたほうが良いですね。

新卒フリーターが就職支援サービスを使うときはフリーター専門のサービスを使う

ちなみに、新卒フリーターが就職支援サービスを使うなら、職歴がない人の就職を専門的にサポートしているサービスを使うのがポイントです。

 

ついつい有名なリクルートエージェントやマイナビエージェントなどを使いたくなりますが、フリーターのように正社員経験がないと、サポートをしてもらえないことが多いので注意してください。

 

とくにぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブというサービスですね。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターや既卒の就活に特化しているので、未経験OK、フリーター歓迎の求人も多く、親身にサポートしてもらえます。

キャリアアドバイザーが気さくで優しいので、相談しやすいのもおすすめのポイントです。

関東1都3県限定のサービスですから、東京や神奈川、埼玉、千葉で就職するなら積極的に活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする