学校中退

短大中退したその後はどうする?就職したい人のための就活術。

短大中退したその後はどうする?就職したい人のための就活術。
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「短大中退だけど就職したい…」
こう思っていても、どう動いたらいいか不安になりますよね。

今回は、
短大中退を経て就職するための方法
をお話ししますね。

短大中退してしまったけど就職を考えている人へ。早速動き出そう!

  • 何となく短大に入学…でも中退してしまった
  • 勉強に興味が持てずに辞めてしまった
  • 家庭の事情で中退するしかなかった
  • 単位が取れす中退してしまった

など、あなたもなにか理由があって短大を中退したと思います。

 

短大中退したその後は、フリーターになったり、もしくは学校に入り直すことを目指す、などいろいろな選択肢がありますが、もしも就職を考えているならこの記事が役立つかもしれません。

というのは、ぼく自身がフリーターから就職した経験があって、会社では人事担当をしてきたので、就職のコツをお伝えできるからなんです。

 

ひとつ自らのフリーター経験から言えるのは、短大を中退してフリーターになってしまうよりは、頑張って就職したほうが後で楽だということです。

  • 職歴として残らない(アピールしにくい)
  • 給料や待遇面で年を重ねるごとに苦しくなる

のがフリーターの大きなデメリットなので、就職を目指すのは大賛成です。さっそく動き出しましょう。

 

とはいえ、、、

短大中退しているのに、就職なんてできるのかな!?

と不安ですよね。

でも、きちんと就職活動のコツを掴んで進めていけば、振り向いてくれる企業は現れます。

 

まずは、短大中退を就職活動でどうフォローしたらいいかについてお話ししたあとに、

  • 具体的になにを始めたらいいか
  • 短大中退者に企業はなにを期待しているか

をお伝えしていくので、前向きに進めていきましょう!

「短大中退は不安…」就職活動でどうフォローしたらいい!?

専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える

短大中退から就職を目指すときに不安になるのは、

  • 短大中退の理由をどう説明したらいい?
  • 学歴が高卒になってしまうのは不利じゃない?

この2つではないでしょうか?

 

2つとも事実を変えることはできませんし、嘘をつくのはNGですが、「どう伝えるか」「どう捉えるか」でその結果はかなり異なります。

ひとつずつ見ていきましょう。

短大中退の理由は「3ステップ」で採用担当者や面接官に伝える

  • 短大中退を応募書類にはどう書けばいいんだろう…
  • 面接で短大中退をどう話したらいいんだろう…

これは悩みますよね。

面接では、ほぼ100%短大中退の理由は質問されるので、ここがネックになる人は多いはずです。

 

まず、応募書類に関しては、事実を記載しないと「学歴詐称」になるおそれがあるので嘘を書くのはNG。短大中退の事実は、そのまま記載するしかありません。

 

記載するときは、「◯◯短期大学 中途退学」と書くのが一般的で、

  • 前向きな理由(就職のため、留学のためなど)
  • 止む得ない理由(家庭の事情など)

の場合は、それも合わせて記載しておきます。

そもそも、中退理由が上記のような「前向きな理由」「止む得ない理由」なら、それをきちんと伝えることが最も確実な採用担当者を納得させるフォローです。

正社員を目指す女性フリーターの ホントの状況とは!?

しかし、短大中退の理由が

  • 何となく中退してしまった
  • 勉強に興味が持てずに辞めてしまった
  • 単位が取れなかった

という場合は、応募書類には中退理由を「一身上の都合で退学」と記載しておくのが無難ですね。

そして、面接でしっかりフォローしましょう。

 

ここでおすすめなのが、「採用担当者・面接官の信頼を得るための3ステップ」です。

  1. 短大中退した理由をきちんと伝える
  2. 中退を反省していることを示す
  3. 今後はどうしていきたいかを意欲的に語る

採用担当者は、「短大中退の理由について」「中退をどう思っているか」を知りたいものなので、理由と反省を示すことは信頼に繋がります。

また最も大切なことは、「今後就職したらどうしていきたいか」という、就職に対してどれだけ真剣に考えているかを伝えることです。

 

応募書類や面接は、短大中退の理由を説明する場ではなく、「あなたの会社に就職したい」という気持ちや理由を伝える場だということを頭に入れておくと良いですよ。

短大中退は学歴が高卒になってしまう…過度に学歴を気にしないことも大切

短大中退は学歴が高卒になってしまう…過度に学歴を気にしないことも大切

短大中退でもうひとつ不安なのは、学歴が高卒になってしまうことではないでしょうか?

高卒は不利?就職できる会社がないんじゃない!?

こんなふうに悩む人もいるはずです。

 

学歴も事実を変えることはできませんが、はっきり言えば学歴でちやほやされるのは最初だけです。

もちろん、給料や待遇で差が出ることもありますが、就職してから周りに評価されるのは、

  • 仕事ができる人
  • 良い人柄の人

です。

 

学歴がある=仕事ができる、とは限りませんし、いくら学歴がすごくでも人として付き合いにくい人は周りからも孤立してしまいます。

つまり、学歴にコンプレックスを持つ必要はなく、就職して頑張って仕事ができるようになれば、きちんと評価される可能性は高いというわけです。

 

また、求人に関しても、

  • 学歴不問
  • 未経験OK

の求人の中で自分に合った仕事を探していけばいいので、学歴にはとらわれずに就職活動にトライしましょう。

求人をどう探したら良いかは、記事の後半にお話ししますね。

「就職に何を望む!?」短大中退でも希望をハッキリさせることが大切

「就職に何を望む!?」短大中退でも希望をハッキリさせることが大切

では、短大中退からの就職活動をはじめるとき、最初になにをしたら良いのでしょうか。

それは、「就職でなにを優先させるかを決める」ということをやっていきます。

短大中退してるんだから、就職できるならなんでもいいんじゃない!?

もし、こんなふうに考えているなら、ぜひ優先順位を考えてみてください。

 

なぜなら、「なんでもいいから就職できればいい」という姿勢は、企業側としても、

面接官

この人って、結局我が社じゃなくてもいいんだよな、、、きっと。

何をしたい人なのかさっぱりわからないし。

と誤解される原因になりますし、仮に就職できたとしても、「入社したらイメージと全然違う…こんなはずじゃなかったのに…」と後悔する原因にもなるんです。

 

ですから、短大中退していても「自分は何を望んでいるか的を絞っておくこと」が大切です。

例えば、

  • 職種
  • 業界
  • 休日
  • 労働時間
  • 給料額
  • 社風

などの項目の希望を考えてみて、その上で自分はなにを優先したいのかを決めておきましょう。

 

優先順位をつけて就職活動に取り組めば、就職活動の目的がハッキリするので採用担当者に”熱意”が伝わりやすくなりますし、就職後にギャップを感じるリスクも減らすことができます。

 

あまりに優先項目が多いといつまでも就職できないことに繋がりますが、何も決めないよりは何倍も就活が進みやすくなるので試してみてくださいね。

短大中退で就職するときは「企業の気持ち・ニーズ」を考えることが大事!

短大中退で就職するときは「企業の気持ち・ニーズ」を考えることが大事!

最後にお伝えしたいのが、「短大中退で就職する人に企業は何を期待しているのか?」ということです。つまり、「企業の気持ち・ニーズ」ですね。

 

就職活動が上手くいかないときは、

  • とにかく自分の気持ちを伝える
  • 得意なことや長所だけを伝える

など、自分勝手なアピールをしていることが多いです。

 

応募している企業にも、

  • こんな人が欲しい
  • このポジションを募集している
  • 採用の基準はここに設定している

など、きちんとニーズがあるので、応募者のアピールがかけ離れていると、採用は見送るしかないんですね。

 

逆に、企業の気持ち・ニーズに合わせたアピールができれば、採用担当者や面接官の心に響きやすいので、内定をもらえる可能性も高くなるというわけです。

企業は「やる気や熱意」「人柄」を短大中退で就職する人に期待している

企業は「やる気や熱意」「人柄」を短大中退で就職する人に期待している

では、企業は短大中退で就職する人に何を期待しているかというと、それは「学歴」や「資格・スキル」ではありません。

  • やる気や熱意
  • 人柄などの人間性

この2つを期待していることが多いんです。

 

その理由として、マイナビが調査した「中途採用状況調査」の以下のデータが参考になります。

第二新卒の採用で重視した基準(複数回答)

  1. 入社意欲の高さ     41.5%
  2. 一緒に働ける人材か   36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%

データ参照元:マイナビ転職 中途採用状況調査より

第二新卒というのは、一般的には新卒入社した会社を3年程度で転職する人を指す言葉ですね。

 

つまり、社会人経験がある転職者でさえ、数年しか職務経験がなければ、採用基準になるのは「入社意欲」「人物像」なんですね。

短大中退で就職する人に対しては、さらにこの傾向が強くなると予想できるので、「やる気や熱意」「人柄などの人間性」を期待されていると考えて就職活動を進めるのがポイントなるというわけです。

 

学歴やスキルを不安になったり、少しでも自分を大きく見せようと考える気持ちも分かりますが、

  • 「入社したらこうしたい」と希望を伝える
  • 素直に話を聞く姿勢を示す
  • 今後成長していけることを伝える

こんなアピールが採用担当者を振り向かせるはずです。

短大中退の就職をスムーズに進めるためのコツ

短大中退の就職をスムーズに進めるためのコツ

さて、ここまで短大中退から就職するためのコツをお伝えしてきましたが、

言ってることは分かるけど、なかなか難しそう。。。

と感じる人も多いと思います。

実際、就職活動をひとりでこなすのは大変ですよね。

 

そこでおすすめしたいのは、就職支援サービスを使って就職を進めることです。

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が

  • 自己分析などのカウンセリング
  • 応募企業の詳細情報をおしえてくれる
  • 希望に合う仕事を探してくれる
  • 書類や面接のアドバイスをしてくれる

など、無料で就職活動をバックアップしてくれるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーに相談しておけば、どんな仕事が向いているか、求人探しの優先順位をどうすればいいかなどがハッキリしますし、求人に応募する時も事前に「企業のニーズ」を教えてもらえるので、自己アピールがうまくいくことも多いです。

 

ぼくも就職支援サービスを使って就職しましたが、

  • 書類落ちがガクッと減った
  • 対策してもらえるので面接に自信が持てた

という2点は本当に利用して良かったと思っています。もちろん内定も取れたので、利用価値は高いです。

 

とくに、正社員経験がない人を専門的にサポートしているサービスがしっかり対応してもらえるのでおすすめです。

キャリアアドバイザーにアドバイスをもらうと就活はスムーズに進みますよ。

短大中退から就職したい人におすすめの就職支援サービス

ちなみに、ぼくが利用した就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

正社員経験がない就活者を専門的にサポートしてくれます。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

「未経験歓迎」「学歴不問」の求人も多く、キャリアアドバイザーが就職の進め方について丁寧に教えてくれるので、安心して利用できました。

関東の就職(東京・神奈川・千葉・埼玉)に強いので、関東で就職するならハタラクティブを活用しましょう。

会員登録は、以下の公式サイトで1分程度で出来ますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする