面接

フリーターの就職活動で「志望動機が思いつかない…」そっくりさんになってない?

志望動機が思いつかないからってそれで大丈夫?そっくりさんになってるかもよ?
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「志望動機がなかなか思いつかない。。。」
これは悩みますよね。

この記事では、
志望動機が思いつかないときの対処法
をお話ししますね。

志望動機や自己PRのサンプルをコピペしているなら注意が必要!

  • 志望動機・自己PRはネットや就活関連の本を参考に適度にコピーしている。
  • 求人情報にある企業のコメントを、そのまま志望動機や自己PRに使っている。

こんなことしていませんか?「あ。。。」と心当たりのある人は要注意です。

 

「志望動機」や「自己PR」は、企業が採否を判断する上で欠かせないポイント。力を入れたいのはみんな一緒ですよね。

いったいどんな志望動機だったら、企業に気に入ってもらえるのだろう。。。

自己PRのお手本があれば書きやすいんだけど。。。

こう考えて、ネットでサンプルになりそうな文章を探したり、就活関連の本を参考にする人は多いはずです。

 

また、求人情報には企業のキャッチフレーズやコメントが掲載されていますよね。

「業界でもトップクラスの技術力」とか、「職場の雰囲気が自慢」「未経験からでもすぐに活躍できます」など、、、このあたりの情報をもとに、志望動機や自己PRも組み立てていく人もいると思います。

 

「応募企業が求める人材」を研究することは必要ですし、「自分はあなたの会社の情報をよく見てます!」とアピールすることはとても大切なこと。方向性としては全く間違っていないように思います。

しかしだからこそ、、、そこには思ってもみない落とし穴があるのです。

志望動機が思いつかないからと似たものを作ってもライバルの中に埋もれてしまう!?

志望動機が思いつかないからと 似たようなものを作っても ライバルの中に埋もれてしまうかも!?

その落とし穴とは、「似たような応募者の中のひとりになるリスクがある」ということです。

 

世の中には「志望動機」や「自己PR」は、こんな風に書けば大丈夫!という書籍、ネットの情報等がたくさんあります。たとえ、それをそのまま写していなくても、ちょっと変えたぐらいだと他の誰かとそっくりになる可能性は高いです。

情報は溢れていますが、サンプルの内容はある程度決まった言い回しや表現になっていることが多いです。

 

とくに、既卒・フリーターから正社員就職をめざす人たちにとっては、「志望動機・自己PR」は大きな不安要素。そのため、「なにか良いサンプルは無いかな!?」と人の言い回しを参考にする人は結構多いのです。

 

もちろん、参考程度であれば構いません。
しかし、自分の「言葉」「表現」で伝えることを意識しないと、ライバルの中に埋もれてしまいやすいので気をつけましょう。

自分と似たような応募者がたくさんいることを意識しておく!

自分と似たような応募者が たくさんいることを意識しておく!

「ライバル」の話が出ましたが、就職活動で忘れがちなのが、同じ既卒で就活を行なっているライバルの存在です。

 

就職活動をひとりでしていると、自分と向き合う時間が多くなって周りが見えなくなりがちです。しかし、「自分と似たような応募者が必ずたくさんいる」ということを意識するのはとても大切です。

 

例えば、企業の求人情報を基に自己PRや志望動機を組み立てたとします。企業の求める人材を意識しているので、その事自体は間違ってはいません。しかし、他の応募者も同じようにその手順を踏んでいるはずです。

 

そうなると、結局は人事担当者や面接官に

  • 「この言い回しは、もう何度も聞いた気がする。。。」
  • 「この応募者もさっきの応募者も同じに見える。。。」

と思われる可能性があるのです。こうならないためには、ライバルの存在を意識しておくことが必要です。

 

平均点の「自己PR」や「志望動機」にプラスして、「自分らしさ」「自分ならではの会社に貢献できるポイント」はどこにあるのか?このあたりを突き詰めておくことが大切ですよ。

志望動機が思いつかなかったらライバルよりも深い情報を求めて「体験」してみる!

志望動機が思いつかなかったら ライバルよりも深い情報を求めて 「体験」してみる!

たくさんのライバルに埋もれるのを防ぐには、「ライバルよりも深い情報」を手に入れることがひとつの方法です。

 

大半の応募者は、企業情報を求人票やホームページ等で仕入れています。それを逆手に取って、

  • 応募企業の店舗に行ってみる
  • 応募企業のサービスや商品を使ってみる

など、実際に体験してみると深みのある情報を得られます。

 

店舗の様子や雰囲気を肌で感じて、どんな感情を持ったか、どんな言葉が浮かんだか、それをネタにしましょう。また、商品を使うことによって、応募企業を身近に感じられるかもしれません。

この「体験」は自分だけのものなので、自分の言葉や表現で「志望動機」や「自己PR」に活かすことができますよ。

ライバルよりも深い情報を得るためにすぐにできるもうひとつのコト

ライバルよりも深い情報を得るために すぐにできるもうひとつのコト

また、企業が求める人材を深く知るには、就職支援サービスを上手く利用しましょう。

なぜなら、就職支援サービスを通して紹介された求人であれば、求人サイトなどで得られる情報とは比較にならない「企業のニーズ」を知るチャンスがあるからです。

 

就職支援サービスに登録すると、あなたをサポートするキャリアアドバイザーという担当者に出会えます。

キャリアアドバイザーは、求人を出している企業を訪問して「求人背景」「もとめる人材像」「採用基準」などを事細かく聞き出しているので、求人を紹介してもらう時にそれらの情報を教えてもらうことができるのです。

 

教えてもらった情報をもとに「応募書類作成」「面接対策」をすれば、ライバルよりも深いレベルで自分をアピールできますよね。

また、就職支援サービスを利用すれば、就職の不安や悩みを相談できるので、はじめての就職活動ではメリットが多いです。

 

とくに、フリーターや既卒を専門に支援しているサービスを利用するのがおすすめです。

そのほうが、フリーター歓迎求人が多いですし、キャリアアドバイザーが親身に話を聞いてくれるので、相談しやすいですよ。

 

フリーターや既卒者を専門にしているおすすめの就職支援サービスを挙げるなら、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

関東1都3県の就職限定ですが、フリーターや既卒に特化したサポートを受けることができます。

フリーター歓迎、未経験OKの求人が多く、キャリアアドバイザーも優しく相談に乗ってくれます。

東京・神奈川・千葉・埼玉で就職活動をしているなら、ぜひ活用してほしいサービスです。

会員登録は1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

 

既卒・フリーター専門の就職支援サービスは、こちらにもまとめているので参考にしてください。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする