学校中退

専門学校中退でも就職先はある!就職成功3つのポイント

専門学校中退でも就職先はある!就職成功3つのポイントの画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「専門学校中退だけど就職したい…」
中退していると、就職活動は不安ですよね。

今回は、
専門学校中退で就職成功させるための3つのポイント
をお話しますね。

専門学校中退でも就職はできる!一歩踏み出すことが大切

この記事を読んでくださっているということは、

なんとなく専門学校に進学したけど、勉強に興味がもてず辞めてしまった…

専門学校の雰囲気や周りと馴染めずに中退してしまった…

家庭の事情で専門学校中退することになってしまった…

など、理由は様々だと思いますが、専門学校を中退して就職を考えているのだと思います。

 

でも、専門学校中退で就職するのは、

  • 学歴が高卒になってしまう
  • 中退したことがマイナスになる
  • 職歴がないので就職は難しい

というように、不安ですよね。

ぼくもフリーターを経て就職したので、いろいろ悩みました…

 

ですが、「就職したい」と考えているなら後ろ向きになる必要は全くありません。

「なにも考えていないからフリーターでもいいか…」というより何倍もマシですし、今就活をがんばっておけば後で楽になって、充実した20代を過ごすための下地ができますから。

 

ただし、専門学校中退で就職するにはコツがあることも確かです。

ということでここからは、ぼくの就活経験を元に専門学校中退で就職を成功させる3つのポイントをお伝えしていきます。

「フリーターは報われない!?」専門学校中退でも就職したほうが良い理由

「フリーターは報われない!?」専門学校中退でも就職したほうが良い理由

。。。就職を成功させるポイントの前に少しだけ、専門学校を中退したらフリーターになるより就職したほうが良い理由をお話しますね。

 

専門学校を中退してしまうと、

とりあえず何か仕事をしないとお金もない…

しばらくアルバイトでいいか。。。

こんな感じで、「とりあえず」のはずがそのまま長期フリーターになってしまう人も多いです。

フリーターのほうが仕事は楽ですし、フルタイムで働けば新卒の正社員とはそれほど変わらない給料が貰えたりもするので、「1年くらいはフリーター生活でもいいかな」と思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、、、一度フリーターになってしまうと、1年や2年はあっという間に過ぎ、就職のモチベーション自体が下がるものなんです。

とくに注意したいのが、

  • アルバイト歴は職歴に見なされないことが多い
  • 20代中盤から正社員とは給料の差がどんどんつく

という現実です。

 

ぼくは2年半くらいフリーター生活をしていたのですが、いくらアルバイトをがんばっても、仕事は責任が少ないものに限定されるので、社員みたいには働けないわけです。

そうなると、職歴としてはレベルが低いと評価されたり、認めてもらえないことが多く、就職するときにも不利になります。

 

就活の面接でアルバイト経験をアピールしたときも、

面接官

アルバイト経験をアピールされてもね…
うちの仕事はそんな甘くないよ?

と面接官に言われたこともあります…

 

また、下記のグラフは正社員と正社員以外の賃金の推移を表したグラフですが、25歳くらいから正社員とは徐々に差がつくことが分かると思います。

一般労働者の賃金の推移

アルバイトは時給自体に上限があることも多いので、早い段階で給料は頭打ちになるわけです。

そして30代になると、年収で約80万円の差が生まれて、ボーナスを加えるとさらにその差は広がってしまいます。

 

もちろん、給料が全てではないです。

ですが、お金があるかないかで「趣味」「恋愛」「結婚」などいろいろなことに差が生まれるので、頭に入れておくべきデータだと思います。

 

今だから言えることですが、10代後半から20代前半は未経験者を求める企業がたくさんあるので仕事選びもしやすいです。

早い内に就職して正社員経験を積んでおけば、仮に別な分野の仕事がしたくなっても「職歴」が味方になっていろいろなチョイスができます。

これが、専門学校中退でも就職するべき理由と言えますね。

専門学校中退で就職を成功させる3つのポイントとは!?

それでは、就職を成功させる3つのポイントを詳しくお話していきます。

  • 専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える
  • 学歴や職歴をフォローするより企業のニーズに応える
  • 専門学校中退の就職を積極的にバックアップしてもらう

就職活動は、やらなくてはいけないことがたくさんありますが、この3つを押さえておけば迷うこと無く進められるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える

専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える

専門学校を中退して就職しようとするときに、どうしても避けて通れないのが、専門学校を辞めた理由を応募する企業に説明することです。

 

冒頭でもお話したように、専門学校中退の理由は色々あると思いますが、「中退している」という事実は、採用担当者にマイナスに映ります。

ですから、専門学校中退の理由を聞かれた時に、きちんと答えられることがとても大切になってくるんですね。

 

いろいろな言い訳テクニックがあるとは思うのですが、個人的におすすめできるのは、専門学校中退の理由にばかりフォーカスしない説明の仕方です。

「中退したことは反省している。その上で今後はこうしていきたいので就職がしたい」というように、今後の展望を伝える姿勢を持つことです。

 

例えば、専門学校の勉強に興味が持てずに辞めたなら、

どうしても勉強に打ち込めず中退してしまった。

甘い考えだったことに深く反省している。

しかし、中退したことで自分の今後を真剣に考えることができた。

御社のこんなところに魅力を感じていて、就職して貢献したい。

というように、

  • 専門学校中退の事実を認める
  • 反省していることを伝える
  • 今後はどうしていきたいかを語る

という3ステップで専門学校を中退した理由を考えてみることです。

そうすれば、専門学校中退に引け目を感じるのではなく、自己PRの一環として捉えることができますよ。

学歴や新卒ではないことをフォローするより企業のニーズに応える

学歴や職歴をフォローするより企業のニーズに応える

専門学校を中退すると、学歴が高卒になってしまうことや、新卒として就職できないことに不安を感じる人も多いはずです。

どうやって学歴や新卒じゃないことをフォローしたらいいんだろう。。。

と悩むのではないでしょうか。

 

しかし、専門学校中退者やフリーターなどの職歴がない応募者を受け入れる企業は、そもそも「学歴」「新卒の肩書き」などを期待してはいません。

つまり、学歴や新卒じゃないことに頭を悩ます必要はあまり無いというわけです。

 

それよりも、専門学校中退の応募者を受け入れる企業が「何を求めているのか」を考えることが大切。企業のニーズを理解して就職活動を進めることのほうが大事なんです。

 

企業は、専門学校中退の応募者を評価するときは、

  • やる気や熱意
  • 人間性や人柄
  • 会社の方針に合う人材か

を見て採用を検討していることが多いです。

ですから、応募する企業に見合った人物像をよく調べて、そこにマッチするようなイメージで自己PRを考えていきましょう。

 

例えば、事務員の仕事に応募するとして、いくら資格を持っているからと言って、「自分は大型運転免許を持っているしフォークリフト免許もあります。」とアピールしても、企業側には全く響かないですよね。

それと一緒で、企業が何を求めているかを知って、そこに刺さる自己PRを組み立てることが大切です。

専門学校中退の就職を積極的にバックアップしてもらう

専門学校中退の就職を積極的にバックアップしてもらう

さてここまで、専門学校中退の理由をどう伝えるべきか、アピールポイントの考え方などのコツをお話してきましたが、、、

なんとなく言っていることは分かるけど「なにから手をつけていいか分からない…」という人もいるはずです。

  • そもそもどんな仕事がしたいか、向いているか分からない
  • 自分の人柄や熱意をちゃんと伝えられるか不安
  • 応募書類をどう書けばいいか…職務経歴書が真っ白…

こんなふうに悩んだりするはずです。(ぼくもこんな感じでした…)

 

そこでどうしたらいいかというと、おすすめなのは就職支援サービスをどんどん活用することです。

就職支援サービスというのは、「求人を探してもらう」「書類や面接のアドバイスをしてもらう」「自己分析などカウンセリングをしてもらえる」など、就職に関するサポートを無料でしてもらえるサービスです。

キャリアアドバイザーという担当者と直接やりとりをして、バックアップしてもらうことができます。

キャリアアドバイザーの画像

このキャリアアドバイザーに相談すれば、上記の不安をひとつずつ解決してくれるので、ストレスなく就職活動を進めることができておすすめです。

 

例えば、どんな仕事が合っているのかを分析して求人を紹介してくれたり、応募する企業にはどんな自己PRが有効かをアドバイスしてくれたり、応募書類が通過しやすいように添削もしてくれます。

とくに利用価値が高いのが、応募企業の詳細情報を入手できるという点ですね。

 

キャリアアドバイザーは、紹介する企業の採用担当者とやり取りをして「企業のニーズ」を把握しているので、

  • どんな職場なのか
  • 上司はどんな人か
  • 詳しい仕事内容
  • どんな人材を求めているか

などを握っている存在です。

つまり、企業のニーズを知るにはキャリアアドバイザーに質問をすればいいのです。

 

先にお話したように、専門学校を中退で就職するには、企業が何を求めているかを知って、そこを刺さる自己PRが効果的

キャリアアドバイザーとコネクションを持つとそれが可能なので、就活を始めるなら就職支援サービスを賢く利用しましょうね。

専門学校中退の就職におすすめの就職支援サービスは?

ぼくがおすすめしたいのは、職歴がない就職者やフリーターなどに特化した就職支援サービスを選ぶことです。

そのほうが、未経験OKや職歴がなくても歓迎という求人をたくさん紹介してもらえるので、チャンスが広がります。

 

ちなみに、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というサービスはおすすめです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

職歴なしやフリーターを対象にしているので、一から親切に就活をバックアップしてくれます。

キャリアアドバイザーは優しく親身になって話を聞いてくれるので、相談しやすいですよ。

求人も、事務、営業、エンジニア、販売、サービス業など、幅広い仕事を提案してくれるので、自分に合った業界が見つかりやすいです。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職に特化しているので、関東で就職するならハタラクティブに登録しておきましょう。

会員登録は、このような簡単なステップをこなすだけ。数分で完了します。

ハタラクティブ登録画面の画像

サービスは全て無料なので、登録してどんどん活用しましょう。一歩踏み出して相談すれば、就活はぐんと楽になりますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスがおすすめです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、経験がなくても就職しやすい仕事を紹介してもらえますし、就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

また、紹介されるのは「離職率が低い企業」に厳選されていますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になります。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ジェイックの登録も非常に簡単です。このように入力内容も少ないので、1分程度で終わるはずです。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

いかがでしたか?

専門学校中退から就職を成功させる方法をお話ししてきました。

  • 専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える
  • 企業のニーズに応える努力をする
  • 積極的にバックアップしてもらう

まずはこの3つのポイントをおさえて就活を進めてみてください。

一歩でも前に進めば、人生は少しずつ変わっていきますよ。

少しでもあなたの就活の参考になれば、ぼくも嬉しいです!

紹介した就職支援サービス

・ハタラクティブ…東京・神奈川・千葉・埼玉の就職に強い

・ジェイック…関東+それ以外の地域でもサポートしてくれる

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする