既卒フリーター就活の悩み

【正社員歴なしで転職はできる?】転職失敗を防ぐ5つのコツまとめ

【正社員歴なしで転職はできる?】転職失敗を防ぐ5つのコツまとめ

正社員歴なしだけど、
これから転職できるかな?

ずっと非正規だけど
転職のチャンスはある?

こんなふうに悩んでいませんか?

正社員歴がないと、正規雇用で転職できるか不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも正社員歴なしのフリーターから就活をした経験があるので、同じように悩みました。

 

結論から言うと、たとえ正社員歴がなかったとしても、世の中には就職チャンスはたくさんあります。

ただし、就活のコツを押さえて行動しないと、なかなか仕事が決まらなかったり転職の失敗に繋がってしまいます。

そこで今回は、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「転職失敗を防ぐ5つのコツ」をまとめました。

  1. 転職活動は早めに行う
  2. 状況に合った仕事選びをする
  3. 企業の期待に応える
  4. アルバイト歴や派遣歴をうまく伝える
  5. ひとりで悩まない
ダイスケ

正社員歴がなくて悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです!

職歴なし既卒から就職するコツを解説【マイナスのフォローが鍵】
職歴なし既卒から就職するコツを解説【マイナスのフォローが鍵】 このように悩んでいませんか? 既卒で職歴がないと就活が不安になりますよね。 実はぼくも既卒のフリーターから就...

【正社員歴なしの転職を失敗しないために】早めの転職活動が大切

最初にお伝えしたいコツは、転職活動は早めに行ったほうが良いということです。

正社員歴なしということは、大抵「未経験者」として転職をすることになります。

もちろん、アルバイトや派遣などで希望する業界を経験していれば、「経験者」と言えなくもないですが、、、正社員経験がない場合、大きなプラスにはなりません。

 

未経験者の転職は、基本的に年齢の若い人材が有利になりやすい傾向があります。

なぜなら、若い人材のほうが

  • バイタリティがある
  • 将来性が見込める
  • 指導しやすい

このように思われやすいからです。

企業としては、元気でポテンシャルがあり、仕事を教えやすい若い人材を欲しがるわけです。

 

実際、未経験者が現実的に応募できる求人の数は、年齢を重ねるにつれて減少すると言われています。

具体的には、25歳、27歳、30歳を境に、業界や職種によってはグッと減ってしまいます。

 

なので、正社員歴なしの転職を失敗しないためには、まずは早めの転職活動をおすすめします。

「来年正社員になればいい」

「半年後に転職をしよう」

「しばらくはバイトで」

と思う人もいるかもしれませんが、人間は過去に戻れない以上、一番若いのは「今」です。

早めに動き出したほうが、就職チャンスを逃さずに済む可能性が高いことは頭に入れておいてくださいね。

期限を決めて転職活動に取り組んでみる

ここでおすすめしたいのは、転職活動は期限を決めて取り組むことです。

例えば、

  • 3ヶ月後に正社員になる
  • ◯月までには内定をもらう

など、自分なりに期日を設定して動き出しましょう。

もしかすると、

転職活動って
そんな思い通りに
進まないでしょ?

と思う人もいるかもしれません。

たしかにそのとおりですが、新卒の就活とは異なり、期日を決めないといくらでも時間をかけられるのが既卒やフリーターの転職です。

つまり、目標を決めないと、先延ばしをしてしまったり、だらだら転職活動を続ける結果になりがちです。

 

それよりは、自分なりに目標の期限を設定したほうが

  • モチベーションを保ちやすい
  • スケジュールを逆算して
    組みやすい

など、様々なプラスに繋がります。

ダイスケ

目標の期限を決めてスケジュールを立ててみることをおすすめします!

正社員歴なしの状況にあった仕事選びが運命を分ける【転職失敗を防ぐ】

2つ目のコツは、正社員歴なしの状況にあった仕事選びをすることです。

きっと正社員への転職を考えている多くの人は、

どんな仕事を選んだらいいんだろう?

と悩むはずです。

もしかすると、

  • この業界は自分には無理
  • あの職種しか狙っていない

など、こだわりをもっている人もいるかもしれません。

 

もしどうしても就きたい仕事があるなら、まずはチャレンジしてみるべきです。

未経験者の転職では、熱意や意気込みが大きなポイントになるからです。

 

でも、正社員歴なしで転職を成功させるには、あまりに仕事を選びすぎるのは基本NGです。

なかなか転職が決まらない大きな原因になってしまいます。

 

そこで考えておきたいのは、正社員歴なしに合った仕事選びです。

具体的には、未経験者でも採用されやすい業界や職種に狙いを定めて、転職活動をするのがおすすめです。

正社員経験なしでも採用されやすい業界や職種とは

では、どんな業界や職種が採用されやすいのでしょうか?

それは

  • 「人手が足りない業界」
  • 「未経験者歓迎の割合が多い職種」

です。

 

実は昨今、人手が足りない中小企業が多いと言われています。

中小企業基盤整備機構が調査したデータをみても、人手不足を感じている中小企業は80%に迫る勢いです。

人手不足に関するデータ出典:独立行政法人 中小企業基盤整備機構よりhttp://www.smrj.go.jp/doc/org/20170508_info01.pdf

人手が足りないと、当然ですが求人は増えます。

そして、採用の難易度も引き下げられるため、正社員歴のない転職者にとっては、採用されやすいと言えるわけです。

 

とくに人手不足の割合が多いのは、以下の業界ということも分かっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、建設などは、慢性的に人手不足を抱える業界と言えます。

もしかすると、

ブラックが多いイメージだな
仕事がつらそう。。。

と思う人は多いかもしれませんが、きちんと情報収集をすれば、給料や待遇が良いお宝求人が見つかる場合もあります。

また、「介護業界=介護職」「運輸=ドライバー職」と思ってしまいますが、

  • 介護業界で事務職に就く
  • 運輸業界で営業職に就く

など、働き方は様々です。

 

もうひとつ注目したいのは、未経験者歓迎の割合が多い職種ですね。

転職サイトのマイナビが調査したデータによれは、以下の職種は未経験者歓迎の割合が多いことがわかっています。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者歓迎の割合が多いということは、採用されやすいだけでなく

  • 研修制度の充実
  • 同期も未経験で
    馴染みやすい
  • キャリアアップ

などを期待できるため、正社員歴なしの転職者にとってたくさんのメリットもあります。

 

まずはこうした仕事に目を向けて仕事を探してみてください。

ダイスケ

視野を広げることで転職チャンスはグッとアップするはずです!

【知らなきゃ損】フリーターやニートが受かりやすい仕事と応募時の注意点
【済】【知らなきゃ損】フリーターやニートが受かりやすい仕事と応募時の注意点 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。。。 が...

【正社員歴なしはスキルや経験が不安】企業の期待に応えるには

3つ目のコツは、企業の期待に応えることです。

正社員歴なしで転職をしたい人の多くは、

  • 自分にはスキルがない
  • 経験がないから無理だ

こんな不安を感じているはずです。

面接ではどうやって
アピールしたら良いんだろう

と悩んでいるのではないでしょうか?

 

もちろん、企業側からしてみると、高いスキルをもった経験豊富な人材は頼もしい存在です。

でも、そもそも正社員歴がない未経験者を採用したい企業は、そこを期待してはいない場合が多いんです。

スキルや経験を重視するなら、最初から正社員経験のある転職者を狙うわけですね。

企業が期待する3つの要素

では、なにを期待しているかというと、簡単に言えば

  • やる気・熱意
  • 将来性
  • 人柄(職場に溶け込めるか)

この3点です。

最終的には、やる気や熱意を感じる人材や入社後の成長や扱いやすさを評価する場合が多いと言えます。

 

なので、もしもスキルや経験のアピールに悩んでいるなら、無理に背伸びをしたり、嘘をつくのは控えましょう。

それよりは、

  • 転職にかける思い
  • 転職後の展望・将来像
  • 自分の人柄が伝わる
    エピソード

などをしっかり用意しておくのがおすすめです。

ダイスケ

企業がなにを期待しているかを知って、適切なアピールをしましょう!

【共通性が大切】正社員歴なしの転職ではアルバイト歴や派遣歴をうまく伝える

4つ目のコツは、アルバイト歴や派遣歴をうまく伝えることです。

面接の代表的な 雑談トークを切り抜ける!

きっと正社員歴なしで転職を考えているほとんどの人は、これまでに

  • アルバイト
  • パート
  • 派遣

など、いろいろな仕事をしてきたはずです。

もしかすると、「数十個アルバイト経験がある」「派遣先を転々とした」という人もいるかもしれません。

こうした経験は、転職時のアピール材料になりますが、一歩間違えるとマイナスにもなり得ます。

 

どうしてかというと、ただアルバイト歴や派遣歴を列挙したアピールは、

面接官

職を転々としていて
「続かない人」に見える。。。

採用担当

いったい
「何をしたい人」なんだろう

このようなイメージに繋がりやすいからです。

最近はだいぶましになりましたが、今でも「仕事は長く続けている人のほうが信頼できる」という風潮があります。

 

アルバイト歴や派遣歴が豊富にある場合は、共通性(一貫性)に着目してアピールを考えてみるのがおすすめです。

アルバイトや派遣の共通性を意識する

例えば、あなたはこんなアルバイト歴だったとします。

  1. コンビ二店員
  2. 電気店の携帯販売
  3. セレクトショップの
    販売スタッフ
  4. コールセンターの
    オペレーター
  5. カフェ店員

面接でこれをそのまま列挙すると、「いろいろなアルバイトを転々としてきた」というイメージが残るだけです。

なので、共通性(一貫性)がないかを考えてアピールを組み立ててみましょう。

 

例えば、

  • 接客スキル
  • 在庫管理
  • クレーム対応

などは、先程挙げたアルバイトに共通するスキルではないでしょうか。

コンビニや携帯販売のアルバイトで在庫管理を学び、セレクトショップやカフェで接客スキルに磨きをかけた。

また、コールセンターでクレーム対応を任されていたので自信がある。

このように共通したスキルや経験を見つけることで、アルバイトや派遣でも一貫性のあるアピールが可能になります。

 

面接官や採用担当者には、一貫したメッセージやわかりやすいアピールが効果的です。

ダイスケ

アルバイト歴や派遣歴をプラスにできるように「共通性」に着目してみてください!

【上手に頼る】正社員歴なしの転職はひとりで悩まない

最後のコツは、転職をひとりで悩まないことです。

28歳のフリーターがお金の不安を解決するにはどうしたらいい!?

ぼくもそうでしたが、正直に言うと正社員歴がない状態で転職をするのは、簡単ではありません。

なかなか面接に受からなかったり、そもそも書類が通らないことも珍しくないです。

そもそも、

  • どんな仕事を選んだらいいか
  • 面接が不安でしかたない
  • なにから手を付けるべきかわからない

など、悩みは尽きないですよね。

そんな気持ちで転職活動をすると、最悪挫折につながってしまいます。

実際ぼくは、転職をあきらめてフリーターに戻った時期があります。

当時「ひとりで転職を乗り切るのはしんどい」と思いました。

 

なので、正社員歴なしで転職を失敗しないためには、ひとりで転職活動をがんばらないのがおすすめです。

今は、正社員歴がない転職をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で転職を相談することができます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

転職がうまくいかない理由をキャリアアドバイザーやカウンセラーが見つけてくれたりもします。

 

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者

面接では、
こんなアピールが好印象です。

担当者

職場の雰囲気はこんな感じだったので
◯◯さんに合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に転職できるわけではないですし、「転職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

ぼく自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

まずは気になるサービスを1〜2社登録してみると良いですよ。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

ニートやフリーターはリクルートエージェントを使える?【就活するなら必ず知っておきたいこと】
【済】職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活するなら必ず知っておきたいこと】 こんなふうに悩んでいませんか? リクルートエージェントは、大手「リクルート」が運営している転職エージェント。「就職...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、正社員歴なしで転職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事