学校中退

チャンスを掴め!専門中退したニートのための失敗しない就活術

チャンスを掴め!専門中退したニートのための失敗しない就活術の画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

この記事では、専門中退のニートのための失敗しない就活術をお話しします。

わかりやすく解説していくので、参考にしていただけたら嬉しいです!

専門中退でもニートでも一歩踏み出せば就職のチャンスはある

専門中退してニートになってしまった…

そろそろ就職しなきゃと思うけど一歩が踏み出せない、、、

こんなふうに悩んでいませんか?

専門学校を中退すると、

  • 学歴は高卒
  • 中退がマイナスになる
  • 職歴もない…

就職したくてもなかなか前に進めませんよね。

ましてニート生活をしていたら、「ニートから就職するなんて無理…」と思ってしまうはずです。

ぼくも同じような経験をしたので、その気持ちはよくわかります。(25歳で就職するまでフリーター・ニートをしていました。)

 

ですが、「これから就職をして人生やりなおしたい!」と思っているなら、暗い気持ちになる必要はありません。

なぜなら、専門中退していても、ニートだったとしても、一歩踏み出せば就職のチャンスはたくさんあるからです。

「就職したい」という気持ちをもって一歩踏み出せば大丈夫です。

 

しかし、専門中退のニートから就職するには、押さえておきたいポイントがあるのも事実です。

具体的には、以下の3つのポイントが重要です。

  • 企業側の気持ちになって就活する
  • 専門中退をマイナスにしない
  • ひとりで就活を進めない

詳しくお話しするので参考にしてもらえたら嬉しいです。

知っておきたい!専門中退でもニートでも就職チャンスがある理由

もしかすると、

専門中退でもニートでも就職チャンスがたくさんあるなんて本当!?

どうしてそう言い切れるわけ!?

こんなふうに思った人もいるかもしれません。

3つのポイントをお話しする前に、専門中退者やニートにも就職チャンスがある理由をお話ししますね。

 

理由は主に2つあります。

  • 人手不足が続いている
  • 企業のニーズに変化が生まれている

現在は、少子高齢化や働き方の変化、その他様々な要因が絡んで、人手不足を抱える業界がとても増えています。

とくに、中小企業の人手不足はかなり深刻化していて、以下のデータを見てもわかるように、実に50%の企業が「人手不足」に頭を悩ませている状態です。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より 

人手不足は、企業にとっては会社の存続にも関わる悩ましい問題です。

しかし、専門中退者やフリーター、ニートにとっては大きなプラス要素。なぜなら、企業の採用ハードルが下がるので、就職しやすい状況が生まれるからです。

 

また、近年は企業が求める人材像に変化があることも、専門中退者やニートに就職チャンスが増える理由のひとつです。

就職は、大卒の新卒が圧倒的に有利と思っている人は多いと思います。

しかし現在は、大卒の新卒よりも「高卒の新卒」「第二新卒」の人気が高いというデータがあるんです。

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

 

これは、大卒の新卒一括採用にこだわらない企業が増えている証拠でもあります。

大卒の新卒一括採用にこだわらない企業が増えている証拠のイメージ画像

このよう現在は、専門中退者やニートでも就職できるチャンスは確実に増えています。

求人情報サイトを見れば、既卒者、フリーターやニートなどをターゲットにしている求人もたくさんあるので、自信をもって就活を進めましょう。

専門中退のニートから就職するために押さえておきたい3つのポイント

さて少々前置きが長くなってしまいましたが、ここからは専門中退のニートから就職するために押さえておきたい3つのポイントをお話ししていきます。

  • 企業側の気持ちになって就活する
  • 専門中退をマイナスにしない
  • ひとりで就活を進めない

まずはこの3つのポイントを頭に入れて就活を進めてみてください。

企業側の気持ちになって就活する

企業側の気持ちになって就活するイメージ画像

専門中退のニートから就職する場合に、とても大切なことが「企業側の気持ちをよく考えて就活をする」ということです。

 

例えば、就職の面接を考えたときに、

  • 専門中退しているから何のスキルもない
  • ニートで職歴がないことをどう伝えたいいんだろう
  • アピールできることなんてひとつも思いつかない

自分のことをこんなふうに思ってしまう人は多いはずです。

しかし、これはあくまでも、自分目線の考えです。

 

どういうことかというと、専門中退者やニートの採用を考えている企業は、そもそも「スキルがないこと」「職歴がないこと」「たいした自己PRがないこと」をわかったうえで採用活動をしています。

職歴やスキルがない応募者に企業側が求めているのは、

  • やる気や熱意
  • 人柄の良さ
  • 素直さ

だったりします。

それなのに、「スキルがないからどうフォローしたらいいんだろう」「アピールを水増し出来る方法ってなんだろう」と考えていたら、企業側の気持ちに応えることはできませんよね。

スキルがない理由を延々と説明するよりも、やる気や熱意を伝える努力をすべきというわけです。

 

就活がうまくいかない人の多くは、相手の気持ちとズレたアピールをしています。

なので、自分目線でものごとを考えるのではなく、企業側が求めていることをよく考えて就活を進めることが大切です。

 

逆に言うと、企業側の気持ちやニーズをよく理解できれば、専門中退でもニートでも採用されるチャンスはある、ということは押さえておきましょう。

専門中退・ニート生活を極力マイナスにしない

専門中退・ニート生活を極力マイナスにしないイメージ画像

専門中退したこと、ニート生活をしていること、

これって絶対にマイナスになるよね、、、

と不安を抱えている人は多いはずです。

たしかに、就活で専門中退やニート生活はマイナスに働くことが多いです。

しかし、そのマイナスを単なるマイナスで終わらせないのがポイント。考え方次第で、マイナスをプラスにする方法はあります。

 

それは、面接等で専門中退やニートなどマイナスの話題が出たときは、以下の法則に従って話を組み立てる方法です。

  1. マイナスを認める
  2. マイナスから得たことを伝える
  3. これからどうしたかを語る

例えば「専門中退」した理由を質問された場合は、こんな感じで応じます。

どうしても勉強に打ち込めず中退してしまった。

甘い考えだったことに深く反省している。

しかし、中退したことで自分の今後を真剣に考えることができた。

御社のこんなところに魅力を感じていて、就職して貢献したい。

このように、マイナスを認め、マイナスから得たことを語り、最後にこれからどうしたいかを伝えれば、前向きな印象を与えることができます。

 

この方法を身につければ大抵のマイナスは乗り切れるので、ぜひおさえておいてくださいね。

ひとりで就活を進めない

ひとりで就活を進めないイメージ画像

就職はしたいけど、

そもそもどうやって進めたらいいかわからない、、、

こんなふうに悩んでいる人もいるはずです。

専門中退していたら就活経験もないわけなので、不安になるのは当たり前。ニート生活からいきなり就職しようと思っても、わからないことだらけというのも当然です。

 

そこで知っておいてほしいのが、そもそもひとりで就活を進めないほうが良いということです。

 

お話ししたように、いくら就職チャンスが増えていると言っても、専門中退のニートから就職するのは簡単とは言えません。

不採用が続いたり面接がうまくいかずに悩むこともあるのが普通です。

 

ぼく自身、ひとりで就活をして一度挫折をしています。。。連続お祈りメールはさすがに堪えますし、自分に自信がもてなくなるんですよね。

 

ですから、専門中退のニートから就職を目指すのなら、就職に詳しい人に相談できる環境を作っておくことをおすすめします。

具体的には、

  • ハローワーク
  • 就職エージェント

などを使えば、キャリアアドバイザー(またはキャリアコンサルタント)と呼ばれる担当者が相談に乗ってくれるので、これを活用しましょう。

キャリアアドバイザーのイメージ画像

相談できる人がいると、就活はグンと楽に進みます。

とくに就職エージェントは、専門中退でも就職しやすい仕事を紹介してくれたり、ニートから就職するための面接ノウハウを教えてくれたりするので、非常に便利です。

 

もちろん、頼りっきりはNGですし、やる気がなかったらエージェントを使っても意味がありません。

しかし、「就職したい」という前向きな気持ちがあれば、エージェントも積極的にサポートをしてくれるので就活がグンと捗ります。

就活を本気で進めたいなら、エージェントをうまく活用しましょう。

 

おすすめは、専門中退者やニートを専門にしている就職エージェントを使うことです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントなど、有名なサービスを使いたくなるかもしれませんが、こうした総合転職型エージェントはサポートをしてもらえない可能性があるからです。

(※詳しくは、『ニートはリクルートエージェントを使える?就活するなら知っておきたいこと』という記事にまとめているので併せて読んでみてくださいね。)

なので、専門中退者やニートに特化した就職エージェントを活用しましょう。

 

ちなみに、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というサービスはおすすめです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターやニート、中退者を対象にしているので、一から親切に就活をバックアップしてくれます。

キャリアアドバイザーは優しく親身になって話を聞いてくれるので、相談しやすいのがポイント。

求人も、事務、営業、エンジニア、販売、サービス業など、幅広い仕事を提案してくれるので、自分に合った業界が見つかりやすいです。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職に特化しているので、関東で就職するならハタラクティブがおすすめです。

すべて無料なので相談して失うものはありません。まずは話を聞いてみましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

ダイスケ

いかがでしたか?

専門中退のニートから就職するためにおさえておきたい3つのポイントをお話ししました。

企業側の気持ちになって就活する

専門中退をマイナスにしない

ひとりで就活を進めない

難しいことはないので、ぜひあなたの就活に取り入れてみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする