ニート就活のコツ

バイト経験なしの無職やニートから就職するコツ【仕事選びから挫折しない方法まで】

バイト経験なしの無職やニートから就職するコツ【仕事選びから挫折しない方法まで】

就職したいけど、
バイト経験なしはマズい?

ニートや無職が
正社員を目指すのは
ハードル高すぎ?

このように悩んでいませんか?

「バイト経験なしで就職するのは無理ゲーかも?」と思いますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職する前はニートだった時期があるので、不安はよくわかります。。。

 

でも、本気で就職を考えているなら、今すぐに就活をトライしてみるべきです。

なぜなら、バイト経験なしのニートや無職でも意外と就職チャンスはあるからです。

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとにして、ニートから就職するコツをまとめてみました。

  • 仕事選びのコツ
  • 面接のコツ
  • 挫折しないコツ

以上3つのコツをわかりやすくお話ししていくので、参考にしてみてくださいね!

バイト経験なしでも就活をトライしたほうがいい理由【ニートや無職の就職チャンスは広がっている】

もしかしたら、ここまでの話を聞いて、

バイト経験なしのニートも
就職チャンスがあるって本当かな。。。

と思った人もいるかもしれません。

なので、コツをお話しする前に

  • 「今すぐに就活をトライしたほうがいい理由」
  • 「就職チャンスがある理由」

についてサクッとお伝えしますね。

 

まず、どうして今すぐ就活をトライしたほうがいいかというと、未経験の就職は若いほうが有利になりやすいからです。

バイト経験なしのニートや無職の人は、当然「未経験」で採用されますよね。

未経験者を採用する企業は、

  • ポテンシャル(将来性)
  • バイタリティ
  • 人柄(素直さなど)

これらを重視します。

つまり、将来性が高く、バイタリティに溢れ、まだ考えが柔軟な「年齢が若い人」を採用する傾向にあります。

ですので、就職を考えているなら「今すぐ(少しでも年齢が若いうち)に就活をトライしたほうがいい」というわけなんです。

 

そして、バイト経験なしのニートや無職にも就職チャンスがある理由は以下の2つです。

  • 人手不足が深刻化している
  • 新卒人気で既卒や第二新卒需要が高まっている

実はここ数年、中小企業の人手不足が深刻化していることをご存知でしょうか。

日本商工会議所が調べたデータを見ても、50%を超える企業が人手不足を抱えていることがわかっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手が足りないと、当然求人は増えますし、採用の難易度も低くなります。

結果的に就職チャンスは増えるというわけです。

また、現在は新卒の人気が高いため、企業側がなかなか新卒を獲得できない状況が生まれています。

そうした企業は、既卒者や第二新卒者を狙って採用活動をしています。

つまり、こうした流れを見ても、未経験者の就職チャンスは増加傾向にあると言えます。

 

もちろん、だからと言ってバイト経験なしのニートや無職の就活が、楽勝だ、簡単にできるというわけではありません。

しかし、以前と比べると就職が成功しやすい環境が整っているのは確かです。

ダイスケ

本気で就職を考えているなら、まずは就活をトライしてみましょう。

失敗しない仕事選びのコツ【バイト経験なしのニートや無職でも就職しやすい求人】

では、仕事選びのコツからお話ししていきますね。

バイト経験がないと、仕事選びからして難しいですよね。

 

やりたい仕事が決まっているなら、まずはその職種や業界にアプローチしてみるべきです。

でも、ニートや無職から就職する場合、仕事を選びすぎたりこだわりが強すぎると「いつまで経っても内定が出ない」という結果になりかねません。

 

ですので、まずは就職しやすい仕事に目をつけて、その中から興味が持てる求人、チャレンジしてみたいと思えた求人にトライするのがおすすめです。

具体的にどんな仕事がバイト経験なしでも就職しやすいかというと、以下の2つですね。

  • 未経験の受け入れが多い職種
  • 人手不足の割合が多い業界

未経験の受け入れが多い職種に注目する

世の中には、そもそも未経験者の受け入れが多い職種とそうではない職種が存在します。

いくらその仕事がやりたいと思っても、そもそも未経験をほとんど採らない職種だったら、就活のハードルは恐ろしく上がってしまいます。

とくにバイト経験がないとさらに難しくなるわけです。

 

なので、まずは未経験の受け入れが多い職種に目をつけて仕事を探しをしてみましょう。

以下のデータは、転職サイトのマイナビが調べた「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種のランキングです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者の受け入れが多い職種は、就職しやすいだけでなく

  • 未経験で入る同期が多い
  • 研修などが充実している

このような傾向もあるので、バイト経験なしでも溶け込みやすいと言えますね。

人手不足の割合が多い業界に注目する

もうひとつは、人手不足の割合が多い業界です。

フリーターから正社員になりやすい方法を選択する

人手不足が深刻なほど、求人は増えますし採用の難易度も下がります。

また、給料を高く設定している業界も存在します。

以下の日本商工会議所が調査した「業界別の人手不足の割合」のデータを参考にしてみてください。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

もしかすると、介護や運送、サービスなどはあまり良いイメージがない(ブラックなど)かもしれませんが、全てがしんどい職場というわけではありません。

しっかり下調べをして、自分に合う職場かを見極めることも大切です。

ダイスケ

このあたりは、最後にお話しするキャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

ニートや無職から就職するなら気をつけたい面接のコツ【バイト経験なしをどう乗り切るかがポイント】

きっと、

ニートだし
そのうえバイト経験もないし、
就活の面接が不安すぎる。。。

このような不安を感じている人は多いはずです。

ぼくも面接をどう乗り切るか随分悩みました。

 

結論を言うと、あらかじめ「マイナスのポイントをきちんとフォローできるように準備しておくこと」が大切です。

就活の面接で質問される内容はだいたい決まっています。

そのなかで不安なのは、

「どうしてブランクがあるのか?」

「バイト経験はないのか?」

「就職しなかったのはなぜか?」

このような自分のマイナスポイントに対する質問ではないでしょうか?

つまり、マイナスポイントをきちんとフォローできるように準備しておけば、面接の不安の多くは解消できるわけです。

 

そこでおすすめしたいのは、次の3つのポイントを心がけることです。

  1. 質問を受け止める・事実を話す
  2. 反省点や学びを話す
  3. 今後の展望を伝える

例えば、

面接官

どうしてブランクがあるんですか?
バイト経験はないのですか?

このような質問を受けた場合は、以下のように回答します。

バイトをしようと思ったが、
どんな仕事をしたらいいか決められず
ブランクが長引いてしまった。

ブランクができたことは反省している

しかし、自分と向き合う時間をもてたことで
本当にやりたいと思える仕事が見つかった

就職できたら1日もはやく仕事を覚えて、
職場になくてはならない存在に成長したい

質問に対して「はいそうです」「◯◯です」と答えるのではなく、学んだことや今後の展望を併せて伝えるのがポイントです。

面接官や採用担当者としては、バイト経験がない未経験者を採用する場合

  • 将来性
  • 過去やミスから学べる人か
  • 人柄・人物像

をチェックしています。

ですので、学びや今後の展望をしっかり伝えてください。

バイト経験がなくても、日々生活していれば「反省すること」「学ぶこと」はありますよね。

これから自分はどうしていきたいか(将来性)を伝えることはできるはずです。

実は1番大切!ニートや無職からの就活を挫折しないコツ【バイト経験なしの就活を乗り切る】

最後にお話ししたいのは、就活を挫折しないコツです。

いくら28歳のフリーターでもブラック企業の餌食にはならないように!の画像

実は、バイト経験なしのニートや無職から就職するときにもっとも大切なのは、挫折しない環境をつくっておくことです。

最初にお伝えしたように、就職のチャンスはあります。

でも、バイト経験がないニートや無職の就活は、新卒の就活に比べれば大変ですし、不安も大きいですよね。

例えば、

  • 企業とのやりとりが不安
  • 面接や書類対策が不安
  • 就活マナーがわからない

そもそもなにから手を付けていいかわからない人もいると思います。

せっかく就活をはじめても挫折する人は多いんですね。

 

ですので、就活を本気で成功させたいなら、ひとりで就活を進めないことが大切です。

ハローワークやサポステ、就職エージェントなどのサービスを活用して、

  • キャリアアドバイザー
  • キャリアカウンセラー

などに相談しておくのが安心です。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業とつながりが強いので、

  • 希望に合う仕事を紹介してもらいやすい
  • どんなアピールが有効かアドバイスしてもらえる
  • 情報収集の精度が高い

このようなメリットがありおすすめです。

キャリアアドバイザーと面談

無職やニートから就活をするとブラック企業の餌食になりやすいというリスクもありますが、就職エージェントのキャリアアドバイザーは、紹介する企業を訪問するなどして情報を集めています。

そのため、

  • どんな雰囲気の職場か
  • 上司はどんな人か
  • 細かな仕事内容

など、普通は知り得ない情報を教えてくれたりもします。

これはそのままブラック企業対策にもなりますよね。

 

もちろん、就活に人の手は借りたくないという人にはおすすめできませんが、就職エージェントを活用したほうが就職チャンスも上がります。

ダイスケ

まずは2〜3社会員登録して、自分に合うエージェントを見つけることからはじめましょう。

ニートや無職の就職をしっかりサポートしてくれる就職エージェントを選ぶ

ただしひとつだけ気をつけてほしいのは、ニートや無職の就職をしっかりサポートしてくれる就職エージェントを選ぶということです。

有名どころのリクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaといった転職エージェントは、基本的に職歴がある転職者を想定したサービスです。

そのため、ニートや無職、フリーターはサポートを受けられない場合も多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですので、未経験の就職に特化した就職エージェントに登録するのが安心です。

そのほうがバイト経験なしで就職する不安を相談しやすいですよ。

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事