既卒フリーター就活のコツ

社会人経験なしの職務経歴書・履歴書。チェックしたい3つのポイント

社会人経験なしの職務経歴書・履歴書。チェックしたい3つのポイントの画像
ダイスケ

既卒専門就職アドバイザーのダイスケです!

就職活動をするとき、社会人経験がないと職務経歴書や履歴書はどう書いたら良いのか悩みますよね。

今回は、
社会人経験なしの職務経歴書・履歴書3つのポイント
をお話ししますね。

社会人経験がないと職務経歴書や履歴書は不安。でも書類で会ってみたいと思われることが大事!

社会人経験がないと職務経歴書や履歴書は不安。でも書類で会ってみたいと思われることが大事!

社会人経験なしで就職するとき、最初に頭を悩ませることになるのが、

  • 履歴書
  • 職務経歴書

などの応募書類ではないでしょうか?

 

職歴って言っても、アルバイトしかないし…

書けることがあまりないな…

など、不安になるはずです。

ぼくもフリーターから就職したとき、履歴書や職務経歴書をどう書けばいいのかずいぶん悩みました…

 

ということで、この記事では「社会人経験なしの履歴書や職務経歴書でやってしまいがちなNGポイント」を3つ挙げて、書類落ちしないためのコツをお話ししようと思います。

 

社会人経験がなくても、就職している人はたくさんいます。まずは応募書類で「この人には会ってみたい」と採用担当者に思われるのが大事ですよ。

スポンサードリンク

基本中の基本!社会人経験なしの経歴に「嘘」はNG

基本中の基本!社会人経験なしの経歴に「嘘」はNG

まず最初のNGポイントですが、「嘘」を書くのはプラスにならないということです。

基本的なことなので、「そんなの当たり前じゃない?」と思う人も多いかもしれませんが…

社会人経験がないと、

  • ブランクが不安
  • 学歴や経歴が不安
  • 就職しなかった理由を聞かれるのが不安

というように、不安な気持ちが大きくなりがちです。

そうなると、後ろめたい過去を隠そうという心理が働くので、応募書類に嘘を記載してしまうこともあるんですね。

 

とくに、高卒、専門卒、大卒などの学歴や、異なる卒業年度を書く、中退した事実を書かない、などで嘘をついてしまうと、学歴詐称になる可能性があります。(学歴詐称は、懲戒処分や解雇の対象になるかもしれません。)

それ以前に、職務経歴書や履歴書に嘘を記載していると、バレた時点で即刻アウトですよね。

 

仮に面接に進めたとしても、嘘を取り繕うことに神経を注がなくてはいけないので、自己PRなど本当に注力しなくてはいけないところまで気が回らずマイナスです。

ですから、社会人経験がないことが不安でも、職務経歴書や履歴書に書く内容に関しては「嘘」はNG。正直に事実を書くのがポイントです。

 

ただし、その書き方や表現の仕方はいくらでもアレンジができます。

事実の範囲で、採用担当者が履歴書や職務経歴書を見た時にどう記載していれば、

採用担当

この人に会ってみたいな…

と思うかを考えてみると良いですね。

スポンサードリンク

社会人経験なし=職歴なし!?職務経歴書が空欄ばかりなのはNG

社会人経験なし=職歴なし!?職務経歴書が空欄ばかりなのはNG

2つ目のポイントは、社会人経験なしは職歴がない、だから空欄が多くてもしょうがない…というのはNGだということです。

 

とくに、職務経歴書は社会人経験がないと書けることが限られてきますよね。

しかし、アルバイト経験も職歴のひとつです。また、資格取得や自己啓発的なことをしていたなら、それもネタになります。

 

職務経歴書は、言ってみれば自分をプレゼンする書類なので、「自分を知ってもらいたい」という気持ちが伝わるような書類を目指しましょう。

 

「アルバイトっていっても、たいした仕事は任されてないんだけど…」という人もいるかもしれませんが、先ほどもお話ししたように事実の範囲なら書き方や表現のアレンジは可能です。

  • アルバイトの業務を細かく分けてみる
  • なにを学んだか振り返ってみる
  • 応募企業と関連のある業務がないか振り返ってみる

などすれば、なにかしら接点が見つかるものなので諦めずに経験を振り返ってみてください。

スポンサードリンク

「わたしはこんな人」が見えないマニュアル通りの履歴書や職務経歴書はNG

「わたしはこんな人」が見えないマニュアル通りの履歴書や職務経歴書はNG

社会人経験なしで就職するときは、「履歴書や職務経歴書って、どう書けばいいだろう…」と不安になるので、ネットなどで調べてマニュアルやサンプルを参考にすると思います。

”参考”にする分には、書類作成の基本やマナーが分かってプラスだと思いますが、「マニュアルから抜け出せていない書類」だと、

それは結局

  • 採用担当者の印象に残らない書類
  • どこにでもいる人の書類

というように見られてしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

採用担当者が期待しているのは、「マニュアル通りの綺麗な応募書類」ではありません。

とくに社会人経験がない人の応募書類からは、

  • 我が社に入社したい熱意が感じられるか?
  • 入社して長く働いてくれそうか?
  • 求めている人物像に合っているか?

を読み取りたいと考えていることが多いです。

 

ですから、多少マニュアルからは外れたとしても、「わたしはこんな人物で、これから頑張りたいと思っている。入社したらこんなことで貢献したいと考えている。」という自分なりのアピールを盛り込みましょう。

そうすれば、数ある応募書類の中でも採用担当者の印象に残る可能性が高いので、書類落ちを減らすことができるはずです。

 

冒頭でもお話ししましたが、履歴書や職務経歴書の役目は「この人に会ってみたい」と思わせることです。

書類ができたら一度読み返してみて、

この書類を採用担当者が見た時、会ってみたいと思うかな!?

 と考えてみるのがおすすめです。

スポンサードリンク

社会人経験なしで就職するにはまずは書類で「会ってみたい」と思われることが大切

社会人経験なしで就職するにはまずは書類で「会ってみたい」と思われることが大切

いかがでしたか?「社会人経験なしの履歴書や職務経歴書でやってしまいがちなNGポイント」を3つお伝えしてきました。

どれも基本的なことですが、よくありがちなポイントです。是非チェックしてみてくださいね。

 

繰り返しになりますが、社会人経験なしでもきちんと就活を進めれば内定を取ることはできます。まずは、「この人に会ってみたい」と思われるような履歴書や職務経歴書を作成しましょうね。

また、社会人経験なしで就職するために必要なことを、こちらの記事でもお話ししているので参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする