ニート就活のコツ

34歳のニートは本当に就職できない?【職歴なしの無職から正社員を勝ち取るコツ】

34歳のニートは本当に就職できない?【職歴なしの無職から正社員を勝ち取るコツ】

34歳でニートはやばいかも。。。
でも、いまさら就職できるのかな?

ニートのわたしが正社員になれる?
34歳の無職を抜け出したい

こんなふうに悩んでいませんか?

そろそろ就職したい、働かないとまずい、と思っても「34歳で正社員は無理だ」と悩むのではないでしょうか。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも就職する前はフリーター、ニート生活をしていたので、気持ちはよくわかります。就活なんて無理ゲーだと思いますよね。。。

 

でも、34歳なら就職チャンスはあります。ただし、ギリギリのラインなのは間違いありません。

しっかりコツを押さえて就活を進めることが大切です。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「34歳のニートから就職を目指すコツ」をお話ししていきます。

  • 短期決戦でスピーディーな就活を心がける
  • 企業の気持ちを考える
  • 弱みを前向きな受け答えでカバーする
  • 就活をひとりで進めない
ダイスケ

「今」が頑張りどころなので、ぜひ参考にしてくださいね。

34歳のニートにも就職チャンスがある理由【人手不足と35歳の分岐点がカギ】

「就職を目指すコツ」の前に、34歳のニートにも就職チャンスがある理由をお話ししますね。

それはズバリ、

  • 人手不足で未経験者の採用が増えている
  • 転職の分岐点は35歳だから

このような理由があるからです。

 

ご存知のかたも多いと思いますが、現在は人手不足の企業が多いと言われています。

実際、日本商工会議所が人手不足の割合を調べたデータを見ても、なんと50%以上の中小企業が人手不足と回答しているんです。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

企業にとって人手不足は大きな痛手ですが、求職者側は、

  • 求人が増える
  • 採用の難易度が下がる
  • 未経験者にもチャンスが広がる

このように就職のチャンスが増えます。

つまり、未経験の30代でも就職しやすい環境が生まれているわけです。

また、昔から「35歳になると求人が著しく減って転職が厳しくなる」と言われているため(35歳転職限界説と呼ばれています)、34歳はギリギリセーフの年齢と言えます。

 

もちろん、職種や業界によっては就職が厳しいケースもありますし、20代に比べると就職チャンスが減っているのは事実です。

でも、頑張って就活をすればやり直しが可能ですし、未経験でも就職しやすい環境ができているのも確かです。

ダイスケ

就職を考えているなら、「今こそがんばりどころ」と思って一歩踏み出しましょう。

短期決戦でスピーディーな就活を心がける【34歳の今こそニート脱出のタイミング】

では、34歳のニートから就職を目指すコツをお話ししていきます。

まずは、短期決戦でスピーディーな就活を目指すことです。

専門学校を辞めた理由を明確にして今後の展望を伝える

先にお話ししたように、35歳になると就職はさらに難しくなります。

書類落ちが多くなり、面接の舞台にすら立てなくなるかもしれません。

たった1歳の差ですが、34歳と35歳では企業に与えるイメージが変わってしまいます。

 

また、ニートや無職からの就活はダラダラやると挫折する確率が高くなります。

せっかく就職しようと決心したのに、34歳で挫折してしまったら、、、リカバリーが難しいのは容易に想像できますよね。

 

なので、短期決戦を目標にスピーディーな就活を目指しましょう。

1ヶ月から3ヶ月を目安に集中して取り組むと良いですね。

自分なりに期限を決めて就活に臨む

また、ぼくの経験上おすすめしたいのは、自分なりに期限を決めて就活を進めることです。

例えば、「2ヶ月後のこの日までに就職をする」と決めてしまいます。

そうすることで、目標に向かってがんばる気持ちが芽生えますし、スケジュールも立てやすくなります。

 

もちろん、予定通りに就活が進まないこともありますが、なにも目安がない状態だと就活はズルズル先延ばしになりがちです。

ダイスケ

34歳のうちに就職を決められるように、自分なりの期限を設定してみてください。

企業の気持ちを考えて就活を進める【34歳のニートは何を期待されているのか】

2つ目のコツは、「34歳のニートは何を期待されているか」を考えて就活を進めることです。

フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

34歳の無職やニートから就職する場合、

  • 自分にはアピールできることがない
  • 資格もないしどうしよう
  • 自分には強みがない

このように「自分がアピールできること」を考えて、悩む人は多いはずです。

自己分析は大切ですし、自分アピールにフォーカスするのは間違いではありません。

 

ですが、34歳のニートから就職を叶えるには、企業は何を求めているのかを考えた上で逆算してアピールを組み立てることが大切です。

 

例えば、はじめて会う知人を食事に連れていく場合、「自分は中華が好きだから中華レストランにしましょう」「お酒が大好きだから居酒屋にします」と一方的に決めてしまったら失礼ですよね。

もしかしたら、食事なんて行くんじゃなかったと思われるかもしれません。

相手に好印象を与えるためにも、どんな食が好みか、お酒は飲めるのか、タバコは吸うのか、などを考慮したうえでお店を決めるはずです。

 

就活も同じで、企業側が何を求めているかを知った上でアピールを組み立てることが好印象につながるわけです。

企業が34歳の求職者に期待していること

では、企業は34歳のニートや無職の求職者に何を求めているのでしょうか。

 

未経験者を採用する企業のニーズは以下の3つのポイントです。

  • やる気や熱意
  • 人柄(育てやすさ)
  • 将来性

実は、未経験者を採用する企業の多くはそもそもスキルや経験を求めていません。

やる気や人柄などの人間的な部分や将来性に期待をしています。

 

実際、経験が浅い第二新卒の採用で重視するポイントを調べたデータを見ても、似たような結果が出ています。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5
引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

 

年齢的に34歳は「経験やスキルをアピールしなくては」と思ってしまいますが、背伸びをするよりも、

  • 自分はこれだけ熱意をもっている
  • 就職したらこんなふうにがんばりたい
  • 自分はこんな人間だ

このようなアピールを伝えることが大切です。

ダイスケ

「34歳の自分はなにを求められるか」を考えて就活を進めましょう。

弱みを前向きな受け答えでカバーする【34歳で無職・ニートのマイナス】

当然就活では、34歳で無職ということやニート歴があることはマイナスに働きます。

きっと、

面接でニート歴について質問されたら、
どう答えたらいいんだろう。。。

このように不安を感じている人も多いはずです。

 

そこでおすすめしたいのは、弱みは前向きな受け答えでカバーできるように準備をすることです。

具体的には、弱み(ニート歴や無職だということ)について質問を受けたら、以下の流れを意識して回答をします。

  1. 弱みを受け止める・正直に話す
  2. 過去から何を得たか・学んだことを話す
  3. 就職後はどうしたいかを伝える

 

これだけではイメージが湧かないと思うので、例を出しますね。

たとえば面接官に、

面接官

どうして34歳まで就職しなかったのですか?

と質問を受けた場合は、

(正直に話す)
やりたいことが見つからないまま時間が過ぎてしまった。この歳になるまで就職しなかったことは後悔している。

(得たこと・学んだことを話す)
しかし、自分と向き合う時間をもてたことで、本当にやりたい仕事を見つけることができた。

(就職後の展望を話す)
就職できたら、遅れを取り戻すために積極的にスキルを磨いて会社に貢献したい。

このように、まずは「受け止め」、「反省」や「学んだこと」と伝え「今後の展望」で締めくくります。

そうすることで、弱みを前向きな回答で終えることができます。

 

未経験者を採用する企業の面接官や採用担当者は、弱みに対する質問をすることで、

  • 就職に対して真剣か
  • 過去から学べる人か
  • 素直な人柄か(一緒に働きやすいか)

などを探っています。

弱みを質問されるのは不安だと思いますが、逆に好印象を与えるチャンスと思って、事前に対策をしておくと安心です。

ダイスケ

無職やニートの弱みはプラスに変えましょう。

就活をひとりで進めない【34歳のニートから就職を目指すなら賢く頼る】

最後のコツは、就活をひとりで進めない」ということです。

最初にお話ししたように、34歳のニートから正社員を目指すには「スピーディーな就活」が欠かせません。

ですが、

「どんな仕事を選んだらいいか」

「企業とどうやってコンタクトを取ったらいいのか」

「面接で好印象を与えるにはどうしたらいいか」

このようにわからないことだらけですよね。そもそも何からはじめるべきか迷う人もいるはずです。

ひとりで悩んでいたら、就活を挫折する可能性も高くなってしまいます。

 

なので、ひとりで就職をがんばろうと思わずに、就活サービスを賢く頼ることが就活成功のカギになります。

例えば、

  • ハローワーク(わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などの就職サービスに相談すれば、無料でキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーと呼ばれる就職のプロがサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強いので、仕事を紹介してもらいやすいですし、職場の内情も詳しく教えてもらえます。

例えば、職場の雰囲気だったり、上司の人柄、面接で好印象を与えるコツなど、ですね。

 

就活をスピーディーに進めるには、エージェントのサポートは必須と言えるので、まずは会員登録をしてつながりを作っておきましょう。

34歳のニートの就活をサポートしてくれる就職エージェント

もしかしたら、

34歳のニートを
サポートしてくれるエージェントなんてあるわけ?

このような不安を感じている人もいるかもしれません。

 

たしかに、リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントといった総合転職系のエージェントは、職歴のある転職者を対象としているのであまりおすすめはできません。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですが、最近はニートの就活を専門にしているエージェントが増えています。

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事