既卒フリーター就活のコツ

就職成功3つのコツ【正社員経験なし・就活をしたことがないフリーター既卒向け】

就職成功3つのコツ【正社員経験なし・就活をしたことがないフリーター既卒向け】

フリーターをやめて就活したいけど、
「正社員経験なし」だから不安。。。

就活したことがないから、就職の仕方がわからない。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

正社員経験がないと、就活が不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも、フリーターから就職をした経験があるので不安な気持ちはよくわかります。

 

そんなときに大切なのは、「就活のコツ」を知って就職活動に臨むこと。そうすれば、フリーターや既卒の就活をグッと楽に進めることができます。

この記事では、正社員経験なしで就活するときに知っておきたい3つのコツをお話ししていきます。

  1. 「正社員経験なし」を必要以上にマイナスに捉えない
  2. フリーター歴をしっかりフォローする
  3. 企業のニーズを知って就活に活かす
ダイスケ

どれも難しいことはないので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

フリーターや既卒「正社員経験なし」でも就職できる

就活のコツをお話しする前に、知っておいてほしいことがひとつあります。

それは、「正社員経験なしでも就職チャンスはたくさんある」ということです。

 

正社員経験がないと、

フリーターから就職なんて難しいかも
既卒だと良い就職先なんてない

こんなふうに思ってしまう方が多いかもしれませんが、諦めずに就活を続ければ正社員になることはできます。

 

実際、厚生労働省が発表している「若者雇用関連データ」によれば、

  • フリーター期間が半年で7割以上
  • フリーター期間3年以上でも5割以上

が正社員就職していることがわかっています。

フリーターから正社員への転職状況(男女)

  • 6ヶ月以内 72.5%
  • 7ヶ月から1年 61,7%
  • 1年から2年 60.0%
  • 2年から3年 62.1%
  • 3年超 57.0%

参照データ:「若者雇用関連データ」厚生労働省より一部抜粋

 

もちろん、正社員の中途採用は、経験者を優先的に採用するケースが多いですし、新卒に比べれば就職率は下がります。

ですが、近年は人手不足や新卒を獲得できない企業が多い影響で、

  • 未経験者
  • 第二新卒
  • フリーター・既卒者

の需要は増加傾向にあります。

つまり、正社員経験がない就活者の就職チャンスは増えています。

ダイスケ

「一歩踏み出せば就職チャンスはある」と考えて、前向きに就活に臨みましょう。

必ず知っておきたい!正社員経験なしの就活を成功させる3つのコツ

ではここからは、「正社員経験なしで就活するときに知っておきたい3つのコツ」をお伝えしていきます。

正社員経験なしで転職するときにプラスになる3つのこと

就活をしたことがないのに、いきなり「あれもこれも」と思うとうまくいきません。

履歴書の書き方がわからないし、そもそも職務経歴書なんて書けない…
面接はどう受けたらいいの!?

このように、不安や焦りが増してしまいます。

 

ですので、まずは最低限必要なコツを押さえて、とにかく一歩踏み出すことが大切です。

就活も自転車と同じで、最初のひとこぎはたくさん力を使います。でも、一歩踏み出しさえすれば、自然と前に進んでいけます。

次の3つを押さえて、就活の一歩を踏み出してみてくださいね。

  1. 「正社員経験なし」を必要以上にマイナスに捉えない
  2. フリーター歴をしっかりフォローする
  3. 企業のニーズを知って就活に活かす

「正社員経験なし」を必要以上にマイナスに捉えない

正社員経験がないと、それがコンプレックスになり就活が不安になりますよね。

ぼくもフリーターから就職したとき、正社員として働いたことがない自分を恥ずかしく思い、

  • 「どうやって「正社員経験なし」を説明したらいい!?」
  • 「この際、経験不問の仕事ならなんでもいいかな」
  • 「書類に嘘の経歴を書くのはマズイよな…」

このように悩みました。

就活が不安になる画像

しかし、自分の過去をマイナスに捉えれば捉えるほど、自分の良い面をアピールできなくなってしまうので、必要以上に正社員経験が無いことをマイナスに考えるのはやめましょう。

 

でも、実際「正社員経験なし」はマイナス評価につながるよね!?

と思うかもしれませんが、そもそも正社員経験がないフリーターや既卒者を採用する企業は、応募者が

  • 正社員経験がないこと
  • スキルや経験が不足していること

を見越した上で採用活動をしています。

つまり、正社員経験がないことを隠したり、気にしすぎる必要はありません。(もちろん、きちんとフォローすることは大切です。)

 

マイナスばかりに気を取られていると就活が前に進まないので、

  • フリーターとしてどんな経験を積んだか
  • 今後はどうしていきたいか
  • 入社したい会社で役に立ちそうなスキルはないか

など、出来る限り「自分のプラス面」に目を向けるようにしましょう。

そうすれば、採用担当者や面接官に良い印象を与えることができるはずです。

就活は「正社員経験なし」をフォローして好印象を与える

2つ目のコツは、正社員経験なしの経歴をしっかりフォローするということです。

正社員経験なしの経歴をしっかりフォローするイメージ画像

「正社員経験なし」を必要以上に気にする必要はないとお話ししましたが、現実的な対策として、それをフォローする必要はあります。

就活では必ず、面接官や採用担当者から、

  • 「どうしてフリーターになったのですか?
  • 「なぜ、正社員になろうと思いました?」
  • 「正社員経験がないですが、大丈夫ですか?」

このような質問を受けるので、これらに対するフォローを準備しておくことが、就活を成功させるコツと言えます。

 

具体的にどうフォローしたら良いかというと、以下の3つのポイントを意識して解答を準備するのがおすすめです。

  1. 就職しなかった反省・後悔などを素直に示す
  2. フリーター・既卒になって得たこと・感じたことを伝える
  3. 就職したらどうしていきたいかを語る

1から3の流れで話を組み立てるのがポイントです。

例えば、

面接官

どうしてフリーターになったのですか?

という質問に対しては、

  1. フリーターになった経緯を素直に話し、反省点を述べる
  2. フリーター生活で得たこと・感じたことを伝える
  3. 就職したらどうしたいか・どんな目標があるかを語る

このような流れで解答をします。

こうすることで、マイナスの質問をプラスの印象で終えることができるので、「正社員経験がないこと」をきちんとフォローできます。

 

採用担当者や面接官が気になるのは、

  • 「本当に正社員としてやっていけるか」
  • 「長続きするだろうか」
  • 「真面目に仕事をしてくれるのか」

といったことなので、あれこれ理由をならべて言い訳をするより、反省点を述べ、正社員として働きたい強い気持ちを示すことが大切。そのほうが、好印象を与えられるはずです。

 

ぼくの経験からも言えますが、

  • 反省を示す
  • フリーター生活で何を得たか・感じたかを話す
  • 仕事への真剣さと正社員へのこだわりを伝える

この3つを軸にフォローすることが、正社員経験なしの就活を成功させる秘けつです。

正社員経験がない就活を成功させるには「企業のニーズ」を意識する

最後3つ目のコツは、企業のニーズ(求めるもの)を考えた上で就活を進めるということです。

企業のニーズに沿った求人探し・転職活動をする

「企業のニーズ」というのは、企業が求める「採用したい人材の理想像」と言えます。

例えば、

  • 年齢は◯◯歳くらい
  • こんな経験を積んだ人材
  • ◯◯のスキルがあれば尚良い
  • こんな人物像

このような感じですね。求人を募集するポジションに合った人材が求められるというわけです。

 

つまり、いくらハイスペックな人材でも、その企業のニーズと合致しないと採用される可能性は低くなり、逆に企業のニーズに合っていれば、正社員経験なしでも就職チャンスは高まります。

ですので、求人企業のニーズを把握して就活を進めることがとても大切です。

企業のニーズを把握する方法

では、どうやって求人企業のニーズを把握したら良いのでしょうか。

どうやって求人企業のニーズを把握したら良いのか画像

まずは、正社員経験なしの就活者を対象とした求人にフォーカスすることが大切です。

「未経験者OK」「フリーター歓迎」「経験不問」といった求人を中心に情報収集しましょう。

  • 営業職
  • エンジニア職
  • サービス職
  • 介護職
  • 事務職

などは、未経験でも挑戦しやすい代表的な職種・業界といえるので、目を向けてみるのはおすすめです。

 

そして、企業のニーズを深く知るには、ひとりで就活を進めずに「エージェント系」の就活サービスを活用することも大切です。

エージェント系の就活サービスというのは、「キャリアアドバイザー」と呼ばれる担当者が無料で、

  • 希望や経験に合った求人紹介
  • 応募企業の詳細な情報提供
  • 面接や書類のアドバイス
  • 就職の不安や悩み相談

などをサポートしてくれるサービスのことです。

キャリアアドバイザーと面談

求人企業ごとに「どんな人材を求めているのか」を教えてくれるので、企業のニーズを把握したうえで就活を進めることができるというわけです。

 

キャリアアドバイザーに相談しておけば、「面接のコツ」「就活マナー」「企業とのやりとり」などもサポートしてもらえるので、非常に役立ちます。

ぼくの場合、

  • 書類落ちがグッと減った
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 内定までモチベーションを保てた

などのプラスがありました。

 

正社員経験なしの就活は、冒頭でもお話ししたように不安だらけです。たったひとりで「企業のニーズ」を調べ上げるのも限界があります。

ですので、エージェント系サービスを賢く活用することをおすすめします。

フリーターや既卒の就活を専門にしているサービスを活用する

ただし、エージェント系サービスを活用するなら「フリーターや既卒の就活を専門にしているサービス」を活用するようにしてください。

有名なサービスとしては、

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

などがありますが、こうした総合型エージェントは、職歴のある転職者を対象としていることが多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですので、フリーターや既卒者に特化したサービスを選んで活用するようにしてくださいね。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事