既卒フリーター就活の悩み

「新卒で就職を逃した…」今から就職するために必要な3つのこと。

「新卒で就職を逃した…」今から就職するために必要な3つのこと。の画像
ダイスケ

既卒就職経験アリの就職ナビゲーター、ダイスケです。

「新卒で就職を逃した…」これから就職できるか不安ですよね。

この記事では、
新卒就職を逃しても就職するために必要なこと
についてお話ししますね。

新卒の就職を逃したなら「早めに就職」が吉!

新卒で就職を逃した…

でも、やっぱり正社員として就職して働きたい…

こう思っていませんか?

新卒カードが無くなってしまったのは辛いですが、なんとか就職したいですよね。

 

最近は、国が働きかけたこともあり「卒業してから3年以内は新卒として採用する」という企業も増えていますが、基本的に新卒の就職を逃してしまうと、”既卒”として就職活動をすることになります。

そのため、どう就活していいか分からずに悩んでいる人も多いと思います。

 

実はぼくも新卒で就職できず、フリーターになった後に就職しましたが、正社員になるまでかなり大変だった苦い経験があります。

既卒の就活は、新卒時と同じようなアプローチをしてもなかなか受からないことが多いですし、ダラダラ続けていると、いつのまにか「フリーターでもいいか…」と挫折してしまうことも…

 

時間が経てば経つほど就職は難しくなってしまうので、新卒で就職を逃しても、なるべく早めに就職できるように動くのがおすすめです。

というわけでここからは、新卒で就職を逃した人が正社員になるために必要な3つコツをお話しするので、参考にしてくださいね。

『なぜ新卒の就職を逃したのか』を振り返っておくことが大切

『なぜ新卒の就職を逃したのか』を振り返っておくことが大切

新卒で就職を逃した人が既卒者として就職するには、まずは新卒就活時の問題点を把握しておくことがとても大切です。

  • どうして内定をとれなかったのか?
  • なぜ希望の企業に就職できなかったか?
  • 就職を諦めた1番の理由はなにか?

この辺をもう一度振り返っておくのがおすすめです。

 

新卒の就職を逃してしまったのに、引き続き同じ方法やアプローチで就活をしても、就職できる可能性は低いですよね。

「今後はこれを気をつけて就活しよう」という自分なりの注意点を見つけると良いですね。

 

新卒の就職を逃してしまう主な原因を3つ上げるので、参考にしてください。

エントリー数が少なかったので新卒就職を逃してしまった

マイナビが調べたテータによると、新卒者の平均的なエントリー数は、30.6社。(参照データ:「2017年卒マイナビ学生就職モニター調査 3月の活動状況」マイナビより一部抜粋

もしこの数字を下回っているとしたら、単純にエントリーする企業が少なかったために内定も少なかった(もらえなかった)可能性があります。

 

当然既卒として就活するときも、応募社数が多いほうが内定は出やすくなります。

ぼくが就活したときにお世話になったキャリアアドバイザーの方から聞いた話では、既卒者の場合は20社程度応募して就職を決め手いる人が多い、ということだったのでこれも参考にしてみてください。

就職に対するこだわりが強すぎたせいで新卒の就職を逃してしまった

就職に対するこだわりが強すぎたせいで新卒の就職を逃してしまった
  • この業界一本でいく!
  • この職種以外は自分には向いてない!
  • この仕事だけは絶対に無理!

など、就職に対するこだわりが強すぎても、内定は遠のいてしまいますよね。

 

もちろん、「これだけは譲れない」という、就職活動の”軸”を持つことは既卒の就活では大切なことです。

しかし、既卒の就活は新卒時よりも応募できる求人の幅はせまくなることも加味して、「そのこだわりは本当に自分のためになるのか?」をよく考えてみてください。

面接官に良い印象を与えることができず新卒就職を逃してしまった

面接官に良い印象を与えることができず新卒就職を逃してしまった

就職活動では、志望動機や自己PR、学生時代のエピソード、など面接官が評価するポイントはたくさんありますが、実は大きな影響を与えているかもしれないのは、

  • 表情
  • 見た目

など、目と耳から受けるその人の印象だったりします。

これは、転職サイトのDODAが採用担当者1000人を対象に行なった「採用担当者が面接で見ているのはどこ?」というデータでも明らかで、採用担当者が重視しているポイントのTOP3は、

  1. 第一印象
  2. 受け答えの仕方
  3. 身だしなみ

参考データ:「採用担当者が面接で見ているのはどこ?」DODAより一部抜粋

という結果になっています。

どんなに立派な志望動機が出来上がっても、声にやる気が感じられず、表情に覇気がないと、良い評価を与えたいとは思えないのが人間なんですね。

 

また、これらは新卒の就活時には足りなかったとしても、短期間で変えることができるポイントでもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

新卒を逃したあとの就職を成功させるには「既卒者に必要なこと」を知る

新卒を逃したあとの就職を成功させるには「既卒者に必要なこと」を知る

もう新卒じゃないんだし、既卒で就職するのは不利だよね…

そう考えている人は多いと思います。

 

しかし、世の中には「新卒がほしい」「経験豊富な中途がほしい」という企業があるように、「既卒を積極的に採用したい」という考えている企業も少なからずあります。

 

新卒の就職を逃したなら、まずは既卒を歓迎してくれる企業に的を絞って就活するのがおすすめ。

そして、「既卒を歓迎する企業は、何を期待しているのか?」を知ってアプローチすることがとても大切なんです。

 

以下は、マイナビが解説しているデータの一部ですが、

【企業が既卒を採用する時に重視している点】

  • 素直さがあり、育てやすいか
  • 入社意欲の高さ、熱意があるか
  • 「社風にフィットするか」「一緒に働いていけるか」などの人柄

参照データ:マイナビより一部抜粋

このように、やる気や熱意、人柄や素直さを重視していることが分かりますよね。

 

既卒就活の面接で面接官をするのは、一緒に働く社員だったり、上司だったりするのが一般的なので、

  • 「この人とは一緒に働きやすいか」
  • 「入社したら自分たちのプラスになるか」

という視点で見ていることが多いです。

また、新卒を逃した既卒者は職歴がない未経験者なので、今後の可能性を感じさせる人材かどうかも大きな評価対象になります。

 

こんなふうに、既卒者に必要なことを知って就活を進めることはとても大事なので、頭に入れておくと良いですよ。

新卒を逃したらリクナビやマイナビではなく就職支援サービスを使う

新卒を逃したらリクナビやマイナビではなく就職支援サービスを使う

既卒の就職活動は、どうやって仕事を探したら良いんだろう?

リクナビNEXTとかマイナビ転職みたいな求人サイトもあるけど。。。

と悩んでいる人もいると思います。

 

先にお話しした「既卒者を歓迎している企業」の求人は、リクナビNEXTやマイナビ転職にも掲載されていますし、情報収集としては間違っていません。

しかし、基本的にリクナビやマイナビなどの求人サイトは、

  • 転職者をターゲットにしている求人が多い
  • 企業の内部情報など詳しいことが分からない

ということがほとんどなので、なかなか受け入れてもらえる企業と巡り会えない…ということも多いんですね。

 

なのでぼくは、就職支援サービスを活用して就職を成功させました。

就職支援サービスというのは、簡単に言えば”担当者が就職活動を助けてくれるサービス”ですね。

 

例えば、既卒者が応募しても歓迎される求人を探し出してもらえたり、応募する企業はどんな人材を欲しがっていて、職場環境はどんな感じかなどを教えてもらうことができます。

とくに、既卒者の就職を専門的にサポートしてくれるサービスを使うと、既卒者を積極的に採用している企業が集まっているので、効率的に就職先を探すことができて便利です。

「既卒者の就職を専門的にサポートしてくれるサービスを使うと便利」の画像

それってどんなサービスのことなの?

と思うかもしれませんが、ぼくが使ったのは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブという既卒者や未経験者を専門にしている就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒者や未経験者を専門にしているだけあって、新卒を逃したあとの就活のコツをきちんと教えてもらえましたし、就活のわからないことも相談しやすかったです。

無料で使えてこれと言ったデメリットもないので、新卒の就職を逃したなら使ってみると良いですよ。

 

ただし、ハタラクティブは、関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定のサービスということだけは注意してください。関東の求人には強いので、関東で就職するなら活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

ダイスケ

いかがでしたか?

新卒の就職を逃しても就職するために必要なことをお伝えしてきました。

既卒の就活は、早めの行動が大切です。

3つのポイントを参考に、就活を進めてみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする