既卒フリーター就活のコツ

営業系の職種に就職したい既卒・フリーターのあなたが最低限知っておくべきこと

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「営業系の職種に就職したい。。。」
こんなふうに、進みたい分野が決まっているのは良いことです。

ただ、営業に就職したいなら最低限知っておくべきことがあるんです。

詳しくお話ししますね。

営業系の仕事は既卒、フリーターが様々な能力を身につけるにはうってつけの職種

あなたはどんな職種を目指して就職活動していますか?

もしも、営業系の職種なら、まずはその役割をよく理解する必要があります。

 

「やりたいことや目指したい職種がいまいちハッキリとしてない。。。」そんな方も、営業系の職種は候補にいれることをおすすめします。

その理由は、営業系は様々な能力を身につけるにはうってつけの職種だからです。

 

この記事では、営業系の職種の仕事について最低限知っておきたいことをまとめてみました。

スグに読めて役立つので、参考にしてくださいね!

既卒・フリーターが知っておきたい!『営業の仕事の役割って何?』

まずは知っておきたい!営業の仕事の役割って何?

営業系の職種の役割とは、一言で表現すると

「会社の利益をつくる」

こう言い表せます。

 

「利益をつくる」というと、「責任重大だしなんとなく抵抗を覚える。。。」そう思う人もいるかもしれません。

 

しかし、就職した企業が存続していくためには、「お金・利益」を生み出すことがどうしても欠かせませんよね。

  • 給料の支払い
  • 税金の支払い
  • 商品開発
  • 事業への投資
  • オフィスの賃料

など。。。全てはお金がなくては回りません。

 

営業系の職種に関わらず、どの職種であっても、必ずどこかで「お金・利益」には関わることになりますが、営業は、それが1番ダイレクトというわけですね。

既卒・フリーターが知っておきたい!『営業は厳しい仕事?魅力的な仕事!?』

営業は厳しい仕事なの?いや、とても魅力的な仕事でもある!?

営業というと、目標を達成しなくてはいけなかったり、ノルマがあったり、厳しい側面があることは事実です。

日々数字を追いかけたり、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

 

しかし、見方を変えればとても魅力的な職種だと言えます。

 

  • 自分の成果がしっかりと目に見えて分かる
  • 目標が明確なので取り組みやすい
  • 売れる営業には高い評価・高い給与が与えられやすい
  • ビジネスや社会人には欠かせないお金の感覚を身につけられる

また、お客さまとのやり取りで身につく「交渉力」「事務的なスキル」「一度に多くのことをこなすスキル」なども魅力的です。

 

これらは職種を超えて通用するので、後に転職する機会があれば大きな武器になるんです。

既卒・フリーターが知っておきたい!『営業職は「新規営業」と「既存営業」に分けられる』

営業職は「新規営業」と「既存営業」に分けられる!

営業職は「新規営業」「既存営業」の2つに分けられることを知っていますか?

 

新規営業というのは言葉の通り、これまで取引がないお客さまに商品やサービスを売ることです。

それに対して既存営業というのは、これまでに取引があるお客さまに商品やサービスを売る営業職のことです。

 

これを聞いただけでは、既存営業のほうが「なんとなくラクそう。。。」と思いますよね?

実際、既存営業を目指す求職者のほうが圧倒的に多い傾向にあるといいます。

 

しかし、既存の営業はラクなのかといえば、実際はそういうわけでもありません。

 

なぜかといえば、大切なお客さまとの関係を保つ役目を引き継ぎ、前任者と常に比較される立場に置かれるからです。

 

営業職の実力や経験が乏しいと簡単には務まらないことも多く、既存営業の募集には営業経験者が選ばれることが多いんです。

 

もちろん「新規営業」も、よくイメージされるように「営業をかけたとしても相手にしてもらえない・話を聞いてもらえない」そんな側面もあります。

しかし、それに対して「既存営業」が楽かというと、決してそういうわけでは無い、ということは頭に入れておいたほうが良いですね。

既卒・フリーターが知っておきたい!『いろいろな呼び方をされている営業職はどう違うの?』

いろいろな呼び方をされている営業職はどう違うの?

営業系の職種は、会社によっていろいろな名前をつけている場合もあります。

求人を探していて、こんな職種を見たことはありませんか?

  • コンサルティング営業
  • 企画営業
  • ソリューション営業
  • 提案営業
  • ルートセールス

カタカナ英語が入った◯◯営業という職種なんかは、言葉にするとかっこいい印象を受けますよね。

それにつられて、応募してみようかなと興味を持つ人もいるかもしれません。

 

しかし、営業の仕事に変わりはありません。

 

たしかに、商品やサービスの売り方に違いがあったり、働き方に違いがあったりはしますが、営業職であることに変わりはありません。

 

大事なのは、職種名のイメージだけでなくどんな仕事内容なのかをしっかり確認すること。

 

入社してから、想像と違う。。。とならないように仕事の中身に納得してから応募しましょう。

『営業系の職種に就職したい既卒・フリーターのあなたが最低限知っておくべきこと』まとめ

営業系の職種に就職したい既卒・フリーターのあなたが最低限知っておくべきことのまとめ

以上が、営業系の職種・仕事について最低限知っておくべきことです。

「営業」という仕事は「厳しい」「大変」そんなイメージが強いので足を踏み入れるのに躊躇してしまうかもしれません。

しかし、大事なのはイメージではなく仕事内容をしっかり把握することです。

 

自分を成長させるためには打って付けの職種ですし、若い力を活かせるので、既卒・フリーターから正社員を目指す人もチャレンジしやすいと思いますよ!

営業系の仕事をするなら就職支援サービスを使ったほうが安全!

もし営業系の仕事を探すのであれば、就職支援サービスを利用したほうが安全です。

というのは、先にも話したように、営業は多種多様で中身も様々なので、業務内容がよく分からないままに就職してしまうのはリスクが高いからです。

 

就職支援サービスで営業の仕事を探せば、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • どんな仕事内容でノルマ等は厳しくないか
  • 職場の雰囲気はどんな感じか
  • 上司はどんな人で社風はどうか

などを事細かく教えてくれます。

1人で求人情報を見るだけではこの辺のことは知りようがないので、キャリアアドバイザーに聞いたほうが安心です。

 

その上で、「自分に合っている」「やってみたい」と思った仕事にチャレンジしたほうが、あとになって後悔しないで済むはずです。

また、相談するときは「フリーター・既卒者を専門にサポートしている就職支援サービス」を利用することも忘れないようにしてください。

 

おすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーター歓迎の求人が多く、キャリアアドバイザーも親切に話を聞いてくれます。

求人についてかなり詳しい情報を教えてもらえるので、営業職を受けるときも「どんな仕事の進め方をするのか」「ノルマはあるのか?」などを前もって知ることができて安心です。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に強いので、関東で就職するならハタラクティブを選ぶと良いですよ。

会員登録は1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする