既卒フリーター就活の悩み

正社員になりたいフリーターが今日からできる4つのこと【すぐ就職したいなら必見】

正社員になりたいフリーターが今日からできる4つのこと【すぐ就職したいなら必見】

フリーターをやめて早く正社員になりたい。
でも、なにから手をつけたらいい!?

一日もはやく就職したい。
どうしたらいいの!?

このように悩んでいませんか?

すぐに就職したくても、なかなか一歩を踏み出せない方は多いのではないでしょうか。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、そんな「もどかしい気持ち」はよくわかります。悩みますよね。

 

でも、正社員になるには「今日から一歩でも前に進むこと」が大切です。

この記事では、一日もはやく就職したい方のために「正社員になりたいフリーターが今日からできる4つのこと」をお伝えします。

  1. 期限を設定する
  2. 挫折しない環境をつくる
  3. フォローの仕方を考えておく
  4. 情報収集の精度を高める
ダイスケ

なかなか一歩が踏み出せない方は参考にしてもらえたら嬉しいです。

「すぐ就職したい」という気持ちはフリーター就活の大きなプラス

今日からできる4つのことをお話しする前に、ひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、「今すぐ就職したい」という気持ちは、実は就活の大きなプラスになるということです。

 

どうしてかというと、

  • 「すぐ就職したい」という意欲が評価されやすいから
  • 就活は早め(若い)のほうが有利になりやすいから

こうした傾向があるからです。

 

実は、フリーターや既卒者などの経験が浅い人材を採用する企業は、やる気や熱意、将来性などを重視する傾向があります。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気
  2. ポテンシャル・将来性
  3. バイタリティ
  4. 社会人スキル
  5. 考え方が柔軟

引用データ:リクナビNEXTより

もちろん、就活では「資格」「豊富なアルバイト経験」「高学歴」などもプラスになりますが、多くの採用担当者が最も気にしているのは、

  • 正社員としてやっていく熱意があるか
  • 仕事に対するやる気があるか
  • 人柄や社内の人間とうまくやれそうか

などの”人間的な部分”です。

 

ですので、「1日でも早く就職してすぐに働きたい」「即就職して遅れを取り戻したい」という前向きでやる気に満ちた姿勢は、就活の大きなプラスになるというわけです。

フリーターの就職率は年齢があがるにつれて下がっていく

また、フリーターの就職率は年齢が上がるにつれて減少傾向にあることもわかっています。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

フリーターになって半年以内は、就職率が六割を超えていますが、3年を超えると半数にも満たないですよね。

 

さらに、「未経験者」を求める企業は、年齢の若い人材を優遇する傾向もあります。

現在は求人票に年齢制限を設けることは禁止されていますが、実際は「未経験なら何歳程度まで」というように、条件をつけていることが多いです。

下記のグラフを見てもわかるように、未経験者が応募できる求人の数は年齢を重ねるにつれてどんどん減っていきます。

nenrei-pic

ですので、「すぐ就職したい」「一日もはやくフリーターを抜け出したい」という気持ちがをモチベーションに変えて、早めの就活を心がけましょう。

正社員になりたいフリーターが今日からできる4つのこと

ではここからは、「正社員になりたいフリーターが今日からできる4つのこと」をお話ししていきます。

  1. 期限を設定する
  2. 挫折しない環境をつくる
  3. フォローの仕方を考えておく
  4. 情報収集の精度を高める

すぐ就職を決めるためにぜひ参考にしてくださいね。

すぐに就職したいなら「就活に期限を設定する」

まずは、就職するまでの期限を設定しましょう。

 

フリーターからの就活は、新卒のように期限があるわけではありません。

そのため、期限を決めないといくらでも先延ばしができます。実際ぼくも、ダラダラと就活を先延ばしにしてしまい、一度就活を挫折しています。

 

ですので、「すぐに就職したい」と考えているなら、

  • 「◯月◯日までに就職する」
  • 「この日がデッドライン」

このように期限を決めてしまいましょう。

期限を設定すれば、期限から逆算してスケジュールを組めますし、程よい緊張感を保てます。ダラダラやるよりは、確実に就活のモチベーションもあがります。

 

もちろん、就職活動は相手(求人企業)次第の部分もあるので、思い通りには進まないこともあります。

ですが、限られた時間で集中したほうが就活の成功率は上がります。

ダイスケ

単純なことかもしれませんが、まずは就活の期限を設定してみてください。

フリーターから就職するために「挫折しない環境」をつくる

次にやるべきは、挫折しない環境づくりです。

 

正直に言って、フリーターや既卒者の就活は決して簡単ではありません。

なかなか内定が出なかったり、面接で凹んだり、もしかしたら「アルバイトが忙しくて就活が進まない」という方もいるかもしれません。

 

ですので、いかに挫折しない環境を作っておけるかが就活の明暗を分けます。

せっかく就活をやりなおそうと一念発起したのに、挫折してしまったら、、、もったいないですよね。

 

具体的には、次の2つの対策をしておくことをおすすめします。

  1. 就職だけに意識を集中する
  2. ネガティブな情報は受け取らないようにする

就職だけに意識を集中する

就職を決めるまでは、就活だけに意識を集中できるようにしておきましょう。

 

先ほどもお話ししたように、フリーターの就活は期限が決まっているわけではありませんし、アルバイトをしながら就活する方も多いはずです。

そのため、就職だけに力を注ぐのが難しいかもしれません。

 

しかし、就活に「10」の力を「3」だけ使うのと、「10」の力を「10」使うのでは、得られる結果に雲泥の差がでます。

ですので、

  • アルバイト先にお願いして就活を優先させてもらう
  • 友達や彼女・彼氏に就職するまでは遊びに誘わないでとお願いする
  • 就職活動がしやすい環境を整える

など、就活が捗るように生活をマネジメントしましょう。

就活に集中すればするだけ、すぐに就職できる確率は高まりますよ。

ネガティブな情報は受け取らないようにする

就活を成功させるには、情報収集が非常に大切です。

しかし、ネット上や世間には、フリーター就職のネガティブな情報も溢れていますよね。

例えば、

  • 20代後半になったら正社員就職できない
  • 既卒は良い就職先がない
  • 女性フリーターは26歳を越えると就職できない

こんな情報ですね。

 

こうしたネガティブな情報は、受け取るだけ損です。

なぜなら、就活のモチベーションが下がるだけだからです。

 

たしかに、フリーターの就活は簡単ではありませんが、あきらめなければチャンスはあります。

また現在は、

  • 人手不足
  • 新卒の獲得が困難

こうした影響で「未経験者」の就職チャンスは広がっています。

 

ですので、就活に関するネガティブな情報や意見は鵜呑みにしないようにしましょう。

ダイスケ

「良い情報」「モチベーションが上がる意見」を選んで情報収集したほうが良いですよ。

フリーターになった理由を前向きにフォローできるようにしておく

次におすすめしたいのは、フリーターになった理由やマイナスを前向きにフォローできるようにしておくということです。

 

すぐ就職したいフリーターや既卒にとって難関なのは、

  • どうしてフリーターをしているのか
  • 就職せず既卒になった理由
  • なぜ就職をやりなおしたいのか

などを面接官や採用担当者にうまく伝えられるかどうかですよね。

近年は新卒の就職率が上昇しているため、「就職していない=なにか特別な理由があるのでは?」と思われるケースが多いので、フリーターや既卒になった理由やマイナスのフォローは必須です。

 

そこでおすすめしたいのが、以下の流れでマイナスに対する質問に答える方法です。

  1. 理由や事実をきちんと伝える
  2. 反省点や気づいたことを話す
  3. 就職してどう活躍したいかを語る

このように、

「事実を伝える」

「後悔や経験したことを話す」

「今後について前向きに語る」

3つの流れを意識して、前向きな解答を組み立てましょう。

 

面接官や採用担当者は、フリーター歴やマイナスを細かく追求したいというよりは

  • 過去から学べる人材か
  • 信頼できる人材か
  • 将来性があるか

などをチェックしています。

ですので、マイナス面のフォローは面接官や採用担当者の信頼を得る機会だと捉えて、前向きな準備をしておくことが大切です。

アルバイト経験・就職に活かせる経験を細かくまとめる

また、これまでのアルバイト経験を細かくまとめて、「自分には何ができるか」を明確にしておくこともおすすめです。

フリーターからすぐに就職するには、自己分析をして「自分はこんな人材です」とアピールできるようにしておくことが欠かせません。

 

アルバイト経験はあるわけなので、

  • どんなことをしてきたか
  • アルバイト経験で何を得たか
  • 就職先でどんな経験をどう活かせそうか

などを「文章」にしておきましょう。

ダイスケ

こうした取り組みは、応募書類作成や面接で必ず活きてきますよ。

フリーターがすぐに就職するには「情報収集の精度を高めること」が大切

最後にしておきたいのは、情報収集の精度を高めることです。

 

何度もお伝えしていますが、フリーターからの就活は簡単ではありませんし、ネガティブな情報はマイナスでしかありません。

また、「すぐ就職したい」と考えている方のなかには、就職に焦りを感じている方もいるはずです。

その結果、

  • ブラック企業に捕まってしまう
  • 自分に合わない職場に就職してしまう
  • そもそも内定が取れない

こうした結果を引き寄せてしまうこともあります。

 

ですので、きちんと自分に合った情報を集めることが非常に大切です。

就職をしてフリーターを抜け出したとしても、就職先がブラックだったり、自分には全く向いていない職場だと、

  • 数ヶ月で離職してしまう
  • 体を壊してしまう
  • フリーターに逆戻り

など、取り返しのつかない状況になってしまうかもしれません。これでは意味がありませんよね。

 

実はぼくの周りにも、就職先がブラックでメンタルをやられた友人がいます。体を壊してしまうと、本当になにもできません。。。

ダイスケ

とくにフリーターや既卒者はブラック企業の餌食になりやすいので、情報収集の精度を高めて就活に臨みましょう。

精度の高い情報収集をする方法

では、具体的にどうやって情報収集をしたら良いのでしょうか。

結論としては、

  • 求人情報サイト
  • 就職エージェント

を併用するのがおすすめです。

求人情報サイトで仕事を探している方は多いと思いますが、フリーターからすぐに就職を決めたいなら「エージェント系のサービス」も活用しましょう。

 

「エージェント系のサービス」というのは、キャリアアドバイザーという担当者が無料で、

  • 希望や経験に合った求人紹介
  • 応募企業の詳細な情報提供
  • 面接や書類のアドバイス
  • 就職の不安や悩み相談

などをサポートしてくれるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーに紹介された求人は情報精度が高いですし、場合によっては「書類免除」で面接を受けられることもあります。

応募する企業の内部情報を詳しく教えてもらえるので「入社してからブラックが発覚」というリスクも減らせます。

 

また、

  • 「すぐに就職したい」
  • 「フリーター経験しかない」
  • 「アピールポイントがわからない」

こうした相談もできるので、就活がグッと楽になります。

キャリアアドバイザーと面談

ぼく自身は、

  • 書類落ちがガクッと減った
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 内定までモチベーションを保てた

こんなプラスがあったので、エージェントの活用は非常におすすめですよ。

ダイスケ

「何から手を付けていいかわからない」という場合は、エージェント系サービスに登録することから始めましょう。

フリーターや既卒の就活を専門にしているサービスを活用する

ただし、エージェント系サービスを活用するなら「フリーターや既卒の就活を専門にしているサービス」を活用するようにしてください。

有名なサービスとしては、

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

などがありますが、こうした総合型エージェントは、職歴のある転職者を対象としていることが多いです。

フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。
フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。 フリーターや既卒でDODAのような転職エージェントは使えるの? こんなふうに、DODAのような転職エージェントを...

ですので、フリーターや既卒者に特化したサービスを選んで活用するようにしてくださいね。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。フリーター・既卒の就活に特化したサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

「約6割は社会人経験がない人が利用している」というだけあって、

  • 学歴不問
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎

の求人をたくさん紹介してもらえます。

営業や事務、エンジニア、販売などの仕事が豊富で、キャリアアドバイザーが優しくサポートしてくれます。

はじめてエージェントを使う方も安心だと思います。

サポート地域は以下のようになっています。

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 愛知
  • 大阪
  • 福岡

対象の方は、ハタラクティブを利用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事