既卒フリーター就活の悩み

就活の書類選考が受からないフリーターや既卒が今すぐやるべき3つのこと

就活の書類選考が受からないフリーターや既卒が今すぐやるべき3つのこと

就活してるけど
書類審査が受からない。。。

既卒のわたしは
書類で落とされる運命!?

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくもフリーターから就活をしたので同じように悩んだ経験があります。

がんばって就活に取り組んでも、書類が受からないといつまで経っても先に進めませんよね。

そこでこの記事では、ぼくの経験と人事担当目線をもとにして「書類選考が受からないフリーターや既卒者がやるべき3つのこと」をまとめました。

  1. NGな書類になっていないかチェック
  2. 客観的に応募書類を見る
  3. 就活のやりかたを見直す

書類が受からないのには理由があります。そして、適切な対処をすることで就職チャンスはグンと上がります。

ダイスケ

なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

『なぜ書類落ち?』フリーター就活のNGな志望動機と自己PR3つの特徴
『なぜ書類落ち?』フリーター就活のNGな志望動機と自己PR3つの特徴 このように悩んでいませんか? 実はぼくもフリーターから就職しましたが、なかなか書類が通らず苦労した経験がありま...

就活の書類審査が受からないフリーターや既卒は【NGな応募書類】に注意

まず最初にやるべきは「NGな応募書類」になっていないかをチェックしてみることです。

フリーター就職のための職務経歴書 サンプルはこんな感じ

実は応募書類には、採用担当者に弾かれやすいNGポイントがあります。

もちろん、すべての企業に共通するわけではありませんが、以下の3つのポイントに当てはまっていると書類が受からない可能性が高くなってしまいます。

  1. 不自然な書類
  2. 自分らしさがない書類
  3. 曖昧な書類

それぞれ簡単に内容を解説していくので、ご自身の応募書類と照らし合わせてみてください。

不自然な書類

不自然な書類というのは、言い換えると「使い回し感」がある履歴書や職務経歴書です。

きっと就活をするほとんどの方は、最初に大まかな書類の型(フォーマット)を作り、それを見本に応募書類を作成すると思います。

それ自体は悪いわけではありませんが、フォーマット通りに書類を作成していくと

  • 文章が機械的になりやすい
  • 曖昧な表現が多くなる
  • 矛盾がうまれやすくなる

こういった傾向が目立つようになります。

とくに大量に応募をしていると、同じような文章を使いまわしすることも増えてくるはずです。

そうなると、書類を精査する企業にとっては「不自然」に見えてきます。

「なんとなく不自然な文章だな」

「書いてあることが矛盾してる」

こんな印象を与えてしまうわけです。

 

なので、書類を作成するときは、

  • 応募する企業に適したアピールが
    きちんとできているか
  • 人間味のある文章か
  • 履歴書と職務経歴書に矛盾はないか

などは最低限チェックしてみてください。

自分らしさがない書類

2つ目のポイントは、自分らしさがない書類です。

実は就活では、企業の求人情報やウェブ情報を基に自己PRや志望動機を組み立てる人が多いので、似たようなアピールをする応募者が周りにたくさんいます。

すると、採用担当者や面接官に

面接官

この言い回しは何度も聞いた

面接官

さっきの応募者と同じだな。。。

このように思われる可能性が高くなり、なかなか書類が受かりません。

 

なので、ありきたりのものではなく、自分だけの意見やアピールを志望動機や自己PRに取り入れられるように工夫してみるのがおすすめです。

そうは言っても、

フリーターの自分には
そんなこと難しすぎるよ。。。

と思う方も多いかもしれません。

 

そんな場合は、例えば、応募する企業が商品やサービスをリリースしていたり、店舗があるなら、

  • 実際に商品を使ってみる
  • サービスを受けてみる
  • 店舗に足を運んでみる

などして、「自分の感じたこと」や「自分が入社したらどうしたいか」などを伝えてみるのも一つの方法です。

ダイスケ

自分だけの体験は大きな武器になるはずです!

曖昧な書類

3つ目のポイントは、曖昧な書類です。

言い換えると、「コピペのような書類」ですね。

フリーター就職のための職務経歴書は 相手がなにを求めているかを考えて書こう!

きっとフリーターや既卒から就活をする方の多くは、

  • 就活ノウハウ
  • 就活マニュアル
  • 面接のHow To

などを検索した経験が1度はあるはずです。

たしかに就活にもノウハウはあると思いますし、就活マナーの勉強は必要です。

でも、あまりに参考にしすぎると、コピペのような文章になり当たり障りがない「曖昧な印象」を与えてしまいます。

 

例えば、

「御社は働きやすそうなので」

「社風が合いそうなので」

「事業内容に興味をもちました」

といった志望動機は、「やる気」「熱意」のようなものが感じられないと思いませんか?

応募する以上、とくに「事業内容に興味をもつ」というのはある意味当たり前と言えますよね。

職務経歴書がネガティブになってしまう そんなフリーターのあなたがすべきこと

また、

「御社で勉強したい」

「御社で成長していきたい」

というアピールも採用担当者には「受け身」な印象を感じさせてしまうフレーズです。

最低限、なにをどうがんばって、どのように成長したいのかを伝えることが必要です。

ダイスケ

書類が受からないときは、「曖昧な表現」がないかをチェックしてみてください。

就活の書類審査が受からないフリーターや既卒は【客観的に応募書類を見る】

次にやるべきは客観的に応募書類を見ることです。

ぼくもそうでしたが、書類選考が受からないフリーターや既卒者の多くは、応募書類を「自分視点」で作成している場合が多いです。

例えば、

  • 自分がアピールしたいことを
    自己PRしている
  • 自分の希望や気持ちだけを
    志望動機にしている

こんな感じです。

もちろん、自分がアピールしたいことや自分の気持ちを応募書類に書くことが悪いわけではありませんが、結局はそれを「相手(企業)がどう感じるか」が全てです。

 

なので、一度自分が採用担当者や面接官になったつもりで、

この書類の人物を
採用する仕事を任せられたら
一体どう感じるだろう

と考えてみるのがおすすめです。

採用担当者や面接官の気持ちを知っておく

自分の応募書類をチェックするときに役立つのが、採用担当者や面接官の気持ちを知っておくことです。

基本的にフリーターや既卒者など「未経験者」を積極的に採用する企業は、以下の3つの要素を期待するケースが多いです。

  • やる気・熱意
  • ポテンシャル(将来性)
  • 人間性(素直さなど)

資格やスキル等は持っているに越したことはありませんが、それよりも未経験者の評価は、仕事に対する「熱意」や入社後の「将来性」、人間的な魅力に向けられる場合が多いと言えます。

 

ですから、受からない書類をチェックしてみて、

  • 熱意をきちんとアピールできているか
  • 入社後の活躍をイメージさせられるか
  • 自分の人間性が伝わりそうか

などを組み込んでみてください。

ダイスケ

背伸びをしたアピールよりも、基本的な要素をしっかり伝える努力が大切です!

就活の書類審査が受からないフリーターや既卒は【就活のやりかたを見直す】

最後にやるべきは、就活のやりかたを見直すことです。

きっと、書類がなかなか受からないフリーターや既卒の方は、

どうして受からないんだろう
やっぱりフリーターだから!?

このように悩んでいるはずです。

もしかすると、就活に対して自信を失っているかもしれません。。。

 

ひとりで悩むとますます気が滅入りますし、就活を挫折してしまう可能性もあります。

実際ぼくは、就活がうまくいかずにフリーターに舞い戻った時期があります。

なので、一度冷静になって「就活のやりかた」そのものを見直してみることも大切です。

一人で悩まない環境をつくることが大切

具体的には、ひとりで悩まない環境をつくるのがおすすめです。

幸い今は、フリーターや既卒者の就活をサポートしているサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活をサポートしてもらえます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

これなら就職できるかもしれない

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、20代の未経験から就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 兵庫 広島 宮城
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事