ニート就活のコツ

『ニート女、20代。就職したいけど無理?』正社員になるコツまとめ

『ニート女、20代。就職したいけど無理?』正社員になるコツまとめの画像
ダイスケ

既卒専門の就職ナビゲーター、ダイスケです。

「ニートだけど就職したい…でも、女性は無理!?」
こんなふうに悩んでいませんか?

今回は、ニート女性が正社員になるコツについてお話ししますね。

ニート女性だから正社員は無理…と諦めずに就活することが大切

ニートだけど、就職したい…

でも、女だからやっぱり正社員は難しい!?

20代のうちにニートをやめたい。。。

女性でも就職先ってあるのかな…

こんなふうに悩んでいませんか?

 

「ニート生活をやめて就職しないとそろそろマズい…、でも、正社員は無理かも」と不安な人も多いのではないでしょうか。

ぼくもニート、フリーター生活をしたあとに就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

 

たしかに、ニートから就職することが大変なのは事実です…サクサク就活が進むわけでもありません。

でも、「ニートだから正社員は無理」と諦める必要もないんです。

 

なぜなら、職歴がないニートやフリーターでも、正社員になれる可能性はいくらでもあるからです。

 

実際、ぼくは正社員として採用されましたし、「1年くらいフラフラしていた」という同僚もいれば、「20代後半までアルバイトで食いつないで最近ようやく就職した」という友人もいます。

あまりに仕事を選びすぎたり、就職先にこだわりがあれば別かもしれませんが、諦めずに就活すればチャンスはあります。

 

「女性は就職が不利」と言われることもありますが、職種や業界を選べば、逆に女性が歓迎される仕事も多いです。

 

大切なのは、就職を成功させるポイントを頭に入れて就活に取り組むこと。

ここからは、ニート女性が就職するための方法として3つのことをお話ししていくので、ひとつでも参考になれば、ぼくも嬉しいです。

「ニートの女は就職できない…正社員は難しい…」という心のブレーキを外すことが大切

ネットで女性ニートの就職について調べると、

  • 女性は◯歳すぎると就職が難しい
  • ニートの女は正社員は無理
  • 結婚を目指したほうがいい

というような情報や口コミなんかを見かけることがあります。

ネガティブな情報を見ると不安になりますよね。

 

たしかに、業界によっては年齢的に正社員が難しくなることもあります。

しかし、一概に「女性だから無理」「何歳すぎたらダメ」というのを鵜呑みにするのは違うんじゃないかと思います。

 

以下のデータは、1年前に無業者(ニート)だった人の現在の状況を調査したものですが、

大学卒者 男性

  • 正規の職員・従業員 30.4%
  • パート・アルバイト 12.0%
  • 派遣社員 2.4%
  • 契約社員などその他 5.8%
  • 自営業・自営手伝いなど 1.3%
  • 家事等 0.8%
  • 求職者 27.4%
  • 非求職無業者(ニート) 18.4%

 

大学卒者 女性

  • 正規の職員・従業員 29.4%
  • パート・アルバイト 13.1%
  • 派遣社員 7.2%
  • 契約社員などその他 12.5%
  • 自営業・自営手伝いなど 0.3%
  • 家事等 0.4%
  • 求職者 14.7%
  • 非求職無業者(ニート) 20.8%

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(データの一部抜粋)

このように、「ニートのまま」という人は2割いますが、割以上はなんらかの形で働いていて、男女共に約3割は正社員になっていることが分かっているんです。

 

男性と比べても、正社員の割合はあまり変わらないですよね。何らかの形で働いている割合に関しては、男性よりも女性のほうが多いことも分かります。

思っているよりも男女の差は無いと感じたのではなないでしょうか。

 

なので、まずは「女性のニートは就職できない」というネガティブな気持ちを捨てて、前向きに就活に臨みましょう。

ぼくの経験上、「自分は就職できる」と信じることが大切です。

 

会社の採用担当者も、就職や働くことを前向きに考えている人を採用したいものです。

気持ちを切り替えて就活を進めていきましょう。

これだけは知っておこう!就職活動でニート女性が求められる3つの事とは?

次に知っておきたいのが、「会社の採用担当や面接官は、ニート歴のある女性求職者に対して何を求めているのか」ということです。

 

当然、会社によって求める人材像は変わってきますが、ニートやフリーターなどの正社員経験がない人材を採用する場合は、基本的には以下のようなニーズがあるケースが多いです。

  • やる気や熱意があって真剣に就職を考えていること
  • 正社員として長く働くつもりがあること
  • 人柄が会社に合っていて素直であること

 

女性でも男性でも、就職に対して熱い気持ちや真剣さを伝えないと、採用担当者の心は動きません。

 

また、女性の場合、「結婚」「出産」「子育て」などのライフイベントの影響を受けやすいので、採用担当者は、長く働いてもらえるのかを気にします。

先のことは分からないものですが、「正社員として働きたい」という気持ちをキチンと伝えることが大切です。

 

そして、一緒に働きたいと思える人物かどうかも大きな評価ポイントになります。

素直に面接官の話を聞いたり、応募する会社に溶け込めることをしっかりアピールして、好印象を与えるようにしましょう。

 

ニートから就職する場合、

ニートだったことをどう話したらいいんだろう…

職歴がないことをどうカバーしたらいいの!?

とマイナス面ばかり気になりますが、相手はどんなことを求めているのかを頭に入れて就活を進めるとうまくいきやすいです。(もちろん、マイナス面をきっちりフォローすることも大切ですよ。)

ニート女性の就職もマッチング次第で成功率はグンとあがることを知っておく

就活は、自分がアピールしたいことだけ、自分の希望だけを伝えても、なかなかうまくいきません。

なぜなら、求人を出している会社にも「こんな人材がほしい」という希望があるので、その希望に沿ったアピールをすることが必要になってくるからです。

 

そこで知っておきたいのが、ニート女性が就職を成功させるには「マッチング」を意識したほうが良いということです。

 

就職活動を「恋愛」に例えると分かりやすいです。

恋愛は、いくら相手のことを好きでも、相手が自分に興味が無いとなかなかうまくいきませんよね。

相手に興味がなくても、振り向かせる魅力があればいいのですが…実際は難しいはずです。

 

就職活動もそれと一緒で、双方が興味を持ったり、お互いに好きなポイントが合致しないとなかなか成功しません。

つまり、どれだけ相手のニーズと自分の希望をマッチさせられるかで、就職の成功率は変わってくるんですね。

 

なので、

  • 「自分はこの仕事はやりたくないから無理」
  • 「この業界しか興味がないから、これ一本に絞る」

ではなくて、ニート女性が就職しやすい職種や未経験でも受かりやすい仕事のなかで、自分がチャレンジできると感じたものにどんどん応募してみることが成功の鍵になります。

 

なぜなら、

  • ニート女性が就職しやすい職種
  • 未経験でも受かりやすい仕事

のほうが、相手(求人を出している会社)のニーズとマッチングする可能性が高いからです。

 

例えば、

  • 販売職
  • 営業職
  • 事務職

などは、20代女性であれば、経験がなくても就職しやすい職種です。

スキルや経験、学歴というよりは、人物重視で採用されやすいので、このあたりを狙ってみるのがおすすめです。

とくに、販売職や事務職は、男性よりも女性が活躍している業界が多いので、就職チャンスは十分にありますよ。

ニートからの就職ってなにから手をつけていいか分からない人のために

さてここまで、ニート女性が就職するための方法として3つのポイントをお話ししてきましたが、

言ってることはなんとなく分かる気がするけど、

就職活動は不安だし、マッチする求人を探すのも難しい気がするんだけど…

と思う人も多いかもしれません。

 

たしかに、就活は、なにから手をつけていいのかわからないですよね。実際に動き出すまで悩むものです。

 

そこでおすすめしたいのは、ニートやフリーターの就職を専門にしている就職支援サービスを使って求人を集めてみることです。

 

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、直接仕事を探してくれたり、会社ごとに面接のアドバイスや情報提供をしてくれるサービスのことです。

 

就職活動をひとりで進めるのは、ハッキリ言って大変です。

とくに、マッチする求人を探したり、応募する会社に合った面接の受け答えを準備するのはなかなかうまくいかないものです。

そして、うまくいかないと、モチベーションも下がるんですよね…

 

その点、キャリアアドバイザーに相談すれば、求人を探して紹介してもらえますし、前もってどんなことを面接で聞かれるか、どんな受け答えが効果的かなどを教えてもらえます。

 

もちろん、就職支援サービスを使えば何の努力をする必要もない、というわけではありませんが、就活が何倍も捗ることは確かです。

ニート生活でブランクがあってもしっかり相談に乗ってもらえるサービスもあるので、まずは相談してみると良いですよ。

 

ちなみに、ニートからの就職におすすめできるのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートやフリーターなど、社会人経験がなかったりブランクのある人を対象にサポートしています。

事務職や営業、販売などの仕事もいろいろ紹介してもらえるので、ひとりで就活するより安心だと思います。

サポートエリアは関東1都3県限定ということもあって、東京・神奈川・千葉・埼玉の就職にとても強いです。

気さくで話しやすいキャリアアドバイザーが多いので、登録して話を聞いてみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事