20代

21歳の職歴なしフリーターが就職を叶える5つのコツ【知らないと損】

21歳の職歴なしフリーターが就職を叶える5つのコツ【知らないと損】

フリーターのまま21歳。。。
職歴なしで将来が不安。どうしよう?

大学を中退してアルバイト生活。
就職したいけど、何から始めたらいい?

こんなふうに悩んでいませんか?

フリーターや無職のまま20歳を過ぎてしまうと、これからどうしていいか不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、悩む気持ちはよくわかります。「これから就職できるのか?」「このままフリーターをやってたら人生おわりじゃないか」と不安でした。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに21歳の職歴なしフリーターから就職を叶える5つのコツをお伝えしていきます。

  • まずは一歩を踏み出す
  • 企業は何を求めているか知っておく
  • マイナスをプラスに変える
  • 就職しやすい仕事に目を向ける
  • ブラック企業に注意する
ダイスケ

どれも今日から取り組めることなので、参考にしてもらえると嬉しいです。

21歳で職歴なし・フリーターはマズイと思ったら就活をスタート【まずは一歩踏み出す】

21歳で職歴がない、フリーター生活で先が見えない、このままじゃマズイと思ったなら、まずはなんでもいいので就活の一歩を踏み出してみましょう。

お伝えしたように、ぼくもフリーターから就職をしていますが、今になって思うのは「あのときがんばって就活して本当によかった」ということです。

 

結論を言えば、20代のうちなら就職チャンスはたくさんあります。

ただし、その就職チャンスは年齢を重ねるごとにどんどん減少していきます。

基本的に未経験者を採用する企業や職場は、

  • ポテンシャル(将来性)
  • やる気や熱意
  • 人柄・指導のしやすさ

などを重視するので、若ければ若いほうが有利になりやすいからですね。

 

つまり、20代前半の「今」すぐに動き出すことが、就職チャンスを逃さないコツといえるわけです。

人手不足の影響で就職チャンスは広がっている

また、ここ数年は企業の人手不足が深刻化しています(主に中小企業)。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手が足りないということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用ハードルが下がる
  3. 未経験者の就職チャンスが増える

このように21歳の職歴がないフリーターにとって、就職がしやすい環境になっています。

なので、将来が不安だったり、フリーター生活に疑問を感じているなら、21歳の「今」のうちに就活をリスタートしましょう。

 

もしかすると、

「正社員になりたいけど経験がない」

「就職したいけどアピールできるスキルがない」

と悩む人もいるかもしれません。

でも、このままフリーターを続けたとても、経験やスキルを大きく伸ばすことはできませんよね。むしろ、どんどん遅れを取るだけです。

それよりは、「21歳という若さ」を武器にして、就活にチャレンジしてみてください。

ダイスケ

今がんばれば、充実した20代を過ごすことは可能ですよ。

企業は21歳の職歴なしフリーターに何を求めているか知っておこう

次のコツは、「企業は21歳の職歴がないフリーターに何を求めているか」を知ることです。

きっと、

自分には職歴もスキルもない。。。
なにもアピールできることが思いつかない

こんな不安を感じている人は多いはずです。

自分に自信がもてないと、「資格を取ったほうがいいかも」と思ったり、面接テクニックに走ったりしがちです。

 

たしかに、資格は持っていたらプラスにはなりますし、面接テクニックも時には有効です。

でも、本当に大切なのは、企業は何を求めているか・望んでいるかを理解したうえで就活に臨むことです。

そうしないと、どんなに自己PRを練っても空回りするだけです。

 

例えば、スニーカーを買いにお店へ行ったのに、店員がブーツばかり薦めてきたらどうでしょうか。

いくら素晴らしい説明を受けても、「この人、全然俺(わたし)の気持ちを理解していないな」と思いますよね。

それと同じで、相手のニーズを考えたアピールや受け答えをすることが就活では必要になってきます。

企業が求めているのは人間的な気持ちの部分

では、具体的に21歳の職歴がないフリーターを採用する企業は何を求めているのでしょうか。

ズバリ企業は、経歴やスキルは求めていません。

先程もちらっと解説しましたが、

  • ポテンシャル(将来性)
  • やる気や熱意
  • 人柄・指導のしやすさ

などのヒューマンスキル、気持ちの部分を重要視するケースが多いと言えます。

逆に言えば、経歴やスキルを重視した採用をする場合、フリーターや職歴がない既卒者や中退者は、最初から対象にならないことがほとんどです。

 

以下のデータは「第二新卒の選考で重視した基準トップ3」ですが、やはり経験やスキルよりも人間的な部分が選考基準となっていることがわかります。

  1. 入社意欲の高さ 41.5%
  2. 一緒に働ける人材か 36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%

参照データ:「中途採用状況調査」マイナビより一部抜粋

 

なので、21歳の職歴がないフリーターが就活に臨む場合は、背伸びをしてスキルをアピールしたり、経験を水増しするのではなく、

  • 就職にかける熱い思いを伝える
  • 自分の人柄を理解してもらえるエピソードを用意する
  • 入社後にどうがんばるか目標を示す

このような対策がおすすめです。

ダイスケ

「デキる人アピール」よりは、将来性や熱意、人柄を伝える努力をしたほうが好印象です。

ギャップのちからを利用【職歴なしの21歳フリーターというマイナスをプラスにかえる】

続いてのコツは、ギャップのちからを利用するということです。

「職歴なし21歳フリーター」というマイナスをプラスにするコツ

一般的には、以下のような経歴があると就活ではマイナスです。

  • フリーターで職歴がない
  • 大学や専門学校を中退している
  • ブランクがある

面接官や採用担当者に

面接官

職歴がないと評価がしにくい。。。
採用するのは不安だ。。。

このように不安を与える確率が高くなるからです。

 

ですが、逆の発想でマイナスを利用すれば、職歴なしやフリーターの経歴をプラスに変えることができます。

そこで必要なのが「ギャップのちから」です。

繰り返しになりますが、21歳の職歴がないフリーターのイメージは、面接官や採用担当者にとって

「採用してもすぐ辞めてしまうかもしれない」

「正社員としてやっていけるか不安」

「社会人マナー人間関係に問題があるかも」

こんなふうに、決して良いものではありません。

 

ですが、そんな「マイナスイメージ」のあるフリーターが、

「挨拶や面接マナーがきちんとしている」

「やる気や熱意を自分の言葉でアピールしている」

「人柄がよく笑顔で話している」

こんな面接をしたら、どうでしょうか?

きっと面接官や採用担当者は、

面接官

フリーターなのにしっかりしてる。。。
この人は期待できるかも!?

このようにギャップを感じ、強く良い印象を受ける確率が高くなるはずです。

 

人は、予測していたイメージと大きなギャップを感じたほうが、印象に残りやすく、高い評価(または低い評価)をしやすい特性があります。

なので、「職歴がない」「21歳でフリーター」といったマイナスは、ギャップをつくる材料と考えて、面接対策をしてみてください。

先程もお伝えしたように、

  • 就職にかける熱い思いを伝える
  • 自分の人柄を理解してもらえるエピソードを用意する
  • 入社後にどうがんばるか目標を示す

これらのポイントをきちんと準備するだけでもギャップを与えることはできます。

ダイスケ

マイナスをマイナスで終わらせずに、ギャップの力でプラスに変えていきましょう。

【こだわりすぎはNG】職歴なしの21歳フリーターが就職しやすい仕事に目を向ける

フリーターから就職するなら、就職しやすい仕事や業界に目を向けることも大切です。

もしかすると、

「就職をするなら好きな仕事をしたい」

「興味がある業界以外は無理」

このように思う人は多いかもしれませんが、職歴がなかったり、21歳のフリーターから就職する場合、希望が全て叶うわけではありません。

もちろん、就職したい仕事があるならトライすべきですが、こだわりすぎて就活を長引かせるのはNGです。

最初にお伝えしたように、フリーター歴が長くなってしまうと、せっかくの「21歳」という若さを活かせなくなってしまうからです。

 

なので、まずは職歴がないフリーターが就職しやすい仕事に目をむけて、その中から自分に合う仕事、チャレンジしがいのある業界を選んでみることをおすすめします。

人手不足の業界・未経験者の受け入れが多い職種が狙い目

20代前半のフリーターが就職しやすい仕事というのは、具体的には、

  • 人手不足の業界
  • 未経験者の受け入れが多い職種

などです。

とくに人手不足が進んでいる業界は、未経験でスキルが乏しくても採用ハードルが低く、1からキャリアを積みやすいと言えます。

日本商工会議所が発表している業界別の人手不足率を見てみましょう。

【業界別の人手不足率集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

 

このように、介護職や運輸、建設、サービス業や情報通信といった業界は人手不足が深刻化しているので就職しやすいと言えます。

フリーターから正社員になりやすい方法を選択する

また、未経験者の受け入れが多い職種としては、

  • 営業職
  • 事務職
  • 営業事務職
  • サービス・販売職
  • 介護職
  • エンジニア職

などが代表例ですね。

とくに、情報通信・ITエンジニア系の仕事は、今後も伸びが期待できる業界なので、未経験で就職するなら狙い目と言えます。

 

また、営業や運輸、介護などは「過酷」「長時間労働」「人間関係が悪い」などのイメージが強いかもしれませんが、すべての職場がブラックなわけではありません。

きちんと情報収集すれば良い条件で就職できる可能性もあるので、イメージだけで判断せずに仕事探しをトライしてみてください。

ダイスケ

就職しやすい仕事にアプローチすれば、就職チャンスはグンとあがります。

就活はひとりで悩まない【職歴がない21歳のフリーターはブラックに注意】

最後のコツは、就活はひとりで悩まず、ブラック企業には注意するということです。

23歳で正社員就職したいなら就職活動を第一に考える

ここまでフリーターから就職するコツをお伝えしましたが、

言ってることはわかるけど、
なかなか一歩が踏み出せない。。。

という人は多いと思います。

そもそもなにから手を付けていいかわからないと悩む人もいるはずです。

ぼくもそうでしたが、21歳のフリーターから就職するのは決して簡単なことではありません。悩みだすと、どんどん悪い方向に進んでしまいます。

 

なので、就活をひとりで抱えるのは止めましょう。

前もって、「就職を相談できる環境」を作っておくことをおすすめします。

キャリアアドバイザーと面談

具体的には、

  • ハローワーク(わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などの就職支援サービスを活用すると安心です。

キャリアアドバイザーやコンサルタントなどの担当者に直接就活を相談できるからです。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業との繋がりが強いため、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 有効な自己PRや面接対策をアドバイスしてもらいやすい
  • 応募する企業の細かい情報を教えてもらいやすい

このようなメリットがあります。

また、21歳のフリーターから就職する場合、ブラック企業に入社するのを防ぐため、応募企業の詳細な情報収集は欠かせません。

ぼくの就活経験から言って、情報収集に関しては就職エージェントがベスト。ハローワークのサポートは少々物足りないと思います。

ダイスケ

就活を挫折しないため、そしてブラック企業を見極めるために就職エージェントをどんどん活用しましょう。

フリーターの就職を専門的にサポートしてくれる就職エージェントを使う

もしかすると、

でも、21歳で職歴もないのに、就職サポートなんてしてもらえるの!?

こんなふうに思う人もいるかもしれませんが、最近はフリーターや既卒者を専門にサポートしている就職エージェントがたくさんあります。

ぼくもフリーター専門のエージェントを利用したので、遠慮せずにまずは相談してみると良いですよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする