既卒フリーター就活の悩み

【正社員は無理・難しいと諦めるのは勿体ない】フリーター・ニートから就職するコツ

【正社員は無理・難しいと諦めるのは勿体ない】フリーター・ニートから就職するコツ

就職したいけど、フリーターだから難しそう…
正社員は諦めるべき!?

ニート生活が長いし、今更正社員は無理だよね。。。
これからどうしよう。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

就職したくても、フリーターやニート歴を考えると「正社員になるのは無理かも」と弱気になる方は多いと思います。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。不安ですよね。

 

しかし、少しでも「正社員になりたい」と思っているなら、就職を諦める必要はありません。

なぜなら、フリーター・ニート歴があっても、一歩前に踏み出しさえすれば就職チャンスはたくさんあるからです。

諦めずにトライすれば正社員の席はゲットできます。

 

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線を元に、

  • 就活を諦める必要がない理由
  • フリーターやニートから就職するとっておきの3つのコツ

をわかりやすくお伝えしていきます。

ダイスケ

就職のコツを押さえること就活はグッと楽になります。諦めずに正社員を目指してみてください!

フリーターやニートが「正社員は無理・難しい」と諦める必要はない理由

それではまず、「どうして就職を諦める必要はないのか」についてお話ししていきますね。

 

最初に結論を言ってしまうと、ズバリ現在は、フリーターやニートでも就職しやすい状況が整っているからです。

フリーターやニートでも就職しやすい状況が整っているからイメージ画像

ところで、どうして「フリーターやニートが正社員になるのは無理・難しい」と思ったのでしょうか?

  • 「応募できそうな求人がない」
  • 「なんとなくそう思う」
  • 「新卒を逃したら難しいのは当たり前」

このように様々な理由があると思いますが、近年はフリーターやニートを採用する企業は増える傾向にあります。

 

具体的には、

  • 人手不足
  • 雇用意識の変化
  • 少子高齢化やオリンピック需要

などの要因で、未経験者でも正社員を目指しやすい状況になっています。

 

以下は、厚生労働省が調査した「人手不足」に関するデータですが、実に半数以上の中小企業は人手が足りないことが分かっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手不足は企業にとっては死活問題のため、採用活動が活発化します。

すると、

  1. 求人が増える
  2. 採用のハードル(難易度)が下がる
  3. 未経験者でも就職しやすくなる

このようにフリーターやニートにとっては就職しやすい環境ができるというわけです。

 

とくに、以下の業界は人手不足が深刻化しているので「狙い目」と言えますね。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

 

また、フリーターの総数自体も年々減少傾向にあることも分かっています。

【若年層のパート・アルバイト及びその希望者」の推移】

  • 2017年 152万人
  • 2015年 166万人
  • 2010年 182万人
  • 2005年 201万人

引用元:総務省統計局・労働力調査より抜粋して掲載

 

ですので、まずは「フリーターやニートが正社員になるのは無理・難しい!」とネガティブに考えないことが大切。

就活を前向きに捉えることで、ポジティブな流れを引き寄せられますよ。

ダイスケ

諦めたらゲームオーバー、諦めなければ就職チャンスはありますよ。

正社員は難しいと思うフリーターやニートは「弱み」をプラスに変えるテクを身につける

ではここからは、フリーターやニートから正社員を目指す3つのコツをお伝えしていきます。

 

まず1つ目は、フリーターやニートの弱みをプラスに変えるテクを身につけておくということです。

フリーターやニートの弱みをプラスに変えるテクを身につけておく

きっと、「正社員になるのは難しい、無理ゲーだ」と弱気になる背景には、

  • フリーター歴をどうフォローしたらいいかわからない
  • ニートになった理由を説明できない
  • 職歴やスキルがないのがコンプレックス

このような「フリーターやニートの弱み」に対する不安があるはずです。

ぼくも就活では相当悩みました。。。

 

しかし裏を返せば、「弱み」をうまくフォロー出来さえすれば、就活はグッと楽になりますよね。

 

そこでおすすめしたいのが、弱みをプラスに変えるテクニックです。

具体的には、以下の流れにそってフォローを組み立てる方法です。

  1. 弱みを認める・理由を説明する(信頼を得る)
  2. フリーターやニート生活で学んだこと・反省点を述べる
  3. 就職したらどんな活躍をしたいかを語る(将来性アピール)

 

例えば、面接官に「どうしてフリーターになったのですか?」と質問された場合は、

  1. フリーターになった理由を正直に説明して信頼を得る
  2. フリーター生活で得たこと・反省点を伝える
  3. 就職してどうしていきたいか・今後の展望をアピール

このように、弱みに対する質問を「前向きなアピール」で終えることがポイントです。

「過去から何を学んだか」「今後の意気込み」をきちんと伝えることが大切

フリーターやニートの「弱み」に対する答えは、

  • そこから何を学んだか
  • どんな反省をしたか
  • 今後はどうしていきたいか

を付け加えることで自己アピールに変わります。

基本的に面接官や採用担当者は、フリーター・ニート歴に関する質問をして、

  • 過去から何かを学べる人材か
  • 素直な人柄か
  • 将来性のある人材か

などをチェックしています。

 

ですので、フリーターやニート歴があるから正社員は無理・難しいと思わずに、「過去から何を学んだか」「今後の意気込み」をきちんと伝えることが大切です。

ダイスケ

弱みをプラスに変えるフォローを準備しておけば、就活はグッと楽になりますよ。

「相手のニーズ」を意識すればフリーターやニートでも正社員は無理ではない

2つ目のコツは、「相手のニーズ」を意識するということです。

「相手のニーズ」を意識するイメージ画像

フリーターやニートが正社員を目指す場合、

「資格とかスキルをアピールするにはどうしたらいい!?」

「多少はアルバイト経験を盛ってアピールしたほうがいい!?」

「どうすればブランク期間がマイナスにならない!?」

このように、「自分をよく見せたい」「大きく見せたい」という心理が働きますよね。

しかし、自分をよく見せることばかり考えて就活に臨むのはNG。なかなか内定をもらえない原因になってしまいます。

 

なぜなら就活は、

  • 相手(求人を出している会社)のニーズ
  • 求職者の能力や人柄

がうまく合致したときに内定が出るので、相手(求人を出している会社)がなにを求めているかを考えなければ、就活はうまくいかないというわけです。

フリーター・ニートの就活ではやる気とポテンシャル、人柄が重視される

基本的にフリーターやニートなどの未経験者を採用する企業は、

  • 入社意欲の高さ・やる気や熱意
  • ポテンシャル(将来性)
  • 人柄(素直で指導しやすい人材)

この3つを求めています。

実際、リクナビが行った「人事が重視する採用理由」を調査したデータを見ても、以下のような結果が出ています。

【人事が重視する採用理由ベスト5】

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5
引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

やる気やポテンシャル、考え方などが重視されていますよね。

 

例えば、資格やスキルをアピールすることばかり考えて、やる気や人柄が伝わらないと、

面接官

この応募者、ずいぶんスキルに自信があるみたいだけど、そのスキルはそんなに重視してないんだけどな…
逆に育てにくそう…

このように思われてしまうかもしれません。

 

ですので、自分をよく見せることばかり考えずに相手(求人を出している企業)のニーズも意識して、就活準備をすることをおすすめします。

ダイスケ

常に相手のニーズを考える癖をつけると、面接が楽になりますよ。

フリーターやニートは「正社員は難しい」とひとりで悩まないことが大切

最後3つ目のコツは、「正社員は無理、難しい」とひとりで悩まないことです。

「正社員は無理、難しい」とひとりで悩まないことイメージ画像

お伝えしたように、フリーターやニートにも就職チャンスはあります。諦めずにトライすることが大切です。

しかしその一方で、新卒の就活や社会人経験がある転職に比べれば、ハードルが高いのも事実です。

  • どんな仕事が向いているか見当がつかない
  • 面接や書類をクリアできるか不安
  • そもそも何から手をつけていいかわからない

このように悩んで、なかなか一歩が踏み出せない方は多いはずです。

実際ぼくも、就活を一度挫折していますし、最初は書類すら通過せずにモチベーションを保つのが大変でした。

 

そこでおすすめしたいのは、

  • 就活をひとりで進めない
  • 挫折しない環境を作っておく

ということです。

 

幸い今は、無料で活用できる就活サービスが充実しています。

とくに「エージェント系」のサービスは、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が就活をサポートしてくれるので、とても便利です。

例えば、

  • フリーター応募可の求人紹介
  • 求人企業の内部情報アドバイス
  • 面接や応募書類の対策

などを無料でしてくれるので、就活をひとりで悩む必要がありません。

 

実際ぼくも就職エージェントを活用したことで、

  • 書類落ちがガクッと減った
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 内定までモチベーションを保てた

このようなメリットがありました。

 

フリーターやニートからの就職は、いかに

求人企業

我が社は、未経験の人材を積極的に採用するよ。

このような企業にたくさんアプローチできるかが鍵です。

エージェント系サービスを活用すれば、グッと就職チャンスが広がるので、まずはいくつか登録しておくことをおすすめします。

「未経験者専門のエージェント」を選ぶことが大切

ただし、エージェント選びにはコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

フリーターやニートの就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事