ニート就活のコツ

ニートからでも就職しやすい仕事って!?おすすめしたい就活方法

ニートからでも就職しやすい仕事って!?おすすめしたい就活方法の画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「ニートから就職するにはどうしたらいい?」と悩んでいませんか?

この記事では、ニートからでも就職しやすい仕事、おすすめの就活方法についてお話ししますね。

ニートの就活でおすすめしたい「大切すべき2つのポイント」とは!?

ニートから就職するにはどんな仕事を選んだらいいんだろう…

そもそも、就活のしかたがよくわからない。。。

正社員になりたいけど、ニートだから受かる気がしない…

受かりそうなのはどんな仕事!?

こんなふうに頭を悩ませていませんか?

 

そろそろ就職しやきゃ!と思っても、ニートからの就職はハードルが高いですよね。

「どんな仕事に応募したらいいのか…」

「就活のやりかたは合っているのか…」

不安になるはずです。

 

実はぼくも、新卒で就職することなくフリーター・ニート生活をした経験があるので、その気持ちはよくわかります。就活で苦労もしました。

 

そんな経験から言えるのは、ニートから就職する場合は、

  • きちんと的を絞って就活する
  • ひとりで悩まない

この2つがとても大切だということなんです。

 

そこで今回は、

  • 「ニートからでも就職しやすい仕事について」
  • 「ひとりで悩まないおすすめの就活方法について」

この2つのポイントをお伝えしていきます。

 

ニートからの就職はけっして簡単ではありませんが、「就職したい!」と思ったなら、必ず道は開けるはずです。がんばりましょう。

『ニートでも就職しやすい仕事の見つけ方』3つのおすすめポイント

『ニートでも就職しやすい仕事の見つけ方』3つのおすすめポイントの画像

ニートから就職するときに気になるのは、

  • どんな仕事なら受かりやすいんだろう?
  • 経験やスキルがなくても受け入れてくれるのはどんな会社?

ということではないでしょうか?

ニートから就職しやすい仕事を見つけるにはどこに着目したらいいのか、3つのポイントをお話ししていきますね。

『人手不足が叫ばれている業界』はニートでも就職しやすい

まず着目したいのが、「人手不足の業界」です。

 

人手が足りない業界の企業は、「ニートやフリーターでもとにかく人手がほしい」という状態なので、当然就職がしやすいというわけですね。

 

いくら業績は好調でも、仕事が回らなければ会社は成り立ちません。

なので、人手不足の企業は、採用意欲がとても高いわけです。

人手不足の業界の画像

実は現在、人手不足はさまざまな業界に波及していて、とくに、中小企業の人手不足は深刻化していると言われています。

中小企業約4000社を対象にした以下の調査を見ても分かるように、

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日

引用データ:日本商工会議所より

実に半数は「人員が不足している」と答えているんです。

 

また、不足している業界の割合を見てみると、

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その歩サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より 

このような結果が出ていることから、

  • 「介護系」
  • 「運送関係」
  • 「建設関係」
  • 「サービス業」
  • 「IT関連」

の仕事は、ニートからでも就職がしやすいと言えることが分かります。

 

人手不足は、企業にとっては頭を悩ませる問題ですが、ニートやフリーターなどの未経験者にとっては大きなチャンスだということを頭に入れておくと良いですよ。

「伸び盛りの業界」に目を向ければニートでも採用されやすい

次に着目したいのは、伸び盛りの業界や企業を狙って就活をすれば、ニートでも採用してもらいやすいということです。

 

これも人手不足に関係していますが、業績が伸びている企業や伸び盛りの業界は、

  • 新規プロジェクトがスタート
  • 新しい部門が増える

など、事業拡大のためにとにかく人が必要になります。

事業拡大の伸びを表す画像

もちろん、即戦力になる人員を募集するケースもありますが、未経験者を育てるために採用活動を行うことも多いです。

 

ですから、世の中の流れにアンテナを張り巡らせて、伸びている業界、業績が上がっている企業などを狙ってみるのも非常におすすめです。

 

人手不足の業界とかぶる部分はありますが、

  • 今後も伸び続けそうな「IT関連業界」
  • オリンピック需要などが続きそうな「建設業界」
  • 高齢化がますます進むことを考えると「介護業界」

などは、未経験からでも受け入れてもらいやすい業界です。

『ニートや未経験でも挑戦しやすい職種』に目を向けることが大切

最後に着目してほしいのが、ニートからでも挑戦しやすい職種についてです。

 

きっとあなたにも、「こんな仕事をしてみたい」「これだけはやりたくない」など、希望はありますよね。

その希望はとても大切ですし、どうしても就きたい職種が決まっているなら、チャレンジすべきです。

 

しかし、ニートから就職する場合、自分が希望する職種で採用してもらえないことも多いのが現実です。

 

そんなときは、未経験でも挑戦しやすい

  • 営業職
  • サービス職
  • 販売職

などに目を向けてみるのもおすすめです。

営業職のイメージ画像

とくに営業職は、未経験でも就職しやすいだけでなく、経験を積めば、その後あらゆる分野に応用できるビジネススキルが身につく職種です。

「営業職=つらい、厳しい」というイメージをもっている人は多いと思いますが、就職する企業や扱う商材、営業のスタイルによってだいぶ印象が変わってくることも事実です。

 

営業に限らず、サービス職や販売職もそうですが、最初から「これはダメ」と決めつけずに、その求人の仕事内容や職場環境などをきちんと見て、就職活動を進めてみてください。

そのほうが就職チャンスは広がりますよ。

ニートの就活はひとりで悩まないのがおすすめ!頼れるものはきちんと頼る

さてここまで、ニートでも就職しやすい仕事の見つけ方を3つのポイントでお話ししてきました。

 

もしかすると、

ポイントはなんとなく分かったけど、やっぱり仕事探しって難しい。。。

そもそもニートだし…不安だな。

こんなふうに思った人、いるのではないでしょうか。

ぼくも就活をしたときは、自分の選択や仕事選びに全く自信をもてなかったので、不安に思う気持ちはよくわかります。

 

そんなときにどうすれば良いかというと、「就活の不安や悩みはひとりで抱え込まない」これがとっても大切なんです。

 

ニートから就職するのは、とても勇気がいることですし精神的なパワーも使いますよね。

不安や悩みをひとりで解決するのは、やっぱりしんどいものです。

せっかく就職しようと思っても、挫折してしまったら意味がありませんよね。

 

ですから、悩みや不安は抱え込まずに頼れる人に相談するのがおすすめです。

相談することが大切の画像

今は、ニートやフリーターの就活をサポートしてくれるサービスが充実しています。

とくに就職エージェント系のサービスは、担当者(就職アドバイザーやカウンセラー)が直接バックアップしてくれるので、とても心強いです。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事