既卒フリーター就活のコツ

新卒必見!正社員を諦めてフリーターになる前にトライしたらいいコト。

新卒必見!正社員を諦めてフリーターになる前にトライしたらいいコト。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「大学卒業しちゃったし、正社員は諦めよう…」

もしもこんな風に思っているなら、諦める前にトライしてほしいことがあるんです。

今回は、新卒フリーターになる前に考えてみてほしいことについてお話ししますね。

新卒フリーターになってはじめて「フリーターの辛さ」が分かる!?

新卒で正社員になるのは諦めた…
しばらくフリーターで生活しよう…

内定ゼロで卒業しちゃった…
しょうがないからアルバイトを始めるしかないかな…

この記事を読んでいるということは、「新卒入社を諦めてフリーターになろう」と考えているのではないでしょうか?

「就活したけど内定をもらえなかったから仕方なく…」という人もいると思います。

 

実は、ぼくも同じく大学卒業後にフリーターになり、約3年のアルバイト生活を経て就職をした1人です。

なので、新卒でフリーターになる心境も分かるのですが、、、今になって思うのは、「3年もフリーターをやらないで、もっと早く就職すればよかった」ということです。

 

というのは、

  • フリーターは肩身がせまい
  • フリーターになってから就職をするのは大変
  • 正社員経験は早めに積んでおいたほうが後々有利

フリーターになってはじめて感じるからなんです。

新卒でフリーターになる人は全体の約1.8%

新卒でフリーターになる人は全体の約1.8%

文部科学省がまとめた「学校基本調査」というデータがあるのですが、これによると、

【平成28年度3月時点での大学卒業後の状況】

  • 正規雇用の者 71.3%
  • 一時的な仕事についた者 1.8%
  • 進学も就職もしていない者 8.7%

引用データ:文部科学省より一部抜粋

このように、正規雇用された人は71.3%と7割を超えていて、しかも近年は上昇傾向にあることが分かっています。

それに対して一時的な仕事についたフリーターは1.8%。さらに近年は減少傾向にあるんです。

 

何が言いたいかというと、近年新卒の就職率が上昇傾向にあるということは、新卒でフリーターになる人は少ないわけで、これが非常に肩身の狭い思いをするんです。。。

例えばぼくは、

  • 大卒でフリーターになったことが申し訳なく実家に帰れなかった
  • 友人がほとんど就職したので孤立した・彼女にフラれた
  • 会う人会う人に「今何してるの?」と問いかけられるのが憂鬱だった

こんな思いをしましたし、フリーターになってから就職活動をはじめたときも、「なんで3年もフリーターしてたんですか?」と面接官に突かれるのが辛かったです…

 

あと、フリーターを続けていくと段々重くのしかかってくるのは、給料アップがほとんど望めないことです。

ぼくは結局、25歳のときに就職しましたが、その時点でも正社員の友人とかなりの経済的格差を感じていたので、フリーターのまま20代後半、30代になれば、もっともっと差が生まれると思います。

 

一説には、人が一生に稼げるお金は

  • フリーター:5000〜8000万円
  • 正社員:2億〜3億

参照データ:JAICより一部抜粋

とも言われているので、正社員とはすごい差ですよね。

 

もちろん、お金がすべてというわけではないですし、フリーターにも良い面があるのは否定しません。

ただ、新卒フリーターになるけど、

  • とくに目標があるわけではない
  • すでに将来的に不安を感じている

と言うなら、今のうちに諦めずに就活したほうが良いと思います。

新卒でフリーターにならずに就職するチャンスは残っている

新卒でフリーターにならずに就職するチャンスは残っている

そう言うけど、もう大学卒業しちゃったし、
就職シーズンも終わったから無理でしょ!?

と思うかもしれませんが、実はそんなことはないんです。

 

先にお話ししたように、新卒の就職率が高いことからも分かると思いますが、今は企業の採用活動が活発化しています。

最近「第二新卒者が人気」という話題を聞いたことがある人も多いと思います。

 

裏を返せば、新卒採用で人材を十分に確保できなかった企業や、人手不足の業界や職種が多い状態と言えるんです。

さすがに、今から人気企業や大手企業に就職するのは難しいですが、良い条件で就職できるチャンスはまだまだ残っているというわけです。

 

なので、「大学卒業して新卒カードはなくなった⇒フリーターになるしかない」ではなくて、就職活動をがんばることで良い結果を掴み取ることはできます。

 

ぼくはこれを知らなかったので、後々いろいろと苦労しましたが…今の段階で就職活動をしていけば、

  • ブランクを気にしなくて済む
  • 「どうしても就職したい」という熱い思いをPRできる
  • 新卒入社とさほど変わらないスタートが切れる

こんなメリットがあるので、新卒でフリーターになって何年後かに就職するよりは、何倍も有利になりますよ。

新卒でフリーターになる前に就職支援サービスを使って就活してみる

新卒でフリーターになる前に就職支援サービスを使って就活してみる

でも、新卒でも無理だったのにどうやって就活したらいいか分からない…

既卒でも歓迎される求人ってどう見つけたらいいの?

と不安な人は多いと思います。

ぼくも既卒として就活をはじめたときはかなり悩みました…求人サイトでエントリーしたり、企業のウェブサイトから直接応募しましたが、不合格続きで凹んだことを覚えてます。

 

そんなとき、使って1番役立ったのは、既卒の就職を対象にしている就職支援サービスです。

「就職支援サービスって何?」というと、簡単に言えば、担当者から就職のコツを教えてもらえたり、仕事を紹介してもらえる、ハローワークの高性能バージョンみたいなものです。

 

例えば、ぼくが使ったのはハタラクティブという就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒や未経験の就職を専門的にサポートしてもらえるので、就活の進め方を迷うことがなくなるというわけです。

 

ぼくがこういうサービスを使ったほうが良いと思う1番の理由は、「既卒者や未経験者を積極的に採用したい」と考えている企業を優先的に紹介してもらえるからです。

 

自分ひとりで就活をしても、「既卒歓迎」の求人を見つけることはできますが、本当のところまではよくわかりませんよね。

実際応募したら、「社会人経験アリの人を優先している企業だった」ということはよくあります。

 

そういう意味でも、就職支援サービスを使ったほうが自分の状況に合う良い企業に出会える可能性は高くなります。

 

また、「新卒就職を逃した人を積極的に採用したい」と考える企業にアプローチできるのは今だけなので、チャンスを逃さないように就活しましょうね。

 

ちなみに、ハタラクティブは関東1都3県限定(東京・神奈川・千葉・埼玉)のサービス。関東で就職するなら活用したいサービスです。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

「あのときがんばっておいてよかった」と思えるようにチャンスを生かそう

いかがでしたか?

新卒で正社員を諦めてフリーターになる前にトライしたいことをお話ししてきました。

 

今がチャンスだと考えて、気持ちを新たに就職活動をしてみてください。きっと、後で「あのときがんばっておいてよかった」と思うはずですよ。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする