既卒フリーター就活の悩み

履歴書は手書き?パソコン?に悩む人へのアドバイス

履歴書は手書き?パソコン?に悩む人へのアドバイス
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「履歴書はパソコン?手書き?どっち!?」
これはけっこう悩みますよね。

この記事では、
履歴書は手書きかパソコンかの考え方
をお話ししますね。

履歴書は手書きかパソコンか!?手書きは応募者の意欲や人柄を判断しやすい

履歴書って、手書きがいいのか?
それともパソコン?

近頃は、パソコンを使って履歴書を作成する人も多くなっているといいます。

職務経歴書に関しては、手書きの指示が無ければ、パソコン作成が一般的です。でも、履歴書に関してはどうなのか。。。悩みますよね。

 

パソコンで作成したほうが、「効率的」そして「読みやすい」利点がある一方、手書きは採用担当者が「応募者の意欲や人柄などを判断しやすい」という側面があります。

応募する側にとっては、そりゃあパソコンのほうが楽ですが、、、結局は、応募企業の判断次第なところがあるわけです。

 

「じゃあ、結局どっちがいいの?」って感じですが、、、

ぼく的には、「手書き」を推奨します。

履歴書は手書き?パソコン?に悩む人へのアドバイス

履歴書に関して特別な指示が無い限りは、手書きで作成したほうが、リスクは少ないと思います。

 

なぜかというと、パソコン作成の良さを、応募企業がどう評価するかは”神のみぞ知るところ”ですし、まだまだ「履歴書は手書きが基本」と考えている企業が多い印象もあるからです。

 

履歴書は、特別な理由がない限りは「手書き」作成でOKだと思います。(ただし、求人情報に「PCの作成可」などの記載があれば話は別です。念のため。)

スポンサードリンク

とはいえ、、、きちんと応募企業の考え方を推測しよう

ただ、応募する企業によって「手書きかPCか」の印象は、だいぶ変わってくることも頭に入れておいてください。

例えば、IT関連の新しい企業であれば、PCを使って履歴書を作成したほうが好印象かもしれません。しかし、事務系の仕事であれば、「応募者の書く字を手書きの履歴書で見たい」という採用担当者の思いがあるかもしれません。

 

一概には言えない部分でもあるので、基本は「手書き」、応募企業の考え方が分かっているのなら「手書き・PCを使い分ける」という姿勢で望んでください。

履歴書は基本は手書き!キレイにわかりやすく書くコツを覚えよう

履歴書はパソコンか手書きか? 基本は手書き! キレイにわかりやすく書くコツを覚えよう

履歴書の基本は「手書き」ということが分かっていただけたと思いますが、「手書き」ってなかなか難しいと思いませんか?

 

ぼくは、履歴書を書くのがとにかく苦手でした。失敗しては書き直し、の繰り返しで半日がかりでようやく1枚完成。。。ということも。

 

手書きは、その時の気持ちがなんとなく文字に表れてしまうので、集中力が必要です。そして、採用担当者に好印象を残すためには、内容はもちろんですが、まずは「キレイ」で「わかりやすい」見た目の良さが大切です。

 

次の3つのコツを覚えておくと、役に立つはずです!

履歴書の見本を1枚作っておいてそれを基に清書する

まずは、鉛筆書きでもいいので履歴書の見本を1枚作り、全体の文字のバランスや余白のバランスなどを確認しておくのがおすすめです。

 

見本無しの状態で清書すると、字を間違ったりバランスが悪くなりがちです。

応募企業が変わっても、共通して記載できる「名前や住所」「学歴・職歴」欄などは、これを見ながら清書することで、失敗がだいぶ減るはずです。

 

ただし、日付などを「見本の日付」のままに書き写して失敗。。。ということだけはないように、気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

ペンは同じ予備を必ず用意しよう

履歴書はパソコンか手書きか? 基本は手書き! キレイにわかりやすく書くコツを覚えよう

履歴書を書く時は、ペンを新しく買ってきて「よし、書くぞ!」と気持ちを高める人も多いかもしれません。

ここで注意したいのが、同じペンを2〜3本は用意しておきたい、ということです。

 

なぜかというと、途中でインクが無くなってしまった時に問題が発生します。予備がないと、別のペンで代用しますよね?すると、太さや色が微妙に違ってしまい、それが全体的にバラバラな印象を与えてしまいます。

 

ある程度まとめ書きをして、日付や自己PR・志望動機だけをあとで書こうとした場合も、ペンが変わると「どこか違和感」が出てしまいます。

細かいことですが、見た目の印象を良くするためには気をつけたいポイントです。

文字の大きさを適度にそろえたい時は

字が「上手く書けない・きたない」と悩む人もいるかもしれませんが、丁寧に書くことが何より大事。そして、バランスよく行の中に収まっていれば、キレイに見えるものです。

 

小さすぎると、消極的な印象を与えますし、大きすぎても無神経な印象を与えてしまいます。そうならないためには、多少面倒ですが記入する枠内に薄く線を引いて、その中に文字を収めるように清書することをおすすめします。

こんな風に、あとで消せるように鉛筆で1ミリ程度の内枠を引いてみましょう。

履歴書はパソコンか手書きか? 基本は手書き! キレイにわかりやすく書くコツを覚えよう

この枠内に収まる大きさで書けば、バランス良く見えて、丁寧な印象を残せるのでおすすめです。ただし、引いた線はペンがしっかりと乾いてから消すのをお忘れなく!

スポンサードリンク

履歴書など応募書類の書き方に不安があるなら就職支援サービスを活用しよう

履歴書は、採用選考に使われることはもちろん、入社手続きや社員名簿として保管される大切な書類です。

「手書き」には多少時間はかかっても、自分のことを応募企業にしっかりと伝えられるように丁寧に作成しましょう。

 

もしも、履歴書の書き方や内容に不安があるのであれば、応募企業に提出する前に「就職のプロ」に意見を求めるのもおすすめ。

自分では気づかない「書き方の改善点」「もっと魅力的な自分のアピールの仕方」などをアドバイスしてもらえば、書類選考を通過する可能性は高まるからです。

 

以下の記事では、既卒者やフリーターの就職を専門に支援をしているサービスをまとめているので、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする