ハローワーク

ニートの就職で頼れるのはハローワークだけ!?選択肢を増やそう。

ニートの就職で頼れるのはハローワークだけ!?選択肢を増やそう。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

就職で頼れるのはハローワークだけ…と思っていませんか?

実は、他の選択肢を増やすこともニートの就職には大切です。

この記事では、
ニートの就職で選択肢を増やす考え方
をお話ししますね。

ハローワーク以外にもニートが就職するためのツールはある

ニートを辞めて就職したい…

とりあえずハローワークに通ったらいいのかな!?

こんなふうに考えて就職活動をはじめる人は多いかもしれません。

ハローワークは厚生労働省が運営している就職サービスだけあって、「ハローワークを使えば安心」「ニートが就職するならハローワークに行くしかない」と思っている人もいるはずです。

 

もちろん、ハローワークでは若者の雇用を促進する情報を発信しているので、有効に活用すべきですが、「ニートの就職=ハローワークしかない」と思っているなら、少しだけ考え方を変える必要があるかもしれません。

 

なぜかというと、

  • ハローワーク以外にもニートが就職するためのツールはある
  • 情報源は多いほうが就職チャンスは増える

と言えるからなんです。

また、ハローワークにも弱点があると知って就活を進めることも大切です。

 

ここからは、ニートから就職する上でハローワークを使うときの注意点と、ハローワーク以外の選択肢についてお話ししていきますね。

ハローワークの求人数は圧倒的。だからこそニートの就職がうまくいかないことも!?

ハローワークの求人数は圧倒的。だからこそニートの就職がうまくいかないことも!?

先にお話ししたように、ハローワークは国が運営しているサービスだけあって、集まる求人の数は圧倒的に多いです。

この記事を書いている時点で、ハローワークの求人数は1,309,155件です。

 

これがどれだけ多いかというと、もっとも登録者数が多いと言われる民間の転職サイト「リクナビNEXT」は7,864件(2017年3月24日調べ)なので、比べ物にならない数ですよね。

 

求人の数が多いということは、それだけ希望の求人が見つかりやすいとも言えるので、ニートから就職するときハローワークは強い味方に思えます。

 

しかし、求人の数が多いのには、ひとつ理由があることも知っておいたほうが良いです。

それは、ハローワークへの求人掲載にはお金がかからないということなんです。

 

対して、リクナビNEXTなどのいわゆる”求人サイト”は、求人掲載をするのに「1週間いくら」というようにお金を払うことで求人を載せるシステムです。

 

つまり、ハローワークよりも求人サイト等に掲載している企業のほうが、「お金を払ってでも人材を採用したい」という意欲が高く、採用活動にきちんとお金をかけられる状態(経営状態が悪くない)と言えるんですね。

 

また、ハローワークは利用者数もとても多いので、当然ですがライバルになる求職者も多くなってしまいます。

ニートから就職するときは、

  • ブラック企業などに捕まらないようにすること
  • なるべくライバルが少ない求人や業界を狙う

などに気をつける必要があるので、以上のことを頭に入れた上でハローワークを活用をすると良いですよ。

ハローワークの求人紹介だけだとニートの就職に必要な情報収集が足りないことも!?

ハローワークの求人紹介だけだとニートの就職に必要な情報収集が足りないことも!?

ニートから就職するとき大きなポイントになるのが、「応募する企業に対して、どれだけ深い情報収集ができるか」ということです。

 

例えば、

  • この求人はニートや未経験者の採用実績はあるのか?
  • この企業はどんな理由で採用活動をしているのか?
  • この会社はどのくらい残業があって休みは?
  • 会社の雰囲気や上司の人柄は?
  • 面接ではどんなことが聞かれそうか?

これらを事前に情報収集できていれば、書類選考や面接でもだいぶ安心ですよね。

ニートから就職したとしても、すぐに辞めることになってしまったら意味がないので、職場の詳しい状況を調べておくことはとても大切なんですね。

 

もちろん、ハローワークでもある程度の情報収集はできますが、それぞれの企業の内情までは把握できていないのが実情と言えます。

 

なので、ハローワークで情報収集することも大切ですが、もう少し選択肢(就職活動のツール)を増やして就職活動を進めるのがおすすめです。

 

でも、他の選択肢って何がいいの?

と思いますよね。先にお話ししたリクナビNEXTもそうですが、

  • 求人サイト
  • 就職支援サービス
  • 企業ホームページ
  • 求人誌

など使えるものは活用してみてください。

 

選択肢が増えれば増えるほど、さまざまな求人に出会うチャンスや情報収集の機会が増えるので、有利になりますよ。

ニートからの就職におすすめの他の選択肢は就職支援サービスを活用すること

ニートからの就職におすすめの他の選択肢は就職支援サービスを活用すること

さてここまで、ニートから就職するときは、

  • ブラック企業などに捕まらないようにすること
  • なるべくライバルが少ない求人や業界を狙う
  • 応募する企業の情報収集をきちんとする

以上が大切だとお話ししてきました。

これらに万全を期すために、先にお話しした”選択肢”のどのサービスが1番おすすめかというと、それは就職支援サービスです。

 

就職支援サービスというのは、簡単に言えば「担当者に直接就職をバックアップしてもらえる民間の就職サービス」で、例えば、

  • 希望に合う求人を探しだしてもらう
  • 企業とのやりとりを代行してもらう
  • 面接や書類対策をしてもらう

などのサポートを無料で受けることができます。

 

これがどうしておすすめかというと、就職支援サービスの担当者は、求人を出している企業を訪問していたり、採用担当者と打ち合わせをしているので、

  • この企業はどんな理由で採用活動をしているのか?
  • この会社はどのくらい残業があって休みは?
  • 会社の雰囲気や上司の人柄は?
  • 面接ではどんなことが聞かれそうか?

などの詳しい情報を把握して求人紹介してくれるからです。

求人に応募するときに、これらをうまく担当者から聞き出せれば、面接や書類で大きなプラスになりますよね。

 

また、就職支援サービスには、ニートや未経験者を専門にしているサービスもあるので、これを活用すれば、心配なブラック企業対策をアドバイスしてもらえたり、未経験でも就職しやすい業界や求人を探してくれます。

 

もちろん、「就職支援サービスが良くて、ハローワークはダメ」というわけではありませんが、「選択肢はハローワークだけじゃない」ということを頭に入れて、就職活動を進めてみてくださいね。

ニートからの就職をきちんとサポートしてくれる就職支援サービスは!?

ニートからの就職をサポートしてくれる就職支援サービスって!?

と思った人も多いと思うので、最後におすすめできるサービスを2つだけお伝えしておきますね。

 

まずひとつが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートやフリーター、既卒者などの未経験者の就職を専門にしている就職支援サービスなので、とても丁寧にサポートをしてもらうことができます。

 

おすすめできる理由は、

  • 担当者がフレンドリーで相談しやすい
  • 未経験でも採用してくれる企業がたくさん集まっている

という点ですね。

ニートからの就職はなかなか相談しにくい…という人は多いと思いますが、ハタラクティブは親身に話を聞いてもらえるので安心です。

 

ただし、ひとつ気をつけてほしいのが関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)のサポートしか対応していないという点です。

そのかわり、関東の就職には強いので、関東エリアで就職活動をするなら活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする