ニート就活の悩み

「これ以上ニート生活はやばいかも!?」と思ったときこそ就職チャンスがある

「これ以上ニート生活はやばいかも!?」と思ったときこそ就職チャンスがあるの画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「ニートを続けるのはやばいかも」と悩んでいませんか?

実は、やばいと思ったときこそチャンスかもしれないんです。詳しくお話ししますね。

心の底からニート生活はやばいと思ったときこそチャンス

もうこれ以上ニートを続けるのはやばいかも、、、

将来のこととか不安

好きでニート生活をしてるわけじゃないけど、

さすがにやばい気がする

こんなふうに悩んでいませんか?

ニート歴が長くなると「このままじゃやばいかも」と不安になりますよね。

 

ぼくも一時期ニート生活をしていたので、そんな悶々とした気持ちはよくわかります。「なんとかしなきゃ」と焦りますよね、、、

でも実は、心の底からニート生活がやばい!と思ったときこそ、

一歩前に進むチャンスなんです。

 

どうしてチャンスなのか、知りたくありませんか?

ここからは、

  • どうしてやばいと思ったらチャンスなのか
  • ニートがやばい3つの理由
  • 就職するために今すぐやっておきたいこと

これら3つをお話ししていきます。

心のどこかで、「就職して働きたい」と思っているなら参考にしてもらえたら嬉しいです。

どうして「ニート生活がやばい」と思ったときがチャンス?

冒頭の話を聞いて、

ニートはやばいと思ったときがチャンスってどういうこと!?

こんなふうに思った人は多いかもしれません。

まずは、どうしてチャンスかをお話ししますね。

 

それはズバリ、やばいという強い焦りや不安を感じたときこそ、現状を変えなくてはいけないという強い力が湧いてくるからです。

つまり、やばいという強い気持ちが原動力になって、

  • 生活を変えやすくなる
  • 就活がしやすくなる

と言えるんです。

これまでなかなかニート生活を抜け出せなかったとしても、今のあなたなら一歩前に進めるかもしれません。

実際、「なんとかしなきゃ」と思ったからこの記事を読んでいるはずです。

 

人には、ホメオスタシスと言われる、現状を維持しようとする習性があります。環境を大きく変えることを良しとしない癖みたいなものがあるんです。

ニート生活に慣れてしまったら、ニート生活を一生懸命維持しようとするんですね。

 

そんな人間の習性から抜け出すには、大きな原動力が必要です。それこそ、あなたが今感じている「やばい」という強い不安だったり焦りなんです。

なので、「ニート生活がやばい」という焦りや不安は、一歩前に進むチャンスと言えるのです。

考えておきたい!ニートがやばい3つの理由

ところであなたは、「なぜニートはやばいのか」はっきり答えられますか?

もしかしたら、

  • 「実はあまり深く考えたことがない」
  • 「なんとなくやばいことになりそう」

という人が多いのではないでしょうか。

 

ここで一度、ニートがやばい理由についてよく考えてみましょう。

なぜかと言えば、やばい理由がハッキリすれば、一歩を踏み出すモチベーションがさらに上がるからです。

ニートがやばい3つの理由を見ていきましょう。

金銭的に立ち行かなくなる

ニートがやばい1番の理由は、金銭的な問題です。

  • 貯金がたくさんあって一生お金には困らない
  • 家が資産家で生活には何の不自由もない

というなら話は別ですが、なにかしら収入源がないと確実にいつかは生活が立ち行かなくなります。

今は親の援助があったとしても、もしものことがあればひとりで生活費を稼がなくてはいけません。

 

ひとり暮らしの生活費を調べたデータによると、全国平均で月に約14万円かかることがわかっています(※税金や保険等は含んでいません)。

ですから、最低限このくらいの収入がある状態を作っておかないと、いざというときにヤバイ状態になってしまいます。

 

また、若いうちはあまり考えられないかもしれませんが、老後にリタイアしてから必要になるお金は約3000万円と言われています。

この数字はいろいろな考えかたがあるので、絶対に3000万円必要とは言えませんが、年を重ねるにつれてなにかとお金がかかるのは確かです。

金銭的な問題は大切なことなので、あとで後悔のないように一度よく考えてみてくださいね。

交友関係がなくなる

金銭的な問題の次にやばいと言えるのが交友関係です。

近年は高齢者の孤独死が社会問題になっていますが、ニートを続けていくと、どうしても周りから孤立しやすくなってしまいます。

 

ぼくもニート生活をしていたころは、

  • 友達が離れていった
  • 家族とも連絡がとりにくくなった
  • 社会との接点がなくなった

こんな感じで孤独感が半端ありませんでした。

「ひとりのほうが気が楽」という人もいるかもしれませんが、ひとりで生きていくのはやはり辛いものです。

交友関係は生きていく上でお金の次に大切なもの。おろそかにしないほうが良いですよ。

働きたくても働けなくなってしまう

ニート期間が長くなればなるほど働くことが難しくなるのも、ニートがやばい理由のひとつです。

20代のうちはまだ可能性はありますが、これが30代後半、40代と年を重ねると、

  • 働きたいけど働き口がない
  • 働く必要があるのに雇ってもらえない

という非常に厳しい状況になってしまいます。

 

ニートが就職する場合、基本的に未経験枠の求人に応募することになりますが、「未経験者歓迎」求人も、年齢があがるにつれてどんどん数は少なくなっていきます。

30代になると、その数は大幅に減少することもわかっています。

 

もちろん、働き口が全く無くなるわけではありませんが、まともな仕事がなかったり、人生のリスタートは難しくなるはずです。

なので、ニートがやばいと思ったそのときに、就活にチャレンジすることは非常に大切。チャンスを逃さないようにしましょう。

ニートがやばいと思ったら就職するために今すぐやっておきたいこと

では、「ニート生活がやばい、就職してこの状況を抜け出したい」と思ったら、具体的に何をしたら良いのでしょうか。

きっと、いきなり就職と言っても、

  • どうやって仕事を探していいかわからない
  • 履歴書とか面接とか受かる気がしない
  • そもそもニートから就職できる気がしない

と不安を感じる人が大半だと思います。なにから手を付けていいか分からずに気が遠くなる人もいるはずです。

 

そこでおすすめなのは、まずはニートの就職を専門にしている就職支援サービスにまずは登録してみることです。

 

今は、就業経験がないニートや既卒者、フリーターなどを積極的にサポートしてくれるサービスが充実しています。

とくに20代の場合、こうしたサービスを使えば、ニート生活が長くても就職出来る可能性が高くなるんです。

 

大抵の就職支援サービスは

  1. 会員登録をする
  2. 担当者から連絡がくる
  3. 可能なら直接会って仕事を紹介してもらう

という流れでサポートをしてもらいます。

「担当者と直接会うのは緊張するな」と思う人もいるかもしれませんが、サービスの担当者はニートの気持ちや実情も理解しているので怖がる必要はありません。

むしろ相談したほうが就職に対して前向きになれますよ。

おすすめできる就職支援サービス2選

ちなみに、とくにおすすめできる就職支援サービスは、「ハタラクティブ」というニートや既卒者、フリーター専門のサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートや既卒者、フリーターを専門にサポートしているので、未経験歓迎の企業をたくさん紹介してもらえます。

就活のアドバイスはもちろん、面接対策や企業とのやりとりもバッチリやってくれるので、安心して就活を進めることができます。

キャリアアドバイザーに直接会うのは緊張する、という人もいるかもしれませんが、ハタラクティブは気さくで話しやすい担当者が多いのでおすすめです。

※サポートエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉なので、対象エリアで就職するなら相談してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

「ニートだからなんでもいい」という気持ちで就職するのはNG

最後にこれだけは心に留めておいてほしいのですが、ニートがやばいからと言って、なんでもいいから就職すればOKというわけではありません。

 

せっかく就職してもすぐに辞めてしまったり続かなかれば、ニートに逆戻りしてしまいますよね。

「やっぱり自分はダメかも」と自信もなくなるかもしれません。

 

なので、最低限自分がきちんと納得する形で就職先を決めましょう。

自分の将来が懸かっているわけなので、「ニートだからなんでもいい」ではなくて、きちんと求人情報を見て、「これならがんばれそう」と思った会社へ就職するようにしてください。

そんなときも、就職支援サービスの情報は非常に役立つので、賢く活用しましょうね。

⇒ハタラクティブに相談してみる

⇒ジェイックに相談してみる

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする