既卒フリーター就活のコツ

『社会人経験なしで正社員就職を目指す!』必要なことをまとめて解説

社会人経験がないけど、就職できるのかな!?
不安でしかたない…

ずっとフリーターだったけど、
正社員になるにはどうしたらいい!?

こんなふうに悩んでいませんか?

社会人経験がないと、就活したくても不安ですよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも、約3年フリーターをしたあとに就職した経験があるので、”社会人経験なし”が不安な気持ちはよくわかります。

 

でも、社会人経験がないからと言って、正社員になる道が完全に閉ざされているわけではありません。

とくに近年は、

  • 採用の現場では第二新卒が人気
  • 人手不足の業界が多い
  • 学歴よりも人柄重視の企業も多い

という流れから、社会人経験がない人材を積極的に採用している企業は増えています。

つまり、社会人経験がなくても就職しやすい流れになっています。

 

そんな流れからチャンスを掴むには、就職活動のコツを押さえて就活をすることが大切です。

というわけで今回の記事では、ぼくの経験から、社会人経験なしで就職するために必要なことをまとめてみました。

  • 社会人経験なしを悔やむのはやめる
  • 就活のタイミングに注意する
  • 就活でアピールすべきことを整理する
  • 就職しやすい仕事を理解する
  • 就職支援サービスを使い倒す

どれも難しいことはないので、参考にしていただけたら嬉しいです。

過去の後悔はやめる!「社会人経験なし」を反省して就活に活かす

まずは、

  • 「社会人経験がないから就職は厳しい」
  • 「正社員経験がないからブラックしか就職先がない」

など、就職に対してネガティブなイメージをもたないことが大切です。

 

正社員になりたくても、就職に対してネガティブな気持ちのままだと、

社会人経験がないことがネックで就活する勇気がでない

就職しておけばよかったと後悔する

結局、一歩踏み出せずに就活が遠のく…

このような「負のスパイラル」にハマってしまいます。

後悔がモチベーションになるなら、どんどん後悔すべきですが、そこから何も生まれないなら、後悔するだけ損だと思いませんか?

 

後悔はやめて、「マイナスの過去は反省して次に活かす」という思考に切り替えることをおすすめします。

 

たとえば、新卒の就活に失敗したり、フリーターやニートになった過去は、現時点ではマイナスかもしれません。

でも、マイナスの過去から何かを学んで次に活かす姿勢があれば、就活でもきちんと評価されます。

 

就職活動の面接では、必ずと言っていいほど、

  • 「どうして新卒のとき就職しなかったの?」
  • 「フリーターをやっているのはなぜ?」
  • 「正社員経験がないけど大丈夫?」

このような質問をされます。

しかしそんなときに、

社会人経験を積んでこなかったことは反省しています。

御社に入社できましたら、1日でもはやく遅れを取り戻せるように、営業成績上位を目指して精進する決意です。

このように前向きな気持ちを示すことができれば、面接官に好印象を与えることができます。

社会人経験がない状態の就活では、「これからを前向きに考えているか」を評価されるので、まずはネガティブなイメージを前向きに変える努力をしてみてください。

「就活を諦めなければチャンスはある」と頭にいれておく

ぼくの経験から言って、新卒で就職できなかったり、フリーターやニートだったとしても、正社員になる道はいくらでも残されています。

 

たしかに、大手有名企業に就職してエリートコースを進むのは難しいかもしれませんが、社会人経験がなくても、就職して自分が満足できる仕事に就くことはできます。

実際、社会人経験がない既卒者の就職率は上がっていますし、先にお話ししたように、人手不足などの影響で採用のハードルは下がっています。

【現在内定を保有していますか?】

  • 16年度既卒者 45.0%
  • 15年度既卒者 43.2%
  • 14年度既卒者 30.7%

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋

ですので、就職を諦めさえしなければチャンスは多いということを知って、まずは前向きに就活を捉えるようにしてください。

この章のポイント
  • 就職に対して前向きになる
  • マイナスの過去は反省して次にいかす
  • 就職を諦めなければチャンスはある

社会人経験なしで就職するには『早ければ早いほうがいい』

次のポイントは、就活するタイミングです。

結論から言うと、社会人経験がないフリーターや既卒者は、就活を1日でも早く行ったほうが、

  • 求人数
  • 求人の質
  • 面接官の印象

など、ほぼすべての面で有利になる可能性は高いです。

 

基本的に社会人経験なしの就活者が応募できるものは、「未経験可」「社会人経験なし可」といった求人に絞られます。

こうした「未経験・社会人経験なし可」の求人を出す企業が求めるのは、「若くてポテンシャルを期待できる人材」です。

つまり、年齢を重ねるにつれて、企業が求める人材像とはズレが生じてしまい、就職のチャンスが減ってしまうというわけです。

 

実際、以下のデータを見てもわかるように、未経験者をターゲットとした求人数は年齢が上がるに連れて減少していきます。

【未経験者をターゲットにした求人数の推移例】

25歳を過ぎたあたりから、未経験OKの求人は徐々に減りはじめると言われています。(30歳を過ぎるとガクッと減ります)

時間が経てば経つほど、就職のチャンスは減少してしまいます。

 

【『フリーターは何歳まで続けて大丈夫?』限界年齢と答えの出し方】という記事でも詳しくお話ししていますが、社会人経験がない状態から正社員を目指すなら、1日でも早く就活をはじめることが大切。

「”今”就活をスタートさせたほうが、後悔しない」と考えることをおすすめします。

この章のポイント
  • 就活のタイミングは「今」
  • 年齢を重ねるごとに就職チャンスは減る

知っておこう!社会人経験なしでも就活でアピールすべきこと

社会人経験なしで就活する場合、

「面接でどんなアピールしたらいいんだろう。。。」

と悩む方は多いのではないでしょうか?

アルバイト経験や学生時代のエピソードを伝えるくらいしかできないので、「面接なんて無理だ」と不安になるはずです。

 

でも、経験不足の転職者を採用する場合、面接官は「人間的な力」を重視していることが分かっているんです。

【人事が重視する理由ベスト5】

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5
引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

 

上記のデータを見るとわかるように面接官は、

  • やる気や熱意
  • ポテンシャル
  • 柔軟性

など、人間的な力の部分をチェックしています。

 

ですので、スキルや経験を盛ってアピールしたり、小手先の面接テクニックを駆使するよりも、

  • どうして就職したいのかをしっかり伝える
  • 今後どんなふうになりたいかを語る
  • 面接官の話しはきちんと聞いて素直に対応する

など、やる気や将来性をきちんとアピールすることが大切です。

 

また、「職場に馴染める人材か」を重視する面接官も多いので、「自分はこんなところが御社にフィットすると考えている」ということを伝えるのもおすすめです。

 

もちろん、やる気や熱意だけあればOKというほど甘くはありませんが、社会人経験がない場合は、人間的な部分を評価されるケースが多くなります。

大勢の応募者のなかで面接官の目を引くのは、自分の言葉で自分の思いを伝えた人だということも頭に入れておくと良いですよ。

この章のポイント
  • 面接官は人間的な力を見ている
  • 必ず熱意やポテンシャルをアピールする
  • 自分の言葉で自分の思いを伝える

『社会人経験なしでも就職しやすい仕事』に狙いを定める

就職を考えている方のほとんどは、

  • 「就職するならこんな業界に進みたい」
  • 「この仕事だけは避けて就職したい」
  • 「自分にはこの職種は向いてない」

このように、様々な希望があるはずです。

 

しかし、社会人経験なしで臨む就活は、新卒のときの就活よりも確実に選択肢が狭まります。

自分の希望ばかり優先していると、なかなか内定をもらえず、「やっぱり社会人経験がないと就職はできない…」と思い込んでしまいます。

 

ですので、「社会人経験がなくても就職しやすい仕事」を狙って就活を進めることも視野に入れておきましょう。

自分の希望だけを貫き通すだけでなく、

  • 「やってみる価値はありそう」
  • 「経験を積むために」
  • 「もしかしたら向いているかもしれない」

こんなチャレンジ精神をもって、求人に応募してみることも大切です。

就職しやすい仕事に目を向けて「広い視野」で求人を探そう

では、就職しやすいのは具体的にどんな仕事かというと、以下のようなものです。

  • 営業職
  • 事務職
  • 販売職
  • サービス関連
  • エンジニア
  • 介護職

これらは、社会人経験がなかったり、フリーターやニートからでも正社員採用されやすい仕事の代表例です。

 

もちろん、やりたい仕事があるならまずは挑戦してみるべきですが、最初から「この仕事は自分には無理」「絶対苦手だから除外」と思わずに、広い視野で就職先を選ぶことが就活チャンスを広げるポイントです。

実際ぼくも、それまでほとんど縁のなかったIT系の仕事に就職し、一からスキルや経験を磨きました。

自分の「向き不向き」は、やってみないとわからないケースも多々あります。

「人が良く働きやすい職場」を選ぶことも大切

また、就職先を選ぶ上では、仕事内容や業界ばかりに注目しがちですが、

  • 良い人が多い職場
  • 自分にとって働きやすい職場

かどうかもきちんとチェックしてください。

たとえ、それほど興味がない仕事だったとしても、一緒に働く人たちが接しやすく、働くことが苦にならない職場だと、続きやすく、経験やスキルを着実に積めます。

逆に、いくら好きな仕事に就いても、人間関係や職場環境が悪いと、早期離職につながるかもしれません。

 

ですので、チャレンジできる仕事を視野に入れつつ、職場環境や働いている人の雰囲気をチェックしながら求人選びをすることも大切ですよ。

この章のポイント
  • 広い視野で求人選びをすると就職チャンスが広がる
  • チャレンジ精神をもって求人を選ぶ
  • 働きやすさも考えて就職先を探す

就職支援サービスを使い倒して社会人経験なしを脱出する

社会人経験なしで就職するための具体的な方法の画像

最後のポイントは、社会人経験がない状態で就活をするなら、就職支援サービスを活用したほうが良いということです。

就職支援サービスというのは、担当者が無料で、

  • 希望やスキルを活かす求人探し
  • 履歴書や職務経歴書の作成アドバイス
  • 面接の答え方のアドバイス
  • 就職の不安や悩みのカウンセリング

などをバックアップしてくれるサービスのことです。

 

社会人経験がない方の多くは、求人サイトを頼りにひとりで仕事を探すケースが多いと思いますが、自力の就活には限界があります。

就活のモチベーションを保つのも、思っている以上に大変です。

 

その点、就職支援サービスを活用すれば、情報収集が楽になりますし、仕事選びや面接対策を「就活のプロ」がアドバイスしてくれるので、自信をもって取り組めます。

ぼくの経験上、

  • 書類落ちが減った(そもそも書類審査がないケースもある)
  • 面接でアピールすることが明確になった
  • 求人の疑問点を納得できるまで聞けた

これらが、就職支援サービスを活用する大きなメリットだと思います。

 

社会人経験なしの方が就活に苦労するのは、そもそも求人選びからして間違っていることが多いです。(ぼくがそうでした…)

中途採用の特性上、どうしても即戦力の人材が有利になりますし、経験やスキルが豊富な人材が優先的に選ばれます。

 

ですので、就職支援サービスを利用して、キャリアアドバイザーに相談しながら求人に応募したり、面接対策を練っていくことが就職成功のコツというわけです。

キャリアアドバイザーと面談

今は、社会人経験がないフリーターや既卒者を専門的にサポートしてくれるサービスが充実しているので、どんどん活用しましょう。

就職支援サービスを徹底的に使い倒すことで、就職の可能性はグッと高まりますよ。

社会人経験なしの就活におすすめできる就職支援サービス

では最後に、相談しやすくサポートが丁寧な「社会人経験がないフリーターや既卒者専門の就職支援サービス」をお伝えしておきます。

参考に登録してみてください。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事