20代

知らないと損!職歴がない21歳が就職するための4つのコツ。

知らないと損!職歴がない21歳が就職するための4つのコツ。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「21歳でフリーター、職歴もない…」これからどうするか不安ですよね。

今回は、
これだけは知っておいてほしい就職のコツ
をお話ししますね。

21歳、職歴なしのフリーターが就職するにはまず一歩踏み出すことが大切。

もう21歳…いつまでもフリーターでいるのは不安…

大学中退したけど就職できる?

職歴も無いまま20歳すぎてしまったけど、どうしよう…

こんなふうに悩んでいませんか?

21歳で職歴がない、そしてフリーターをしている…これからどうしていけばいいか不安ですよね。

 

ぼくも25歳までフリーターをしていたこともあって、その気持ちはよく分かります。

周りはどんどん就職するので焦るし、一人暮らしをしていたこともあって、お金の心配も絶えませんでした。

 

一念発起して就職活動をし、なんとか就職できたわけですが、、、思い返してみても、あのときがんばって本当によかったと思います。

 

きっとあなたも、「21歳でこれからどうしていこう」と不安を抱えていると思いますが、まずは一歩でも踏み出すことが大切。今がんばれば、充実した20代を過ごすことは可能です。

 

ここからは、ぼくの経験をもとに「これだけは知らないと損!」と思う、以下の就職のコツを4つをお伝えしていきます。

  • 企業が職歴のない21歳に何を求めているかを知る
  • マイナスをプラスにかえる方法を知る
  • 就職しやすい業界や職種を知って就活する
  • ひとりで就活しないで協力してもらう

少しでも役立てば嬉しいです。

企業は21歳の職歴なしフリーターに何を求めているか知っておこう

企業は21歳の職歴なしフリーターに何を求めているか知っておこう

21歳で職歴もないし、フリーター経験って言っても自慢できるものじゃない…

なにもアピールできるものがない…

こう思っている人は多いのではないでしょうか?

 

就職に自信が持てないと、「資格を取ったほうがいいか?」「仕事ができる人と見てもらうにはどうしたらいいか?」と悩みますよね。

ぼくも同じように悩んで、ほとんど興味もなかった簿記を勉強したり、TOEICの点数を伸ばそうと努力したことがあります。

 

資格は無いよりはあったほうが良いですし、仕事ができそうと思ってもらったほうがいいのは確かですが、それよりも「企業は21歳の職歴がないフリーターになにを望んでいるか」を知っておくことのほうが大切です。

 

なぜなら、21歳の職歴がない人材を採用しようと考える企業は、経歴やスキルが立派な完成された人を求めてはいないからです。

経歴やスキルを重視する場合、フリーターや職歴なしの既卒者や中退者は、最初から対象にならないことがほとんどです。

 

では、企業はなにを求めているかというと、

  • やる気や熱意
  • 会社に馴染める人柄か
  • 将来性があるか

だいたいはこの3つを見ているんですね。

 

以下は、第二新卒の転職者の選考で重視した基準のトップ3ですが、

  1. 入社意欲の高さ 41.5%
  2. 一緒に働ける人材か 36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%

参照データ:「中途採用状況調査」マイナビより一部抜粋

このように、経歴やスキルよりも人間的な部分を見ているんです。

 

つまり、21歳の職歴なしから就職するときは、「自分はできる人アピール」をするよりも、

  • この会社にどうしても入社したいという熱い思いを語る
  • 入社したらどうがんばりたいか、どういう目標があるかを示す
  • 自分の人柄を理解してもらえるエピソードを用意する

などが大切。見落しがちなことだと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「職歴なし21歳フリーター」というマイナスをプラスにするコツ

「職歴なし21歳フリーター」というマイナスをプラスにするコツ

一般的に、

  • 職歴がない
  • 21歳でフリーターをしている
  • 大学や専門を中退している

などは、マイナスに見られることが多いですよね。

 

就職するときも、面接官や採用担当者に

面接官

この人、職歴がないから、採用するのはちょっと不安だな…

と思われる確率としては高いと言えます。

 

しかし、マイナスを逆に利用することで、職歴なしの21歳の就職はうまくいくかもしれないんです。

簡単に言えば、ギャップの力を活用するんですね。

 

繰り返しになりますが、21歳の職歴がないフリーターは、面接官や採用担当者にとっては、

  • 採用してもすぐ辞めてしまう忍耐力がない人かもしれない
  • 正社員としてやっていく覚悟があるのか不安
  • 社会人経験がないからマナーに問題があるかもしれない

こんなふうに、最初からイメージは良くはありません。

 

しかし、そんな「マイナスのイメージ」がある人が、例えば、

  • 応募書類が丁寧に書かれているので必死さが伝わってくる
  • 挨拶や面接マナーがきちんとしている
  • やる気や熱意を自分の言葉で語っている

など、先にお話しした「企業が求めているもの」に訴えかけるようにアピールがされていれば、

面接官

案外、この人は期待できるかも!?

マイナスからプラスへとイメージを転換することができるというわけです。

 

きっとあなたも、それほど期待していなかった映画やドラマが「すごい良かった」と感じた経験があると思いますが、あれと一緒で、ギャップがあればあるほど印象は強く残ります。

「職歴なしの21歳」「フリーターをしている」などのマイナスは、ギャップの力をうまく活用すると良いですよ。

就職しやすい業界や仕事にアプローチするほうが就職はしやすい

就職しやすい業界や仕事にアプローチするほうが就職はしやすい

3つ目のコツとしてお伝えしたいのは、求人を選ぶときは、「やりたい仕事」「好きな業界」にこだわるよりも、

  • 未経験歓迎
  • フリーターOK

といった求人を集めて、そのなかで自分に合う職場を選ぶほうが、職歴がなかったりフリーターからの就職では効率的だということです。

 

どうしてもやりたい仕事があるなら、それを目指すのは悪くはありませんが、その仕事が未経験者では難しかったり、倍率が高かったりすると、どうしたって21歳の職歴なしでは不利です。

 

就活は、長引けば長引くほどモチベーションが下がりますし、年を重ねればそれだけ就職チャンスも減っていくことになります。

 

それよりは、”今”就職しやすい業界や仕事のなかで、自分に合いそうな求人にどんどん応募してみたほうが良いです。

 

具体的な職種で言えば、

  • 営業
  • エンジニア
  • 販売やサービス業
  • 事務
  • 営業事務

このあたりは、若い人材を求めている企業が多いので職歴がなくても挑戦しやすいと言えます。

 

また、人手が不足していると言われる業界も狙い目ですね。

例えば、IT業界や飲食業界、サービス業、介護業界など、常に人材を求めている業界は就職がしやすいと言えます。

 

営業や飲食というと、「過酷」「ブラック」というイメージが強いと思いますが、すべてがそういうわけではないですし、きちんと選べば良い職場に就職することも可能です。

職歴がなくても就職しやすい求人にアプローチすることで内定は取りやすくなるので、ぜひ頭に入れておいてください。

職歴がないフリーターでも”21歳の就職”をサポートしてもらおう

職歴がないフリーターでも”21歳の就職”をサポートしてもらおう

最後4つ目のコツは、職歴がなくても、フリーターでも、21歳の就活は就職支援サービスを使った方が良いということです。

 

ここまで3つのコツをお話ししましたが、きっと、

言ってることはわかるけど、実践するのって難しいんじゃ?

と感じる人は多いと思います。

 

例えば、「やる気や熱意をアピールしたほうがいい」「どういう目標があるかをアピールしたほうが良い」なども、ひとりでアピール内容を考えるのは結構しんどかったりします。

書類ひとつにしても、「職務経歴書の書き方すら分からないのに…」となったら、そこから進まないなんてこともあるかもしれません。

また、就職しやすい求人には一定の傾向がありますが、人材マーケットの状態で移り変わりがあるんですね。

 

なので、まず一歩を踏み出すのなら、就職に詳しい就職支援サービスの担当者とつながりを持つことからはじめるのがおすすめです。

 

そのほうが、

  • 自分に合う求人を専門家の目線で集めてもらえる
  • 書類の書き方や面接のコツをおしえてもらえる
  • 求人企業とのやりとりを代わりにやってもらえる

こんなプラスがあるので、就活が進みやすいはずです。

 

でも、21歳で職歴もないのに、就職の手助けなんてしてもらえるの!?

こう思う人もいるかもしれないですが、フリーターや既卒者を専門にしている就職支援サービスを使えば、ちゃんとサポートしてもらえるので大丈夫です。

 

ぼくも、こうしたサービスを活用して就職できたので、ひとりで就活を進めるよりはうまく活用したほうが良いですよ。

就職支援サービスのイメージ画像

ちなみにぼくが使ったおすすめは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブというサービス。フリーターや既卒の就職を専門にしているので、

  • 未経験でもOKの求人が多い
  • 就活の疑問や不安を相談しやすい
  • 適正を見てもらえる

など、とても使い勝手がよかったです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

また、キャリアアドバイザー(担当してくれる人)がフレンドリーなので、実際会うときや電話でも話しやすくて安心でした。

求人も幅広い仕事を紹介してもらえるので良かったですね。

 

関東1都3県限定のサービスなので、東京や神奈川、埼玉、千葉の就職に強いサービスです。対象なら活用してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする