既卒フリーター就活のコツ

再出発して就職したい26歳が心に留めておきたいこと。

再出発して就職したい26歳が心に留めておきたいこと。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「就職して再出発したい。。。」
こう思っているなら、この時期を逃さずトライすることが大切です。

今回は、
再出発したい26歳が心に留めておきたいこと
についてお話ししますね。

「再出発したい」という気持ちがあれば26歳でもやり直しはできる

就活に失敗して以来、ブラブラしていたけど、、、

26歳になったし再出発したい…

以前就職したけどすぐ辞めた。。。

気がつけば20代も半分すぎた…やり直せるかな

ずっとフリーター、ニート生活を繰り返していたけど、

26歳を期に再出発しようと思う…

20代の折り返しを過ぎた26歳。一度道から外れたとしても、これから再出発したいと思う人もいると思います。

 

しかし、ストレートで社会人になって働いている人達を見ると、「今からじゃ遅い?そもそも就職なんてできるのかな?」と不安になりますよね。

たしかに、学校卒業後すぐに社会人になった人に比べると、様々な面で遅れを取っていることは事実ですが、「再出発したい」という気持ちがあれば、26歳はまだまだやり直しがきく年だと思います。

 

というのも、実はぼくも25歳でフリーターから就職した過去があるので、「あきらめなければ大丈夫」ということが言えるんです。

就職する前は、「自分、正社員になってやっていける?」と不安でしたが、社会人になってしまえば、責任感も生まれますし、なんとかやっていけるものです。

 

なので、再出発を考えているなら、26歳の今を逃さないように、ぜひトライしてみてください。

ここからは、再出発したい26歳が心に留めておいたほうが良いことを3つお話ししていこうと思います。

再出発にきっと役立つはずなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

26歳からは再出発のチャンスは年々減る一方だということを心に留めよう

26歳からは再出発のチャンスは年々減る一方だということを心に留めよう

『20代のうちは、フリーターでも大丈夫じゃない?30になる前に就職すれば良いかな…』

こんなことを言っていた今もフリーターを続けている友人がいるのですが、、、就職は20代までなら大丈夫というのは、正しくありません。

 

実は、未経験者を採用しようとする企業は、20代のうちも下記の表のようにどんどん減っていきます。

25歳、27歳、そして30歳でガクンと求人は減ると言われています。

 

最近は、求人に年齢制限をすることは禁止されているので、表面上は年齢を設定していない求人が多いですが、企業のホンネは「年齢が若い人材のほうがいい」というわけです。

 

なので、26歳で再出発を考えているなら、チャンスは年々減っていくことをきちんと心に留めて、就職できるチャンスが大きいうちに行動していったほうが良いですよ。

スポンサードリンク

再出発時のライバルは最初の転職を向かえる年代かもしれないことを知っておこう

再出発時のライバルは最初の転職を向かえる年代かもしれないことを知っておこう

26歳で再出発するとき、就職活動のライバルになるのは、なにも同じようにフリーターだった人や就職に失敗した人だけではありません。

 

実は、26歳前後は、はじめて転職する人がもっとも多い年齢なんです。

【初めて転職した年齢】

  • 25歳 約10%
  • 24歳 約8%
  • 26歳 約8%

引用データ:『データで見る初めての転職』 @typeより一部抜粋

8%を超えるのは23歳から27歳の年代のみ(他の年齢は6%以下)なので、転職者が多い年代とも言えるわけです。

 

なので、再出発で就職活動するときは、社会人経験がある転職者もライバルになる可能性があることを認識しておいたほうがいいです。

とくに、新卒入社して3年程度経験を積んで、「やっぱり、この仕事や業界は向いてない、、、」と未経験の分野に転職する人は、26歳で再出発する人が応募しそうな求人もターゲットになるはずです。

 

じゃあ、どう考えても再出発する自分は不利だな…

こう思うかもしれませんが、だからこそ就職活動のコツをきちんと知って、就活を進めていくことが大切です。

 

以下の記事では、職歴なしの26歳が就職するためのコツを詳しくまとめているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

26歳の今再出発できれば、30代で花開く可能性は高い

26歳の今再出発できれば、30代で花開く可能性は高い

最後に心に留めておいてほしいのが、今がんばって再出発すれば30代は充実した時間を過ごせる可能性は高いということです。

 

先ほど話題に出た「20代ならフリーターでもいいんじゃない?」と言っていた友人は、30歳すぎた今もフリーターをしています。

そんな彼も最近就活をはじめたと言っていたのですが、「全然受からない…厳しい…」と大変そうでした。

 

比べるわけではないですが、ぼくは30代に入って、自分の裁量で仕事ができるようになってきたので毎日充実しています。

「もしも、あのまま就職しないでフリーターを続けていたら…」と思うと、本当に就職活動をがんばっておいてよかったなと思っています。

 

もちろん、再出発するのは大変ですし、就職してからも仕事を覚えたりするのはしんどいときもありますが、今がんばっておけば、良い30代を過ごせる確率はグンと上がるので、一歩踏み出してみることをおすすめしたいです。

スポンサードリンク

『再出発して就職したい26歳が心に留めておきたいこと』まとめ

いかがでしたか?再出発して就職したい26歳が心に留めておきたいことをお話ししてきました。

なにかひとつでも参考になることがあれば、ぼくも嬉しいです。

 

繰り返しにはなりますが、26歳で再出発するには、就職活動のコツを知ることは大事なので、以下の記事もご覧になってみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする