既卒フリーター就活のコツ

正社員になりたくない!働きたくない!と思っていたぼくが就職した話。

正社員になりたくない!働きたくない!と思っていたぼくが就職した話。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「正社員になりたくない…」もしもこう思っているなら、正社員の悪いところにばかり見ているのかもしれません。

今回は、
どうしてぼくが「正社員になりたくない⇒正社員として就職」と心変わりしたか
をお話ししますね。

自由がないしブラックも社畜も嫌。正社員になりたくない!

  • 正社員は自由がきかないから嫌
  • 残業に休日出勤…社畜になりたくない
  • ブラックにあたったらと思うと怖い
  • 厳しい上司とか先輩がいたら無理…

こんなふうに、正社員になりたくない!正社員で働きたくない!と思っていませんか?

正社員よりもフリーター、もしくは派遣でいいや…と考える人は、多くなっていると言います。

 

実はぼくも、上記に挙げたような理由で就活を真剣にやらなかったので、大学卒業後はフリーターをしていました。

「フリーターのほうが自由だし、気楽なはず」という考えだったのですが、、、結局は2年半フリーター生活をしたあとに正社員就職をしました。

 

どうしてかというと、正社員になったほうがいろんな意味でプラスだということが分かったからです。

 

「自由がなくなる」「残業、休日出勤で社畜化する」「ブラックばかり」という正社員のイメージも、単なる想像にすぎなかったこともわかりました。

もちろん、「正社員最高!」「何の悩みもない!」というわけじゃないのですが、就職する前から正社員の選択肢を捨ててしまうのはもったいないことだと思うんです。

 

というわけで、ここからは、

  • どうして正社員になったほうが良いと思ったか
  • 正社員になりたくない人が知っておきたいこと

をお話ししていきます。

正社員になりたくない!とフリーターの道を選んで後悔した3つのこと

正社員になりたくない!とフリーターの道を選んで後悔した3つのこと

先にお話ししたように、ぼくが正社員になりたくないと思った理由は、簡単に言えば

  • 自由がきかない
  • 残業や休日出勤が嫌
  • ブラック企業や厳しい上司、先輩が怖い

この3つをイメージしていたからでした。

フリーターのほうが自由で気ままに暮らせると思っていたというわけです。

 

でも、実際にフリーターになってみると、そこまで自由でもなければ、気ままに暮らせなかったんですね…

フリーターでも結局忙しい。経済的に苦しいので自由もなかった。

正社員に比べると仕事の責任や量が少ないのはたしかですが、フリーターは時給で働くことになるので、休んでばかりいたら金銭的に苦しくなります。

 

ぼくの場合、東京で一人暮らしをしていたこともあって、給料の大半が家賃や生活費に消えてしまっていたので、自由に遊び回ることはできませんでした。

 

さらに、年金や保険などの支払いもかなりの負担で、バイトを入れられるだけ入れていたので自由とは程遠かったような気がします。

「職業:アルバイト」フリーターの肩書がつらい。肩身が狭い思いをする。

「職業:アルバイト」フリーターの肩書がつらい。肩身が狭い思いをする。

学生のころは、知り合いや親族に「今、なにやってるの?」と聞かれても、「大学生です。」「専門学校通ってます。」と答えられますよね。

でも、フリーターになると、堂々と「アルバイトしてます!」とは答えにくいものなんです。

 

体裁を気にしなければ良いだけの話かもしれませんが、個人的にはかなり肩身がせまかったです。

 

また、当時付き合っていた彼女に「彼氏がフリーターっていうのは、友達には言内緒にしてる…」と言われたのはショックでしたね。(その彼女とは結局別れることになりました…)

このままずっとフリーターを続けていくことに不安を感じた。

このままずっとフリーターを続けていくことに不安を感じた。

フリーターになって最初の半年くらいは、ある程度フリーター生活に満足していたのですが、1年経つころから将来に対して漠然と不安を感じはじめました。

  • バイトの仕事は同じ事の繰り返し
  • 周りの友人が就職してしまった
  • 経済的に苦しい

こんな状態になってしまったことが、不安感につながったと思います。

 

そこで思ったのが、「正社員になって働いたほうが逆に幸せなのかも?」ということです。

「自由でもないし気ままでもない、むしろ苦しい…」正社員になりたくないと思っていた自分の気持ちが、180度変わりました。

正社員になりたくない・働きたくない人が知っておきたい3つの不安

正社員になりたくない・働きたくない人が知っておきたい3つの不安

さてここまで、ぼくがどうして正社員になったほうが良いと思ったかをお話ししてきました。

その経験を振り返ってみると、「正社員になりたくないならこれだけは知っておいたほうが良い」ということがあるんです。

  • フリーターは収入面の不安が年々大きくなる
  • 仕事のやりがいの面で正社員にはかなわない
  • 社会的な信用を得にくいのでマイナスになりがち

もう少し詳しくお話ししていきますね。

フリーターと正社員との収入の差は3倍から4倍

フリーターと正社員との収入の差は3倍から4倍

20代前半〜25歳くらいまではあまり気にならないかもしれませんが、フリーターと正社員では、生涯賃金(人が一生に稼ぐお金の額)が3倍から4倍も違うと言われています。

統計によれば正社員の生涯賃金が2~3億円程度、フリーターでは5~8千万円程度という試算が出ており、実に3~4倍もの格差が生じる可能性があると言われています。

参照データ:「フリーターの就活」Jaicより一部抜粋

また、フリーターは大幅な給料アップは望めないことが多いです。

そのため、「年齢が高くなる=お金が必要になってくる(結婚や出産、親の介護、老後など)」という流れに対応できにくいです。

フリーターは”やりがいのある仕事”は任せてもらえないことが多い!

フリーターは正社員よりも責任や仕事量が少ない、というメリットがある一方で、単純作業やルーチンワークなど誰でもできる仕事しか任せてもらえないというデメリットがあります。

 

「仕事は適当にやれればそれでいい」と思っていても、同じような仕事を繰り返していたり、成長できない環境にいると、「やりがいがないな…」と不満を感じるもの。

将来的に目指すものが見えないというのは、結構精神的にしんどいものです。

社会的に信用が低いのでクレカが作れなかったりローンが組めなかったりする

社会的に信用が低いのでクレカが作れなかったりローンが組めなかったりする
  • クレジットカードを作りたい
  • ローンを組みたい
  • アパートやマンションを借りたい

こういう場合、社会的に信用が低いフリーターは審査が通りにくいことがあります。

今はクレジットカードがないと本当に不便ですし、なにか大きな買い物をするときにローンを組めないのも痛いです。

正社員になりたくない人の多くは「やりがいことがわからない」!?

正社員になりたくない人の多くは「やりがいことがわからない」!?

というわけで、

  • どうして正社員になったほうが良いと思ったか
  • 正社員になりたくない人が知っておきたいこと

をお話ししてきました。

「正社員になりたくないなんて考え直したほうがいい!」と言うわけではないですが、ぼくみたいにフリーターになって後悔する、という人は絶対にいると思うので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

最後にもうひとつお伝えしたいのが、「正社員になりたくない」と考えている人の多くは、

  • そもそもやりたいことがわからない
  • 興味のある仕事がない

というケースが多いのでは?ということです。

 

こういう場合は、やりたいことが分かったり仕事に興味が沸けば、正社員へのモチベーションも高まるはずなので、一度就職支援サービスのキャリアアドバイザーに話を聞いてみるのがおすすめです。

 

どうしてかというと、ぼくも就活をはじめたときは、やりたい仕事がよくわからなかったのですが、キャリアアドバイザーにいろいろな仕事を見せてもらう中で、「これ、おもしろそうだな」と思う仕事を見つけたからです。

 

正社員になりたくない理由は人それぞれだとは思いますが、結局は「これをやってみたい!」と思える仕事を見つかれば、自然に目標に向かって動くのが人間です。

「なんにもやりたいことないんだよね。」という人こそ、相談する価値があるんじゃないかなと思うので、ぜひトライしてみてください。

 

ちなみに、ぼくが相談した就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。既卒者やフリーターの就活を専門にしています。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

専門だけあって、やりたいことがわからない、どんな仕事が向いているか検討がつかない、という初歩的なところからアドバイスをもらえました。

就職支援サービスというと、堅苦しいイメージがあると思いますが、全然そんなことがなくフレンドリーな雰囲気でおすすめです。

もちろん、しっかり仕事も紹介してもらえるので、とても使えるサービスですよ。(ただし関東1都3県限定のサービス。東京・神奈川・千葉・埼玉がサポート対象です。)

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする